背中 が 痛い 左上。 背中の痛みに要注意!真ん中・左側・右側の部位別の原因とは?

背中が痛い:医師が考える原因と対処法|症状辞典

背中 が 痛い 左上

日常生活の中で急に背中が痛くなることがありますよね。 デスクワークが多い人は特に多いと言われています。 筋肉痛や疲れかな?と思ってそのままにしている人がほとんどかと思いますが急に背中の痛みを感じた場合は病気の可能性があります。 特に真ん中や左側、そして肩甲骨付近に痛みを感じた場合は注意が必要です。 その他にも背中の痛みは場所によって様々な病気を引き起こしている可能性があります。 場合によっては胃がんや膵臓がん、心筋梗塞などの重い病気にかかっている恐れもあるのです。 頻繁に背中に痛みを感じたり、我慢できないほどの痛みを感じた場合は早めに病院で診察を受けることをおすすめします。 ここでは背中に痛みを感じた場合の原因と病気について解説していきます。 背中が痛いのは病気の前兆?場所によっては大変なことになる 前述したように背中が痛い場合は何かしらの病気にかかっている可能性があります。 打撲や筋肉痛など心当たりがあればまだ安心ですが、頻繁に痛みを感じたり、我慢できないほどの痛みを感じた場合は要注意です。 人によっては痛みでめまいや吐き気を伴うこともあるそうですが、そのような場合は高確率で病気の可能性があります。 我慢せずにすぐに病院に行くべきです。 また、背中の痛みは痛む場所によって病気が異なります。 代表的な症状や病気を紹介していきますので、参考にしてください。 背中の真ん中が痛い場合 背中に痛みを感じる人の中で最も多いと言われているのが真ん中の痛みです。 これはなぜかというと筋肉痛や疲れによる痛みは背中の真ん中に表れやすいからです。 デスクワークや長時間同じ体勢で仕事をしている人などに多く見られる症状です。 しかし、だからといって安心してはいけません。 思わぬ病気を患っている可能性があります。 胸郭出口症候群 筋肉痛や疲れが原因の場合は自然と痛みが治まりますが、急に我慢できないほどの痛みが生じた場合は注意が必要です。 特に肩甲骨と肩甲骨の間に痛みを感じた場合は要注意です。 この場合、胸郭出口症候群という病気の可能性があります。 胸郭出口症候群の特徴としては神経を圧迫しているため刺すような痛みや痺れがあります。 症状が進行すると動脈が圧迫され血行が悪くなり、腕や手が青白く変色していきます。 最悪の場合は手を動かすことができなくなる場合もあります。 背中の左側が痛い場合 次に背中の左側が痛い場合ですが、こちらは危険がたくさん潜んでいます。 取り返しのつかない重病を患っている可能性もあります。 特に背中の痛む部分と対になっている胸部が同時に痛みを伴う場合はかなり危険な状態かもしれません。 このような症状がある場合は一刻も早く病院で診察を受けることをおすすめします。 胃炎 胃炎が原因で背中の左側が痛む場合もあります。 胃炎の場合は暴飲暴食や風邪などが原因です。 胃のむかつきなどが生じますが、安静にしていれば治るでしょう。 胃潰瘍 胃潰瘍の場合、左側の肩甲骨から下にかけて痛みが生じます。 また背中だけではなく、みぞおち辺りに強い痛みを伴います。 血便などがある場合はすぐに病院へ行きましょう。 膵炎 膵炎の場合、胃潰瘍と同じく左側の肩甲骨から下にかけて痛みが生じます。 さらにわき腹辺りからみぞおちにかけても痛みが伴います。 膵炎が悪化するとさまざまな臓器に障害が生じます。 最悪の場合は多臓器不全で死に至る場合もあります。 膵臓がん 膵臓がんの場合、左の横腹付近の背中やお腹の辺りに痛みが生じます。 体がかゆくなったり、尿が黄色くなるといった症状が現れます。 それに加え、体に黄疸が出る場合は要注意です。 糖尿病や血糖値のコントロールができなくなり最悪の場合、死に至る場合があります。 胃がん 胃がんの場合、胃腸炎や膵炎と同じく左側の肩甲骨から下にかけて痛みが生じます。 さらにみぞおちの上部に痛みを伴います。 黒い便が出る場合は胃がんの初期症状です。 こちらも最悪の場合、死に至る場合があります。 早期発見、早期治療が鉄則です。 心筋梗塞 心筋梗塞の場合、左の肩甲骨辺りに痛みが生じ、胸部に激痛が走ります。 胸の痛みが30分以上続くようであれば、すぐに救急車を呼ぶ必要があります。 一刻を争う状況です。 背中の右側が痛い場合 最後は背中の右側に痛みを生じた場合に考えられる病気を説明していきます。 背中の右側が痛い場合は肝臓や胆のうといった臓器に障害が生じている恐れがあります。 こちらも背中と対になっている胸部や腹部に痛みを伴います。 場合によっては命にかかわる病気を患っている可能性があります。 自身に似たような症状がないか確認し、心当たりがある場合は早めに病院で診察を受けましょう。 肝炎 肝炎の場合、右側の肩甲骨付近に痛みが生じます。 さらに右の胸にも痛みが伴います。 体がだるいと感じ、発熱や嘔吐を起こすようであれば注意が必要です。 肝臓がん 肝臓がんの場合、肝炎と同じく右側の肩甲骨付近と胸部に痛みを伴います。 体がとても疲れやすくなり、胸部のしこりやお腹の張りを感じた場合は要注意です。 一度、病院で診察を受けましょう。 胆のう炎 胆のう炎の場合、右側の肩からわき腹付近にかけて広範囲で痛みが生じます。 みぞおちや肋骨の下にも痛みを伴います。 こちらは発作的な強い痛みが長い時間続きます。 発熱や嘔吐を起こすこともあります。 胆管がん 胆管がんの場合、右側の肩甲骨からわき腹にかけて痛みが生じます。 右の胸に痛みが伴い、しこりができます。 発熱や黄疸の症状が出たらすぐに病院で診察を受ける必要があります。 背中の痛みは体の危険信号 このように背中が痛い場合は、病気を患っている可能性があります。 心当たりがないのに急に痛みが生じたり、強い痛みが続く場合は要注意です。 また、病気の場合は体の痛み以外の症状も出てきますので、おかしいと思ったらすぐに病院を受診しましょう。 体を動かさなければ痛まないという場合は、整形外科でもよいかもしれません。 しかし、どうしても痛いという場合は内科をおすすめします。

次の

背中が痛い!何科にかかって、どう治す?

背中 が 痛い 左上

「背中の痛み」は、自分でも気づかないうちに起こしている場合も多くあります。 例えば、スポ-ツやゴルフ等で筋肉を傷つけたり、重い物を持ち上げたり等で、日常の何気ない動作で「背中」を痛めてしまうことは、皆さんあるはずです。 「背中の痛み」で、考えられる「病気」は?。 「背中」には脊柱と呼ばれる、背骨があります。 椎間板ヘルニアや変形性脊椎症、神経根障害等が、脊柱の病気としては代表的です。 「背中の痛みの病気」で、内臓関係は、急性肝炎では右肋骨下の痛みと同じく右背部痛を生じる事も多いようです。 特に、急性肝炎等は、急性肝炎完治後も右背部痛が数年に渡り続くことも、多々あるようです。 急性または、慢性膵臓炎でも左肋骨下の痛みと合わせて、左の「背中の痛み」を伴います。 胆石等は、右季肋部痛と右の「背中」に鋭い「痛み」を感じます。 胆嚢炎では、胆石と同様の痛みに加え、発熱があり、腎結石や腎盂腎炎でも腰から「背中の痛み」を生じます。 また、胸膜炎や肺炎等では発熱、呼吸困難、胸部痛と伴った「背中の痛み」を発生します。 内臓関係のガンや脊髄の悪性腫瘍等でも「背中の痛み」を感じます。 また、特異なケ-スの疾患では、化膿性脊椎炎、化膿性椎間板炎等もあり、これらは細菌感染による脊椎の炎症が原因と言われ、「背中」には激痛が走ります 尿中に赤血球が混じるのは、主に腎臓や尿管、膀胱といった尿の通り道(尿路・尿道)になんらかの異常が起きている場合です。 それらに起きる炎症や結石、腫瘍を発見する手がかりとして尿潜血反応が用いられています。

次の

朝起きたら背中が痛い!原因は線維筋痛症?

背中 が 痛い 左上

お役にたてるか分かりませんが、内科で診察を受けられて、内科的(呼吸器や消化器など)に問題がないと言う事であれば、一度整形外科を受診されてみてはいかがでしょうか。 体を捻った、重いものをもった、長い間咳をしていた、ふいにくしゃみをしたとか、何かしらの原因で背部の筋肉を痛めたのかもしれません。 背部痛は筋力が弱いと起こりやすいようです。 25歳女性の方ですから、考えられる事かもしれません。 私も背部痛に悩まされています。 もともと筋力も弱いのに急にゴルフをはじめたせいですが、整形外科に受診をして、治療をしています。 整形外科的なものかどうかはわかりませんが、一度受診されると良いと思います。 寝ても深呼吸をしても、背中が痛いのは辛いですね。 早く治るといいですね、お大事になさって下さい。。。 Q お世話になっております。 昨日の昼ごろ『あれ?背中が痛い』と思い始めました。 痛みがだんだんとひどくなり、今(朝の5時)は寝返りも起き上がるのも痛くてままなりません。 夜中も痛くて何度か起きております。 呼吸もしずらく、猫背スタイルです。 調べると肝臓が悪い?ともありますが、急に痛くなった私のような場合は何科を受診すれば良いのでしょうか? ここ数日、変わった事はやっておりません。 運動もです。 関係ないかもしれませんが、昨年末受けた健康診断では、血液検査の数値はすべてA判定でした。 過去に肋間神経痛を経験した事があります。 又、帯状疱疹らしい痛みがあり受診したら(内科から皮膚科にまわり、皮膚科で診断)線維筋痛症かもしれないと言われ様子見で処方された経皮鎮痛剤で痛みが治まった事もあるので、神経系かとも。 肋間神経痛は整体でわかりました。 町医者だと何科に行けばよいのでしょうか? よろしくお願いします。 A ベストアンサー まだ読む余力があるのかどうかは分かりませんが・・・ あまり悪いなら、救急車か、タクシーを使って救急診療が可能な病院に直行しましょう。 それほどでもない、耐えられるというなら基本的には、かかりつけの医院や病院があれば、そこにまず行ってみる。 痛みを説明して、できれば早めに診察が可能なら、診察をお願いしましょう。 (まともな医者で、よほど症状がひっ迫しているなら、優先してくれます) そのうえで、必要に応じて別の病院を紹介してもらうのが妥当。 尚、背中が痛いといっても病気にはいろいろあります。 最近何か運動などをして、筋を痛めた記憶や腰を痛めた記憶があれば、整形外科。 打撲痕などがあり、内出血などが見られるなら、外科。 腰より少し上の辺りに痛みがあり、排尿痛や腹部痛などが生じてくるなら、泌尿器科(尿路系の病気)になるかと。 この場合は、尿検査をすれば分かります。 また、ストレスが多い状況にあり、最近気怠いなどがある場合は、心療内科や精神科になります。 皮膚疾患で表面的な痛みやかゆみがあるなら、皮膚科となります。 その他、臓器系疾患なら外科となりますが、一般には内科的診察と検査を受けて紹介されることが多いです。 尚、皮膚科と内科、精神科は投薬治療が中心であるため、内科系。 整形、泌尿器、外科は、手術を中心とした外科的処置が多いため、外科系となりますが、明らかに怪我や、外傷などによって、処置が必要な場合を除けば、最初に行くのは内科系の診療科となります。 まあ、とにかくどこでも良いので内科のある病院に行って診てもらうこと。 そこで、病状をしっかり説明すること。 耐えられないほどの痛みなら、救急施設のある病院に直行しましょう。 まだ読む余力があるのかどうかは分かりませんが・・・ あまり悪いなら、救急車か、タクシーを使って救急診療が可能な病院に直行しましょう。 それほどでもない、耐えられるというなら基本的には、かかりつけの医院や病院があれば、そこにまず行ってみる。 痛みを説明して、できれば早めに診察が可能なら、診察をお願いしましょう。 (まともな医者で、よほど症状がひっ迫しているなら、優先してくれます) そのうえで、必要に応じて別の病院を紹介してもらうのが妥当。 尚、背中が痛いといっても病気にはいろいろ... Q 10日程前から、胸部や背中が痛むようになりました。 <胸部>背中と胸の両側からぎゅっと押されているような 圧迫感と、何かが詰まってるような違和感があり、 胸のちょうど中心部からみぞおちの辺りまで痛みます。 特に食事後(しばらく経っても)や息を吸った時に 強く痛みます。 物を食べている最中も、 飲みこんだ時に圧迫されているような苦しさを感じます。 (実際に食べ物が詰まって飲みこめないという事はありません) <背中>中心部辺りに鈍い痛みとだるさが常にあります。 食べ物を飲みこむ際に、胸と同様に痛みや 圧迫感を感じます。 <喉・呼吸>喉の奥から胸にかけて、何かが詰まったような苦しさが あります。 どうやって呼吸をしていたのか分からなくなるような 息苦しさが度々あり、動悸もします。 大きくゆっくり呼吸をしても、 酸素が足りないような感覚です。 特に夜に強く起こり、寝る時の横たわっている 体勢になると、胸の圧迫感と苦しさが増して 呼吸もしづらくなり、眠ることができません。 はじめは精神的なものからくる症状だと思っていました。 これらの症状が出るキッカケもありましたし・・・。 でも、とても痛く苦しいので不安になっています。 体のどこかが悪いのでしょうか? それとも、健康体でもこのような症状が 出たりするものなのでしょうか? ちなみに私の年は23歳です。 10日程前から、胸部や背中が痛むようになりました。 <胸部>背中と胸の両側からぎゅっと押されているような 圧迫感と、何かが詰まってるような違和感があり、 胸のちょうど中心部からみぞおちの辺りまで痛みます。 特に食事後(しばらく経っても)や息を吸った時に 強く痛みます。 物を食べている最中も、 飲みこんだ時に圧迫されているような苦しさを感じます。 (実際に食べ物が詰まって飲みこめないという事はありません) <背中>中心部辺り... A ベストアンサー 発症が急であった場合は、皆さんの回答にあるように気胸も考えられるでしょう。 ただこの場合は、普通片側性におきますから、症状も左右どちらかに強いのが普通です。 これは、胸のレントゲンを撮れば簡単に診断がつきますし、あまり長期間肺が虚脱した状態にあるのは治療したときの合併症の頻度が高くなりますから、早めに検査を受けた方がよいでしょう。 胸の中心部、胸骨の裏側付近の圧迫されるような痛みというのは確かに狭心痛の痛みとして矛盾はありません。 左の肩あたりへの放散痛があれば典型的でしょう。 しかし、23歳という年齢を考えると、今まで大きな既往症がなければ考えにくいように思います。 食事との関連を考えると、食道炎や胃十二指腸潰瘍などの消化器疾患の可能性もあると思います。 胃酸の逆流に伴う食道粘膜のただれなどがあれば、お書きになっているような症状が出てもおかしくはありません。 まずは、胸部のレントゲンと心電図の検査を受け、異常がなければホルター心電図(24時間心電図)や胃の内視鏡検査という手順になるでしょう。 お薬としては、胸部レントゲンや心電図に異常がなければ、胃酸の分泌抑制剤の効果を試してみるということになると思います。 発症が急であった場合は、皆さんの回答にあるように気胸も考えられるでしょう。 ただこの場合は、普通片側性におきますから、症状も左右どちらかに強いのが普通です。 これは、胸のレントゲンを撮れば簡単に診断がつきますし、あまり長期間肺が虚脱した状態にあるのは治療したときの合併症の頻度が高くなりますから、早めに検査を受けた方がよいでしょう。 胸の中心部、胸骨の裏側付近の圧迫されるような痛みというのは確かに狭心痛の痛みとして矛盾はありません。 左の肩あたりへの放散痛があれば典型的でしょう... A ベストアンサー こんばんは。 私は5年程前から背中の痛みと闘っている? 者です。 ・背中が痛む時、深呼吸が苦しくありませんか? ・重心を変えると痛みませんか? ・背中が痛い時とその前後に、胃が凭れたりはしませんか? ・お酒が弱くありませんか? 上記の事が思い当たる場合、肝臓がダメージを受けている可能性があります。 これが原因だと、普通の医者では色んな科を巡り、ドクターショッピングに陥る事になるかもしれません。 私がそうでした。 肝臓に起因する痛みの場合、寝不足が一番の大敵です。 それと、血液がサラサラになる食べ物を摂る様心掛け、お酒を断ってみて下さい。 それでも痛みが出る時は、中国式の鍼灸院に行く事をお勧めします。 私は鍼と平行して漢方薬 血液をキレイにする作用があるもの を処方してもらい、最近は痛みも出にくくなりました。 A ベストアンサー No. 1です。 質問に書かれている症状が似ている点があり、その他の症状を確認するために補足要求をいたし ました。 私の胆石の症状としては、、、、 ・油の強い ラード系、天ぷら等 食後、約8時間で次の症状があらわれました。 とんかつでは症状は出ませんでした。 シュークリームではでません。 と、まあ、こんな内容です。 先生の診断通り、直径1. 2cmのきれいな丸い石が出てきました。 1です。 Q 37歳 女性です。 昨年の11月くらいから左背部痛(肩甲骨下から肋骨下まで)が続いています。 最初は鈍い違和感?くらいから始まり、今年に入ってからは急激に痛みが増してきました。 ズキズキというより、傷口に薬品を塗っている時のしみるような痛みがあります。 運動時、安静時、関係なく常に痛く、特に背を丸めると痛みが増します。 痛みで仕事も出来ず、6月で退社してしまいました。 退社してから胃痛や食欲不振も始まり、9月に消化器内科で胃カメラをしたら萎縮性胃炎と逆流性食道炎と診断されましたが、どちらもそんなにひどくない状況で組織検査の結果も異常なしでした。 タケプロン15mgとガスチモンを服用していましたが、一向に良くなりません。 (ピロリ菌陽性だったので除菌済みです) 総合病院へ行き、血液検査、エコー、CTをしたところ、子宮筋腫(5cm)と子宮内膜症と診断されましたが、肝臓、腎臓、副腎、胆嚢、膵臓は異常無しでした。 子宮筋腫で背中が痛くなることはまずないので関係ないと言われました。 今も消化器内科に通っており、タケプロンと漢方薬を飲んでいますが、改善されず、今では吐き気や胸部圧迫感、腹痛、腹部の張り、右背部痛などの症状もでてきて、5カ月で5キロも体重が落ちてしまいました。 (ちなみに快便です) 結局、消化器内科の医師に、自律神経失調症やウツ症状なのではないか?との事で心療内科を紹介されましたが、自律神経の問題でこんなにはっきりと痛みが出るものなんでしょうか? いまいち精神的ストレスなどで内臓に痛みが出るという事が信じられず、どの検査も医師の見落としがあったんじゃないか、と考えてしまいます。 確かに、ひどい会社で就業中は常にストレスを感じながら仕事してましたが、自分自身は落ち込んだり、情緒不安定になったりという感情の変化はありませんでした。 自律神経失調症などの経験者の方やお詳しい方がいらっしゃいましたらご返答お願いします! 37歳 女性です。 昨年の11月くらいから左背部痛(肩甲骨下から肋骨下まで)が続いています。 最初は鈍い違和感?くらいから始まり、今年に入ってからは急激に痛みが増してきました。 ズキズキというより、傷口に薬品を塗っている時のしみるような痛みがあります。 運動時、安静時、関係なく常に痛く、特に背を丸めると痛みが増します。 痛みで仕事も出来ず、6月で退社してしまいました。 退社してから胃痛や食欲不振も始まり、9月に消化器内科で胃カメラをしたら萎縮性胃炎と逆流性食道炎と診断されましたが、... A ベストアンサー (Q)特に背を丸めると痛みが増します (A)というのは、整形外科領域で多い痛みの出方です。 なので、整形外科の診察を受けることをお勧めします。 また、痛みが続いていると言うのは、別の意味で厄介ですね。 というのは、人には、慢性疼痛という症状があり、 こうなると、治すのがとても厄介なのです。 (Q)精神的ストレスなどで内臓に痛みが出るという事が信じられず、どの検査も医師の見落としがあったんじゃないか、と考えてしまいます。 (A)質問者様は…… 何か困ったことがあったとき「頭が痛い」とか「胃が痛い」 という表現を使うことをご存知だと思うのですが…… 実際には、頭や胃が痛くなるわけではないのに、 どうしてこのような表現を使うのでしょうか? それは、強いストレスがかかると、本当に、痛くなるからです。 そもそもストレスって、何かご存知ですか? それは、「人間の体が臨戦態勢にある」ということなのです。 人間が動物である証拠みたいなものです。 太古の昔、人は、自分の体一つで、獲物を狩り、危険な動物から 逃げていました。 このとき、「ストレス」がとても役に立つのですよ。 例えば、獲物を槍で付いて、殺そうとしようとしていると思ってください。 槍を地面に立てて、それに寄りかかって、獲物が近づいてくるのを ぼけーと待ちますか? そんなことはないでしょう。 槍を構え、いつでも槍を投げたり、突いたりできるように、緊張を高め、 瞬時に全力を出せるようにしませんか? そう、そういう状態に人間を持っていくシステムが「ストレス」なのです。 もしも、一日二十四時間、そんな状態が続いたら、 「胃が痛くなる」ことが想像できませんか? 手足や腰、背中の筋肉もコリコリになると想像できませんか? これが「ストレス」なのです。 ストレスとは、人間の体内の非常事態宣言、臨戦態勢状態なのです。 なので、そんな非常事態が続けば、おかしくなるのが当たり前。 さて、痛みですが…… 例えば、背骨がちょっとずれていて、痛かったのだとします。 それがわかり、ずれを治したとします。 理論的には、それで痛みが止まります。 実際、早期ならば、それで治りますが、 長期間、そのような痛みが続いていると、ずれを治しても、 痛みが止まらない場合があります。 それが、「慢性疼痛」です。 例えば、「背中が痛い」というのは、 どこが痛いと感じているのでしょうか? そんなの「背中」に決まっている……のではありません。 痛いと感じているのは、背中ではなく、脳なのです。 脳が背中からの神経を伝わってくる電気刺激を、 「これは、背中が痛いのだ」と判断するから、痛いのです。 だから、局所麻酔で、その神経を麻痺させると 痛みを感じません。 ところが、いつも、いつも痛いと感じていると、 脳がそれを学習してしまうことがあります。 つまり、いつもいつも痛いならば、わざわざ伝達されてくる 神経の電気刺激を分析するのは、面倒だから、 「いつも痛いことにしておけ」としてしまいす。 つまり、刺激があろうがなかろうが、「痛い」のです。 脳が勝手に痛いと判断するので、 神経を麻痺させても、効きません。 原因の病気をなくしても、痛みは治まりません。 これが「慢性疼痛」です。 慢性疼痛ならば、治すのは、心療内科や神経内科です。 人間の体は、不思議なのですよ。 いずれにしても、まずは、整形外科の診察をお勧めします。 (Q)特に背を丸めると痛みが増します (A)というのは、整形外科領域で多い痛みの出方です。 なので、整形外科の診察を受けることをお勧めします。 また、痛みが続いていると言うのは、別の意味で厄介ですね。 というのは、人には、慢性疼痛という症状があり、 こうなると、治すのがとても厄介なのです。 (Q)精神的ストレスなどで内臓に痛みが出るという事が信じられず、どの検査も医師の見落としがあったんじゃないか、と考えてしまいます。 (A)質問者様は…… 何か困ったことがあったとき「頭が痛い」... Q こんばんは。 時間が経つと自然と良くなるので、病院に行った事は ないのですが、 4~5年前から、食後すぐ背中(真ん中付近全面)が圧迫されるような すごく苦しい痛みが続きます。 詳しい症状は、食前よりは食後に起こる事が多く、胃痛も ありますが、それよりも第一に背中がバキバキになるような 痛み?と圧迫感が走ります。 朝食を摂るとすぐなり、動ける気分ではなくなってしまい、外出時間 まで横になったりしています。 あとは、ここ1年くらいは背中の痛みと共に、食後心臓がバクバクと する事が頻繁に起こります; 背中の圧迫感が伴う痛みは食後5時間前後、いつも続きそのうち 和らいできます。 時間が経てばとりあえず良くなるので、とくに病院に行く事もなかった のですが、最近はこのまま放置するのも嫌になり、一度受診してみようか と考えています。 ですが、その前にこのような症状にはどのような事が考えられるのか 少しでも何か分かったらと思い(推測でも)、質問しました。 因みに、食事の内容は、お米二口に卵焼きなら2切れ、あとお味噌汁を 数口飲むと背中が痛みだします。 (又食事量を増やすほど悪化します。 ) 年齢は20代です。 宜しければ回答をお願いいたします こんばんは。 時間が経つと自然と良くなるので、病院に行った事は ないのですが、 4~5年前から、食後すぐ背中(真ん中付近全面)が圧迫されるような すごく苦しい痛みが続きます。 詳しい症状は、食前よりは食後に起こる事が多く、胃痛も ありますが、それよりも第一に背中がバキバキになるような 痛み?と圧迫感が走ります。 朝食を摂るとすぐなり、動ける気分ではなくなってしまい、外出時間 まで横になったりしています。 あとは、ここ1年くらいは背中の痛みと共に、食後心臓がバクバクと する事が頻繁に... Q 今朝起きたら、自分からして左側(心臓側)の 肩甲骨の内側(背骨寄り)の辺りが痛かったのですが、 なんか変な格好して寝たのかな?くらいに 思っていました。 その後車を運転して出勤したのですが、 どんどん痛みがひどくなり、胸を反らしてないと 痛い状態になりました。 上半身を動かすと痛いし、歩いても響いて痛く、 とにかく動けないので仕事を早退して帰りました。 肩こりの時にもよくこの場所が痛くなるのですが その時はもっと漫然と痛い感じで 動けないほど痛くないので一体なんだろう?と 考えています。 痛みの種類は?と思ってみるのですが とりあえず骨折系じゃない気がします、多分。 筋・・・かなあ?神経かなあ?と言う感じでしょうか。 首も動かすのが困難で特に左に比重をかけると痛いです。 痛さのあまりにうめき声が思わず出てしまうくらいです。 普通ならそのまま整形かな? と思うのですが、先日不完全両脚ブロック及び慢性心不全症状、 というのが判明しまして、 病状とかもまだ検査中で、治療する程度なのか ほっといてもいいのか、まだ自分でも全然なにも 分かっていない状態です。 とりあえず全身の浮腫を取るために利尿剤は飲んでいます。 心臓の方は検査がもう少し先なのですが・・・ 周囲に背中の痛みは心臓と関係ある場合もある、と言われ 果たしてこの痛みは関係あるのかどうか悩んでいます。 脚ブロックは私が簡単に調べたところ そんなに重病じゃないような感じがするので こんなに背中が痛いとかなさそうな気がするんですよね。 心臓に関係があるならかかりつけ医に行った方がいいんでしょうが 総合病院なのですごい時間がかかるのです。 その上で関係なくて整形へ、となると病院は翌日へ持ち越しと なるのは間違い無しです。 先に個人の整形へ行った方が早いかなと思っているのですが、 この場合、一応脚ブロックがあることを伝えておけば それをきちんと頭に入れた上で診てくれるものでしょうか。 周りに下手に整形に行って間違った治療されたらどうするの、 かかりつけに行った方がいい、と言われましたが、 そんなに重病じゃないのに循環器科に「背中が痛い」と言って 行くのも違和感で・・・。 ただ、痛いのはかなり痛いのでいずれかの病院には 行くつもりですがどこへ行くのがベストなのか 分からなくなってきました。 多分、今夜は寝れないくらい痛いと思います。 横になると痛くない格好を探すのが大変ですので・・・。 この痛みで考えられる病気(背中の筋肉痛とか?)や かかるべき場所を教えていただけると助かります。 ちなみに今朝痛みを感じるまで、つまり ここ数日特に力仕事、不自然な格好などはしてないと思います。 よろしくお願いします。 今朝起きたら、自分からして左側(心臓側)の 肩甲骨の内側(背骨寄り)の辺りが痛かったのですが、 なんか変な格好して寝たのかな?くらいに 思っていました。 その後車を運転して出勤したのですが、 どんどん痛みがひどくなり、胸を反らしてないと 痛い状態になりました。 上半身を動かすと痛いし、歩いても響いて痛く、 とにかく動けないので仕事を早退して帰りました。 肩こりの時にもよくこの場所が痛くなるのですが その時はもっと漫然と痛い感じで 動けないほど痛くないので一体なんだろう...

次の