排卵検査薬 海外製 おすすめ。 デジタルの排卵検査薬を比較!値段や特徴、購入方法は?

排卵検査薬とは?おすすめ商品6選&使い方・値段をご紹介!|Milly ミリー

排卵検査薬 海外製 おすすめ

先輩ママの排卵検査薬 体験談・アンケート 排卵検査薬を使ったことがありますか? 排卵検査薬を使ったことのあるママは、全体の2割強という結果でした。 こちらの結果は、妊活をしているかどうかも関係ありそうですね。 そもそも「排卵」ってなに? 健康な女性の多くは、約1ヶ月に1度卵巣から卵子が放出されます。 これが「排卵」と呼ばれる現象。 排卵した卵子がベストなタイミングで精子と出会い、受精。 この受精卵が子宮に着床できれば、妊娠となります。 卵子が受精できるタイムリミットは、排卵から24時間ほどと言われています。 したがって、妊娠を望むのであれば、自分の排卵日を把握することが大事。 一方精子の寿命は射精から2~3日といわれているため、精子が卵子に到達するまでの時間を踏まえると、排卵日の前後がもっとも妊娠しやすい時期と言えるでしょう。 排卵検査薬とは? 排卵の有無を知るための検査薬のこと。 排卵日を予測するために基礎体温グラフを付けている方も多いでしょう。 排卵検査薬を妊活にプラスすると、より正確に排卵の時期を計ることができます。 排卵検査薬の仕組みは?LHって? 排卵検査薬は、排卵前に分泌がピークを迎えるホルモンに反応する仕組み。 このホルモンが、LH(黄体ホルモン)と呼ばれるものです。 LHはゆるやかではなく、急激に下垂体から出ますが、放出がピークとなることを「LHサージ」と呼びます。 排卵がおこるのは、LHサージから36時間以内。 排卵検査薬に含まれる試薬がLHを検出するため、排卵日を予想することができるのです。 排卵検査薬はいつ使うの? 生理周期には個人差がありますよね。 タイプ別に使う目安をご紹介します。 生理周期が27日の場合 前回の生理開始日から10~13日後に使い始めるのが目安です。 理由は、排卵が起こるのは次回の生理開始日の約2週間前と言われているため。 生理周期が安定している場合 27日周期でなくても生理周期が安定している方は、基礎体温グラフで体温が低温相から高温相に移る予定の日から、3日前を目安に検査薬を使うといいでしょう。 生理周期が不規則な場合 ここ2~3周期のなかで、もっとも短かった周期を目安にします。 次回生理開始日を決め、予定日の17日前から検査を開始しましょう。 排卵検査薬の使い方 排卵検査薬を使うタイミング・回数・方法・結果の見方についてご紹介します。 検査のタイミング 検査薬は朝・昼・夜のいつ使ってもOK。 数日間にわたって検査薬を使うことが多いので、ほとんどのメーカーでは、条件をそろえるために、毎日ほぼ一定の時間帯に検査薬を使うことが推奨されているようです。 忘れないように、起床してすぐや朝食後のタイミングに決めている方も多いとか。 検査の回数 下記の場合は、朝夕の1日2回検査を行うことで、LHサージをとらえやすくなりようです。 ・排卵検査薬を過去に使ったが、うまく結果が出なかった ・1回行ったが、陽性か陰性か微妙な結果が出た 検査方法 多くの排卵検査薬は、3ステップを踏むだけのようです。 1.準備 排卵検査薬を袋から出し、尿吸収体を露出させます。 2.尿をかける/尿に浸す 尿吸収体に正面から全体に尿をかけるか、採尿容器に尿吸収体を浸します。 尿を含ませる時間は、商品によって違うようです。 3.静置 尿吸収体にキャップを被せ、平らな場所に置きます。 静置時間も、商品によって異なるようです。 結果の見方 排卵検査薬に付いた判定窓には、正しく検査が行われたかを表す部分と、LHサージを検出す部分とがあります。 判定の見方は商品ごとによって様々。 初めて陽性になってから、36~40時間以内に排卵が起こる可能性が高いとされていますが、卵子のタイムリミットを考えて、できるだけ早くタイミングを取るとよいでしょう。 排卵検査薬はどこで購入できるの?値段はいくらくらい? 「排卵検査薬が欲しい」と思ったときはどこへ行けばよいのでしょうか?また、いかほどで買えるのでしょうか? 購入できる場所 2018年現在、排卵検査薬は薬局・薬店・ドラッグストアと、ネット通販で購入できます。 ただし、「薬剤師による説明を受けること」が条件です。 理由は、排卵検査薬が「第一類医薬品」であるため。 この第一類医薬品を販売するためには、販売する側が薬剤師による製品説明を義務付けられているのです。 したがって、一時的にでも薬剤師が不在の店舗では排卵検査薬を買うことができません。 また、ネット通販では注文後に薬剤師とのやり取りが発生し、承認されなければ購入できないようになっています。 値段の相場 調剤薬局・ドラッグストア・ネット通販で販売されている日本製の排卵検査薬は、2,500~4,000円前後のようです。 同じ商品でも内容量が少ないものは値段が安く、内容量が多いものは割安になっています。 排卵検査薬は、海外製と日本製のどちらがいいの? 排卵検査薬について、日本製と海外製の違いをくらべてみましょう。 形状 海外製の排卵検査薬は、日本製のようなプラスチックのキャップや持ち手が付いていない、試薬が含まれた紙だけのタイプが多いよう。 ちょうど、学生時代に実験の授業で使った「リトマス試験紙」のようなイメージです。 シンプルなつくりにすることで、日本製より低価格を実現しています。 値段 内容量が同じ7回分でくらべてみましょう。 日本製:2,500~3,000円ほど 海外製:500円ほど と、海外製の方がコスパに優れているようです。 性能 日本製と海外製で、排卵検査薬の正確性に大きな違いはないようです。 尿中のLHに反応する仕組みであることも同じ。 なお、海外製には唾液の結晶状態で排卵日を予測する検査薬の種類もあるようです。 シンプルな形状のため低価格で、性能も大差ない海外製の排卵検査薬は魅力的ですね。 ただし、海外製なので説明書が英語で書かれていたり、安価な分不良品が混ざっていたりすることもあるよう。 まずは、親しみやすい日本製を使って排卵検査薬になれた方がいいでしょう。 その上で、海外製を使い、検査の信頼性を高めるために日本製でダブルチェックするとベターかもしれません。 通販で購入できるおすすめの排卵検査薬が知りたい! 通販で手に入る排卵検査薬を4つご紹介します。 【第1類医薬品】ドゥーテストLHa排卵日予測検査薬 12本 ドゥーテスト 参考価格:¥2,629 排卵日を約1日前に予測する、ロート製薬の排卵検査薬です。 検査は、尿吸収体に2秒尿をかけるか、2秒採尿容器につけるだけで、判定時間も5分と短時間。 正しく検査できたかわかる確認サインと、見くらべやすいように基準ラインが横に付いていて、判定ラインもわかりやすくなっています。 尿吸収体のキャップは、使用時に検査薬の持ち手側に付けることでロングタイプになる仕様です。 内容量:12回分(7回分もあり) 【第1類医薬品】ハイテスターH 10回用 ハイテスターH 参考価格:¥3,721 独自技術「トリプルライン検出法」を取り入れた、タケダの排卵検査薬です。 こちらも排卵日の1日前を予測するタイプ。 尿吸収体に、5秒以上尿をかけるか、10秒採尿容器につけ、その後10分置きます。 判定の方法は前日とくらべてラインの本数が増えたら陽性。 検査日時の記入欄があり、毎日の変化を見るのに便利です。 内容量:10回分(5回分もあり) 【第1類医薬品】チェックワンLH・II排卵日予測検査薬 10回分 アラクス 判定までが3分と短く、結果がわかりやすい、アラクスの排卵検査薬です。 尿吸収体に、5秒尿をかけるか、紙コップに20秒つけて検査します。 チェックラインの判定窓にラインが出、コントロールラインとくらべて同じまたはより濃い色のテストラインが出たときが陽性です。 テストラインが目視できなかったり、薄かったりする場合は陰性とみなします。 こちらも、陽性となったときが排卵日の1日前です。 内容量:10回分(5回分もあり) 【第1類医薬品】クリアブルー 排卵日予測テスト 12回分 オムロン OMRON オムロンの排卵検査薬です。 尿を5秒かけるか、紙コップに20秒ひたし、3分後に判定窓を見ます。 10分以降の結果は判定に用いません。 判定窓のコントロールラインで正しく検査できたかを見、テストラインで判定します。 コントロールラインが出なかった場合は再検査となり、コントロールラインにくらべてテストラインが同じか濃い場合が陽性です。 内容量:12回分(7回分もあり) 薬局で購入できるおすすめの排卵検査薬が知りたい! 調剤薬局や薬剤師のいるドラッグストアなどで取り扱われている排卵検査薬を2つご紹介します。 P-チェック・LH 独自の特許技術「3段階検出法」により、LH濃度の変化を幅広く検出できる、ミズホメディーの排卵検査薬です。 尿吸収体に5秒以上尿をかけるか、採尿容器に10秒浸し、10分間待ちます。 判定窓のR部分にラインが出たら、検査がきちんと行われた証。 判定部の1・2・3の横に出るラインの本数を見、前日よりもラインが増えたら陽性です。 内容量:14回分(7回分もあり) チェックワンLHデジタル 検査結果を液晶ディスプレイで知らせてくれる、アラクスのデジタル式排卵検査薬です。 こちらの排卵検査薬は使用前に毎回組み立てが必要。 ディスプレイが付いた「リーダー」に、検査直前で「チェックスティック」をセットします。 リーダーに出るセットOK表示を確認したら、すぐに検査を開始。 検査は、尿吸収体に5~7秒尿をかけるか、採尿容器に15秒間ひたします。 陰性は「〇」、陽性は「顔マーク」が出てわかりやすく、ライン表示の排卵検査薬が見にくい方におすすめ。 内容量:10回分(5回分もあり) 排卵検査薬を使う時の注意点が知りたい 排卵検査薬を使う上で気を付けたいポイントをまとめました。 検査する時間を統一する 検査の条件をそろえ、経時的なLH量の変化を見るためです。 再利用はしない 尿吸収体に「うまく尿がかからなかったかも?」と思っても、再利用はせずに新しい検査薬を使いましょう。 保管方法・使用期限を守る 検査薬の劣化をさけるため、直射日光・高温多湿は避けましょう。 正確な検査結果を得るためには、使用期限を守る必要もあります。 禁止行為に注意する 飲酒・喫煙・風邪薬などは検査に影響しないようです。 ただし、影響がある薬剤もあるので、服用中の薬剤があるときは産婦人科で相談するといいでしょう。 陽性・陰性が続く場合は病院へ 排卵検査薬を使い続けて、陽性または陰性ばかりとなる場合は、一度病院へ相談するとよいようです。 排卵検査薬の先輩ママ口コミ 排卵検査薬を実際に使ったことのあるママに、お話を聞きました。 自己流のタイミング法で役立ちました! 「1人目の妊活中は、産婦人科でタイミング指導を受けていました。 排卵日が休診日にかかりそうなときは、『自宅で検査してね』と先生から排卵検査薬を渡されていたので、何度か自分でも検査したことがあります。 2人目がほしいと思ったときは仕事と育児で忙しく、産婦人科に通う時間がなかったので、市販の排卵検査薬で自己流のタイミング法を実践。 おかげで、無事に授かりました」(30代前半/2児のママ) テレビCMがきっかけでした! 「排卵検査薬を始めて知ったのは、大島美幸さんが出演されていたテレビCM。 結婚後なかなか子どもに恵まれずに悩んでいる時期だったので、すごく興味を持ちました。 主人に排卵検査薬の話をすると『ぜひ使ってみようよ』と言ってくれて。 ブライダルチェックでは2人とも問題なかったので、『6周期試してダメなら産婦人科に行こう』と決めました。 その後、3周期目で妊娠。 基礎体温グラフと合わせることで、排卵日が予測しやすかったです」(20代後半/1児のママ) 文/いけだひとみ.

次の

ラッキーテスト検査薬通販 / 海外製排卵検査薬通販、排卵検査薬の使用方法を紹介!ラッキーテスト.JP

排卵検査薬 海外製 おすすめ

デジタルの排卵検査薬を比較!値段や特徴、購入方法は? 2015年10月8日 こそだてハック 妊娠を希望している人たちの間ではおなじみの、排卵検査薬。 これまでの排卵検査薬では結果の判断がしづらかったのですが、最近では、判定結果がより明確にわかるデジタルの排卵検査薬が出てきています。 そこで今回は、デジタルの排卵検査薬とはどんなものなのか、値段や特徴、購入方法など、徹底比較してみました。 排卵検査薬とは? 「排卵検査薬」とは、排卵日の徴候を検査する検査薬です。 LHという黄体形成ホルモンは常に尿中から検出されるホルモンですが、排卵直前には一時的にLHの分泌が一気に急上昇します。 検査開始日から毎日一回同じ時間に連続して検査すると、この尿中のLH濃度のピーク(LHサージ)を確認することができるため、排卵日を予測することができます。 LHサージが現れてから24~48時間以内に排卵が起こるといわれています。 関連記事 デジタル排卵検査薬とは? デジタル排卵検査薬も、今までのアナログの簡易排卵検査薬と同様に、テストスティックに尿をかけて判定します。 最大のメリットは、LHサージをはっきりと識別し99%正確に判定結果をデジタルで表示してくれるので、検査薬の色の濃さで陽性・陰性を自分自身で判定しなければならなかったアナログの検査薬のように判定結果に迷うことはありません。 しかし、デメリットとしてデジタルの検査薬のコストは、アナログのものと比べると割高になっています。 デジタル排卵検査薬徹底比較!値段、特徴、購入方法は? それでは、デジタルの排卵検査薬にはどんなメーカーのものがあるのでしょうか?ここでは、人気の3商品の値段、特徴や購入方法を徹底比較してみます。 クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬 出典: クリアブルーの製品は妊娠検査薬でもおなじみですが、このデジタルタイプの排卵検査薬は海外製品で、インターネット通販での購入になります。 しかし、商品と一緒に日本語取扱説明書も付いているようなので安心ですね。 7回分、10回分、20回分などから選べます。 薬局医薬品のため、購入は取り扱いのある国内の薬局のみです。 5回分、10回分から選べます。 製造販売している株式会社アラクスのHPで取り扱いのある薬局を探せますよ。 タッチパネル式で3段階の妊娠可能性レベルを表示し、生理周期などの記録もできます。 クリアブルーイージーデジタル排卵検査薬と同様に海外のみで販売されていますが、インターネット通販で購入可能です。 基礎体温の計測などと同様に、自分の体のことをよく知るためのひとつの方法として排卵検査薬の使用も有効でしょう。 今までアナログの検査薬を使用して、あいまいな判定にストレスを感じたことのある人にもデジタルの排卵検査薬は、おすすめですよ。

次の

排卵検査薬は通販で買える?海外製でもいい?注意点は?

排卵検査薬 海外製 おすすめ

この記事では、日本製と海外製をあわせて10種類の排卵検査薬を紹介します。 排卵検査薬を選ぶときのポイントとなる「価格」や「感度の違い」も比較表で分かりやすく解説します。 はじめはどれを買うべきか迷うかもしれませんが、この記事の比較表を見ればきっと選びやすくなるはずです。 ぜひ、排卵検査薬を選ぶときの参考にしてください。 そもそも「排卵検査薬」とは 尿に含まれるホルモンを検知して排卵日を予測 排卵検査薬(排卵日予測検査薬)は排卵のタイミングを予測できるスティック型の薬品です。 自宅用の尿検査キットのようなもので、 排卵の直前に放出される「黄体化ホルモン」を検知できます。 黄体化ホルモンは 「LH」とも呼ばれ、 排卵が起こる直前には「LHサージ」という LHの分泌量が急激に高まるタイミング(下図)があります。 この LHの分泌量の変化を検知することで排卵日を予測します。 排卵検査薬はドラッグストアやECサイトで購入できる 排卵検査薬は「第1類医薬品」で、 マツキヨやココカラファインのようなドラッグストア、Amazonや楽天のようなECサイトで購入できます。 ただし、検索してみるといろんな種類が出てきて、どれを選べばいいのか迷うかもしれません。 そこで、まずはざっくりと選ぶときのポイントを紹介します。 海外製に比べて 日本製の方が使いやすいからです。 使いやすい理由は、 検査薬の形状がプラスチックの「スティック型」で使用するときに持ちやすいこと、また 添付された使い方の説明書も分かりやすく、もし困ったときも検索すれば日本語で説明された商品ページがあること、などです。 一方で、海外製に比べると値段が高いところがネックかもしれません。 海外製は値段は安くお手頃です。 ただし、少し使いづらいと感じる方もいます。 海外製の排卵検査薬は紙製のスティックなため、使用するときに日本製のプラスティック素材の検査薬と比べると使いにくいことがあります。 このような特徴を踏まえて、 使いやすさ重視の方は日本製、 価格重視の方は海外製を選んでも良いでしょう。 まずは 使いやすい日本製で試してみて、使い方に慣れてきたら価格の安い海外輸入品に切り替えるという方もいます。 排卵が起こりそうなサインの「LHサージ」は以下のように変化しています。 そのため、 もし早めに知りたいという方は低めの数値でも反応がでる、つまり感度が高い検査薬を選ぶ方が良いでしょう。 そのような方は、感度が高すぎると常に陽性反応が出てしまうこともあるため、必ずしも感度が高い方が良いわけではない、ということはご留意ください。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 日本製の排卵検査薬を選びやすいように、比較表にまとめました。 ここでは、主要な5種類の排卵検査薬をピックアップしています。 ポイントの2つ目であげた 「陽性反応がでる感度」は表の一番右に記載しています。 以下では、それぞれ順番にご紹介します。 Amazonの「売れ筋ランキング」でも1位を獲得しています。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 多くの排卵検査薬は、判定線の色の濃淡で判断する必要がありますが、ハイテスターは 判定線の本数がLHの分泌量にあわせて増える仕組みです。 初心者にとっては、分かりやすいかもしれません。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 なかには、普段からLHの分泌量が少し多めの方もいて、そのような方が感度が高い検査薬を使うと、排卵前でもないのに陽性反応が出てしまうことがあります。 そのような方とっては、 感度が慎重な方が良いこともあります。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 1ブランド「クリアブルー」 クリアブルーは世界的に使用されているブランドです。 【製造・販売会社】オムロン 【特徴】 ・世界シェアNo. メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 メーカー希望小売価格が設定されていない場合は通販サイトで販売されている価格を参考にしています。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 海外製の排卵検査薬5選 日本製で使い方が慣れてきたら、海外からの輸入品に切り替えても良いかもしれません。 以下では、比較表とあわせて海外製の特徴を説明します。 価格は販売店、通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 ただし、これは50本のまとめ買いの場合の価格ですのでご注意ください。 海外製は、日本製と違ってセット売りの本数が多いことも特徴です。 輸入品の通販サイトで購入できる 海外製は駅前のドラッグストアでは販売していません。 Amazonや楽天でも日本国内では購入できものが多いため、 専門の輸入品通販サイトで購入する必要があります。 記載されている価格に加えて配送料がかかることもあるので、 価格を比較するときは配送料も考慮しましょう。 日本の通販サイトで販売している輸入品は数種類ありますが、この記事では多くの方が利用している5つを紹介します。 価格は通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 価格は通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 価格は通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 価格は通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 価格は通販サイトによって異なるため、ご購入時にはご確認をいただくようお願いいたします。 以上、この記事では排卵検査薬を選ぶときのポイントや比較表をご紹介しました。 もし、まだ 排卵検査薬を使ったことがないのであれば、日本製でまずは試してみることをおすすめします。 排卵検査薬の使い方は「 」で解説しているので、是非あわせてご覧ください。

次の