縮毛 なぜ生える。 白髪って生える時かゆいって本当?増やさない予防と対策とは?!

抜くのはNG!波状毛の原因と対策ー髪のお悩みやケア方法の解決ならコラム|EPARKビューティー(イーパークビューティー)

縮毛 なぜ生える

原因は美容師のミスで、薬液によって髪の毛が軟らかくなりすぎてしまったからです。 縮毛矯正によるビビリ毛は修復できますが、技術が必要なので、本当に修復できる美容室が少ないようです。 ビビリ毛を治してもらおうと美容室へ行ったら、余計に悪くなったという話も良く聞きます。 美容室で修復してもらう場合は、慎重に美容室を選んでください。 心配な場合は、修復をあきらめてカットしてしまう方が確実です。 カットしても、傷んでしまった部分はある程度残ってしまうでしょうから、自宅でのヘアケアもしっかり行いましょう。 PPTなどの補修成分が使われているシャンプーやトリートメントを使えば、髪の内部に浸透して髪を強くしてくれます。 以下の記事で詳しく説明していますので、興味があればチェックしてみてください。 パーマやカラーによるダメージでチリチリに・・・ 髪が傷みすぎると、チリチリのビビリ毛になってしまうことがあります。 その原因には、パーマやカラーを頻繁に繰り返していたり、アイロンやコテの熱ダメージなどがあります。 カラーの場合は、自分ですることが多い人がなりやすいようです。 パーマやカラーの頻度は最低3か月に一回。 これ以上の頻度でやると、ダメージが蓄積してチリチリになってしまう可能性が高くなってきます。 毎日ヘアアイロンやコテを使ってストレートにしている女性も要注意! 髪は熱に弱いので、高温で長時間やるとすぐに傷んでしまいます。 チリチリになった髪はすでに傷んでしまっているので、それをアイロンで伸ばそうとすると、さらに傷んで悪化してしまうのです。 自宅でのヘアケアをしっかりしよう! チリチリになってしまったビビリ毛は、完全には元に戻りませんから、ひどい部分はカットして、あとは毎日のヘアケアで改善していきましょう。 基本は補修力のあるシャンプーを使ってケアを行っていきます。 どんなシャンプーがあるかは、をご覧ください。 毛穴の皮脂が詰まりがチリチリ毛の原因に シャンプーで皮脂をしっかり落としきれていなかったり、トリートメントをすすぎ残していたりすると毛穴に詰まり、酸化して固まってしまいます。 そうするとなかなか取れなくなり、詰まった毛穴から生えてくる髪はうねってチリチリになってしまいます。 たまに部分的に数本だけチリチリの髪が生えてくる場合などは毛穴の詰まりが原因かもしれません。 毛穴の詰まりは頭皮クレンジングで解消 酸化して硬くなってしまった皮脂は普通にシャンプーしてもなかなか取れません。 頭皮クレンジングが必要になりますが、クレンジングシャンプーを使うより、オイルクレンジングがオススメです。 皮脂も油ですから、オイルでを使うことで混じり合って溶かして洗い流すことができるのです。 クレンジングシャンプーと違って頭皮にダメージを与えないのがおすすめポイントです。 ただし、しっかりシャンプーとすすぎで洗い流さないと、オイルが頭皮に残ってしまっては意味がありませんので注意しましょう。 加齢で髪がチリチリになるのはなぜ? 女性は35歳を超えた頃から髪質が変わってくると言われています。 40代に入り加齢が原因で髪がチリチリになってしまったという女性も多いようです。 髪の傷みが原因としてゆがんだ毛穴から生える髪からゆがみが出てくるため、髪の根本から髪がすでにうねってチリチリ髪になってしまいます。 くせ毛の人は頭皮の中から毛穴がカーブしており毛根が曲がった部分にあります。 そして本来ならまっすぐに生えてくるはずの髪がカーブした毛穴を通って生えてくるので髪が自然と曲がってしまうのです。 頭皮のたるみ解消が必要 生まれつきの場合は改善するのは難しいですが、加齢などによる頭皮のたるみによってできる毛穴のゆがみが原因なら予防や改善ができます。 頭皮マッサージをすることで地肌のたるみの予防や改善ができます。 30代後半からは髪と頭皮のアンチエイジングを始めるとチリチリ髪の予防効果は高いでしょう。 ヘアケアだけでなく、頭皮ケアも大切になってくるのです。 チリチリ髪は遺伝の場合も チリチリの髪質の人は強いくせ毛の人ですが、髪の断面が円形ではなく楕円や歪んでしまったタイプの髪質です。 実際にその原因の多くは遺伝やうまれつきなのですが、元々毛根が歪んでしまっている場合や、ケラチン繊維が偏り分布してしまっていることで強度のくせ毛になることもあります。 両親のどちらかがくせ毛の人は高確率で強いくせ毛が遺伝すると言われています。 くせ毛は優性遺伝と呼ばれているので、両親のどちらかがくせ毛の場合は高い確率で遺伝してしまうのです。 日本人は特にストレートヘアーが多いようなイメージですが実際は半数以上の人がくせ毛で悩んでいるとも言われています。 ここまで原因ごとのビビリ毛、チリチリ髪の解消法をご紹介してきましたが、他にも手軽にできる方法はないのでしょうか? 根本的な改善とはいきませんが、とりあえず今日、髪をまっすぐにしたい!という方にドライヤーやアイロンを使った方法をご紹介します。 お家でできる、お手軽ストレートヘア 美髪を作るドライヤー法 チリチリ髪を改善していきたい人は髪の毛が濡れている状態でいきなりドライヤーを当てるのは良くないのでやめましょう。 まずはしっかりタオルで髪の水分を吸い取ってあげることが大事です。 その際髪をあまりゴシゴシと激しくこすったり、乱暴に扱わないように注意しましょう。 髪の毛を優しく包み込むように軽く抑えるように拭って、髪をタオルの上からポンポンと叩きましょう。 そしてドライヤーをする時に頭皮の近くから当てる人がいますが、ドライヤーは髪から20センチほど離すことが大事です。 はじめのうちは強風で行い、髪の毛を手で持ち上げるような形で根元から温風を当てていきます。 そして髪全体が80%ほど乾いたら今度は冷風に切り替えて、くしをつかってブローしていきましょう。 冷風を最後に当てることで髪のキューティクルが収縮するので自然とサラサラヘアーに近づけます。 ヘアアイロンでストレートヘアに あまりにも髪がチリチリ髪の場合は自分でストレートヘアにできるヘアアイロンで対処する人もいます。 そして自分でヘアアイロンを行う時は髪の毛を守りながら縮毛矯正効果をよりアップさせるヘアクリームなども一緒に使うことでストレートヘアに近づけます。 くせ毛のメリットには髪にボリュームが出やすい部分もあるので、これを上手く利用するように髪のアレンジをすることでお洒落な髪型も再現できますよ。

次の

アホ毛はなぜできるのか。

縮毛 なぜ生える

急な縮れ毛の原因7つ! 適切な対策も! ちぢれた毛は後天的な要因で生えてくる事も少なくありません。 特に急な髪質の変化は抜け毛や 薄毛に進行する可能性もありますので、経過に充分注意しましょう。 これにより、髪が弱くなると同時に縮毛になってしまう人も少なくありません。 逆に、生理が始まってから20歳頃まで、妊娠出産後などは ホルモンの増加や変動が激しくなります。 そのため、 うねりのある髪の毛や太い毛が生えやすくなったりします。 減り過ぎても多くなりすぎても、 女性ホルモンと男性ホルモンのバランスが崩れてしまう事は良くない事なのです。 ホルモンバランスが崩れた時には 『イソフラボン』が有効だという事は聞いたことがあるのではないでしょうか? 大豆製品を毎日適量摂る事で体内のホルモンバランスを整えてくれます。 豆腐や豆乳、納豆など、毎食少しずつ食べられるとよいです。 また、イソフラボン系の成分の入ったや養毛剤なども販売されており、これらを使用すると髪にも良い効果が期待できます。 これが原因となり、生えてくる毛がうねったりくせ毛のようになったりする場合もあります。 暴飲暴食や同じものばかりを食べる事、辛いものやには注意しましょう。 他にも、頭皮へのシャンプー残りが原因となる事もあるようです。 残ってしまった成分が頭皮に良い影響を与えるはずがないのは想像できると思います。 髪や頭皮の皮脂などが気になる人にオススメなのは「 アミノ酸シャンプー」です。 なので、しっかりと成分をチェックして、主成分がアミノ酸である物を選ぶようにしましょう。 ほとんどのシャンプーは、まず「水」が1番最初に書いてあり、2番目に書いてあるものが水の次に多く配合されている成分となります。 この2番目に 『ココイル~』や『~ベタイン』、『ラウロイル~』、『ココアンホ~』などという成分が書いてあると「アミノ酸の洗浄成分」であるという事です。 今使っているシャンプーやこれから選ぶシャンプーの成分をチェックしてみましょう。 1部分だけに縮れた毛が生えてくる場合は、そこに 過度な刺激が与えられ続けている可能性があります。 パーマやカラーを頻繁に行っている人は、 薬剤の成分が髪の中まで浸透して髪の組織を破壊し縮毛を起こしている可能性があります。 また、春以降に量が増える 「紫外線」は、頭皮に蓄積されるダメージが想像以上に多いです。 特に紫外線量が高くなる 5月~10月までは、しっかりと頭皮の紫外線対策をするようにしましょう。 頭皮と髪の毛への紫外線対策としては、スプレー式の日焼け止めがおすすめです。 特に夏場は毎日の習慣にしましょう。 熱による髪へのダメージは想像以上に大きいのです。 ドライヤーは髪から20センチは離すこと、そしてできればマイナスイオンを発生するドライヤー マイナスイオンは 静電気を軽減させたり髪の水分量を増やしたりと良い効果が期待できるため を選ぶようにしたいですね。 そして、髪をドライヤーの熱から守るために、洗い流さないヘアトリートメントなどを使用するといいでしょう。 最近では 髪にダメージの少ない「低温ドライヤー」なども販売されていますね。 このようなドライヤーを使うのも1つの方法です。 その中でも 顕著な症状が『血行不良』です。 血行不良が起こる事で体のさまざまな部分に影響が出ます。 「ストレス」が原因で円形脱毛症を発症し、治って再び生えてきた毛が縮毛だったという話もあります。 特に急にちぢれた毛が生えてきた場合は、ある時期から急に感じるようになった 『強いストレス』が原因と考えられます。 心当たりがある場合はそのストレスをすぐに取り除く必要があります。 ですが、それが無理な場合も少なくはないでしょう。 そういう人こそ、『ストレスを溜め込まない習慣づけ』をするようにしたいです。 ストレスを溜め込まない習慣づけとは、毎日ストレスを発散する習慣をつけるということです。 運動は3つの良い効果が期待できます。 髪のためにも毎日の習慣にしたいですね。 「食べない」や「〇〇だけ食べる」、「置き換えダイエット」などの 急激な栄養不足に陥る事で体がSOSを出しているのです。 特に、 髪の毛は体の中では重要度が低い 臓器や脳が最優先 とみなされているため、 栄養が回ってくるのは1番最後です。 髪に栄養を届けたいのなら、しっかりとバランスの良い食事をする事です。 毎日の栄養素に不安がある人はサプリメントなどで補う事も必要です。 また、無理な断食や減食などは止めましょう。 ちゃんとした知識がないと、無意味どころが逆効果になりかねません。 『食』はあらゆる面で重要です。 この機会に1度見直してみてはいかがでしょうか。 このコルテックスは髪の約9割を占め、主にタンパク質で構成されています。 健康で太い髪の毛は『コルテックス』の量が多く、逆にひょろひょろとしたうねりのある毛や傷んだ毛は コルテックスの量が減っており不健康な状態です。 コルテックスの量を増やしてしっかりとした髪の毛にするには、 頭皮への栄養補給が不可欠です。 主成分であるたんぱく質を軸にバランスよく栄養を摂取しましょう。 バランスの良い食事と、で血流を良くしてあげる事で、髪に栄養が行き届くようになります。 髪の毛だけでなく顔の皮膚のたるみ防止にもなるので、頭皮マッサージを習慣にすることは女性にとっては嬉しいことだらけです。 最も効果が高いのはお風呂上がりですが、テレビを見ながらなどでも充分効果が得られます。 ぜひこの機会に習慣化しましょう。 頭皮への外部からの栄養補給の方法としては、育毛剤の使用があります。 ・先天的な縮れ毛の原因は遺伝 日本人はストレートヘアの人が多いように思えますが、 実は日本人の7割が縮毛を初めとする「くせ毛」だと言われています。 そしてくせ毛を起こす原因として考えられているのが 「遺伝」で、 両親や祖父母に縮れ毛の人がいると90%以上の確率で子供も発症するという可能性が指摘されています。 細かいことを言えば、頭皮に無数にある毛穴の一つ一つが遺伝で曲がり、ここから生えてくる毛が縮毛になると考えられています。 毛穴自体が元々曲がっている人のくせ毛 遺伝による生まれつきのくせ毛 を、 真っ直ぐな毛が生えてくるように治すというのは無理な話です。 ですが、生えてきた毛を真っ直ぐにする技術はあります。 ・縮毛の対処法 「自分は親からの遺伝だからしょうがない」と思っている人もいるかもしれませんが、例えば美容院で 「縮毛矯正」をしてもらうことで一時的にですが改善はできます。 ちなみに「縮毛矯正」と「ストレートパーマ」の違いですが、ストレートパーマは薬剤だけを、縮毛矯正は薬剤と熱を使って髪をストレートにする施術です。 症状が軽ければストレートパーマでも治る可能性がありますが、症状が進んでいる人は縮毛矯正がよいでしょう。 ただ、特に縮毛矯正は髪にかなりのダメージがありますので頻繁に行う事は避けた方がよいです。 加齢やホルモン変化の場合 加齢などのホルモンバランスの変化が原因の場合は、 イソフラボンを持続的に摂る事で改善する可能性があります。 女性ホルモンの「エストロゲン」と同じ働きをする食べ物といえば、大豆に含まれている「イソフラボン」ですよね。 その「イソフラボン」を毎日食べることで、 不足した女性ホルモンの代わりをし、健康な髪の毛が生えてくるようになります。 ただ、ご存知の通り髪の毛の生えるスピードは1ヶ月で約1㎝です。 なので半年、1年と根気よく続けていく必要があります。 また栄養不足を感じている人は、 特に 髪を作る元であるタンパク質が不足すると「くせ毛」が出やすくなってしまうのでタンパク質を含む肉類、魚類、大豆製品、卵、乳製品を積極的に食べるようにしましょう。 その他のおすすめ対処法 遺伝やホルモン以外の場合は、 原因となっている髪や頭皮への負担を取り除いてあげる事で改善していきます。 また、これらの対策をすると同時に育毛剤や養毛料などを使用することで改善の効果が早く出る可能性がありオススメです。 女性用の育毛剤には頭皮環境の改善のための成分が多く含まれており、男性育毛剤に比べて成分もかなり優しいので、 『これから綺麗な髪を生やしたい!』と言う人にはピッタリです。 ・縮毛を改善するために正しいシャンプーを! 普段のシャンプーで縮毛を完全に治すということはほぼ無理です。 ですが、毎日の積み重ねで徐々に改善していくことは可能です。 縮毛をはじめとしたくせ毛は髪の水分が失われやすいため、普段のシャンプーで汚れは落としながらも 髪の水分量を保持できる洗浄力の強すぎないシャンプーを選ぶことが重要です。 上の項でも紹介しましたが、アミノ酸系の洗浄成分を含むシャンプーは洗浄力が優しいながらも汚れはしっかりと落とし、保湿効果もあります。 そして髪を作るタンパク質はアミノ酸が構成されてできていることからも分かるように、 髪に必要な栄養素を補ってくれる働きがあります。 逆に石油系の洗浄成分が含まれていると髪の水分量を奪ってしまい、頭皮への刺激も懸念されます。 今石油系のシャンプーを使っていると言う人は、1度試しにアミノ酸シャンプーに変えてみると、良い変化を感じる事ができるかもしれません。 洗う時には指の腹を使って優しく洗ってしっかりとすすぐことを心掛けましょう。 すすぎは洗浄成分が頭皮に残らないように十分な時間をかけて行う事が重要です。 シャンプーは薬ではないのですぐに良い効果が実感できるわけではありません。 ですが日々の積み重ねが健康な髪を作ります。 根気よく続けてみてはいかがでしょうか。

次の

白髪って生える時かゆいって本当?増やさない予防と対策とは?!

縮毛 なぜ生える

「捻転毛」という言葉を聞いたことがありますか?あまり耳慣れない言葉かもしれませんが、捻転毛とは、実はくせ毛の一種なのです。 今回は、この捻転毛の原因と特徴について詳しくご紹介します。 捻転毛の特徴 くせ毛は主に、波状毛、縮毛、捻転毛、連珠毛の4種類に分けられます。 一般的に、日本人に一番多いと言われているのは、波状毛。 うねりのある髪質のことです。 では、捻転毛とはどのような髪質のことなのでしょうか? 捻転毛とは、髪が縄のようにねじれた状態の毛髪を指します。 ねじれた部分が折れて切れやすいため、切れ毛や髪のパサつきが目立つ場合もあります。 捻転毛の原因 では、捻転毛の原因とは一体どのようなものなのでしょうか?捻転毛の最も大きな原因の一つが、遺伝的な影響です。 くせ毛は優性遺伝のため、親から子へと引き継がれることが多いのです。 捻転毛は、思春期以降に自然に治ることもあると言われていますが、個人差があるため一概には言えません。 この他、遺伝的な影響以外に、後天的な原因によっても、捻転毛のくせが強くなってしまうことがあります。 以下で、後天的なくせ毛の原因についてご紹介します。 頭皮の皮脂詰まり 毎日しっかりシャンプーをしているつもりでも、実は頭皮をしっかりと洗えてなく、頭皮の毛穴に皮脂が詰まっている場合があります。 毛穴が歪むことで、髪のくせが強くなってしまうことがありますので、捻転毛の方は特に注意して頭皮を洗う必要があります。 また、毛穴に詰まった皮脂がフタとなり、髪に必要な油分が行き渡らずに、髪のパサつきが進行して、くせが強くなってしまうことも…。 「シャンプー=頭皮を洗う」という意識を持って、毎日のケアを行っていきましょう。 最近人気のホームケア用の炭酸シャンプーで頭皮と毛髪の汚れを落とすのもいいでしょう。 生活習慣の乱れ 健やかな髪を維持するためには、バランスの良い食生活、質の高い睡眠、適度な運動などを行って、生活習慣を整えることが必要です。 過度なダイエットや睡眠不足、喫煙、運動不足などが続くと、頭皮にしっかりと栄養が行き渡らず、髪のくせが強くなってしまう可能性があります。 青魚、赤身肉、大豆製品、卵などさまざまな食材から髪に必要なタンパク質を摂取したり、毎日の就寝時間を一定にして自律神経の働きを整えるなど規則正しい生活習慣を身につけることを心がけましょう。 プロの手で髪に潤いを 捻転毛が気になるという方は、まめに美容院に通い、プロの手でしっかりとケアをしてもらうことも大切です。 炭酸泉によるシャンプーや、スチームを使ったトリートメント、頭皮マッサージなど、サロンでケアを受けると、髪に驚くほどツヤが出るという意見もあります。 普段はホームケアできちんとお手入れをしつつ、サロンケアも取り入れながらくせ毛の改善に努めましょう!.

次の