オーバー ゼア air。 【オーバーゼア/オーバーゼアAIR】全モデル10ftオーバーの遠投仕様!ダイワの注目SWショアキャスティングNEWロッドシリーズをご紹介|釣りまとめアンテナ

オーバーゼアは2020年注目の新作ロッド!ショアジギ入門にも最適!

オーバー ゼア air

という万能ルアーロッドになります。 対象魚はヒラメ、イナダ、サゴシ、マダイなど。 実はこの竿、1月に開催された「2020釣りフェスティバルin横浜」のときに気になってメッチャ見てきましたw 特にオーバーゼア。 この竿はこれから海のルアー釣りを初めてみたい!という人や、初心者の人にはうってつけの竿だな~と。 オーバーゼアシリーズは シーバスロッドと ショアジグロッドの 中間のような竿になっております。 これによりいろんなルアーが投げられます。 ・シーバスルアー(15g以上がオススメ) ・ヒラメルアー(ほぼ全部使いやすい) ・メタルジグ(30g~40g前後がベスト) これだけ使えればサーフ、堤防はほとんど網羅できますね。 その他にもオーバーゼアには ふたつの特徴があります。 まずひとつは 竿が長い。 発売された竿は全て10フィート以上。 長いですね。 これは広いサーフや足場の高い堤防やテトラで使いやすくするため。 釣り具屋で実物を見ると「長っ!」って思うかもしれませんが、 釣り場に行くと丁度良い長さだと思います。 もうひとつが 適度に曲がる。 結構曲がります。 悪く言えば少しダルい。 でもこの 曲がりがルアーを投げるときにしっかりと「反発」を生み出し、誰でも簡単にルアーを飛ばすことができます。 誰でも最初はルアーをうまく投げることができません。 そんな 初心者の人でも投げやすい竿となっております。 ルアーは 10~60gが投げられます。 これはヒラメには硬いですね。 ショアジグロッドという感じ。 40g前後の思いルアーをメインで使う竿ですね。 結構硬めのスペックです。 大型の青物をメタルジグで狙うならこれ。 ディスってみる 少し褒めすぎなのでディスってみますw オーバーゼアは竿を持っていたり、振ってるときは良いんですが 実際にメタルジグをシャクるように 竿を揺らすとダルさがあります。 この値段の竿なら文句は言えませんが・・・ AIRになるとシャクりも軽くなりますが、AIRは結構お高いですからね~・・・。 それと、いかにも「初心者が使いやすい竿」という作りになっています。 何年も釣りを趣味にしていて中~上級者になるとパワーやシャープさが物足りなくなってくると思います。 あくまでも オーバーゼアは最初の1本にオススメの竿! 最後に 1本買えばサーフ、堤防では万能に使えるルアーロッドです。 これから釣りを初めてみたい! サーフ、堤防で釣りをやろうと考えている人にはオススメの1本です。

次の

DAIWA2020年新製品! こんなロッドを待っていた! サーフ&堤防にうってつけなショアマルチキャスティングロッド!『オーバーゼア/オーバーゼア エア』

オーバー ゼア air

オーバーゼアはショアジギ入門に最適! 出典: ダイワからリリースされるオーバーゼアはこれからショアジギング・キャスティングを始めたい方にぴったりのロッドです。 ロッドのレングスも10フィート以上でラインナップされており、大型河口やサーフなどでの大場所にマッチします。 価格もかなりリーズナブルになっており、まさにショアゲーム入門にうってつけのロッドとなっています。 オーバーゼアAIRはワンランク上の操作性! オーバゼアAIRはさらにワンランク上の操作性やパワーを併せ持っています。 ダイワの独自技術であるX45やV-ジョイント、高密度HVFカーボンなどが搭載されたておりブランクス性能面のアップがみられます。 またダイワのプロテスターがJGFA30lbラインクラスのオオニべの日本記録(申請中)をあげたロッドとしても注目されています。 価格はオーバゼアよりも1万円ほど上がりますが本格的に始めたい方はこちらも検討してみてはいかがでしょうか。 オーバーゼアのラインナップ オーバゼアのラインナップはすべて10フィート以上となっており、オーバゼア・オーバゼアAIRともに同じラインナップとなっています。 サーフからのフラットフィッシュはもちろん、青物も対応可能で大型河口のシーバス狙いもマッチします。 バッドパワーはMLのためジグも操作可能ですが、プラグなどのルアーのアクションも行いやすいモデルとなっています。 Amazonの情報を掲載しています オーバーゼアと合わせるのにおすすめのリール オーバゼアのコンセプトがショアジギング・キャスティング用ロッドのため、リールも遠投性と剛性の高いものが必要となってきます。 またアクションやリトリーブの面からも早く回収できるものが良いためハイギア~エクストラハイギアのリールがおすすめです。 19レグザLT 4000D-CXH 一回の巻取り長さが99㎝最大ドラグ力12Kgとなっており自重275gと比較的軽い点が利点のレグザLTです。 マグシールドやATDなどの基本的なダイワーリールの高性能機能も搭載されており、メーカー価格も21,000円とコストパフォーマンスにも優れたバランスの良いリールとなっています。

次の

ダイワの新製品オーバーゼアを触って来ました。用途はサーフ?|テルヤスの釣り情報

オーバー ゼア air

ダイワの新商品!オーバーゼアシリーズを徹底解説!• 2020年4月21日• 2020年6月11日• 出典: ダイワは数多くの魅力的なロッドやリールなどを販売していますが、2020年3月より新商品であるロッド、「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」の2機種が販売されます。 どちらのロッドも 4種類のモデルが用意されており、アングラーの好みに応じてロッドを選ぶ事が出来ます。 初心者はもちろんの事、ベテランの方にも満足していただけるスペックになっていますので、ぜひとも注目していただきたいロッドに仕上がっています。 今回は、「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」の2機種についてご紹介しますので、ぜひチェックしてくださいね。 オーバーゼアシリーズとは 出典: 「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」のオーバーゼアシリーズは、簡単にいえばオールラウンドに使う事が出来るキャスティングロッドです。 4種類あるモデルにはそれぞれターゲットやおすすめルアーなどが明確化されていますが、そこまで気にする必要はありません。 基本的には、どの程度の重さのルアーを使いたいのかという点を意識をすれば問題ありません。 どんなアングラーにおすすめかを言うのであれば、長さはどのモデルも10フィートを超えているので、 サーフや堤防でとにかく遠投をしたいアングラーです。 ロングロッドは慣れない間は長さ故の使いにくさがあるかもしれませんが、慣れてしまえば圧倒的な飛距離、長さを生かして魚をいなす、足元の根を避けられるといった数多くのメリットを得る事が出来ます。 オーバーゼアシリーズでは、このモデルではこの魚は獲れないといった事はほとんどなく、上手くやり取りを行えば不意の大物にもしっかりと対応する事が出来ます。 以下からは、「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」それぞれについてご紹介します。 ルアーキャスティング入門者には「オーバーゼア」 出典: 「オーバーゼア」は「オーバーゼアAIR」よりも価格が安くなっており、コストパフォーマンスに優れたモデルとなっています。 価格を抑えていながらもルアーをしっかりと飛ばす事が出来るブランクスや、ルアーを操るための繊細なティップ、大物が掛かっても安心のバットなど、ルアーキャスティングゲームを行う上で必要なものは十分に備えられています。 4種類あるモデルは、上位機種である「オーバーゼアAIR」と長さや適合ルアーウエイトがほとんど変わらないので、 コストパフォーマンスを重視したいというアングラーにはぜひとも「オーバーゼア」をおすすめします。 もちろん、上位機種である「オーバーゼアAIR」の方がカーボン含有率や重量の点では優れているので、その点はご了承ください。 ステップアップ、ベテランアングラーには「オーバーゼアAIR」 出典: 「オーバーゼアAIR」は「オーバーゼア」の上位機種にあたるモデルで、ダイワ独自のテクノロジーがふんだんに盛り込まれています。 ロッドのねじれを防ぐ 「X45」、軽量化・高強度・高感度に作られたリールシートの 「エアセンサーシート」、並継ぎの継ぎ目もスムーズに曲がる様に作られた 「Vジョイント」、カーボンの密度を高めてより筋肉質なロッドに仕上げる 「HVF」といった魅力的なテクノロジーが詰まっています。 ロングロッドの扱いに慣れてステップアップをしたい方や、ベテランアングラーの方にはぜひ使っていただきたいモデルとなっています。 「オーバーゼア」よりもパワーを備えたロッドになっているので、 不意の大物に備えたい方や、 根に潜られるとラインを切られてしまう様なフィールドで釣りをする方におすすめです。 オーバーゼアシリーズの各モデルに迫る 出典: 「オーバーゼア」、「オーバーゼアAIR」にはそれぞれ4つのモデルがラインナップされています。 どちらもカーボン含有率や重量、価格などを除けばほぼ同じスペックになっているので、以下からは各モデルのおすすめポイントやおすすめの使い方などをご紹介します。 どのモデルも扱いやすいものに仕上がっていますが、アングラーによって使用ラインや使用ルアーに差があるので、ぜひお好みの一本を見つけてください。 それでは早速チェックしていきましょう。 長さが10フィートを超えているので遠投性能はもちろんの事、大物が掛かってもしっかりと魚をいなす事が出来ます。 適合ルアーウエイトが7~45g、メタルジグは7~50gまで使用する事が出来るので サーフはもちろんの事、堤防や沖堤防などでも扱いやすいロッドです。 サーフでのフラットフィッシュゲームやシーバスゲーム、30~40g程度のメタルジグを使ったライトショアジギングなど多彩な釣法を楽しむ事が出来ますよ。 沖のブレイクを攻略するにはロッドの遠投性能が重要となりますが、本モデルは最も長いモデルなので、沖のブレイク攻略の強い味方となってくれます。 適合ルアーウエイトは10~60g、メタルジグは10~65gまで扱う事が出来ます。 幅広いルアーウエイトを扱う事が出来るので場所は選びませんが、ロングロッドに不慣れな方は取り回しに苦労してしまうかもしれません。 しかし、ロングロッドは足元が根の荒い地磯や沖磯では大活躍するロッドです。 長さを生かして足元の根をかわし、ラインブレイクを防ぐことが出来るという事は大きなメリットになります。 とにかく飛距離を追い求める方、足元の根をかわしたい方は注目のモデルと言えます。 ショアジギングに重きを置くなら「103MH」 オーバーゼアシリーズの103MHは、3種類ある硬さの中では最も硬いモデルになっており、パワーゲームを繰り広げたいアングラーに最適な一本です。 適合ルアーウエイトは15~60g、メタルジグは12~65gとなっており、 ショアジギングに向いた設計となっています。 長さはオーバーゼアシリーズの中で最も短い10. 3フィートですが、短い分メタルジグのしゃくりやすさに貢献しています。 3フィートの長さは実際の所決して短くはなく、むしろロングロッドに位置するので飛距離は問題なく稼ぐ事が出来ますよ。 20g程度の軽量なルアーは苦手ですが、40~50g程度のメタルジグやメタルバイブレーションは非常に扱いやすくなっています。 ブリやシイラといった強烈な引きが魅力的な魚をターゲットに定めているので、大物ハンターのアングラーには魅力的な一本となっています。 プラッギングに重きを置くなら「109MH」 最後にご紹介するのが、オーバーゼアシリーズの109MHです。 硬さは103MHと同じMHクラスで、103MHのロングモデルの位置付けになっています。 適合ルアーウエイトは103MHと同じで15~60g、メタルジグは12~65gとなっています。 103MHがショアジギング向けのモデルであるのに対して、本モデルは ダイビングペンシルやポッパーなどを使ったプラッギングゲームに向いています。 もちろん、メタルジグを使ってショアジギングを楽しむ事も出来ますので、しゃくりやすさを優先して103MHにするのか、遠投性能やプラグの操作性能を優先して109MHにするのかはお好みで選んでみてください。 地磯や沖磯でヒラマサやカンパチを狙ったトップウォーターゲームも楽しめる一本なので、大物とのビッグゲームを追い求めるアングラーにおすすめのモデルとなっています。 オーバーゼアシリーズを駆使して釣りを楽しもう! 出典: 新商品であるオーバーゼアシリーズは、初心者のみならずベテランアングラーも納得の仕上がりになっています。 それぞれ特徴のあるモデルが4機種ラインナップされているので、お好みの一本を見つける事が出来るのも嬉しいポイントですね。 これからルアーキャスティングゲームを始めてみたい方や、サブロッドを探している方、様々なルアーを扱う事が出来るなんでもロッドを探している方など、 多くのアングラーのニーズに答えてくれるのがオーバーゼアシリーズです。 性能に妥協はなく、不意の大物にもしっかりと対応出来るスペックを持っているので安心して使っていただけます。 本記事を読んで頂いた方がお気に入りの一本を見つけて、釣りをもっともっと楽しんで頂ければ幸いです。 ぜひ、相棒となる一本を見つけてメモリアルフィッシュとなる一匹を釣り上げてくださいね。 釣りをする際はライフジャケットの着用を徹底し、安全な状態で釣りを楽しんでください。

次の