声優専門学校 闇。 声優業界の闇(枕営業やいじめ・不仲エピソード)がヤバすぎる!専門学校も色々おかしい!

なぜ声優専門学校はやばいのか?闇が深いと言われる理由

声優専門学校 闇

声優スクールとは、国からの認可を受けていない声優の学校です。 授業内容やカリキュラムは声優専門学校とほとんど同じですが、国からの認可を受けていないという点で、専門学校ではなく"スクール"に分類されます。 無認可と言うと印象が悪く聞こえますが、決して専門学校として認可してもらえなかったわけではなく、 無認可のメリットを活かすためにあえて無認可で運営しています。 無認可の学校として声優スクールを運営するメリットとは、カリキュラムを変更しやすいことと、講師を制限なく採用できることです。 学校教育法による認可を受けている専門学校は何かと届け出が必要になりますが、声優スクールは国から許可を得る必要がなく、学校が本当に良いと考える運営ができます。 学歴にこだわりがないのであれば、専門学校とそれほど大きな違いはない声優スクールも要チェックで、中には専門学校以上の人気スクールもあります。 以下の声優スクール一覧を参考にして、声優専門学校とも比較してみましょう。 総合学園ヒューマンアカデミー 講師が現役声優 声優スクールを選ぶ上で1番大切なことは、スクール卒業後にどれだけの生徒が声優になれているのかという"結果"です。 年間を通して圧倒的な回数のオーディションを受けられるヒューマンアカデミーは、数ある声優専門学校と比較して最もおすすめしたい声優の学校です。 年に2回開催の学内オーディションでは、90社以上の声優プロダクションがスクールに招かれてオーディションに参加します。 学内オーデションはスクールに通学している生徒しか受験できないので、声優デビューを目指す人にとっては大きなチャンスです。 学内オーディションの期間中は2、3日に1回はオーディションが開催されていて、40社以上受験する生徒もいます。 学内オーデションを開催しているスクールは他にも何校かありますが、参加プロダクションが少ないスクールでは20社程度しか参加しません。 90社以上が参加と言うのは業界最多クラスとなっていて、受験できる声優プロダクションの選択肢が広がり、声優デビューのチャンスにも豊富に恵まれます。 卒業後のサポートも手厚く、オーディション情報の提供やカウンセリングを積極的に行っています。 さらに、解放されている部屋があれば卒業生でもレッスンに使わせてもらえるのもメリットの一つです。 また、講師を務めるのは現役で活躍する声優で、津田健次郎さんなど大物声優による授業を受けることができます。 それら様々な改革によって、最近では卒業生の伊藤節生さんが声優アワード新人男優賞を受賞するなど、今注目の声優スクールと言えます。 声優スクールや専門学校で行われる所属オーディションとしてはヒューマンアカデミーに次ぐ規模の大きさで、参加プロダクションの数だけあって毎年高い合格率となっています。 2018度卒業生のプロダクション所属率は73. 8%、4人のうち3人は何かしらのかたちで声優プロダクションに合格しています。 難関と言われる青二プロなどの大手声優事務所にも、ほぼ毎年のように合格者を出しています。 また、アミューズメントメディア総合学院では学生寮を完備するなど、地方から上京してくる学生へのサポートにも力を入れています。 なお、アミューズメントメディア総合学院は大阪にも校舎がありますが、大阪校は国からの認可を受けた専門学校となっています。 学費やカリキュラムに大きな違いはないので、関西に近い地域にお住いの方は、大阪校を選択するのも良いでしょう。 本年度の学費や細かい諸経費など、ホームページには記載のない情報もあるので、気になる声優スクールに関しては必ず資料を取り寄せてみましょう。 また、声優スクールによっては、体験入学に参加することで「入学金の免除」や「プレスクールの参加」などの特典が付くこともあります。 入学を考えている声優スクールがあれば、資料請求だけではなく体験入学にも参加することをおすすめします。 その他声優専門学校の一覧 代々木アニメーション学院 週1クラスから全日制まで多彩なクラス 無認可の声優スクールの中では、アミューズメントメディア学院と並んで有名な声優スクールです。 設立は1978年、日本初のアニメ専門スクールで、非常に歴史の長い声優スクールとなっています。 アニメ以外にもナレーションや外画吹き替えなど、幅広いカリキュラムが特徴です。 近年では秋元康氏が名誉学院長兼総合プロデューサーに就任、秋元氏の助言を参考にしてカリキュラムを組んでいます。 業界の第一線で活躍する人間のアドバイスを受けているため、時代のニーズにあった人材育成にも期待できるかもしれませんね。 週1クラスから全日制のクラスまであるので、自分の生活環境に合わせて通えるのも評判です。 しかしながら、近年はオーディション合格率や卒業生のデビュー実績において、あまり良い結果を残せていません。 プロの声優になるには、声優スクール選びは非常に大切な選択で、最も重視すべきは事務所の所属オーディション合格率です。 声優スクールに通う目的がプロの声優としてデビューすることなのであれば、アミューズメントメディア学院やヒューマンアカデミーの方が良い選択と言えるかもしれません。 また、過去に代々木アニメーション学院は、入学辞退者への返金が不足していた問題を起こし、経営破綻もしています。 現在の代々木アニメーション学院は別の会社が運営していますが、過去の経営破綻やお金のトラブルは気になるところです。 ミュージシャンや俳優コースの中に、声優育成のスクールもあります。 どちらかと言うと、声優よりもアーティストの育成に実績を上げているスクールです。 ここから先にご紹介する声優スクールに関しては、小規模の声優スクールや個人塾になります。 声優のスキルをみっちり学ぶというよりも、声優専門学校や声優養成所の補足的に通っている方も多いようです。 学校というイメージよりも、どちらかと言うと英会話スクールのような習い事と考えると良いでしょう。 アバロン声優スクール 東京を中心として、地方にも声優スクールを展開しています。 月謝制の声優スクールとなっていて、入学時に年間授業料を納める必要が無いので負担が軽いです。 声優スクールという名前は付いていますが、ボイストレーニングなどボーカリスト育成寄りのカリキュラムで、有名声優の輩出実績はほとんどありません。 学院内での声優オーディションも開かれているので、在学中にデビューできる可能性もあります。 しかし学校の知名度としてはヒューマンアカデミーやアミューズメントメディア学院よりもかなり低く、声優業界でもそれほど名前が通っていません。 学費は月謝制で、1回につき5時間のレッスン時間となっています。 声優やナレーターとして古くから活躍してきた「中田浩二」さんから直接指導を受けることができます。 学校の規模は小さい方で、学校の知名度もそれほど高くはありません。 校舎 東京(武蔵野市) 下北沢声優塾 東京にある声優スクールの中では、規模の小さなスクールになります。 基本的に6ヶ月間のコースがメインとなっています 校舎 東京(下北沢) 声優塾Voice Heart 青二プロダクション所属の小林通孝氏が主宰する私塾のような声優教室です。 こじんまりとした声優スクールなので費用が安く、少人数制のレッスンを受けることができます。 スクールの名前の通り、ラジオ大阪が運営するスクールです。 そのため、講師にはアニメ声優よりもラジオパーソナリティーが多いようです。 校舎 大阪 声優スクールの選択は、声優を目指す上で非常に重要なターニングポイントとなります。 安易に決めてしまうのではなく、できるだけ多くの声優スクールの資料を集めて、できれば体験入学にも参加してみましょう。

次の

声優専門学校は闇?声優専門学校がなんで「闇」なのか考察してみた!

声優専門学校 闇

夜間の専門学校は、 時間がない社会時にとって いくつかメリットがあります! 【1】社会人向けの専門学校 社会人の場合、声優になろうと思うと、日常生活で声優の学校に行くのはとても大変です。 正社員だとほとんどの人が一日8時間、週に40時間は労働時間です。 場合によっては、残業がある会社もあるでしょう。 そんな中で声優の勉強をする場合、 会社が終わった後か、土日のプライベートの時間で声優専門学校に通う方法があります。 【2】経済的にも時間的にもお得?! 声優の専門学校でも、全日制コースと夜間のコースを選択できる専門学校があります。 全日制はその名の通り、日中にレッスンを受ける高校のような学校が多いですね。 必然的に、社会人だと通うのは無理です。 そこで、 夜間コースを選択することで、声優の勉強をしやすくなります。 全日制と比較しても、平日の夜のレッスンや土日のレッスンを行っているため、レッスンの時間が週に1回など少ないのが特徴です。 レッスンが少ないことで、授業料が安いことがメリットです。 夜間の声優専門学校のデメリット また全日制のコースも含め、専門学校にありがちなこととしては、学校のような雰囲気があるため、意識レベルが低めなのがデメリットです。 声優になりたいと強く意識をキープすることが難しくなります。 そういった理由で、 目標を見失い、継続できない人も多くいます。 【2】講師の質が下がる 専門学校の場合、講師に有名な声優さんを呼んでレッスンすることが多いです。 しかし、夜間となると、その時間に教えたいと思う声優さんは少なくなります。 そのため、 どうしても講師の質が下がってしまうのです。 社会人から声優になった人 社会人から声優になれるのかちょっと心配になった人もいるかもしれません。 でも安心してください。 社会人から声優になった人もいるんです。 tamurayukari. 一般企業に勤めながら、代々木アニメーション学院を卒業しました。 代々木アニメーション学院ではデビューできなかったため、会社を退職して上京しました。 その後日ナレで声優としての芽を出し、アーツビジョンに所属となります。 もともと歌も勉強しており、デビュー当時からアイドル活動もしていました。 専門学校での基礎が生きている声優さんと言えますね。 もともと、映画監督を志していた諏訪部順一さん。 大学を卒業後、映画や音楽関係の会社に就職します。 その経験から、声優というよりナレーターとしての仕事が最初は多かったようです。 アニメ『テニスの王子様』の跡部景吾役で本格的に声優としてブレイクしました。 さまざまな役を演じ分け、少年から大人までなんでも来い!な声優さんです。 animatetimes. 大学卒業後、就職したものの物足りなさを感じ、土日に歌のレッスンに通うようになったのだそう。 その講師と縁のある声優さんと出会い、本格的に声優の勉強を始めます。 現在は、ゆーりんプロに所属しており、ナレーションを中心に活動していましたが、最近ではアニメにもどんどん出演しています。 夜間コースがある声優専門学校 では、今回は3つだけ 夜間の専門学校をご紹介しますね! 最後に社会人の声優志望者におすすめの夜間コースがある専門学校を紹介します。 もちろんここで紹介した専門学校に行けばOKというわけではありませんよ。 限られた時間の中で声優になるための知識とスキルを身に着けてくださいね。 【1】総合学園ヒューマンアカデミー 【声優・ボーカル養成講座(半年)】 入学金 32,400円(税込) 学費 311,040円(税込)~ 定員 20名 入学時期 4月・10月 期間 6ヶ月 通学形態 週1~ 年齢制限 なし 【声優・ボーカル養成講座(1年)】 入学金 32,400円(税込) 学費 622,080円(税込)~ 定員 20名 入学時期 4月・10月 期間 12ヶ月 通学形態 週1~ 年齢制限 なし 株式会社ヒューマンアカデミーが運営する専門学校です。 声優の他にも、漫画やゲーム、スポーツ、ファッション、ビジネスなどなど、幅広い分野の勉強ができる専門学校です。 札幌から那覇まで16箇所でのレッスンが受けられます。 社会人をしながら通うことができるのが、大きなメリットと言えます。 オーディションも年間で350回以上開催されます。 中でも「ドラフトオーディション」という全国の校舎にプロダクションの担当者が来校し実施するオーディションの注目度は高いです。 希望者全員がオーディションを受けられるとあって、チャンスが多い声優専門学校と言えますね。 学費についても半年で31万円、1年で62万円ほどです。 これは、 声優養成所と同じくらいの学費ですので働きながら、声優の勉強を始めるにはぴったりだと思います。 ヒューマンアカデミーの資料請求の流れ ヒューマンアカデミーのパンフレット資料請求は、公式サイトから資料請求ボタンをタップして必要事項を入力するだけで完了します! 公式サイトから資料請求のボタンをタップすると、以下のように名前や住所を入れる欄が出てきますので、そちらに入力します。 基礎コースと研究コースにレベルごとに分かれます。 そのため、学費も幅がありますね。 マスターコースまで合計で2年間通うことになるということです。 夜間とはいえ、平日18:30ならば会社が終わってからでも通えるのがうれしいですね。 しかし、年齢制限が設定されているのが心配な人がいるでしょう。 社会人1、2年までに入学を検討した方が良さそうです。 【3】代々木アニメーション学院 【水曜夜間クラス】 入学金 30,000円 学費 120,000円 期間 半年 通学形態 週一日 レッスン日 水曜日19:00~21:00 年齢制限 中学卒業以上 【日曜午前クラス・午後クラス】 入学金 30,000円 学費 120,000円 期間 半年 レッスン日 日曜日10:00~12:00 13:00~15:00 年齢制限 中学卒業以上 夜間クラスは、東京校・大阪校・名古屋校・福岡校・札幌校・ 仙台校・広島校・金沢校と合計8校舎での開催です。 最近では、AKBなどをプロデュースした秋元康さん、モーニング娘。 入学金と授業料の合計で15万円という費用に収まっていますが、期間が半年ですので、短期決戦というイメージです。 まとめ 声優の専門学校に行くことをためらっている社会人の方、チャンスですよ! 何事も思い切って始めなければ、何も始まらないのです。

次の

アニメの専門学校に行く場合は闇に嵌らないように注意しましょう

声優専門学校 闇

実は声優専門学校からではプロになれない明確な理由があります 声優になるためには声優事務所への所属がまず第一歩だが 専門学校との繋がりが弱い アニメや映画の吹き替えなどのオーディションは、声優事務所に所属していないとほとんどの場合受ける事が出来ません。 その為プロの声優として活動していくためには声優事務所への所属が第一歩。 それも大手の声優事務所に仕事は集中しますので、アイムエンタープライズやアーツビジョン、青二塾や81プロデュースなどに入りたいですよね。 しかし、声優専門学校からこれらの事務所に所属するチャンスは限りなく少ないです。 何故なら声優事務所は自前の声優養成所を運営しているからです。 例えばアイムエンタープライズやアーツビジョンであれば、下部組織である日本ナレーション演技研究所に通う生徒から所内オーディションで自分たちの事務所に所属する声優を選びます。 勿論声優専門学校にも、声優事務所の関係者が学内オーディションに立ち会い、事務所に所属できるケースもあるにはあるのですが、その数はごく僅か。 自前で育成組織を持っているわけですから、わざわざ外部の人材を多く採用する理由が無いのです。 よく声優専門学校の卒業生の実績としてプロで活躍しているという事を宣伝していたりしますが、それは専門学校を卒業した後、声優養成所に入り直し、そこからプロ入りというケースが非常に多いです。 声優養成所は専門学校と異なり、大学に通いながら、社会人として仕事をしながら週1~週3で通う事が出来る上、事務所とのパイプが太いですから、 はじめから専門学校ではなく、養成所に通った方が確実です。 声優専門学校を卒業した人の進路は殆どが声優養成所 声優専門学校はその名の通り、声優になるための学校です。 万が一声優になれなかった時に、一般企業などへの就職は難しい、と言わざるを得ません。 そこで殆どの卒業生は声優養成所に進むのですが、それであれば 最初から専門学校に通わず、声優養成所に通いながら一般の大学などに進学すれば、社会人として働きながら声優を目指し続けることだって出来ます。 他の仕事に就く事なんて考えていない!絶対声優になる!という気持ちも良く分かります。 ですが、例えば 洲崎綾さんは日ナレに通いながら東京学芸大学を卒業、その後OLの期間も経てから声優デビューを果たしています。 今では大変な人気の一流声優さんですよね。 そんな洲崎綾さんでも社会人を経て声優になっているわけですから、 必ずすぐに声優デビューできる!と思ってしまうのは少し無謀ではないでしょうか。 高校・大学で勉強しながらアルバイトをし、一般的なお仕事につく準備もしながら声優養成所に通う。 そのままプロで活躍出来ればそれで良し、そうでなければ社会人として働きながら養成所でチャンスを待つ。 本気で声優を目指すなら、長期的に声優を目指す環境を整えるのも必要な努力ではないでしょうか。 本気で声優を目指すあなたにおススメする声優養成所 専門学校ではなく、声優事務所が運営する声優養成所であればプロの道に近く、週1~通う事が可能ですから小学生~社会人の方まで誰でも通う事が出来ます。 特に 大手声優事務所であるアイムエンタープライズやアーツビジョン、ヴィムスに所内オーディションで所属できる日本ナレーション演技研究所がおススメです。 以下の記事も参考にしてください。 そして日ナレで行われる所内オーディションで結果を出せば、声優業界の最大手事務所であるアイムエンタープライズやアーツビジョンに即所属出来ます! 林原めぐみさんや、佐倉綾音さん、松岡禎丞さん、梶裕貴さん、内田真礼さんなど、皆さん日ナレの出身です。 学業や、お仕事をしっかりとこなしながら 【声優になる夢】を 【現実の目標】に変える事が出来る、それが日ナレです。

次の