中国 コロナ 発生元。 新型コロナウイルスは生物兵器なのか? 中国政権による細菌戦争の意図とその可能性を探る

武漢肺炎(新型コロナウイルス)が発生した理由

中国 コロナ 発生元

新型コロナウイルスの発生起源を突き止めようと科学者たちが研究を続けている。 中国の独立系メディア「財新」の取材班は、最新の研究論文やその著者を独自に取材。 同ウイルスの新事実に迫っている。 科学研究者たちは新型コロナウイルスの起源に関する研究をいまも続けている。 最近、南方医科大学公共衛生学院三級生物安全実験室のある研究論文では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が発生した期間は2019年9月23日から2019年12月15日の間である可能性が高いと発表された。 また新型コロナウイルスと遺伝子配列が最も似ているコウモリが持つコロナウイルス「RaTG13」には時間的な進化関係が存在せず、新型コロナウイルスはRaTG13が進化したものではない可能性が高いことがわかった。 この論文のタイトルは「コロナウイルスSARS-CoV-2の変異と進化の分析」であり、『南方医科大学ジャーナル』に発表された後、2月22日に中国知網に初めて掲載され、査読を通過した。 研究員はデータベース・GISAIDから45の新型コロナウイルスの全長遺伝子配列をダウンロードし、その中の39の遺伝子配列のウイルスの「最近共通祖先時間」(tMRCA、訳注:あるウイルス集団のすべてを子孫として、最も近い共通の祖先に遡るまでの時間)を計算した。 また、その他のコロナウイルスの遺伝子配列はNCBI(アメリカ国立生物工学情報センター)のデータベースからダウンロードした。 GISAIDは多くのノーベル賞受賞者や世界有数の科学者が署名し成立しているオープンプラットフォームで、インフルエンザウイルスデータ情報の共有状況を改善するために設立され、現在はさまざまな感染症に対応している。 ウイルスの進化に関する時間情報を分析 研究者はソフトウェアを利用し新型コロナウイルスとその他のコロナウイルスの間にある進化に関する時間情報を分析した。 2020年1月23日を0時間と設定し、1日を1単位としてウイルスの最近共通祖先時間を推算した。

次の

新型コロナウイルスどこから発生? 中国,アメリカ,研究所,エイリアン諸説まとめ

中国 コロナ 発生元

新型コロナウイルスの発生起源を突き止めようと科学者たちが研究を続けている。 中国の独立系メディア「財新」の取材班は、最新の研究論文やその著者を独自に取材。 同ウイルスの新事実に迫っている。 科学研究者たちは新型コロナウイルスの起源に関する研究をいまも続けている。 最近、南方医科大学公共衛生学院三級生物安全実験室のある研究論文では、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)が発生した期間は2019年9月23日から2019年12月15日の間である可能性が高いと発表された。 また新型コロナウイルスと遺伝子配列が最も似ているコウモリが持つコロナウイルス「RaTG13」には時間的な進化関係が存在せず、新型コロナウイルスはRaTG13が進化したものではない可能性が高いことがわかった。 この論文のタイトルは「コロナウイルスSARS-CoV-2の変異と進化の分析」であり、『南方医科大学ジャーナル』に発表された後、2月22日に中国知網に初めて掲載され、査読を通過した。 研究員はデータベース・GISAIDから45の新型コロナウイルスの全長遺伝子配列をダウンロードし、その中の39の遺伝子配列のウイルスの「最近共通祖先時間」(tMRCA、訳注:あるウイルス集団のすべてを子孫として、最も近い共通の祖先に遡るまでの時間)を計算した。 また、その他のコロナウイルスの遺伝子配列はNCBI(アメリカ国立生物工学情報センター)のデータベースからダウンロードした。 GISAIDは多くのノーベル賞受賞者や世界有数の科学者が署名し成立しているオープンプラットフォームで、インフルエンザウイルスデータ情報の共有状況を改善するために設立され、現在はさまざまな感染症に対応している。 ウイルスの進化に関する時間情報を分析 研究者はソフトウェアを利用し新型コロナウイルスとその他のコロナウイルスの間にある進化に関する時間情報を分析した。 2020年1月23日を0時間と設定し、1日を1単位としてウイルスの最近共通祖先時間を推算した。

次の

「新型コロナウイルス」は一体どこから来たのか

中国 コロナ 発生元

そんななか、感染の拡大が分かった当初、湖北省武漢市などでコロナ禍の実情を隠蔽した習近平指導部を激しく批判し、新型コロナウイルスを「中国共産党ウイルス」と名指しした北京科学技術大学の陳昭志元教授が逮捕されたことが明らかになった。 また、武漢市に住む女性作家、方方氏が武漢封鎖のほぼ3か月間の模様を記録した『武漢日記』と題する本について、当初は「文学性の高い記録」などと称賛していた中国当局が、この本が米国の大手出版社から発行されることが分かると一転して、方方氏を「売国奴」などと非難するなど強硬な姿勢に転じた。 これらは新型コロナ問題が単なる疾病から、政治的、国際的な問題に変わりつつあることを示している。 米政府系報道機関「ラジオ・フリー・アジア(RFA)」によると、陳氏は1月下旬、中国当局が新型コロナウイルス感染の拡大を防ぐために武漢を都市封鎖し、北京や上海などの大都市圏でも厳しい外出制限を敷くなどの措置についてネットで言及したという。 内容は、「当局が情報を隠蔽したために起こったことであり、新型コロナウイルスは『中国共産党ウイルス』と呼ぶべきだ」などの過激なメッセージだった。 北京の警察当局は4月14日、「社会不安を引き起こし、人心をかく乱した」などとして、陳氏を逮捕。 陳氏は警察の取り調べに対して、それらの容疑を強く否定しているという。 陳氏の弁護士はRFAに対して、「陳氏は現在、北京市内の北京市警察本部海淀拘置所に収容されているが、彼は68歳で、高血圧で脳卒中を起こしたほか、認知症にも苦しんでいる。 健康上の問題をもあり、すぐに釈放すべきだ」と訴えている。 一方、2010年に、小説の分野で中国で最も権威がある「魯迅文芸賞」を受賞した著名な女性作家、方方氏は武漢市が都市封鎖された2日後の1月25日から市民の生活を中心にネット上で報告。 封鎖解除の4月下旬まで続けている。 当局が中国全土への流行拡大を阻止しようと奔走するなか、隔絶された武漢住民の不安や怒りを赤裸々に描いている。 住民たちの助け合いや、部屋に日の光が差し込んだ時に感じる小さな喜びについても書くと同時に、超満員の病院で患者が追い返されたといった政治的に微妙な話や、マスク不足や親戚の死についても触れている。 ある日の日記にはこう書かれている。 「友人の医師から『人から人への感染があることは、実はわれわれ医者の間ではしばらく前から分かっていた。 われわれは上司たちにそれを報告したが、だれも人々に警告しなかった』と聞いた」。 政府から独立したメディアがない共産党独裁国家の中国で、検閲されていない武漢からの報告を読もうと、方方氏のオンライン日記に多くの人が殺到したことにより、こうして日の目を見ることになったのだ。 AFP通信によると、方氏が64歳と高齢で、著名な作家であることから、当局も当初は黙認していた。 だが、米国が流行初期の中国の対応が透明性を欠いたために、世界は貴重な時間を無駄にさせられたと非難し、米中間で新たな外交問題になると、SNS上で、方氏に批判的な書き込みも急増。 「上出来だよ、方方。 お前は欧米諸国が中国を攻撃するための弾を与えているんだ」「裏切り者の本性を現したな」や、「日記を一体、いくらで売ったんだ?」と、4000人近くが亡くなった武漢の悲劇で金儲けをしていると同氏批判する投稿もあった。 ネット上で集中攻撃を受けた方氏はSNS「微博(ウェイボー)」で、「私は国家主義者の非主流派による『ネットいじめ』の被害者だ」と訴えた。 また中国誌『財新』(電子版)のインタビューでは、「殺害の脅迫を受け、自宅の住所をネット上で晒された」ことなどを明かしている。 中国共産党機関紙『人民日報』傘下の国産問題専門紙『環球時報』の胡錫進編集長は、中国政府が米政府との対立で苦しい立場にある中で、海外版を出版するのは「趣味が良いとはいえない」と批判。 そのうえで、「結局は、最初に方方氏を支持した人々も含めて中国人が、欧米で同氏が得る名声のつけを払うのだ」と投稿すると、19万以上の「いいね!」が付いた。 このような批判的なコメントに対して、方氏は「武漢日記」で受け取る「印税の全て」を、「闘いの最前線で働き亡くなった医療従事者の遺族に寄付する」と宣言している。

次の