進藤あまね バンドリ。 バンドリのモルフォニカでボーカルをやってる進藤あまねさんが嫌いです。...

進藤あまね

進藤あまね バンドリ

愛称:あまねす 誕生日:2004年4月20日 血液型:A型 所属事務所:響 特技:ギター、ダンス(チア・バレエ・ヒップホップ) 趣味:ゲーム、ぬいぐるみ集め、イラスト 進藤あまねさんは響新人声優発掘オーディション2018に合格し、現在の事務所、響に入りました。 声優になるのがどれほどすごいことか調べてきました。 アニメデビューは2019年1月から3月まで放送された、『バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜』のキャロ役でデビューしました。 『バミューダトライアングル 〜カラフル・パストラーレ〜』はカードファイト!! そのアニメの中の第5話「びっくりワクワク」ではEDテーマを歌っています。 声優で歌も上手いというのは、2020年からは、『BanG Dream! 』プロジェクトのバンドユニット「Morfonica」の倉田ましろ役で、現実のバンドでもボーカルを担当しています。 ボーカルを担当するぐらいですので歌が上手ってことですね。 進藤あまねの身長 進藤あまねさんの身長は、プロフィールなどには載っていないので、気になっている人は多いようです。 では実際の身長は、進藤あまねさ自身がのTwitterで自ら語っていました。 厚底を履いていたときには、170cm前後になっていたということで、かなりの高身長ですよね。 15歳で163cmということで、まだ身長が伸びるかもしれませんね! これを聞いたファンの反応がこちらです。 ファンの人たちは15歳のあどけない表情のイメージからは、想像しづらい高身長というギャップで驚いていますね。 可愛くて、スタイルもよければ、そりゃみんな羨ましがりますね。 しかも声優さんで、声もきれいだとなると、美しさの三拍子が揃っていると言えるかもしれませんね! 進藤あまねの通っている中学や高校 進藤あまねさんの通っている中学や進学する高校について調べました。 2020年3月時点で、中学3年生で現役ということもあり、通っている中学の情報は防犯上の都合などもあり、中学の情報は公開されないように気をつけているというのもあるのでしょう。 通っている中学に関する情報はありませんでした。 そして、2020年に春に高校進学する学年なのですが、声優さんで忙しくなるとはいえ、芸能人といえど大半の人は高校は通っているので、進藤あまねさんもどこかの高校に進学することが予想されます。 しかし、進学する高校の情報もありませんでした。 たまに同級生がリークするようなこともあったりしますが、そういったこともありませんでした。 今後情報が出てくることもあるので、情報が入り次第追記したいと思います。 進藤あまねの熱愛彼氏は? 歌もうまく声もきれいで、見た目もかわいくてスタイルがよい進藤あまねさんに彼氏がいるのかというのは、気になるところですよね! いろいろ調べてみましたが、彼氏についての有益な情報はありませんでした。 彼氏がいるような情報もなく、中学生でありながら声優として活躍しているので、忙しくてそれどころではないということも考えられますし、これだけかわいいので、情報が出ていないということも考えられますね。 進藤あまねさんの魅力があれば、モテないというのは考えにくいです。 しかし、今後の芸能活動を見据えて、本人が注意していたり、事務所からも気をつけるように指導があるのかもしれません。 これから高校生になるということで、まだまだこれから青春時代を過ごすことになるので、今後情報が出てくるかもしれません! まとめ これからの活躍が期待される進藤あまねさんについて調べて紹介してきました。 デビューからの日が浅いということもあり、情報は多くありませんでしたが、これから魅力を発揮してくれそうな予感がしますよね! 本業である、学生をしながら声優の仕事の両立ができているのは本当にすごいところだと思います。 イメージと違い身長が高かったというのは、声優さんだと本来あまり関係のないことですが、進藤あまねさんの場合は、バンドのボーカルを務めるということで、大きなプラス材料にもなりますよね! まだ、とても若く進藤あまねさんのこれからの活躍が楽しみですね。

次の

新人声優進藤あまねさんについてです。バンドリにて新バンド「モ...

進藤あまね バンドリ

ちゃろちゃろ、おにじです(変則) 意外と声優ネタが尽きないらしいね… 今回も小ネタみたいなもん。 5月15日、声優事務所の響のHPに 『弊社所属声優に対する迷惑行為について』というリリースが出た。 平素より、弊社所属声優を応援していただき、ありがとうございます。 最近、をはじめとするにおいて、弊社所属声優に対する誹謗中傷、根拠のない偽情報の流布、恫喝行為等およびそれらの節度を超えた連続投稿等の迷惑行為が一部で見受けられます。 これらの迷惑行為については、あまりに目に余る場合、該当アカウントのブロック、またはサービス提供者に対するアカウント凍結申請などの対応を取らせていただくことがございます。 加えて、弊社では、迷惑行為が脅迫、、等の犯罪やに該当すると判断した場合、所属声優を守るためやむを得ず顧問弁護士を通じ法的手段を講じること、および警察への通報・告訴等を行うことがございます。 ルールとマナーを守ってご利用ください。 何卒よろしくお願い申し上げます。 傘下である響から、 声優に対しての迷惑行為に対しての警告とも取れる内容のリリースである。 この内容は、恐らく数ヶ月前に主力コンテンツの一つ 『』に追加された 『Morfonica』のボーカル担当である 進藤あまねに関する事であろう。 役が発表されてすぐに、このブログでもこの件について早々に取り上げた。 今回も結局はそんなに変わらないことを言うとは思うが、改めてこの一件について考えてみよう。 実際の『Morfonica』の現状 筆者はもはやバンドリとかマジでどうでも良いのクソコンテンツだと思っている事は思っているが、そうは言わずに現状を確認しておこう。 3月の『BanG Dream! ガールズバンドパーティ』の3周年のタイミングで実装されたMorfonica。 現状、(多分)2曲のオリジナル曲と、2曲のカバー曲が多分存在する。 (抜けてたらごめんね) Daylight -デイライト- 金色へのプレリュード と メリッサ 秒針を噛む …だよね?多分。 そんでもって、イベントとかにも割と出てきている様子。 新規で出てきたこともあり、それなりの運営からのプッシュは当然どのコンテンツにも存在するというのが実情だろう(noctchillとかもそうだろうし) 批判の内容 問題として、このMorfonicaさんに、やたらと批判が集まっているらしい。 その中でも、センターでボーカルを務めている、響発新人声優 進藤あまねに対しての批判が多い。 Morfonica全体としての批判としては、 『演技が下手』『歌が下手』『こんなのに自分の推しの出番が奪われるのか』 といった具合である。 特に、カバー楽曲に関しては、原曲が好きなファンであったり、ずっと真夜中でいいのに。 ファンからの批判も殺到。 『曲を汚すな』と言わんばかりの批判が、このユニットと、進藤あまねを襲っているのは紛れもない事実である。 実際問題 では、Morfonicaと進藤あまねは実際どうなのか?という話。 まぁ単純に言って現代声優として最低レベルとか言っちゃって大丈夫ですか?というくらい実際にクッソ下手である。 というか、そもそもバイオリンのAyasa. は声優ではないという所で、まぁ悪い意味で若干目立ってしまう。 だが、まぁその酷いAyasa. に対して 『若干目立つ』程度で収まってしまう他のメンバー陣も それはそれで問題なのではないだろうか? 実際一番の標的にされている進藤あまねの演技も褒められたものではないし。 正直下手くそとしか言いようがないのが現実である。 また、歌に関してもまぁ酷いとしか言いようがないと言うか。 声量もなければ抑揚もないし、なんとかギリギリ音を取っているかな…?程度のモノ。 コーラス入ってくるのも明らかに棒読みがいるしまぁ単純に酷い。 秒針を噛むが若干マシかな程度 正直怒られても仕方がない所はあるとしか言いようがないし、カバー元ファンがキレるのも、バンドリの性質的に無理もないと言わざるを得ないとは思う。 では進藤あまねが全て悪いのか? ここでは、響声優への迷惑行為という事で、最も批判が多い進藤あまねに絞って話していきたい。 では、進藤あまねが悪いんだから…ということなのかどうかを考えていきたい。 技量という意味では言われて当然 昨今の声優業界の平均的なレベルという物は、10年前よりも上昇しているという事になっている(上の方の人間がどんどん減って、下の人間もどんどん少なくなっただけのような気もするが) その中で考えると、進藤あまねの技量に関しては、演技も歌も酷いものであり、そりゃ「下手くそ」と言われても仕方がない部分があるとは思う。 そういった意味では、 なんとか上手くなって頂くという事が根本的な解決には一番近いのかもしれない。 でもこの年齢でここまで言われているのは可哀想 進藤あまねは今年の4月で高校生になる若さであり、この前までJKですらないJCであった進藤。 入所したのも2018年9月18日であり、 入所してから僅か一年半でバンドリ声優の仲間入りをさせられたという事になる。 一応バンドリは今大きなコンテンツの一つであり、それに 後入りすること自体ハードルが高いのに、こんな若さでセンターに突っ込まされた進藤は 不憫な面は否定できないだろう。 こういう采配をする サイドにもやはり問題があるだろうが、側というか響側にもうまともに実績がある声優は使い切っていたという事もあり、進藤と西尾の即入りを判断したんだろうが、こうなることは分かっていたと思うのだが… まぁという企業体質的に箱庭声優思考なので、 そういう事を考える頭すらないと考えたほうが良さそうだけど。 ただ、だからといって年齢が若いからを批判の盾にしてしまう行為は愚行である。 別に今の人気声優もこの辺の年齢から出てきて、普通にそれなりにやっていた例なんていくらでもある。 可哀想という気持ちはあるし、1年半でバンドリに突っ込まれているのは不遇ではあるのだが、それにしても技量がなさすぎるという事実は受け止める必要があるだろう。 バンドリオタクの批判はそんな説得力ない バンドリオタク内からも批判が相次ぐわけであるが、 他のバンドのメンバーの技量もそんなに大したこと無いだろと筆者はどうしても考えてしまう。 特にリアルライブ側を前提とした お友達内閣バンドに関しての技量は別に演技も歌も高くない訳である。 外部招集だって、 正直別には上手くないし、バンドリにず~~~~~っと苦手な高音曲を歌わされ続けている調教によって若干高音がマシになったんじゃね?程度のアレだし、曲によっての安定性の変わりようが半端じゃないし、 に関しては常にただのであり、別に歌も上手いわけじゃないし、何より職業レベルで全部同じであるアレっぷりでずっと人気を保っている訳で、という事務所は永遠の敵だなと考える訳である。 正直『コイツは上手い!』と言えるような声優などバンドリにはいないのだ。 (対世間の媒体として) だから、 平均に手が届いてしまえば進藤のモノなのである。 それこそ、今バンドリ信者で文句行っている人間は、 「気持ちは分かるし、進藤は下手くそだけど別にバンドリ声優ってそんな大したことある奴いないぞ?」という気持ちになってしまうのが、現状の筆者である。 ただまぁ、 進藤の腕に関して酷いのは事実だし、 上記した声優より下なのは間違いないから、別に文句言っている事自体は否定できないなと思っている。 むしろ擁護している側の方がお前大丈夫かってなっている。 だからと言ってバンドリオタクの擁護はそれはそれで… という訳で擁護側である。 「まだ高校生なんだぞ」とか 「あまねすは頑張っている」とか 「別にそんなに下手じゃなくね?」とか 「本当にバンドリが好きなら支えろ」とか色々見るわけだが、 「いやまぁうん…」と筆者はどうしてもなってしまうわけである。 「本当にバンドリが好きなら支えろ」 知らんがな、と単純に思う。 別にバンドリ自体に閉塞感とかはなく、それなりに順調な軌道に当初から乗っていたように見える。 まぁサイサイとポピパの対バンはスカスカだったとかいう話は聞いたけど。 アニメの方も順調だったし、サイサイをぶち込んできたのでテコ入れは終わっていた。 というか、テコ入れすら必要ないレベルだったと思う。 (そもそも声優バンドのを崩してまでサイサイ必要ですかねと思ってたので) そこで運営が勝手にぶち込んできた新ユニットを推さなければならない義務等存在しないわけである。 そもそも、コンテンツを好きになる際、多ければ多いほど「このキャラはあんま好きじゃねえな…」とか出てくるのが普通であり、『本当に好きなら支えろ』はこんな若くて経験皆無な声優をぶち込んできた運営と信者の甘えとしか思えない訳である。 支えてもらいたければ支えたくなるような物を見せないと、コンテンツとして破綻すると言うか、ただの宗教になるのではないだろうか? 「まだ高校生なんだぞ」 プロである以上そんな事言われても知ったことではない。 で終わる。 実際高校生くらいの声優が初主演する場合でも、最近はこのレベルの演技、歌である事は少なくなってきているだろう。 結局のところ、が早々にぶち込んだ事で、進藤は加害者でもあり被害者でもあるということなんだろう。 「別にそんなに下手じゃなくね?」 耳を心配してしまうが、まぁ実際このレベルでも許容が出来るオタクが多くなっているからこそ、本当に演技が上手い声優に対しての評価が低いのだろうし、 こういうコンテンツオタクが多いからこそ、マルチな声優育成にシフトされ、現状の20代後半辺りを最後に実力派声優と言える声優が少なくなってきている現状があるのだろう。 バンドリは顔で選んでいるのではないか?という位には演技のレベルに平均が低いのだから (顔が良いとは言ってない)、その点は顕著だろう。 「あまねすは頑張っている」 頑張らない声優が存在してたまるものかと思う。 頑張っていたら何でも許されるのはプロの世界では無いと思うのだが。 まだ別に下手じゃなくね?って言ってるほうがマシ。 他の声優だって頑張った上で上手いんだわ。 頑張ってなかったら論外だろ。 まとめ 現状、進藤あまねとMorfonicaの現状としては、ある程度言われても仕方がないレベルにいることは理解するべきである。 とは言え、誹謗中傷にも限度がある事もまた事実であり、相手はプロとは言え高校生になるような子である事は理解すべきでもある。 は毅然とした対応をどうもするようだが、元はと言えばこんなのを世に時期尚早に送り出してしまった側の失策…というか 『これでも信者はついてくるだろ』という消費者に対する甘えとも受け取れる。 そういう意味では、誹謗中傷への矛先は進藤あまねやMorfonicaではなく、側に向けるのが一番合理的なのかもしれない。 まぁそれにしても進藤あまねのレベルの低さというのは現代声優界でも眼を見張る物がある事は間違いなく、プロとしてどうなってんだこれはっていう気持ちは声優過激派としてある事は否定はしない。 ありゃ酷すぎる。 行き過ぎたものに対して対応するのは別に問題ないし、当然のことだと思うが、まずは自分の所の声優を人並みに育てる気があるのかという所にまで疑念を持ちたくなってしまう。 散々コロナ対策を率先して行い、政治発言も解禁してまでコロナの事で株を上げたの某木谷であるが、 結局「1割を寄付します」とは言え、あの時期に柄入りのマスク二枚を2000円で売り、結局コロナ便乗商法をしてしまったは、 やっぱりいつまでもなのであり、今後も我々の期待を ある意味裏切らないでくれるのではないかと思いつつ、 進藤あまねって可哀想だなあと同情するところもある訳である。 URLは以下の通り。 平素より、弊社所属声優を応援していただき、ありがとうございます。 2020年5月14日付でプレスリリースした「弊社所属声優に対する迷惑行為について」にて、弊社所属声優に対する誹謗中傷、迷惑行為等について、これらが続く場合、弊社としてしかるべき対応を実施する旨をお伝えし、ルールとマナーを守っていただくよう、お願い申し上げました。 しかし、大変残念ながら、プレスリリース後も弊社所属声優に対する誹謗中傷、迷惑行為等が続いていることを確認しております。 そのため、現在、該当する書き込みを行ったアカウントに対しては、上の削除申請・ブロックのみならず、警察への被害届の提出を含む手続・相談および発信者情報開示請求の手続きを開始しましたことをご報告いたします。 今後も誹謗中傷、迷惑行為等を発見した場合、やむを得ず同様の対応を行うことがございます。 をご利用になる際は、ルールとマナーを守り節度をもってご利用下さいますよう、重ねてお願い申し上げます。 まぁざっくり言うと、 収まんねえから被害届とか警察動かしますって事ですね。 マジで収まらねえらしいね。 でも、こうアレだよね、進藤側にも色々と問題が散見されるのも事実ではあるし(まぁ過去に関しては今からはどうしようもない気もするけど、まずいのもあるのは事実だとは思う)、 なによりも、ただただヘタなんだよな…まぁ、この前JKになった人間に言うべきことではないのかもしれんが。 (まぁ今現役でやってる声優もこの辺からやってるんだから言っても良い気がするけど、言うとこの年齢と芸歴を盾にする連中はいるのも事実) まぁ、なんにしろ誹謗中傷がよかないのは事実だし、そのムーブで良いような気はするけど、進藤は進藤で、はでもうちょっと色々考えて動かしたら良かったんじゃないの感は拭えないんだけど、これは別に法で問える内容ではないから、あくまでもと響と進藤あまねって声優は被害者なんだよなぁ… でも、やっぱり進藤あまねは下手くそだし、バックグラウンド的にまずいのもあるとは思うよ。 それは、残念ながら事実だと思う。 まぁ、そうさせたのはがいきなりバンドリの新ユニットのセンターなんてさせるからだと思うから、進藤あまねに同情はするよ。 同情は。 でも、やっぱヘタだよ。 そこは擁護はできん。 これは誹謗中傷じゃない…そう思いたい。 別に言うつもりもそんなにないけど、あのコンテンツと会社に。 oniji.

次の

Morfonica(モルフォニカ)が炎上?歌が下手すぎやバイオリンがいらないなど

進藤あまね バンドリ

モルフォニカボーカルの歌唱力 もうすぐガールズバンドパーティー三周年 ということで、ついに新バンドが追加されましたね。 その名は Morfonica モルフォニカ 僕もデビュー曲のDaylightのMVを見ましたが、圧倒的なバイオリンの存在感からは程遠い歌唱力のボーカルましろちゃんに違和感。 おー、さすが気合い入れて新バンド投入してきたわ!しかも全員真っ黒の楽器を使ってる!こだわりがシブイ!!……って……ん?あれ?ボーカルの歌が微妙??? そこでYouTubeのバンドリちゃんねるの動画コメントを見てみると、チラホラ同じような意見がありました。 そんな人気ドラマーつくしちゃん率いるモルフォニカに、僕なりに突っ込んで行きたいと思います。 スポンサーリンク ボーカル声優は来年高校生? ボーカルのましろちゃん役は、どうやら進藤あまねさんという方らしい。 この春高校生になるのかな?まぁ、その若さならあの歌唱力も納得かもしれませんね。 実際この年齢でも上手い方はたくさんいると思います。 僕もね、年齢的にもこれから練習して上手くなればいいと思うのだ。 ただ、 一発目のインパクトは重要 特にバンドリ初のバイオリンバンドとして売り出されたモルフォニカですし、簡単にコケる訳にはいかない。 そうなると、 あのさー、もっと練習してからモルフォニカを出せば良かったんじゃね? と、僕も思ったんですよ。 そこで考えてみた。 それは…… これ、もしかして演出じゃね? モルフォニカの設定にヒント? 相変わらずガルパはプレイしてませんけど アニメ三期は見てるよ 、モルフォニカのメンバーは全員一年生。 モルフォニカのメンバーが誰と同級生になるのかわからないけど、ボーカルのましろちゃんがポッピンパーティーのライブを見て動き出すという世代を継いだストーリーみたいなので、おそらくポピパの香澄たちは三年生なのでしょう。 それで、ポピパギターボーカルの香澄は歌が上手かった。 おいそこの読者!でも調子に乗ったら声が出なくなったとかいうな~ 笑 ただの黒歴史だから! 笑 で、問題のモルフォニカ。 ボーカルのましろちゃんは、ハッキリ言って歌が上手くはない。 歴代のバンドリ先輩ボーカルと比べるのはキツイ。 こんなの素人の僕が聞いてもわかるレベル。 じゃあ、なんでモルフォニカをデビューさせたの? それは、 進藤あまねさんの歌が下手なのではなく、ましろちゃんの設定なのではないか?と思う訳です。 ポピパに憧れてバンドを初めてみたけど下手くそ 動画コメントにもあった通り、狙いは成長でしょう。 でもこれは、意図的に成長させる狙いなんだと思う。 なぜなら、 プロの声優さんなら、すでに声の出し方を知っている。 なのにDaylightの歌声は、わざと下手に歌っているような違和感があるんよね。 ポピパに憧れてバンドを始めた一年生のモルフォニカという設定だから、香澄のキラキラ星みたいに歌っているのかもしれない。 ま、そんな風に思うのは僕だけかもしれませんけどね 笑 スポンサーリンク モルフォニカで誰もやらない事をやる まさか原曲音源でわざと下手くそにボーカル収録するとは誰も考えない…… だからやってみた。 狙いはモルフォニカの成長を描く為……と これが本当なら、 単純に面白くないですかね? いやぁね、やっぱり設定で音楽素人の香澄の歌唱力でもあれだけ上手いんですよ。 なのにここへ来てモルフォニカのボーカルの歌声をあのレベルで出すのはおかしいし納得できない。 となると、誰もやらないからバンドリがやっちゃうぞー!というのは納得出来るんですよね。 成長が設定だから面白いし、アニメとリアルの繋がりでもモルフォニカの成長を感じ取れます。 ですので、モルフォニカのボーカル歌唱力を残念に思っているファンの方に言わせて頂きます。 バンドリ運営は神やぞ? ではでは 笑.

次の