メキタジン。 メキタジン:ゼスラン,ニポラジン

【新製品】「メキタジン」6mg配合のアレルギー性鼻炎薬発売 佐藤製薬|薬事日報ウェブサイト

メキタジン

傾向と優先順位 ご存じのように、「メキタジン」は、「内服アレルギー用薬」の「抗ヒスタミン成分」として登場します。 市販薬には、「 」などがあります。 「抗ヒスタミン成分」は、内服アレルギー用薬の筆頭成分のため、試験には、そこそこに顔を出します。 「適正使用」の「使用(服用)しない」の論点があります。 優先順位は「 高い」です。 「抗ヒスタミン成分」は、『 肥満細胞から遊離したヒスタミンが、受容体と反応するのを妨げることにより』、ヒスタミンの働きを抑えます。 「メキタジン」は、ごぞんじのように、「抗ヒスタミン成分」です。 ところで、憶え方あります。 「」の方も、ご参考ください。 メキタジンは、まれに、重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、肝機能障害、血小板減少を生じます。 いやらしいひっかけ問題だと、「血小板 増加」になっていたりするので、用心してください。 試験頻出ポイント 内服アレルギー用薬の「抗ヒスタミン成分」のポイントです。 抗ヒスタミン成分により、ヒスタミンの働きが抑えられると、 眠気が促されます。 服用後は、乗り物や機械の運転を避けます。 ヒスタミンの働きを抑える作用以外に、抗コリン作用も示すため、排尿困難や口渇、便秘などの副作用が現れることがあります。 「適正使用」対策 「メキタジン」ですが、「 使用(服用)しない」論点があります。 本剤を使用して、「 アレルギー症状を起こしたことがある人」は…、 「 ショック(アナフィラキシー)、 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、 中毒性表皮壊死融解症(ライエル症候群)等の重篤なアレルギー性の副作用を生じる危険性が高まるため」…、 「 使用(服用)しない」となっています。 出題可能性があるので、押さえておくべきです。 参考: 「相談すること」 排尿困難の症状のある人は、使用前に、医師などに相談します。 緑内障の症状のある人は、使用前に、医師などに相談します。 「医師などに相談すること」は、実務事項でもあるので、よく問われます。 余裕があれば、押えておきましょう。 コツ的なこと 登録販売者の勉強方法等は、「」に述べています。 独学の概要・注意事項などはこちらで。 次いで、医薬品の成分の暗記が苦手な人へのアドバイスです。 実地が一番頭に入ります。 成分・効能が頭に入らない方は、机の前の勉強を止めて、ドラッグストア等で、実際の医薬品を手にしてみてください。 先に挙げた、「 」などのページを見ながら、テキストと突き合わせるだけでも、記憶に残ります。 テキストの字面だけでは、記憶の残りは悪いので、実物を目で見て触って確かめて、憶えていきましょう。 他のページ 「内服アレルギー用薬」の他の「抗ヒスタミン成分」へのリンクです。 独学向け教材 使用教材の詳細は「」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「 」と、掲載問題数が一番多い「 」を使えば支障ありません。 わたしはこれで「117点」取れました。 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。 過去問演習は、「タブレット」が便利です。 もってない人は、受験を機に、アマゾンの「 」を推奨します。 最優秀のコスパです。 こまごましたもの 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。 興味のある方は、「」の「」や「」、「」などをお目汚しください。 そのほか、「」や「」、「」で、ヒマな時間を潰してください。

次の

抗ヒスタミン薬の種類と副作用の強さを比較

メキタジン

傾向と優先順位 ご存じのように、「メキタジン」は、「内服アレルギー用薬」の「抗ヒスタミン成分」として登場します。 市販薬には、「 」などがあります。 「抗ヒスタミン成分」は、内服アレルギー用薬の筆頭成分のため、試験には、そこそこに顔を出します。 「適正使用」の「使用(服用)しない」の論点があります。 優先順位は「 高い」です。 「抗ヒスタミン成分」は、『 肥満細胞から遊離したヒスタミンが、受容体と反応するのを妨げることにより』、ヒスタミンの働きを抑えます。 「メキタジン」は、ごぞんじのように、「抗ヒスタミン成分」です。 ところで、憶え方あります。 「」の方も、ご参考ください。 メキタジンは、まれに、重篤な副作用として、ショック(アナフィラキシー)、肝機能障害、血小板減少を生じます。 いやらしいひっかけ問題だと、「血小板 増加」になっていたりするので、用心してください。 試験頻出ポイント 内服アレルギー用薬の「抗ヒスタミン成分」のポイントです。 抗ヒスタミン成分により、ヒスタミンの働きが抑えられると、 眠気が促されます。 服用後は、乗り物や機械の運転を避けます。 ヒスタミンの働きを抑える作用以外に、抗コリン作用も示すため、排尿困難や口渇、便秘などの副作用が現れることがあります。 「適正使用」対策 「メキタジン」ですが、「 使用(服用)しない」論点があります。 本剤を使用して、「 アレルギー症状を起こしたことがある人」は…、 「 ショック(アナフィラキシー)、 皮膚粘膜眼症候群(スティーブンス・ジョンソン症候群)、 中毒性表皮壊死融解症(ライエル症候群)等の重篤なアレルギー性の副作用を生じる危険性が高まるため」…、 「 使用(服用)しない」となっています。 出題可能性があるので、押さえておくべきです。 参考: 「相談すること」 排尿困難の症状のある人は、使用前に、医師などに相談します。 緑内障の症状のある人は、使用前に、医師などに相談します。 「医師などに相談すること」は、実務事項でもあるので、よく問われます。 余裕があれば、押えておきましょう。 コツ的なこと 登録販売者の勉強方法等は、「」に述べています。 独学の概要・注意事項などはこちらで。 次いで、医薬品の成分の暗記が苦手な人へのアドバイスです。 実地が一番頭に入ります。 成分・効能が頭に入らない方は、机の前の勉強を止めて、ドラッグストア等で、実際の医薬品を手にしてみてください。 先に挙げた、「 」などのページを見ながら、テキストと突き合わせるだけでも、記憶に残ります。 テキストの字面だけでは、記憶の残りは悪いので、実物を目で見て触って確かめて、憶えていきましょう。 他のページ 「内服アレルギー用薬」の他の「抗ヒスタミン成分」へのリンクです。 独学向け教材 使用教材の詳細は「」に述べていますが、読むのが面倒な人は、テキストは、初心者向けでオマケ付きの「 」と、掲載問題数が一番多い「 」を使えば支障ありません。 わたしはこれで「117点」取れました。 また、公式の過去問は、PDFで配布されています。 過去問演習は、「タブレット」が便利です。 もってない人は、受験を機に、アマゾンの「 」を推奨します。 最優秀のコスパです。 こまごましたもの 登録販売者のこまごましたことは、ブログに投稿しています。 興味のある方は、「」の「」や「」、「」などをお目汚しください。 そのほか、「」や「」、「」で、ヒマな時間を潰してください。

次の

ニポラジン・ゼスラン(メキタジン)の作用機序と副作用

メキタジン

効能・効果 [ ]• 皮膚疾患に伴う瘙痒(湿疹・皮膚炎、皮膚瘙痒症) 禁忌 [ ] のある患者、下部尿路の閉塞性疾患(など)のある患者には禁忌である。 慎重投与 [ ] 腎障害のある患者(特に長期使用)、高齢者には慎重投与とされている。 副作用 [ ] 重大な副作用として知られているものは、ショック、アナフィラキシー様症状、肝機能障害、黄疸、血小板減少である。 (いずれも頻度不明。 ) 深い眠り、倦怠感、眩暈、協調不能に若干の眠気などの中枢神経抑制、頭痛、精神運動障害および抗ムスカリン効果などの副作用がある。 稀に、発疹、過敏反応、血液疾患、痙攣、発汗、筋肉痛、感覚異常、錐体外路効果、振戦、錯乱、睡眠と胃腸障害、耳鳴り、低血圧、脱毛、感光性、黄疸が発現する。 相互作用 [ ] 飲酒、バルビツール系薬剤、睡眠薬、オピオイド系鎮痛薬、抗不安薬、鎮静薬、抗精神病薬の中枢神経抑制作用を増強する。 系抗生物質による聴神経障害の兆候をマスクする。 との併用でが報告されている。 関連項目 [ ]• 出典 [ ]• 2016年11月6日閲覧。 2015年5月5日閲覧。 Rev Alerg Mex 52 6 : 221—5. Theunissen E, Vermeeren A, van Oers A, van Maris I, Ramaekers J 2004. Clin Exp Allergy 34 2 : 250—8. Nakamura K, Yokoi T, Kodama T, Inoue K, Nagashima K, Shimada N, Shimizu T, Kamataki T 1998. J Pharmacol Exp Ther 284 2 : 437—42. Persi L, Dupin O, Arnaud B, Trinquand C, Michel F, Bousquet J 1997. Allergy 52 4 : 451—4.

次の