サンデージャポン コメンテーター。 朝日よりたちが悪いサンデーモーニング

サンデーモーニング歴代の出演者・コメンテーターの経歴一覧!

サンデージャポン コメンテーター

もちろん朝日新聞と考える人が多いでしょう。 形だけの「謝罪会見」を開いたとはいえ、すでに世界中に広がってしまった日本人への悪印象は、もはや取り返しがつかないところまで来ています。 せめて私たち日本人は、正しい知識と正しい歴史感覚を持ちたいものですが、これほどの騒ぎになっても、いまだ「日本人はかつて何となく悪いことをしたらしい」と思わされている日本人が多いことも事実です。 朝日新聞は読まなければ済むかもしれません。 お金を払ってまであんな論調に付き合う読者は放っておいても減っています。 むしろ問題は、そのような「朝日的」な報道を国民の共有財産である電波を使って垂れ流してきたテレビ報道にもあるのではないでしょうか。 石原発言捏造テロップ事件は、2003年(平成15年)11月2日に放映されたTBSの報道・情報番組「サンデーモーニング」で、石原慎太郎東京都知事の韓国併合に関する発言を正反対の表現に改変したマスコミ不祥事である。 彼らの感情からすれば、そりゃやっぱり忌々しいし、屈辱でもありましょう」と発言した。 司会者から話をふられたコメンテーターも、このテロップに沿って石原を批判した。 11月5日、TBSは別の番組で「テロップミス」があったことを認め、謝罪した。 安倍政権による集団的自衛権の行使容認について、テレビはどう伝えたのでしょうか。 市民や放送関係者でつくる「放送を語る会」は、テレビ報道番組のモニター調査の結果を公表しました。 期間は安保法制懇報告を受けた安倍首相の記者会見(5月15日)から、閣議決定後の7月6日までの約50日間です。 調査に当たっての基本視点は「ジャーナリズムによる政府の監視」が果たせているか。 過去の侵略戦争の反省から「武力行使を正当化するような政治や、社会の空気に対し、テレビジャーナリズムが抵抗し、批判することが極めて重要」という原点からです。 全体の傾向として「ジャーナリズム本来の目的に沿って報道しようとする番組」と「政府広報に近い番組」の二極対立が「かつてなく鮮明になった」のが特徴の一つ、と分析しました。 100人に聞いてみたい、捏造慰安婦を広めたのは誰ですか? もちろん朝日新聞と考える人が多いでしょう。 形だけの「謝罪会見」を開いたとはいえ、すでに世界中に広がってしまった日本人への悪印象は、もはや取り返しがつかないところまで来ています。 せめて私たち日本人は、正しい知識と正しい歴史感覚を持ちたいものですが、これほどの騒ぎになっても、いまだ「日本人はかつて何となく悪いことをしたらしい」と思わされている日本人が多いことも事実です。 朝日新聞は読まなければ済むかもしれません。 お金を払ってまであんな論調に付き合う読者は放っておいても減っています。 むしろ問題は、そのような「朝日的」な報道を国民の共有財産である電波を使って垂れ流してきたテレビ報道にもあるのではないでしょうか。 特に日曜午前という子供まで見ている平和なお茶の間に、意図的としか思えない反日報道を繰り返してきたTBSの「サンデーモーニング」という番組はあまりにひどすぎます。 ネットなどでは、この番組内での司会者やゲストの突っ込みどころ満載の発言がいくつも閲覧できるようです。 とても「喝!」なんて言って済むレベルではない戯言ばかりですが、こういう番組は「不偏不党」を定めた放送法第1条や「政治的に公平であること」などを定めた第4条に違反しているのではないでしょうか。 この番組の司会者は二世俳優から司会業に転身した方です。 特に、ジャーナリストとして現場を踏んだり、国際政治について学んだり、自分の考え方を本にまとめたりしたような方でもありません。 いったいいつからあのような偏った考え方になったのでしょうか。 だれかに洗脳されたと考えるのが普通かもしれません。 よほどの活動家がスタッフにいらっしゃるのでしょうか。 それとも、そのスタッフも朝日新聞などに洗脳され、「左翼的な番組さえ作っていれば文化的!」とでも思っていらっしゃるのでしょうか。 かつて、この方が司会する「クイズ100人に聞きました」という番組が同じTBSでありました。 解答者席にひじをついて素人さんの答えを待つ姿が随分えらそうに見えましたが、日曜の朝から神妙な顔で説教を垂れるのも、「何も知らない国民たち」を教育しようという意図があるのでしょうか。

次の

TBS「サンデーモーニング」司会・女子アナ・コメンテーター出演者一覧

サンデージャポン コメンテーター

「サンデージャポン」は2001年10月から放送開始された日曜お昼のバラエティ・ワイドショー番組。 取り扱うニュース自体は硬派な時事ニュースから芸能ネタまで幅が広い。 司会は爆笑問題が務めているということもあり、硬派な報道路線と娯楽要素が混在したワイドショーともバラエティとも言える番組となっている。 ただし社会的に深刻なテーマを扱う際にはバラエティ色を抜きにして、爆笑問題の太田光ですら神妙な面持ちでコメントをすることもあるため、決して終始バラエティ色に染まっているわけではない。 出演者は司会の爆笑問題と進行のTBSアナウンサー、固定レギュラー、そして取り扱うニュースに応じたゲストなど多数がキャスティングされる。 ゲスト出演するコメンテーターは旬の人物が起用されることも多く、逆に言えば旬を過ぎれ呼ばれなくなるためゲストの入れ替わりは激しい。 この記事では「サンデージャポン」の出演者情報を中心に紹介していく。 タイタン所属の漫才コンビ 1988年結成 メンバーは• ツッコミ担当の田中裕二(1965年1月10日生まれ、東京都出身の55歳、日本大学芸術学部中退、身長153. 5cm)• ボケ担当の太田光(1965年5月13日生まれ、埼玉県出身の55歳、日本大学芸術学部中退、身長170cm) テレビ朝日系列では「スゴ~イデスネ!! 視察団」にレギュラー出演する他、「総選挙シリーズ」や「ぶっちゃけ寺」「検索ちゃん」など様々な人気番組でMCを務めてきた かつては太田プロに所属していたが1990年に一方的な独立を起こしてしまい、以降は長期間に渡ってテレビの世界から干されることとなった 1993年に太田光代を代表とする事務所「タイタン」を設立 「GAHAHAキング 爆笑王決定戦」「タモリのSuperボキャブラ天国」などネタ番組をキッカケに再ブレークに至った 「サンデー・ジャポン」開始の2001年10月7日から番組に司会として出演 番組における役割分担は、田中裕二が番組進行、太田光がボケて盛り上げる役を担っている テレビプロデューサー、タレント 制作会社「ロコモーション」の代表取締役社長 1949年12月27日生まれ、東京都中央区築地出身の70歳 身長174cm、血液型はO型 日本大学経済学部 卒 実家は築地場外市場の玉子焼き店「丸武」 大学卒業後に様々な職を経てテレビの制作会社に入社、後に独立している テレビマンとして「天才・たけしの元気が出るテレビ!! 2017年3月19日放送では10. 裏番組にはフジテレビ「ワイドショー」も放送されているが、こちらは6. 「サンジャポ」は基本的にニュースを話題に扱っているので、内容次第では数字が変わってくる。 「ゴゴスマ -GO GO! Smile! -」はCBCテレビが制作、TBS系列で放送されている昼のワイドショー番組。 当初は東海エリアを中心に放送開始され、後に全国ネットに広がった。 TBSは、読売テレビ(日本テレビ系)「ミヤネ屋」への対抗策として「ゴゴスマ」を編成に組み込んでいるが現状では視聴率で下回っている。 アシスタントは、CBC・古川枝里子アナひとりで担当していたが、産休に伴い複数のフリーアナウンサーを起用。 2019年8月からは古川アナが2度目の産休に入ったため、さらにフリーアナウンサー加え5名のアシスタント体制を敷いている。 ここでは出演するアナウンサーとキャスターを中心に番組情報と共に一覧でまとめる。 「Mr. サンデー」(ミスターサンデー、よみ:みすたーさんでー)は、2010年4月から放送を開始した日曜夜22:00~23:15の報道番組。 フジテレビと関西テレビの共同制作、フジテレビ系列で放送されている。 出演者はMCのフリーアナウンサー・宮根誠司アナとフジテレビの女子アナである椿原慶子アナ。 ここにゲストコメンテーターとして木村太郎を中心に毎回2名ほどが出演している。 番組は一定の人気があるものの取材姿勢や報道内容が問題視されることもあり、司会の宮根誠司のキャラクターやフジテレビ制作ということも相まってインターネットを中心に炎上しやすい性質を持っている。 この記事では、「Mr. サンデー」に出演するMCや出演頻度の高いコメンテーターの情報を中心にまとめた。 「爆報!THEフライデー」は2011年10月から放送開始された爆笑問題がMCを務めるバラエティ。 主にかつて活躍していた芸能人や著名人の現在に焦点を当てた番組である。 爆笑問題の冠番組「爆! 爆笑問題」で不定期に放送された「芸能人ザ・密告SP」がレギュラー化したものであり、「爆! 爆笑問題」の後継番組にあたる。 「あの人は今」のような姿を見かけなくなった現在を追った内容や誰も知らなかった芸能人の人生経験などを特集した企画と過去の芸能界事件簿特集が番組の2軸となっている。 MCの爆笑問題と進行アシスタントのTBS山本里菜アナは「サンデージャポン」と同じ組み合わせ。 レギュラーパネラーにはテリー伊藤が出演。 さらに中堅のお笑いコンビが多数起用されているのも特徴。 この記事では「爆報! THEフライデー」のMC・アシスタント・レギュラー&準レギュラーパネラーなど出演者の情報をまとめている。 「有吉ジャポン」は、毎週日曜の昼に爆笑問題の司会で放送されているTBS「サンデージャポン」のスピンオフ番組として2012年10月から放送開始。 MCはお笑い芸人・有吉弘行、番組進行は元・TBSアナウンサーの田中みな実で彼女がTBS在籍時から担当している。 本家が時事ニュースから芸能ネタまで広く取り扱っているのに対し、「有吉ジャポン」はゴシップや下ネタなど深夜ならではの下世話な話題を扱っていたが、近年はe-Sportsを始め様々な文化をテーマに取り入れている。 レギュラーは固定でタイタン社長・太田光代&GQ JAPAN編集長・鈴木正文が出演。 さらにゲストが数名加わって番組は進行されていく。 同番組は2020年4月にリニューアルが行われ、番組名も「有吉ジャポン」から「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」に変更される。 本来であれば2020年4月に「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」としてリニューアルが開始される予定だったが新型コロナウィルスの影響により、「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」としての初回放送がズレ込む見通しとなっている。 この記事では「有吉ジャポン」に出演するレギュラーメンバー、不定期だが出演頻度が高いゲスト芸能人ついてまとめている。 「ワイドナショー」はフジテレビ系2013年10月から深夜枠で放送開始されたワイドショー的バラエティ番組。 2014年4月から日曜の午前枠へ移動、同時間帯で人気の番組となっている。 MCは東野幸治とフジテレビ女子アナが務め、番組のシンボルと言える松本人志はコメンテーターとして出演。 他のワイドショーとは一線を画しており、取り扱うニュースは報道のそれを変わらないものの出演者が芸人ということからバラエティ的な雰囲気が強くなっている。 そして何よりスポーツ新聞やインターネット系メディアが番組内の発言を直ぐに記事にするためマスコミから注目を集める番組となっている。 特に松本人志が芸能界のご意見番として扱われるようになったのは、「ワイドナショー」での発言がネットニュースに転載されるようになった構図が大きく影響している。 この記事では「ワイドナショー」のMCやアシスタントの女子アナ、登場回数の多いレギュラーコメンテーター、ナレーターなどの出演者情報を中心にまとめて紹介する。 「アイ・アム・冒険少年」はTBS系列のバラエティ番組。 地球上の様々な場所にある「絶対見たくなるお宝」を発見、紹介していく冒険紀行型のバラエティ。 例えば巨大生物や世界遺産、海底などが番組のターゲットとなる。 またレギュラー放送末期、及び特番放送以降は「脱出島」といった無人島から脱出する企画が番組構成のメインとなっている。 2014年4月23日から2015年3月25日まで水曜日「テッペン! 」枠でレギュラー放送。 それ以降は、不定期放送の特番シリーズに移行した。 ただし、特番放送も年々放送回数が減少しており2018年以降は年に1~2回に留まっている。 ナイフ1本あばれる君VS東大卒クイズ王伊沢」。 新型コロナウィルスの影響でドラマやバラエティの収録が見合わせとなっているため、同番組も予定されていた2020年4月からのレギュラー放送の開始を延期。 その代わりに2020年4月20日は3時間SPとして過去の脱出島の総集編が放送される。 この記事では最新放送をメインに「アイ・アム・冒険少年」のMC・ゲスト・ナレーターなど出演者情報を掲載する。 TBSアナウンサー・安住紳一郎とタレント・久本雅美のみ固定の出演者でその他は週次で変化する。 安住紳一郎がゲストとグルメやおススメスポットなどを訪れたVTRから、そこで起きたハプニングをクイズ形式で出題するという内容である。 ただし、クイズ番組の体裁をとっているが番組の大半はロケのVTRが占めておりクイズはおまけ程度の存在となっているのが実情である。 クイズバラエティというよりはトークバラエティが主体といえる。 ニュースやワイドショー以外でアナウンサーが番組の主役的立ち位置に居る珍しい番組である。 「バイキング」は新宿アルタから31年に渡って生放送されてきた「笑っていいとも!」終了に伴い、後継番組として2014年4月1日から放送開始された情報番組。 ワイドショーという番組の特性上、出演者の多くはタレントかマスコミ関係者。 アナウンサーは基本的に番組進行担当の1名のみである。 番組内容は、ニュースや話題を取り上げつつ出演者がトークを繰り広げるもので、バラエティ寄りのワイドショーというイメージになる。 開始初日こそ視聴率6. 人気低迷で終了したとされる「いいとも」の最低視聴率を下回る2. その後、テコ入れを行いメインMCは全曜日を坂上忍が務め、MC・曜日MC・進行アナウンサー・曜日レギュラーというメンバー構成になっている。 スポーツ新聞が頻繁に坂上忍の発言を「苦言」などアクセス数目的で書き起こしており、マスコミ業界内の視聴率は高いと考えられる。 ここでは「バイキング」の出演者と過去の進行担当アナウンサーを一覧でまとめる。 「まるごと」は静岡第一テレビが平日の夕方に放送している生放送のワイド情報番組。 在京キー局、準キー局を除いた地方局の制作番組としては規模の大きな部類となる。 番組を見るとポイントが貯まる「CHARiN」というマイレージサービスと連動しており、ポイント数に応じて様々な特典やサービスの利用・応募などが可能となっている。 この記事では、現在「まるごと」出演MC・キャスター・アナウンサー・コーナー担当タレントの情報についてまとめている。

次の

吉木誉絵の旦那(結婚相手)は?まゆゆ似でかわいい画像は?サンジャポ女性ゲストよしきのりえ?(サンデージャポン・今日2020年6月21日)

サンデージャポン コメンテーター

「サンデージャポン」は2001年10月から放送開始された日曜お昼のバラエティ・ワイドショー番組。 取り扱うニュース自体は硬派な時事ニュースから芸能ネタまで幅が広い。 司会は爆笑問題が務めているということもあり、硬派な報道路線と娯楽要素が混在したワイドショーともバラエティとも言える番組となっている。 ただし社会的に深刻なテーマを扱う際にはバラエティ色を抜きにして、爆笑問題の太田光ですら神妙な面持ちでコメントをすることもあるため、決して終始バラエティ色に染まっているわけではない。 出演者は司会の爆笑問題と進行のTBSアナウンサー、固定レギュラー、そして取り扱うニュースに応じたゲストなど多数がキャスティングされる。 ゲスト出演するコメンテーターは旬の人物が起用されることも多く、逆に言えば旬を過ぎれ呼ばれなくなるためゲストの入れ替わりは激しい。 この記事では「サンデージャポン」の出演者情報を中心に紹介していく。 タイタン所属の漫才コンビ 1988年結成 メンバーは• ツッコミ担当の田中裕二(1965年1月10日生まれ、東京都出身の55歳、日本大学芸術学部中退、身長153. 5cm)• ボケ担当の太田光(1965年5月13日生まれ、埼玉県出身の55歳、日本大学芸術学部中退、身長170cm) テレビ朝日系列では「スゴ~イデスネ!! 視察団」にレギュラー出演する他、「総選挙シリーズ」や「ぶっちゃけ寺」「検索ちゃん」など様々な人気番組でMCを務めてきた かつては太田プロに所属していたが1990年に一方的な独立を起こしてしまい、以降は長期間に渡ってテレビの世界から干されることとなった 1993年に太田光代を代表とする事務所「タイタン」を設立 「GAHAHAキング 爆笑王決定戦」「タモリのSuperボキャブラ天国」などネタ番組をキッカケに再ブレークに至った 「サンデー・ジャポン」開始の2001年10月7日から番組に司会として出演 番組における役割分担は、田中裕二が番組進行、太田光がボケて盛り上げる役を担っている テレビプロデューサー、タレント 制作会社「ロコモーション」の代表取締役社長 1949年12月27日生まれ、東京都中央区築地出身の70歳 身長174cm、血液型はO型 日本大学経済学部 卒 実家は築地場外市場の玉子焼き店「丸武」 大学卒業後に様々な職を経てテレビの制作会社に入社、後に独立している テレビマンとして「天才・たけしの元気が出るテレビ!! 2017年3月19日放送では10. 裏番組にはフジテレビ「ワイドショー」も放送されているが、こちらは6. 「サンジャポ」は基本的にニュースを話題に扱っているので、内容次第では数字が変わってくる。 「ゴゴスマ -GO GO! Smile! -」はCBCテレビが制作、TBS系列で放送されている昼のワイドショー番組。 当初は東海エリアを中心に放送開始され、後に全国ネットに広がった。 TBSは、読売テレビ(日本テレビ系)「ミヤネ屋」への対抗策として「ゴゴスマ」を編成に組み込んでいるが現状では視聴率で下回っている。 アシスタントは、CBC・古川枝里子アナひとりで担当していたが、産休に伴い複数のフリーアナウンサーを起用。 2019年8月からは古川アナが2度目の産休に入ったため、さらにフリーアナウンサー加え5名のアシスタント体制を敷いている。 ここでは出演するアナウンサーとキャスターを中心に番組情報と共に一覧でまとめる。 「Mr. サンデー」(ミスターサンデー、よみ:みすたーさんでー)は、2010年4月から放送を開始した日曜夜22:00~23:15の報道番組。 フジテレビと関西テレビの共同制作、フジテレビ系列で放送されている。 出演者はMCのフリーアナウンサー・宮根誠司アナとフジテレビの女子アナである椿原慶子アナ。 ここにゲストコメンテーターとして木村太郎を中心に毎回2名ほどが出演している。 番組は一定の人気があるものの取材姿勢や報道内容が問題視されることもあり、司会の宮根誠司のキャラクターやフジテレビ制作ということも相まってインターネットを中心に炎上しやすい性質を持っている。 この記事では、「Mr. サンデー」に出演するMCや出演頻度の高いコメンテーターの情報を中心にまとめた。 「爆報!THEフライデー」は2011年10月から放送開始された爆笑問題がMCを務めるバラエティ。 主にかつて活躍していた芸能人や著名人の現在に焦点を当てた番組である。 爆笑問題の冠番組「爆! 爆笑問題」で不定期に放送された「芸能人ザ・密告SP」がレギュラー化したものであり、「爆! 爆笑問題」の後継番組にあたる。 「あの人は今」のような姿を見かけなくなった現在を追った内容や誰も知らなかった芸能人の人生経験などを特集した企画と過去の芸能界事件簿特集が番組の2軸となっている。 MCの爆笑問題と進行アシスタントのTBS山本里菜アナは「サンデージャポン」と同じ組み合わせ。 レギュラーパネラーにはテリー伊藤が出演。 さらに中堅のお笑いコンビが多数起用されているのも特徴。 この記事では「爆報! THEフライデー」のMC・アシスタント・レギュラー&準レギュラーパネラーなど出演者の情報をまとめている。 「有吉ジャポン」は、毎週日曜の昼に爆笑問題の司会で放送されているTBS「サンデージャポン」のスピンオフ番組として2012年10月から放送開始。 MCはお笑い芸人・有吉弘行、番組進行は元・TBSアナウンサーの田中みな実で彼女がTBS在籍時から担当している。 本家が時事ニュースから芸能ネタまで広く取り扱っているのに対し、「有吉ジャポン」はゴシップや下ネタなど深夜ならではの下世話な話題を扱っていたが、近年はe-Sportsを始め様々な文化をテーマに取り入れている。 レギュラーは固定でタイタン社長・太田光代&GQ JAPAN編集長・鈴木正文が出演。 さらにゲストが数名加わって番組は進行されていく。 同番組は2020年4月にリニューアルが行われ、番組名も「有吉ジャポン」から「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」に変更される。 本来であれば2020年4月に「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」としてリニューアルが開始される予定だったが新型コロナウィルスの影響により、「有吉ジャポンII ジロジロ有吉」としての初回放送がズレ込む見通しとなっている。 この記事では「有吉ジャポン」に出演するレギュラーメンバー、不定期だが出演頻度が高いゲスト芸能人ついてまとめている。 「ワイドナショー」はフジテレビ系2013年10月から深夜枠で放送開始されたワイドショー的バラエティ番組。 2014年4月から日曜の午前枠へ移動、同時間帯で人気の番組となっている。 MCは東野幸治とフジテレビ女子アナが務め、番組のシンボルと言える松本人志はコメンテーターとして出演。 他のワイドショーとは一線を画しており、取り扱うニュースは報道のそれを変わらないものの出演者が芸人ということからバラエティ的な雰囲気が強くなっている。 そして何よりスポーツ新聞やインターネット系メディアが番組内の発言を直ぐに記事にするためマスコミから注目を集める番組となっている。 特に松本人志が芸能界のご意見番として扱われるようになったのは、「ワイドナショー」での発言がネットニュースに転載されるようになった構図が大きく影響している。 この記事では「ワイドナショー」のMCやアシスタントの女子アナ、登場回数の多いレギュラーコメンテーター、ナレーターなどの出演者情報を中心にまとめて紹介する。 「アイ・アム・冒険少年」はTBS系列のバラエティ番組。 地球上の様々な場所にある「絶対見たくなるお宝」を発見、紹介していく冒険紀行型のバラエティ。 例えば巨大生物や世界遺産、海底などが番組のターゲットとなる。 またレギュラー放送末期、及び特番放送以降は「脱出島」といった無人島から脱出する企画が番組構成のメインとなっている。 2014年4月23日から2015年3月25日まで水曜日「テッペン! 」枠でレギュラー放送。 それ以降は、不定期放送の特番シリーズに移行した。 ただし、特番放送も年々放送回数が減少しており2018年以降は年に1~2回に留まっている。 ナイフ1本あばれる君VS東大卒クイズ王伊沢」。 新型コロナウィルスの影響でドラマやバラエティの収録が見合わせとなっているため、同番組も予定されていた2020年4月からのレギュラー放送の開始を延期。 その代わりに2020年4月20日は3時間SPとして過去の脱出島の総集編が放送される。 この記事では最新放送をメインに「アイ・アム・冒険少年」のMC・ゲスト・ナレーターなど出演者情報を掲載する。 TBSアナウンサー・安住紳一郎とタレント・久本雅美のみ固定の出演者でその他は週次で変化する。 安住紳一郎がゲストとグルメやおススメスポットなどを訪れたVTRから、そこで起きたハプニングをクイズ形式で出題するという内容である。 ただし、クイズ番組の体裁をとっているが番組の大半はロケのVTRが占めておりクイズはおまけ程度の存在となっているのが実情である。 クイズバラエティというよりはトークバラエティが主体といえる。 ニュースやワイドショー以外でアナウンサーが番組の主役的立ち位置に居る珍しい番組である。 「バイキング」は新宿アルタから31年に渡って生放送されてきた「笑っていいとも!」終了に伴い、後継番組として2014年4月1日から放送開始された情報番組。 ワイドショーという番組の特性上、出演者の多くはタレントかマスコミ関係者。 アナウンサーは基本的に番組進行担当の1名のみである。 番組内容は、ニュースや話題を取り上げつつ出演者がトークを繰り広げるもので、バラエティ寄りのワイドショーというイメージになる。 開始初日こそ視聴率6. 人気低迷で終了したとされる「いいとも」の最低視聴率を下回る2. その後、テコ入れを行いメインMCは全曜日を坂上忍が務め、MC・曜日MC・進行アナウンサー・曜日レギュラーというメンバー構成になっている。 スポーツ新聞が頻繁に坂上忍の発言を「苦言」などアクセス数目的で書き起こしており、マスコミ業界内の視聴率は高いと考えられる。 ここでは「バイキング」の出演者と過去の進行担当アナウンサーを一覧でまとめる。 「まるごと」は静岡第一テレビが平日の夕方に放送している生放送のワイド情報番組。 在京キー局、準キー局を除いた地方局の制作番組としては規模の大きな部類となる。 番組を見るとポイントが貯まる「CHARiN」というマイレージサービスと連動しており、ポイント数に応じて様々な特典やサービスの利用・応募などが可能となっている。 この記事では、現在「まるごと」出演MC・キャスター・アナウンサー・コーナー担当タレントの情報についてまとめている。

次の