このnfcタグを。 [Kotlin] AndroidでNFCタグを使ってみた①

NFCタグ で鍵を開けよう(2) iPhoneを鍵とし、ドアにNFCタグを設置するパターン • Yuta Tokoro

このnfcタグを

おすすめのNFCタグ活用パターン3種 スマホをNFCタグにかざすだけで「スマホの操作が出来る」というものなのですが、実際に使ってみて、個人的に気に入っている使い方を3つ紹介しますよ。 まずはこれ。 ・アプリを開く それだけ?って感じですよね。 うん、それだけなんだけど、すごく便利なんです。 例えば、ペイ系のアプリとか、ポイントアプリなどをレジで開くのってちょっと面倒じゃない?私だけかな? レジ待ちしているときにアプリを開いておこうと思ってたら思いのほか早く順番がきてしまったり、荷物をたくさん持っていてスマホを手早く操作出来なかったり、結果的にレジの店員さんをお待たせしてしまうことがあったりして、申し訳ないなぁと思っていたのでした。 レジで焦ると、アプリがどこにあるか余計にわからなくなっちゃったりね・・・。 だから まずはコレを作ってみました。 Mの文字は自分で書き込んだものです) 財布の裏にぺたり。 見栄えは良くないけど。 笑 このNFCタグにスマホをかざすと無印良品のアプリ「passport」が開くように設定しました。 これで無印のレジで、もたつく事がなくなるぞ!嬉しい! あとはコレ。 Rの文字は自分で書き込んだものです。 ) バッグの内側 かざしやすい部分 にぺたり。 これまた見栄えが・・・外からは見えないからまあいいや。 このNFCタグは「楽天ペイ」が開きます。 続きまして、2つ目の例がこちら ・音楽アプリの特定のプレイリストを再生する プレイリストごとに用意したNFCタグを、車の中にぺたりぺたり。 シールにペンでプレイリストの名前を書いておくとわかりやすいです。 カーナビにiPhoneをBluetooth接続して音楽を聴いているのですが、これでサクッと選曲出来るようになりましたよ。 やったね! 最後はこちら ・タイマーをセットする キッチンで主に使用。 ここにスマホをかざすとタイマー10分が起動します。 シンク下の目立たない場所に貼りました。 普段お米をストウブで炊いているのですが、沸騰後のとろ火10分、蒸らし10分をちゃんと計るようになりました。 今まではチラチラ時計を見ながらやってました・・・キッチンタイマー持ってないのです 時計を気にしながら作業するより、タイマーに任せたほうが集中して作業出来ますな。 当たり前 これはもっと早く活用するべきでした。 おわりに 以上、3つほど活用例を挙げてみましたが、出来ることはほかにもたくさんあります。 ちょっとしたことですが本当に便利なので、試してみてください! シール自体はお安いよー! ただ、説明書などは付いていないので、下記のやり方を参考にしていただくか、Webで調べてみてください。 NFCタグ ショートカット NFCタグ オートメーション NFCタグ レシピ などで検索していただくとわかりやすいと思います。 キーホルダータイプのNFCタグもあるよ。 NFCタグにかざしてアプリを開く iPhoneの場合です。 私は実行の前に尋ねないにしています。

次の

「このNFCタグをサポートしているアプリはありません」が頻繁に表示される。→NFCを無効にする。

このnfcタグを

NFCってなに? NFCとは「非接触で通信する技術」のISO規格(国際標準規格)を指します。 ただ、昨今の比較的に新しい機種では、NFCの カードエミュレーション機能によってFeliCaを搭載していることもあり、これによると思われるも発生していることから無関係とは言えません。 より『接続済みの端末(機器接続 など)』をタップします。 接続済みの端末より『接続の設定』をタップします。 NFCの使いかた FeliCaが主流の日本国内であっても一部ではNFCを使ったサービスが提供されていることがあります。 また、NFCは電子決済だけに使われるわけでは無く、NFCを使用したサービス・機能は既に提供されています。 Bluetoothペアリング わかりやすく馴染みがあり一番恩恵を受けやすいのが「Bluetoothペアリング」でしょう。 Bluetooth機器(ヘッドセットなど)をスマートフォンと接続するには「ペアリング」と呼ばれる接続作業が必要になりますが、このペアリングの操作は初心者には難しいので、機器それぞれのNFCを互いに近づけるだけで自動的にペアリングが完了する機能があります(これを「ワンタッチ接続」と呼びます)。 参考 スマホの制御 特定の機器に組み込まれたNFCでは無く、NFC単体のを用いると、スマートフォンに対して様々な制御を行うことができます。 このFeliCaの大きな特徴は「通信速度が圧倒的に早い」と言うことであり、それを活かして交通系ICカード(SuicaやPASMOなど)に採用されたことで日本全国に広まりました。 そのため、日本国内では電子決済サービスにFeliCaを用いることがスタンダードとなり、おサイフケータイ対応の携帯電話(ガラケー)・スマートフォンにもFeliCaが搭載されています。 日本のスマホで使えるのか? 日本国内のキャリアから販売されているAndroidスマートフォン(Xperiaシリーズなど)でもNFCが搭載されている機種が数多く販売されています。

次の

NFCとは

このnfcタグを

もくじ• 原因 原因は次の2つの条件を満たした場合に起こります。 スマートフォンに内蔵されたNFC機能がONになっている(スマホで使えるスイカやスターバックスカードモバイル、iD(クレジット決済サービス)などを使っている)• 手帳タイプのスマホケースなど、カードが入るポケットのついたスマホケースを使っていて、その中にICタグ内蔵のカード(nanaco、WAON、楽天Edy、社員証などのカード)を入れている この状態にしておくと、スマートフォンのセンサーが、カードに内蔵されているICタグを頻繁に読みに行きます。 しかし、スマートフォン内にICタグに対応したアプリが見つからないため、スマートフォン側でどのような動作をしてよいのかわからず 「このタグに対応するアプリがインストールされていません」というメッセージが表示されてしまいます。 「ICタグを読みに行ってはエラーになる」という動作を何度も繰り返してしまうため電池を大量に消費します。 また、スマートフォンが過熱する症状が出ます。 対策 以上のようなことが原因ですので、モバイルSuica・モバイルスターバックスカード・モバイルdポイントカード・WAON・[nanaco]・楽天Edyなどの、モバイル決済サービスを利用している場合と利用していない場合で対処法は異なります。 解決方法1:スマホで、モバイルSuica、iDなど非接触ICカードを利用して「いない」場合 この場合は、設定からNFCカードをOFFにすると問題が解決します。 他のスマホだと画面や操作方法が異なると思うので参考にしてください。 OFFの状態だと灰色になるのでここをタップして灰色にしてください。 ) これで問題は解決します。 もし、この設定項目にたどり着けない場合は、設定の検索機能で「NFC」か「おサイフ」で検索すると出てきます。 解決方法2:スマホで、モバイルSuicaなど非接触ICカードを利用して「いる」場合 この場合は、「NFC」という機能をOFFにすると何かと不便なので、スマホケースに入っているカード類を別の場所に移動するなど、ICタグ内蔵のカードがスマホに近づかないように工夫すると収まります。 まとめ 「このタグに対応するアプリがインストールされていません」と表示されるのは、 「スマホのICタグ読み取り機能がONになっていて、スマホケースにICタグ内蔵カードが入っている」ことが原因なので、 「モバイルSuicaなど非接触ICカードを使っていない場合はNFCをOFFにする。 使っていない場合はスマホケースにICタグ内蔵カードを入れないようにする。 」という対処方法で解決することができます。 参考になれば幸いです。 カテゴリー.

次の