導きの地 どこから。 【MHWアイスボーン】キャンプ設営地の場所|増やし方【モンハンワールド】|ゲームエイト

町長あいさつ

導きの地 どこから

ウラン燃料はどこから? このような方法で採掘されたウラン燃料を、日本はカナダ、オーストラリア、アメリカ、南アフリカ、イギリス等から輸入しています。 ウラン鉱石が採れる鉱山は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、インドなどで先住民が住んでいるところに多くあります。 アメリカではユタ州、コロラド州、アリゾナ州、ニューメキシコ州の4州にまたがるフォーコーナーズと呼ばれるところにナバホ族、ポピ族等のインディアンの居住地(*参考資料7参照)があります。 日本に落とされた原爆の原料になったウランはこの地方で採掘されました。 鉱山で働く人々にはウランが体に悪いことなど知らされていませんでしたから、埃だらけの坑道内で食事をしたり、坑道の中に溜まった水を飲んだり、放射能を含む埃まみれのまま家に帰り子供達と遊んだりしました。 このような状況は、どこのウラン鉱山でも共通しています。 そのため、ウラン鉱山で働いた人たちの中には、肺ガンで亡くなる人が他の地域よりも5倍も多いという報告もあります。 ウランの採掘の初期の頃に鉱山で働いたナバホ族の400人中約70人が肺がんで死亡したといわれています。 日本人の場合 1997年の統計では、肺がんで死亡する男性は1万人中約4人です カナダではサスカチュワン州に世界で最も多くウランを含む鉱石がとれる所がありますが、その周りには、デイネ、クリー族などのインディアンが多く住んでいます。 インディアンは狩猟、木の実の採取、漁などで暮らしていますから、土地が汚れるとその影響を強く受けます。 オーストラリアではジャビルカ等アボリジニーの人々が住んでいる土地から彼等を強制的に他の場所に移住させ、聖地を壊し、強い反対をよそにウラン鉱石が掘り出されていました。 しかし、アボリジニーの粘り強い反対運動によって、ジャビルカ鉱山は今年の雨期に入る前に原状復帰工事が完了する見通しになりました。 インドではカルカッタの北西、ジャールカンド州、先住民が暮らすジャドウゴダ村にウラン鉱山があります。 この地方に住む先住民の生活の場であった場所に鉱滓池を作り、鉱滓を投棄しているため、住民は放射能汚染にさらされ、癌や白血病なども多いといわれています。 ナンビアは露天掘りウラン鉱山としては世界最大の規模のロッシング・ウラン社の鉱山があります。 鉱山労働者は人種差別,劣悪な労働条件、低賃金で働かされていました。 放射線の影響について教育されずに働かされるのはどこの国の鉱山でも共通です。 日本でも昔(1955 年から10 年間)岡山県と鳥取県の県境、人形峠近くでウランが掘り出されたことがあります。 全部で80 トンくらい掘られましたが、採算が合わず中止されました。 30トンの燃料を作るために 普通の大きさの原発(100万kW時)を一年間運転するのに必要なウラン燃料は30トンです。 燃料ペレットは燃えるウラン(核分裂を起こしてエネルギーを出すウラン)であるウラン235、約3%と燃えない(核分裂しない)ウラン238、約97%からなっています。 天然のウラン鉱石中の、ウラン235とウラン238の割合は0. そのため燃料ペレットを作るには、ウラン235の濃度を高くしなければなりません。 これを濃縮といいます。 30トンの燃料を作るために、ウラン残土が約240万トン、鉱滓(低レベル放射性廃棄物)が13万トンでると計算されています(劣化ウラン弾の項参照)。 国連科学委員会の報告によると、世界では現在14カ国がウランの採掘を行っており、これまでに100万トン以上のウランが採掘されました。 そして残土は16億8000万トン以上にのぼるといわれます。 この想像することもできないような量の残土を処理するためにはまた莫大な費用がかかるので、野積みにされている所が大部分です。 鉱滓は細かく砕かれているために乾燥すると風にとばされ、大雨が降ると川に流れ込み環境を汚染します。 アメリカのチャーチ・ロックでは、ユナイテッド・ニュクレアー社の放射性廃棄物貯蔵ダムの堤防が崩れ、油と硫酸を含む放射性廃棄物が、ナバホ族が飲料水としていたプエルコ川に大量に流れ込み、150km下流まで汚染しました。 事故後、精錬所は閉鎖されましたが、川からはラジウム、ウランなど高濃度の放射能が検出され、川の水も井戸水も飲めなくなりました。 しかし、家畜はその水を飲んでいますから、家畜の肉を食べる人間も当然放射能を体の中に取り込んでしまいます。 このような放射能汚染の危険性はウラン採掘所の多くが抱えている問題です。 そしてウラン238の量が半分に減る時間(半減期)は地球が誕生して今日までの時間、すなわち45億年もかかるのです。 このように鉱滓は厄介なゴミで、ウラン採掘をしている国はその処分に頭を悩ませています。 しかし、このゴミが湾岸戦争、コソボ紛争、イラク攻撃等で莫大な量使われた劣化ウラン弾や劣化ウラン兵器として廃物利用され、広い地域を放射能で汚染しました。 (劣化ウラン弾参照) アメリカ先住民はゴールドラッシュやウラン採掘をどう見るのでしょうか ネバダ・ウエスタン・ショショネの長老キャリー・ダンはいっています。 「金を探し当てようとして大地を掘りおこすことも、金を探し当てようとして水をくみ上げることも犯罪です。 人類に対する犯罪です。 いのちに対する犯罪です。 全人類が依存するいのち。 いいえ人類だけでなく、他の生き物もいます。 私たちの土地には、鹿もいるし、鷹もいるし、ウサギたちもいます。 金を掘り出すものはそれらすべてを破壊に導き、いや現に破壊し、未来の世代のいのちは失われてしまうでしょう」 ナバホ部族のアンナ・ロンドン 「私たちナバホは、その創世神話の中で、ウラン(ナバホはそれを地下世界からのクレッジ(cledge)と呼ぶ)は大地の中に留めておくべきものだ、といつも教わってきた。 それは黄色の物質で、昔からの言い伝えで知っていた。 ・・・中略・・・ウランは地中に留めておくべきだった。 もし解き放たれたなら、世界中の先住民文化でもそう考えられているように、それは邪悪な蛇になり、災害や、死や破壊をもたらすだろう・・・。 」 「少しの燃料」と簡単に言い切ってしまったそのうらには、このように多くの重大な問題が隠されています。 そのことをバッサリと切り捨てて「少しの燃料」と教えて良いものでしょうか。 参考資料 1)「核の影を追って」ビキニからチェルノブイリヘ 豊崎博光著 NTT出版 1996年 p142 インデイアン居住地ウラン採掘場 p186 オーストラリア 2)「アトミックエイジ」地球被ばくはじまりの半世紀 豊崎博光 写真・文 築地書館 1995年 3)「環境レイシズム」ーアメリカがん回廊をゆくー 本田雅和、風砂子・デアンジュリス著 解放出版社 2000年 化学工場、ゴミ処理施設、核廃棄物、ウラン採掘工場が、黒人、インディアンの土地ばかりにやってくるのは何故か。 レイシズムの視座から考える。 4)「劣化ウラン弾」Metal of Dishonor Depleted Uranium 湾岸戦争で何が行われたか 国際行動センター・劣化ウラン教育プロジェクト、新倉 修/監訳 日本評論社 1998年 第13章 インデイアン居住地でのウラン開発 第14章 ウラン、ペンタゴン、そしてナバホの人々 第16章 先住民反核サミットの宣言 5)「核の20世紀」訴える世界のヒバクシャ 平和博物館を創る会 日本原水爆被害者団体協議会企画・編集 平和のアトリエ発行 1997年 これは写真集です。 6)「核燃料と原子炉材料」 原子力の基礎講座 日本原子力文化振興財団 7)(*)アメリカ先住民が居住区に押し込められてゆく歴史と血塗られたアメリカ合衆国の建国の歴史とは表裏一体のものです。 その歴史は、アメリカ・インディアン闘争史「我が魂を聖地に埋めよ」(デイ・ブラウン著、鈴木主悦訳 思想社 1972年)に詳しく書かれています。 この本は現在のアメリカの有り様を理解するためには非常に参考になります。 是非一読をお勧めします.

次の

【アイスボーン】導きの地の仕様解説|最新情報まとめ【モンハンワールド(MHW)】

導きの地 どこから

ゲーム 2019. 04 2020. 11 Tomoyuki 【モンハンアイスボーン】導きの地の攻略まとめ【MHWI】 こんにちは。 Tomoyuki()です。 モンスターハンターワールド:アイスボーンのストーリーをクリアした後は、 「 導きの地」という エンドコンテンツで遊ぶことが可能です。 そんな導きの地を進めることで、いくつかの 未発見モンスターの狩猟や、導きの地で入手可能な素材から 武具の作成できるほか、 武具のカスタム強化も可能です。 ただし、 エンドコンテンツであり周回要素が強いため、さらなる強さを求めてやり込み要素も堪能したい人向けなので注意しましょう。 ということでこの記事では、そんな「導きの地」についてまとめます。 リオレウス• ナルガクルガ• ディノバルド• ディアブロス• レイギエナ• オドガロン• ティガレックス• 繁栄の結晶を入手するには? 繁栄の結晶については、森林地帯で 鉱脈レベルが「橙」以上で入手可能です。 森林地帯の採集ポイントとしては下図通りで、鉱脈と骨脈がランダムで出現します。 階層3にある森林地帯(エリア7)の採集ポイントは上図の通りです。 階層2にある森林地帯(エリア6)の採集ポイントは上図の通りです。 鉱脈や骨塚が出現している場合 鉱脈の採集ポイントが出現している場合は上図の通りです。 骨塚の採集ポイントが出現している場合は上図の通りです。 導きの地の鉱脈・骨塚・大鉱脈・大骨塚の採集ポイント(MAP)まとめ 階層3 【森林地帯】 【氷雪地帯】(Ver. 01で追加) 階層2 階層1 【瘴気地帯】 【溶岩地帯】(Ver. その後は使っている武器種によってはリオレイア希少種、リオレウス希少種、ティガレックス亜種の防具が強力でおすすめなので、荒地地帯or陸珊瑚地帯or瘴気地帯のいずれかをLv6にして狩猟するのがおすすめです。 Ver. 01(2019年10月10日〜)からは溶岩地帯、Ver. 01(2019年12月5日〜)からは氷雪地帯が追加され、それぞれ新しいモンスターも追加されています。 具体的には、 地帯レベルが4以上になると対象のモンスターから歴戦個体が出現するようになるため、もしその対象モンスターの 通常個体を狩猟して得られる素材が欲しい場合は、地帯レベルを下げる必要があります。 例えば森林地帯Lv4以上にすると歴戦トビカガチが出現(おびき出しも歴戦化)しますが、もし通常個体のトビカガチを狩猟したければ森林地帯をLv3以下に下げる必要があります。 以前は地帯レベルを下げるのは結構大変でしたが、 Ver. 01からは地帯レベルを簡単に下げられる機能が追加されたので、地帯レベルを下げたい場合はその機能を使いましょう。 尚、一部の素材は除き、 一度素材を入手しておけばマカ錬金で交換できるようになるため、 地帯レベルを上げる前に通常個体から得られる素材は一つ以上入手しておくのがおすすめです。 関連記事👇• 地帯Lv5:MR50以上• 地帯Lv6:MR70以上• 地帯Lv7:MR100以上 また、それぞれの地帯におけるレベル上限は7までですが、 全ての地帯を同時にLv7にすることはできないので注意しましょう。 6種類(森林、荒地、陸珊瑚、瘴気、溶岩、氷雪)ある 地帯のレベルを合計して27までになるように調整される仕様になっているため、合計値が27を超えそうな場合は他の地帯レベルが下がります。 Ver. 01から 地帯Lvを固定(全て固定される)できるようになったため、変動させたくない場合は固定して下さい。 地帯レベルを簡単に上げるには? Ver. 12時点の仕様では、地帯レベルを1から4にするのは比較的簡単(2〜4匹狩猟で1レベル上がる感じ)ですが、地帯レベルが上がるとレベルが上がりにくくなる使用のため、5から7にするのは結構大変(8〜10匹以上狩猟で1レベル上がる感じ)です。 ただし、地帯レベルが低いプレイヤーの救難信号に参加することで、地帯レベルが低い時と同様に簡単にレベルを上げることが可能です。 Ver. 01(2019年10月10日〜)の調整により、 地帯Lv3以降もレベルが上がりやすくなりました。 部位破壊を沢山したり、何回も(調合分も含めて)罠にはめると簡単に地帯Lvを上げられます。 次に「救難信号クエストに参加」を選択します。 検索条件の設定画面が表示されるので、条件を指定して検索します。 特に 受注・参加条件については、 救難信号を発信したプレイヤーのMRを指定する条件となっているため注意しましょう。 Ver. 例えば森林地帯のレベルを上げたい場合は、上図のように「受注・参加条件」や「探索目的」を指定して検索します。 導きの地の地帯Lvを固定する方法(Ver. ポップアップが表示されるので、「はい」を選択します。 全域マップの導きの地を確認すると、鍵マークがつくので固定されていることを確認できます。 尚、Ver. 01からは 導きの地に滞在中でも環境を固定可能です。 導きの地の地帯Lvを下げる方法(Ver. 例えば荒地地帯のレベルを1下げた場合は上図の通りです。 また、荒地地帯をLv1まで下げると上図のようになります。 導きの地の各地帯のLv別出現モンスターの一覧まとめ モンスター名 通常素材 歴戦素材 ドスジャグラス 雄々しきたてがみ — クルルヤック 艶やかな飾り羽 — プケプケ 甘く香り立つ毒喉袋 歴戦の猛毒喉袋 プケプケ亜種 潤いに満ちた喉袋 歴戦の大水喉袋 ボルボロス 泥の王冠殻 歴戦の王冠殻 トビカガチ まばゆい雷光針 歴戦の雷光針 トビカガチ亜種 妖艶な猛毒針 歴戦の猛毒針 バフバロ 古強者の巨大な角 歴戦の巨大な角 アンジャナフ ゆらめく炎の毛皮 歴戦の炎毛皮 アンジャナフ亜種 ざわめく雷の毛皮 歴戦の雷毛皮 リオレイア 女王の竜鱗 歴戦の竜鱗【緑】 リオレイア亜種 桜花の竜鱗 歴戦の竜鱗【桜】 ツィツィヤック ギラつく閃光膜 — パオウルムー 超弾力ゴム殻 歴戦のゴム質殻 パオウルムー亜種 漆黒の高級毛皮 歴戦の黒毛皮 ドスギルオス 闇夜の頭巾殻 — ラドバルキン 墨染めの重油殻 歴戦の重油殻 ドドガマル 重量級の大顎 — ヴォルガノス 灼熱の溶岩ヒレ 歴戦の溶岩ヒレ ウラガンキン 金属質な耐熱殻 歴戦の耐熱殻 イャンガルルガ 禍々しい銀狼毛 — 傷ついたイャンガルルガ — 歴戦の銀狼毛 ベリオロス 冷血の氷牙 歴戦の氷牙 レイギエナ 滑らかな氷皮 歴戦の氷皮 凍て刺すレイギエナ 凍てつく氷結皮 歴戦の氷結皮 オドガロン 命断ち切る惨爪 歴戦の惨爪 オドガロン亜種 魂切り裂く兇爪 歴戦の兇爪 リオレウス 王者の竜鱗 歴戦の竜鱗【赤】 リオレウス亜種 蒼天の竜鱗 歴戦の竜鱗【蒼】 ディアブロス 勇壮なねじれた角 歴戦のねじれた角 ディアブロス亜種 暴君の黒巻き角 歴戦の黒巻き角 ナルガクルガ 暗殺者の刃翼 歴戦の刃翼 ディノバルド 灼熱の断剣尾 歴戦の断剣尾 ディノバルド亜種 研ぎ澄まされた斬鉄尾 歴戦の斬鉄尾 ブラキディオス つややかな黒曜甲 歴戦の黒曜甲 ティガレックス 強者のアギト 歴戦のアギト ティガレックス亜種 戦慄の黒アギト 歴戦の黒アギト ジンオウガ みなぎる雷電殻 歴戦の雷電殻 紅蓮滾るバゼルギウス 紅蓮の爆鱗 歴戦の爆鱗 怒り喰らうイビルジョー 血に染まる漆黒皮 歴戦の漆黒皮 キリン 荘厳なる蒼角 歴戦の蒼角 テオ・テスカトル 獄炎のたてがみ 歴戦の紅きたてがみ クシャルダオラ 嵐を呼ぶ鋼翼 歴戦の鋼翼 ナナ・テスカトリ 蒼炎のたてがみ 歴戦の蒼きたてがみ イヴェルカーナ 極光の冠角 歴戦の冠角 死を纏うヴァルハザク 宵闇より昏き牙 歴戦の昏き牙 ネロミェール 幻惑する特上皮 歴戦の幻惑皮 悉くを殲ぼすネルギガンテ 生者必滅の大剛角 歴戦の殲滅角 リオレイア希少種 月光の竜鱗 歴戦の竜鱗【金】 リオレウス希少種 烈日の竜鱗 歴戦の竜鱗【銀】 ジンオウガ亜種 ほとばしる滅龍殻 歴戦の滅龍殻 ラージャン 闘気あふれる煌毛 歴戦の 煌毛 モンスターから入手可能な骨素材 素材 対象モンスター 龍脈の強竜骨• ドスジャグラス• プケプケ• トビカガチ• アンジャナフ• クルルヤック• ボルボロス• リオレイア• パオウルムー亜種• ツィツィヤック• パオウルムー• リオレイア亜種• プケプケ亜種• ドスギルオス• ラドバルキン• バフバロ• ドドガマル• トビカガチ亜種 龍脈の重竜骨• リオレウス• ナルガクルガ• ディアブロス• ディノバルド• レイギエナ• オドガロン• ティガレックス• アンジャナフ亜種• ヴォルガノス• ウラガンキン• ブラキディオス• ベリオロス 龍脈の剛竜骨• リオレウス亜種• ジンオウガ• イャンガルルガ• ディアブロス亜種• ディノバルド亜種• リオレイア希少種• オドガロン亜種• リオレウス希少種• ティガレックス亜種• 怒り喰らうイビルジョー• 紅蓮滾るバゼルギウス• ラージャン• 凍て刺すレイギエナ• ジンオウガ亜種 龍脈の古龍骨• クシャルダオラ• テオ・テスカトル• ナナ・テスカトリ• キリン• ネロミェール• 死を纏うヴァルハザク• イヴェルカーナ• 悉くを殲ぼすネルギガンテ 霊脈の重竜骨• 歴戦 プケプケ• 歴戦トビカガチ• 歴戦アンジャナフ• 歴戦ボルボロス• 歴戦リオレイア• 歴戦パオウルムー亜種• 歴戦パオウルムー• 歴戦リオレイア亜種• 歴戦プケプケ亜種• 歴戦ラドバルキン• 歴戦バフバロ• 歴戦トビカガチ亜種 霊脈の剛竜骨• 歴戦リオレウス• 歴戦リオレウス亜種• 歴戦ナルガクルガ• 歴戦ジンオウガ• 傷ついたイャンガルルガ• 歴戦ディアブロス• 歴戦ディノバルド• 歴戦ディアブロス亜種• 歴戦レイギエナ• 歴戦オドガロン• 歴戦オドガロン亜種• 歴戦ティガレックス• 歴戦アンジャナフ亜種• 歴戦ディノバルド亜種• 歴戦ティガレックス亜種• 歴戦怒り喰らうイビルジョー• 歴戦リオレイア希少種• 歴戦リオレウス希少種• 歴戦ヴォルガノス• 歴戦ウラガンキン• 歴戦ブラキディオス• 歴戦紅蓮滾るバゼルギウス• 歴戦ラージャン• 歴戦ベリオロス• 歴戦凍て刺すレイギエナ• 歴戦ジンオウガ亜種 霊脈の古龍骨• 歴戦クシャルダオラ• 歴戦テオ・テスカトル• 歴戦ナナ・テスカトリ• 歴戦キリン• 歴戦ネロミェール• 歴戦死を纏うヴァルハザク• 歴戦イヴェルカーナ• 歴戦悉くを殲ぼすネルギガンテ モンスターから入手可能な玉素材 素材 対象モンスター 霊脈玉のかけら• 歴戦 プケプケ• 歴戦トビカガチ• 歴戦アンジャナフ• 歴戦ボルボロス• 歴戦リオレイア• 歴戦パオウルムー亜種• 歴戦パオウルムー• 歴戦リオレイア亜種• 歴戦プケプケ亜種• 歴戦ラドバルキン• 歴戦バフバロ• 歴戦トビカガチ亜種 霊脈玉• 歴戦リオレウス• 歴戦リオレウス亜種• 歴戦ナルガクルガ• 歴戦ジンオウガ• 傷ついたイャンガルルガ• 歴戦ディアブロス• 歴戦ディノバルド• 歴戦ディアブロス亜種• 歴戦レイギエナ• 歴戦オドガロン• 歴戦オドガロン亜種• 歴戦ティガレックス• 歴戦アンジャナフ亜種• 歴戦ディノバルド亜種• 歴戦ティガレックス亜種• 歴戦ヴォルガノス• 歴戦ウラガンキン• 歴戦ブラキディオス• 歴戦ベリオロス• 歴戦凍て刺すレイギエナ 大霊脈玉• 歴戦クシャルダオラ• 歴戦テオ・テスカトル• 歴戦ナナ・テスカトリ• 歴戦キリン• 歴戦ネロミェール• 歴戦死を纏うヴァルハザク• 歴戦イヴェルカーナ• 歴戦怒り喰らうイビルジョー• 歴戦リオレイア希少種• 歴戦リオレウス希少種• 歴戦紅蓮滾るバゼルギウス• 歴戦ラージャン• 歴戦悉くを殲ぼすネルギガンテ• 歴戦ジンオウガ亜種 マカ錬金で交換可能な導きの地の素材一覧まとめ 導きの地の出現モンスターを簡単に入れ替える方法 導き地を探索する前に 全域マップから出現モンスターを確認できますが、狩猟したいモンスターがいない場合は、 クエストのクリアや探索をすることでモンスターの入れ替えが可能です。 おすすめの方法としては探索をすることで、狩猟したいモンスターが出現するまで何度も行き先を変更すれば、 モンスターを簡単に入れ替えることが可能です。 探索エリアに到着後、再度導きの地の出現モンスターを確認すれば、出現モンスターが入れ替わっています。 尚、探索するエリアはどこでもいいですが、ロード時間が比較的短いと言われている 「陸珊瑚の台地」or「瘴気の谷」or「龍結晶の地」のいずれかのエリアを交互に行き来するのがおすすめのようです。 導きの地の特殊痕跡とモンスターのおびき出しについて 導きの地では特殊痕跡を入手して解析が完了すると、特殊痕跡を消費して対象のモンスターをおびき出すことが可能です。 そんな特殊痕跡の入手から解析が完了するまでの流れは次の通りです。 導きの地で遊んでいて たまたまリオレウス希少種の特殊痕跡を入手できたので、おびき出して捕獲するまでを動画にしています。 具体的にどうやるのかを確認したい方は、よければ動画を参考にしてみて下さい。 導きの地素材によるカスタム強化まとめ 導きの地で各種素材を集めることにより、 レア度10〜12の武器、レア度9〜12の防具のカスタム強化が可能になります。 武器を加工屋でカスタム強化する際の画面例は上図の通りです。 武器のレア度に応じて決まったカスタム枠数が決まっており、強化内容に応じてカスタム枠が埋まります。 カスタム枠の拡張を除き、カスタム強化をしても戻すことが可能で、戻した場合も素材が戻ってくるため、 様々な組み合わせを気軽に試すことが可能です。 尚、武器のカスタム強化については 基本的に回復能力付与がおすすめです。 ストーリークリア後のやり込み要素なので無理にやる必要はありませんが、さらなる強化を求めてやり込む人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

次の

導きの地の地帯レベルは3か所レベル7にできる!【1

導きの地 どこから

特に近接武器を使っている場合は回復カスタムはほぼ必須と言っても良いです。 今後強力な歴戦個体と戦う上でも、回復カスタムがあると生存率が上がるのでぜひ欲しいところ。 具体的に、レア度12武器の回復カスタムに必要になる素材は以下の通り。 レア度12武器の回復カスタムに必要な素材一覧 必要素材 必要個数 入手方法 歴戦の幻惑皮 7個 歴戦ネロミェール みなぎる雷電殻 5個 ジンオウガ 霊脈の古龍骨 3個 歴戦古龍 導きの龍骨【陸珊瑚】 1個 陸珊瑚の骨塚 歴戦の幻惑皮を手に入れるために、歴戦ネロミェールと戦う必要があるということですね。 ちなみにジンオウガから取れる素材も必要になるのですが、陸珊瑚のレベルを上げていくとジンオウガも出現するため、レベル上げついでに討伐していけば問題ないです。 導きの龍骨【陸珊瑚】については陸珊瑚の骨塚を漁っていればそのうち手に入るので、定期的に採取してみてください。 優先順位第2位:瘴気地帯 陸珊瑚のレベル上げが終わりカスタム強化ができたら、次は瘴気地帯のレベルを上げましょう。 瘴気地帯のレベルを6まで上げると ティガレックス亜種が出現するようになります。 ティガレックス亜種から作れる装備は『攻撃・体力増強・回復量アップ・弱点特効・満足感・解放』と言った王道かつ強力なスキルを発動できるので作っておいて損はないです。 任務クエストやフリークエストにはティガレックス亜種が出現することはないので、できれば早めに戦い捕獲まで行っておきたいところ。 MEMOモンスターを捕獲をするとフリークエストの特殊闘技場で再び戦うことができるようになります。 ただし、ティガレックス亜種は通常種以上に狂暴かつ大咆哮 攻撃判定のある咆哮 を使ってくるので、初見時は結構苦労すると思います。 しっかり装備を整えてから挑んでいきたいですね。 優先順位第3位:溶岩地帯 次におすすめなのがアプデで追加された溶岩地帯です。 この溶岩地帯をレベル7まで上げると、 ラージャンの歴戦個体が出現します。 ラージャンの歴戦個体からはぎ取れる歴戦の煌毛は、カスタム枠の2回目の拡張に必要となる素材です。 カスタム枠を広げることで真価を発揮する武器が多々ありますので、ぜひとも溶岩地帯のレベルも7まで上げましょう。 ただしその場合は上記で紹介した陸珊瑚地帯や瘴気地帯のレベルが下がるので、ある程度必要になる素材はゲットしてから溶岩地帯のレベルを上げるのが良いと思います。 優先順位第4位:あとは必要に応じて上げればOK 溶岩地帯までレベルを上げたら後はお好みでOKです。 使っている武器のレア度でカスタム強化に必要になる素材は異なってきますので、必要に応じてレベルを調整していきましょう。 ちなみに、カスタム強化の必要素材や地帯ごとのモンスターの一覧表はgame8さんの以下の記事が参考になります。 良かったら参考にしてください。 なので、単純に上記2種のモンスターの素材が欲しいということなら、導きの地で苦労してレベルを上げるよりもMRを上げる方が楽です。 ちなみに地帯レベルが低い人の救難に行くとレベルが上がりやすい ある程度地帯レベルが上がってくると、次第にレベルが上がりにくくなってきますよね。 そんな時には、あなたが上げたい地帯レベルがまだ低い人の地帯レベル上げを手伝ってあげると手っ取り早くレベル上げが可能です。 例えばあなたの森林地帯のレベルが6だった場合、森林地帯のレベルが1や2の人の地帯レベル上げを手伝うと効率良く森林地帯のレベルを上げることができます。 上記はフレンドと協力できれば効率がいいのですが、僕のようなソロプレイヤーは救難信号に頼るしかないですね。 目的の地帯レベルが低い人の導きの地に合流し、目的の地帯のモンスターを狩っていたら協力して討伐。 別の地帯のモンスターを狩っていたら離脱して 切断ではない 、再度救難信号を検索し目的の地帯レベルが低い人の導きの地に合流…を繰り返しましょう。 ちょっと根気は入りますが、高レベルになってしまった自分の導きの地を周回するよりは手っ取り早くレベルを上げることができると思います。 導きの地に入って右も左も良くわからない場合は、ぜひこの記事を参考に地帯レベルを上げてみてください。 それではここまで記事を読んでいただきありがとうございました。 また次回の記事でお会いしましょう。 ぐっさんでした!.

次の