蛇 に ピアス。 蛇にピアス

蛇にピアス結末、ラストが意味が分からない?犯人はあの人!ネタバレ有り

蛇 に ピアス

蛇にピアスの作品紹介 【出典:】 まずは、蛇にピアスの内容やあらすじについてご紹介します。 もともとは、金原ひとみの小説作品であり、映画監督の蜷川幸雄によって映画化されました。 そんなある日、高良健吾が演じるアマという男と出会います。 ルイはアマのスプリットタンに興味を持ち、自分もスプリットタンや刺青を入れ始めます。 その施術の痛みによって、いつしか「生きている」という実感を持ち始めます。 また、ルイは優しく愛してくれるアマと激しく愛してくれるシバという2人の男の間で心が揺らいでいきます。 ルイは、アマとシバという2人の男の愛にすがりながら、スプリットタンと刺青を完成させていきます。 高良健吾は、1987年熊本県生まれの俳優で所属事務所はテンカラット。 高良健吾の俳優デビュー作品となったのが、2005年より放映されたドラマ「ごくせん」。 その後、2006年に「ハリヨの夏」で映画デビューしました。 以降、ドラマや映画だけでなく、CMやミュージックビデオなどにも出演。 2005年に作品デビューをした高良健吾ですが、それから約3年後に蛇にピアスでアマという作品内での重要人物を演じています。 蛇にピアスで高良健吾が演じたアマとはどんな登場人物であったか、あらすじやストーリー内容を交えながらご紹介します。 高良健吾が演じたアマについて 髪型は赤毛のモヒカンで、体中に刺青を彫り、顔中にピアスをつけています。 また、アマの舌は蛇の舌のように真ん中が裂かれたスプリットタンになっています。 怒るとかなり凶暴ですが、蛇にピアスの主人公ルイの言うことは基本的に素直に従います。 定職にはついておらず、古着屋でアルバイトをしています。 アマとルイが出会ったきっかけ 毎日渋谷の街を彷徨っている少女のルイ(演:吉高由里子)が、クラブでアマ(演:高良健吾)と出会います。 アマはルイに自身のスプリットタンを見せ、「君も人体改造してみない?」と誘います。 これが、主人公ルイとアマが出会うきっかけです。 その日のうちに、アマはルイを自宅に連れ込み男女の関係となります。 以降、ルイとアマは恋人のような関係になり一緒に暮らすようになります。 蛇にピアスのラストでは死んでしまう 蛇にピアスの主人公ルイにとって、アマはとても大切な存在となります。 すると、数日後シバの携帯に警察から電話がかかってきて、無惨な状態のアマが横須賀で見つかったと連絡が入ります。 蛇にピアスで高良健吾が演じたアマのスプリットタンは本物? 蛇にピアスをご覧になった方なら、高良健吾がアマを演じた際のスプリットタンが本物だったのか気になった方も多いでしょう。 スプリットタンとは、舌の中央を蛇の舌のように裂く人体改造です。 スプリットタンは、最初に舌ピアスを開けてその穴を徐々に拡張し、最後に余った部分をメスや糸を引っ張ることによって切り、最終的に左右に裂けた形状にします。 蛇にピアスの冒頭シーンで、アマがタバコをスプリットタンで挟むシーンがありますが、かなりドアップで映るので免疫のない人にとってはかなりグロテスクです。 この高良健吾が演じたアマのスプリットタンがあまりにもリアルで、「本当にスプリットタンにしたの?」と思っていた方も多いでしょう。 実は、あのスプリットタンはCG加工によるもので、実際には高良健吾はスプリットタンにしていません。 蛇にピアスで高良健吾が演じたアマのラストについて 蛇にピアスのラストでは、アマが何者かによって殺され死体となって発見されます。 蛇にピアスの序盤のシーンで、アマが暴力団員2人組の男(演:小栗旬、藤原達也)を殴り、藤原達也が演じる暴力団員の1人が死んでしまいます。 ストーリー内では犯人を明確に伝えるシーンはありませんが、アマの死体の様子から犯人がシバであることが暗に描写されています。 蛇にピアスの作品内容や高良健吾が演じたアマのスプリットタンなどが気になる方は、是非一度作品をご覧ください。 蛇にピアスの関連記事.

次の

映画「蛇にピアス」のフル動画を無料で視る方法

蛇 に ピアス

蛇にピアスのシバがかっこいい シバの本名 柴田キヅキ 柴田のシバなんですね。 因みにアマの本名は雨田和則です。 顔のピアス 出典:goo. 顔洗う時どうすんねん! と思わずツッコミを入れたくなりますが、これがシバさんの魅力でもあります。 これは、実際にピアスを開けてるわけではありません。 特殊メイクですね。 シバの印象的なセリフ セリフその1 「スプリットタンってどう思います?」とルイに聞かれると。 シバ「ピヤスや刺青と違って形を変える物だからね」 「やりたいと思わない」「人の形を変えるのは神だけに与えられた特権だと思っているから」 セリフその2 居酒屋でルイに「掘ってる時にお前の事殺したくなったらどうしよう」と言っていたシバ。 ルイの刺青を入れ終わってルイに、 「殺したくなった?」と聞かれた時のセリフ 「ああ、だから掘る事に集中してた」 「もしお前が死にたくなったら俺に殺させてくれ」「死姦してもいい?」 どんだけ変態やねん! シバの性癖が凄すぎますね。 何故アマを殺したのか? こういった理由があって、シバはアマを殺しましたという、はっきりした言及はありません。 これは、映画もそうですが、原作にもありません。 どの様に解釈するかは、個人の自由なので、必ず、こうじゃなきゃいけないという答えはありません。 ネットの書き込みを見ていると、この様に解釈する人が多い様です。 ルイを自分の物にする為に殺した 刺青を入れる為に、シバの店に訪れるルイ、その度にシバとルイはSMまがいのプレイを行う。 シバはルイを本気で愛する様になったので、邪魔なアマを殺害した。 シバとアマは以前から体の関係があった シバはルイだけではなく、アマとも肉体関係があった。 アマも実はルイには内緒でシバとそういうプレイをしていたのだ。 殺したというのも、アマを憎んで殺したのではなく、首を絞めるプレイの延長で、途中で止まらなくなって殺したという事。 なので、ルイもシバが殺した事を気づくが、ある意味納得している。 アマと無理やり関係をもったが、興奮しすぎて殺した ルイが警察で、アマはバイセクシャルの気はあるか? と聞かれた時、ルイは強く否定しました。 また、ルイの言う事には従っていたアマが、ルイに内緒でシバと関係を持つ事が考えられないという事で、シバが無理矢理やったと、なおかつ無理矢理やった事にシバが興奮してしまって、 歯止めが効かず殺してしまったという解釈。 「人を殺した事はあるか?どんな気持ちだった?」とルイに聞かれた時、 シバは「気持ちよかった」と答えた描写があります。 シバを演じた俳優 出典:goo. 芸名のARATAから井浦新に変更した経緯は、三島由紀夫を描いた作品「11. 25自決の日 三島由紀夫と若者たち」に三島由紀夫役で出演したさいに、作品のエンドロールで流れる名前に、アルファベット表記の名前が流れるのは好ましくないという理由で変更した。 蛇にピアス以外の作品では、 ピンポン 20世紀少年 リッチマン・プアウーマン 空気人形 などなど。 作品によって、見た目や雰囲気ががらっと変わるスタイル。 えぇっ!これこの人だったの? と役によって全くの別人になってしまう事で驚かれる事が多い役者さんです。 (スポンサーリンク) 蛇にピアスの無料フル動画を見る 蛇にピアスはU-NEXTの無料お試しを利用すると今すぐ見る事ができます。 無料期間中の解約も可能なので気楽に見れます。 下のリンクから登録できます。 合わせて読みたい.

次の

蛇にピアス (集英社文庫)

蛇 に ピアス

アマは赤い髪のモヒカン刈りをした男で、耳はもちろんのこと、くちびるの周辺や左眉に多数のピアスを刺していました。 さらに腕に龍の刺青(いれずみ)を入れています。 アマはスプリットタンの持ち主でした。 スプリットタンとは「蛇の舌」で、その名の通り舌の先が割れています。 舌にピアスを刺して徐々にその穴を大きくし、最後に糸で縛って先を切ると、スプリットタンができあがります。 「君も身体改造してみない?」 煙草を舌で挟んで言ったアマのこの言葉に、ルイは反射的に頷いていました。 ルイが特に興味を抱いたのは、スプリットタンと刺青でした。 その日のうちにアマと抱き合ったルイは、そのままアマの家で暮らし始めます。 アマの紹介で、ルイは刺青店を経営する若い男・シバと出会いました。 シバはスキンヘッドで後頭部に竜の刺青を施しており、眉間や耳に動物の牙のようなピアスを刺しています。 シバの店で、ルイは舌ピアスを開けてもらいました。 焼き肉でミノの次にタンが固いくらいなので、耳に比べると舌ピアスは痛いと言います。 ガーゼを舌の下に入れて固定し、紫のマーカーで印をつけ、鍼のような器具でピアスを入れました。 その瞬間、ルイの目に涙が滲みますが、さほどルイは痛がりません。 それを見たシバは「痛いの強いんだね」と言いました。 粘膜に入れると気絶する人がいるほどの痛みらしく、女の方が痛みに強いらしいとシバは言いました。 スプリットタンに対し「面白いと思うがしない」と答えたシバは、「人の形を変えるのは神だけだと思っている」と言い、何かあれば連絡してくれと、アマに内緒で電話番号をルイに教えます。 「お前の顔見てるとSの血が騒ぐ」とシバは言いました。 「Mだから、オーラ出てるのかな」とルイは返しました。 ルイはシバのことを、笑顔が歪んだ人だと思います。 舌ピアスの太さは号数があり、号数が低いほど大きなサイズになります。 ルイは待ち切れず、少しずつ穴を拡張していきました。 ピアスの穴を拡張するたびに痛みを感じますが、それをルイは心地よいと感じます。

次の