マルモ の おき て 再 放送。 マルモのおきて 再放送予定

マルモのおきて 再放送 関西テレビ

マルモ の おき て 再 放送

あらすじ このドラマは、阿部サダヲが演じる、文具メーカー「あけぼの文具」のお客さま相談室に所属する独身アラフォー男・高木護(まもる)が親友の死をきっかけに、親友が男手ひとつで育ててきた双子の子供(芦田愛菜、鈴木福)と、双子がひろってきた人間の言葉を話す(!)犬のムックと一緒に暮らすことになるというファンタジックストーリー。 突然始まってしまった、3人と1匹の「にせものの家族」。 双子が護のことを間違えて「マルモ」と呼び、さまざまな出来事を乗り越えながら「家族のおきて」が毎話できてゆくという『マルモのおきて』 引用元: そんな『マルモのおきて』再放送の都合からか、最終回は前編、後編と分かれていました。 なので前編はすごーく不自然な終わり方で、しかも途中でぶった切れているため、かなりの生殺し状態でしたが、おかげで二日にわたって感動することができました。 おきてを守ったからずっと楽しかったよ。 マルモありがとう、そしてさようなら 双子の父であり、護の友人である笹倉が妻に宛てた手紙を見つけ 双子の母、あゆみのことを笹倉はずっと前に理解し、許していたことを知るのです。 それを読んだ護は 「双子を母親にかえそう」 そう決意し、あゆみに会い、笹倉からの手紙を渡し、かえすことを告げます。 自宅にあゆみを連れていき、双子が「おばちゃん」だと思っていた人は二人の母親だと話します。 双子はママは死んだと聞かされていたこと、自分たちを捨てたことが受け入れられず、家を飛び出してしまうのです。 スポンサーリンク 『はなればなれでも家族』 母親の元に行くことをイヤがり、一緒にいようとせがむ双子 本当は同じ気持ちのマルモは心を鬼にして 『情けない顔してんな。 人間は成長します。 薫はギャルに 友樹はイケメンに そしたらこんな狭くてきたない部屋ウンザリだろ。 だから早く出るんだ。 』 護は明るく話しながらごまかしますが、 「住むところがないから出ていかない」という双子に心を鬼にして言うのです。 『お前らにはママがいる お前らはママと暮らすんだ ママはお前らをすてたんじゃない ママはずっと病気だったんだ たった一人で病気と闘ってたんだ だからパパは一人でお前らの面倒をみて 死んだって嘘ついてずっとおまえらに隠してたんだ でもママの病気はなおった だからおまえらはママのところに帰るんだ それが死んだパパの願いなんだ』 『そんなのヤダ! ママなんていなくてもいい。 マルモとはなればなれになるならママなんていらない』 『ママがお前らの事、どんだけ好きだったか分かるか 好きで好きで心が病気になっちゃうくらいだったんだぞ それでもたった一人で病気を治して元気なママに戻ったんじゃないか ママをいらないなんて絶対言うな 家族をいらないなんて絶対言うな』 それでも 『絶対ヤダ!』 そう言って、おきてノートをやぶると友樹は部屋にこもってしまうのです。 部屋には薫と友樹が二人きり。 薫は破れたノートを持って、友樹のいる部屋に入ります。 『マルモのおきては絶対なんだよ マルモのおきてはやぶっちゃいけないんだよ マルモのおきては今まで一回もまちがわなかった パパは死んでいなくなっちゃったけどもう淋しくないでしょ マルモがおきてを書いてくれたからだよ マルモと離れ離れになったらもうおきて書いてもらえないね でもがんばるんだよ 最後のおきてもちゃんと守ろう マルモにほめてもらおう マルモと元気にバイバイしよう』 破ってしまったおきてをテープでなおす薫と友樹。 『ママ、もう病気にならないかなー』 その会話を後ろでそっと聞いていた護は心配する双子に言うのです。 『ママはもう病気になんかなんないよ ママは離れ離れだっ4年間、ずーっとお前たちのこと思ってたんだぞ 誕生日の時のカステラもうまかっただろ あんなうまいもんお前らのことが大事じゃなきゃ作れねーよ そんなママがまた病気になると思うか 離れ離れだった間、お前らとママはずっと家族だったんだよ オレたちもそうだ これから離れ離れになっても、離れていても家族だ』 『家族でもはなればなれはさみしいよ』 『なさけねーこというな オレたちはこの短い間でも立派な家族になれたじゃねーか さびしがることなんかねーよ オレとお前らは一生家族なんだから 本当の家族だよなぁ オレたちは家族だ それは オレたちがどこにいっても離れ離れになっても変わらないんだ』 護に抱きつく双子。 護が双子に、そして自分にも言い聞かせるように話した『家族』のこと。 胸を打たれました。 薫と友樹 母親の元へ バス停で別れる護と双子。 二人はママに 「病気を助けてあげられなくてごめんね」 「ママ、生きていてくれてありがとう。 」 そして 「マルモ大丈夫かなー」 「マルモ淋しがりだからなー」 と思いを馳せます。 案の定、淋しくて泣いていた護。 すると 護の元へ、双子が帰ってきます。 早く元に戻ろうと焦っていたけれど、おきてノートを見て 『はなればなれでも家族』 「だから少しずつママを取り戻していく」とあゆみ。 また双子と生活できることになって喜ぶ護。 3人にいつもと同じ朝が来て、終わってしまいました。 ドラマを見ていた子供たちも、ドラマだからこその展開とはいえ、マルモの元に双子が帰ってきて安心したようです。 スポンサーリンク 続編スペシャル 『マルモのおきて』素敵なドラマでした。 きっと子供たちはこのドラマ、何度も見直すことでしょう。 マルモリダンスも4年生の娘はご機嫌で踊っていました。

次の

関西テレビ「マルモのおきて」を再放送、17日から4月2日まで― スポニチ Sponichi Annex 芸能

マルモ の おき て 再 放送

再び共に暮らすことになった護(阿部サダヲ)と薫(芦田愛菜)と友樹(鈴木福)とムック(犬)。 薫と友樹は夏休みを迎え、護は大学の後輩・大輔(林泰文)が経営する山梨のぶどう園に遊びに行くことを決める。 そこには大輔の子供で、薫と友樹と同じ年頃の兄妹・翔太(矢部光祐)と菜々(清水詩音)もいた。 ぶどう園を目の前にして、大はしゃぎの薫と友樹。 護も2人の姿を見てうれしそうだ。 しかしそのとき彩(比嘉愛未)から、陽介(世良公則)が倒れたと連絡が入る。 護はいてもたってもいられず、急きょ子供たちを山梨へ残して東京へ戻ることに決める。 薫と友樹は最初は不安がったが、護からの「離ればなれでも家族」というおきてを信じて、護なしでのお泊まりを決意する。 陽介を心配して、東京へ戻った護。 自宅でひとりだったムックは護と彩の関係を進めようとおせっかいを焼く。 一方、山梨では、東京からやってきた薫と友樹に最初はいたずらを仕掛けた翔太と菜々も、護が東京へ戻ってもがんばって山梨でお泊まりをすることを決めた双子に見込みを感じ、仲間になろうと声をかける。 そして、4人は「ぶどう戦士パープルフォー」を結成。 4人は子供らしく基地を作ったり、花火をしたり夏休みを堪能する。 そんな翔太と菜々の両親は、実は最近うまくいっていなかったのだが…。

次の

関西テレビ「マルモのおきて」を再放送、17日から4月2日まで― スポニチ Sponichi Annex 芸能

マルモ の おき て 再 放送

あらすじ このドラマは、阿部サダヲが演じる、文具メーカー「あけぼの文具」のお客さま相談室に所属する独身アラフォー男・高木護(まもる)が親友の死をきっかけに、親友が男手ひとつで育ててきた双子の子供(芦田愛菜、鈴木福)と、双子がひろってきた人間の言葉を話す(!)犬のムックと一緒に暮らすことになるというファンタジックストーリー。 突然始まってしまった、3人と1匹の「にせものの家族」。 双子が護のことを間違えて「マルモ」と呼び、さまざまな出来事を乗り越えながら「家族のおきて」が毎話できてゆくという『マルモのおきて』 引用元: そんな『マルモのおきて』再放送の都合からか、最終回は前編、後編と分かれていました。 なので前編はすごーく不自然な終わり方で、しかも途中でぶった切れているため、かなりの生殺し状態でしたが、おかげで二日にわたって感動することができました。 おきてを守ったからずっと楽しかったよ。 マルモありがとう、そしてさようなら 双子の父であり、護の友人である笹倉が妻に宛てた手紙を見つけ 双子の母、あゆみのことを笹倉はずっと前に理解し、許していたことを知るのです。 それを読んだ護は 「双子を母親にかえそう」 そう決意し、あゆみに会い、笹倉からの手紙を渡し、かえすことを告げます。 自宅にあゆみを連れていき、双子が「おばちゃん」だと思っていた人は二人の母親だと話します。 双子はママは死んだと聞かされていたこと、自分たちを捨てたことが受け入れられず、家を飛び出してしまうのです。 スポンサーリンク 『はなればなれでも家族』 母親の元に行くことをイヤがり、一緒にいようとせがむ双子 本当は同じ気持ちのマルモは心を鬼にして 『情けない顔してんな。 人間は成長します。 薫はギャルに 友樹はイケメンに そしたらこんな狭くてきたない部屋ウンザリだろ。 だから早く出るんだ。 』 護は明るく話しながらごまかしますが、 「住むところがないから出ていかない」という双子に心を鬼にして言うのです。 『お前らにはママがいる お前らはママと暮らすんだ ママはお前らをすてたんじゃない ママはずっと病気だったんだ たった一人で病気と闘ってたんだ だからパパは一人でお前らの面倒をみて 死んだって嘘ついてずっとおまえらに隠してたんだ でもママの病気はなおった だからおまえらはママのところに帰るんだ それが死んだパパの願いなんだ』 『そんなのヤダ! ママなんていなくてもいい。 マルモとはなればなれになるならママなんていらない』 『ママがお前らの事、どんだけ好きだったか分かるか 好きで好きで心が病気になっちゃうくらいだったんだぞ それでもたった一人で病気を治して元気なママに戻ったんじゃないか ママをいらないなんて絶対言うな 家族をいらないなんて絶対言うな』 それでも 『絶対ヤダ!』 そう言って、おきてノートをやぶると友樹は部屋にこもってしまうのです。 部屋には薫と友樹が二人きり。 薫は破れたノートを持って、友樹のいる部屋に入ります。 『マルモのおきては絶対なんだよ マルモのおきてはやぶっちゃいけないんだよ マルモのおきては今まで一回もまちがわなかった パパは死んでいなくなっちゃったけどもう淋しくないでしょ マルモがおきてを書いてくれたからだよ マルモと離れ離れになったらもうおきて書いてもらえないね でもがんばるんだよ 最後のおきてもちゃんと守ろう マルモにほめてもらおう マルモと元気にバイバイしよう』 破ってしまったおきてをテープでなおす薫と友樹。 『ママ、もう病気にならないかなー』 その会話を後ろでそっと聞いていた護は心配する双子に言うのです。 『ママはもう病気になんかなんないよ ママは離れ離れだっ4年間、ずーっとお前たちのこと思ってたんだぞ 誕生日の時のカステラもうまかっただろ あんなうまいもんお前らのことが大事じゃなきゃ作れねーよ そんなママがまた病気になると思うか 離れ離れだった間、お前らとママはずっと家族だったんだよ オレたちもそうだ これから離れ離れになっても、離れていても家族だ』 『家族でもはなればなれはさみしいよ』 『なさけねーこというな オレたちはこの短い間でも立派な家族になれたじゃねーか さびしがることなんかねーよ オレとお前らは一生家族なんだから 本当の家族だよなぁ オレたちは家族だ それは オレたちがどこにいっても離れ離れになっても変わらないんだ』 護に抱きつく双子。 護が双子に、そして自分にも言い聞かせるように話した『家族』のこと。 胸を打たれました。 薫と友樹 母親の元へ バス停で別れる護と双子。 二人はママに 「病気を助けてあげられなくてごめんね」 「ママ、生きていてくれてありがとう。 」 そして 「マルモ大丈夫かなー」 「マルモ淋しがりだからなー」 と思いを馳せます。 案の定、淋しくて泣いていた護。 すると 護の元へ、双子が帰ってきます。 早く元に戻ろうと焦っていたけれど、おきてノートを見て 『はなればなれでも家族』 「だから少しずつママを取り戻していく」とあゆみ。 また双子と生活できることになって喜ぶ護。 3人にいつもと同じ朝が来て、終わってしまいました。 ドラマを見ていた子供たちも、ドラマだからこその展開とはいえ、マルモの元に双子が帰ってきて安心したようです。 スポンサーリンク 続編スペシャル 『マルモのおきて』素敵なドラマでした。 きっと子供たちはこのドラマ、何度も見直すことでしょう。 マルモリダンスも4年生の娘はご機嫌で踊っていました。

次の