ワニ ステマ。 『100ワニ』作者もやらかしていた!“過去ツイート”がヤバい売れっ子たち…

【炎上?】100日後に死ぬワニ電通案件ステマ疑惑否定!商業展開が速すぎ

ワニ ステマ

ワニくんは、2019. 少し前には「100日後に死ぬワニ」という漫画が一時ブームになりましたが、今回注目している漫画はそれをも凌駕するのではないかと考察されています。 その漫画とは「 眠れないオオカミ」です。 読者からは「ワニくんよりも直接的なメッセージ性を感じる」との声も上がっているみたいです。 そこで今回は【眠れないオオカミは電通案件?ステマやヤラセ、炎上の可能性はあるのか】について調べていくことにしました。 「100日後に死ぬワニ」は電通案件だったのではないか?と疑惑に包まれていましたが、果たして「眠れないオオカミ」はどうなのでしょうか? スポンサーリンク 眠れないオオカミは電通案件? 眠れないオオカミも電通案件ですか? — ゆうびーん kogbeen 眠れないオオカミとローソンのコラボにまで「案件」「金の匂い」「PRガッカリ」とか言ってる奴がいるのほんと驚くわ。 — 堀口レオ 単行本出てます silverchop いい話だが、何とかのワニのせいで、これも電通案件だったらやだなとか思ってしまう。 100日後になんとかは、それほど罪深いステマだった 「心臓がちぎれそう」続きが気になるマンガ「眠れないオオカミ」 — withnews(ウィズニュース) — 002 002t すでにネット上では電通案件なのではないか?との声も多く上がっていますね。 一体真実はどうなのでしょうか。 正直なところまだ真相は明らかにはなっておりません。 「100日後に死ぬワニ」が電通案件なのでは?と疑惑が上がったのは最終回付近でした。 そのため決定的な理由付けは今の段階ではできないというのが正直なところです。 ただ恐らく電通案件ではないでしょう! 「100日後に死ぬワニ」が本当に案件だったのかどうかをおいておいても電通はかなりの炎上とバッシングを受けました。 そのためどう考えても同じ過ちをこの短期間で行うことは考えにくいと思います。 スポンサーリンク ステマやヤラセ、炎上の可能性はあるのか ステマやヤラセ、炎上のの可能性はあるのでしょうか? 正直これに関しても今のところはわからないのが本音です。 しかしステマやヤラセの可能性を見分ける方法があります。 恐らくですが、「100日後に死ぬワニ」を超える勢いがあることは間違えないと思いますので、眠れないオオカミもグッズ化、書籍化することが考えられます。 また作者自身も書籍化したいと話しており、裏ではもしかしたら話が進んでいることが予想されます。 「100日後に死ぬワニ」が炎上したタイミングはこのタイミングです。 「100日後に死ぬワニ」のグッズ販売や書籍や映画の宣伝行っているTwitterの運営会社の取引先に電通もあったのです。 どうせ売り出したいなら、ワニがどうたらのマンガと一切絡めずに売り込んだ方が良かったんじゃないかな。 「売り込んだんじゃなくて、ネットでそう比較されてるだけ」って言う人もいるだろうけど、それをどれだけの人が信じるか。 良い作品なら、出版社のネット媒体の上で最初から商業べースで発表してゆけばいいんですよ。 それだけのことです。 正直なところ、主人公がワニだろうがウサギだろうが人間だろうが成り立つストーリーで、登場するキャラに魅力があったわけじゃない。 でも100日後を迎えた直後にそのワニを商品化して、「死」という出来事が軽く見えるような扱いをしてしまったのが失敗だったと思う。 作られた感動、狙った感動。 とりあえず死とか不自由とかテーマにしとけば共感できない層が「感動!」って共感するもんな。 本当に死とか不自由と向き合ってたらあんま共感も感動もしない気がする。 特に最後の方の描写は嫌悪感すら感じるレベルでダメ。 これが流行る世の中は大なり小なり病んでると思う。 あくまで個人の感想です。

次の

100日後ワニの死因は千本桜影厳か?BLEACH新作のステマだった!?

ワニ ステマ

ワニくんは、2019. 少し前には「100日後に死ぬワニ」という漫画が一時ブームになりましたが、今回注目している漫画はそれをも凌駕するのではないかと考察されています。 その漫画とは「 眠れないオオカミ」です。 読者からは「ワニくんよりも直接的なメッセージ性を感じる」との声も上がっているみたいです。 そこで今回は【眠れないオオカミは電通案件?ステマやヤラセ、炎上の可能性はあるのか】について調べていくことにしました。 「100日後に死ぬワニ」は電通案件だったのではないか?と疑惑に包まれていましたが、果たして「眠れないオオカミ」はどうなのでしょうか? スポンサーリンク 眠れないオオカミは電通案件? 眠れないオオカミも電通案件ですか? — ゆうびーん kogbeen 眠れないオオカミとローソンのコラボにまで「案件」「金の匂い」「PRガッカリ」とか言ってる奴がいるのほんと驚くわ。 — 堀口レオ 単行本出てます silverchop いい話だが、何とかのワニのせいで、これも電通案件だったらやだなとか思ってしまう。 100日後になんとかは、それほど罪深いステマだった 「心臓がちぎれそう」続きが気になるマンガ「眠れないオオカミ」 — withnews(ウィズニュース) — 002 002t すでにネット上では電通案件なのではないか?との声も多く上がっていますね。 一体真実はどうなのでしょうか。 正直なところまだ真相は明らかにはなっておりません。 「100日後に死ぬワニ」が電通案件なのでは?と疑惑が上がったのは最終回付近でした。 そのため決定的な理由付けは今の段階ではできないというのが正直なところです。 ただ恐らく電通案件ではないでしょう! 「100日後に死ぬワニ」が本当に案件だったのかどうかをおいておいても電通はかなりの炎上とバッシングを受けました。 そのためどう考えても同じ過ちをこの短期間で行うことは考えにくいと思います。 スポンサーリンク ステマやヤラセ、炎上の可能性はあるのか ステマやヤラセ、炎上のの可能性はあるのでしょうか? 正直これに関しても今のところはわからないのが本音です。 しかしステマやヤラセの可能性を見分ける方法があります。 恐らくですが、「100日後に死ぬワニ」を超える勢いがあることは間違えないと思いますので、眠れないオオカミもグッズ化、書籍化することが考えられます。 また作者自身も書籍化したいと話しており、裏ではもしかしたら話が進んでいることが予想されます。 「100日後に死ぬワニ」が炎上したタイミングはこのタイミングです。 「100日後に死ぬワニ」のグッズ販売や書籍や映画の宣伝行っているTwitterの運営会社の取引先に電通もあったのです。 どうせ売り出したいなら、ワニがどうたらのマンガと一切絡めずに売り込んだ方が良かったんじゃないかな。 「売り込んだんじゃなくて、ネットでそう比較されてるだけ」って言う人もいるだろうけど、それをどれだけの人が信じるか。 良い作品なら、出版社のネット媒体の上で最初から商業べースで発表してゆけばいいんですよ。 それだけのことです。 正直なところ、主人公がワニだろうがウサギだろうが人間だろうが成り立つストーリーで、登場するキャラに魅力があったわけじゃない。 でも100日後を迎えた直後にそのワニを商品化して、「死」という出来事が軽く見えるような扱いをしてしまったのが失敗だったと思う。 作られた感動、狙った感動。 とりあえず死とか不自由とかテーマにしとけば共感できない層が「感動!」って共感するもんな。 本当に死とか不自由と向き合ってたらあんま共感も感動もしない気がする。 特に最後の方の描写は嫌悪感すら感じるレベルでダメ。 これが流行る世の中は大なり小なり病んでると思う。 あくまで個人の感想です。

次の

『100ワニ』作者もやらかしていた!“過去ツイート”がヤバい売れっ子たち…

ワニ ステマ

電通案件とは? 【書籍に続き】『100日後に死ぬワニ』映画化を発表 公式Twitterアカウントが発表。 映画化に関しては実写か、アニメ化の詳細は明かされていない。 — ライブドアニュース livedoornews 電通案件とは、「100日後に死ぬワニ」に日本最大手の広告代理店「株式会社電通」が関わっている件のことです。 なぜ?広告代理店が?となりますよね。 実は「100日後に死ぬワニ」の最終回が投稿されてから間もなく、「100日後に死ぬワニ」のツイッターアカウント(公式)が開設されます。 rakuten. たくさんの「100日後に死ぬワニ」グッズが表示されます。 夕方のニュースや情報番組であれだけ取り上げられる事自体おかしかったもんなあ… しかしグッズの用意周到ぶりよ…w — ルーファス@ちゃうねん。 怪しいと感じた人が投稿!そして炎上していきます! スポンサーリンク 100日後に死ぬワニはステマでさくら行為?理由はなぜ?ステマとは? 100日後に死ぬワニ 皆さんお待たせ致しました。 ネット環境の不具合で遅れてしまいました。 100日目 — きくち ゆうき kikuchiyuuk ステマと言うのは、「ステルスマーケティング」の略後です、 ステマとは、広告だと気づかれないようにして宣伝し消費者の心にしみこませるマーケティング手法の一つです。 つまり当初企業から金銭授受しているのに知らないふりをして、ファンや一般ユーザーのふりなど、あくまで中立的な立場を装って、商品の良い口コミを行ったり良い評価を行う行為のことを指しています。 そのため「やらせ行為」とか「さくら行為」と呼ばれています。 本当にファンになったユーザーに対しニセの口コミや評価を信じさせることで、意図的に関心をひきつけて物を販売するもしくは、購入させる戦略の一つです。 たしかに「100日後に死ぬワニ」終了と同時にグッズ販売や書籍化、おまけに映画化の話題が一気に流れ出すなんて不自然ですよね。 「100日後に死ぬワニ」がステマだと言われる理由がなぜなのかは上のように、 映画化も書籍化もグッズも最終回と同時期に発表したからですね。 なのにいきなりでしたよね!こうなると事前準備をしていたとしか言えませんよね。 まさに「100日後に死ぬワニ」はさくら行為と呼ばれても仕方ないですね。 しかし「100日後に死ぬワニ」の作品自体には、全く関係ないことですよね。 私は、「100日後に死ぬワニ」で心が安らぐ時もありました。 本当は電通さんの社員の誰かが「100日後に死ぬワニ」を知って、途中から規格ができた可能性も考えられますよね。 スポンサーリンク まとめ 電通案件とは「100日後に死ぬワニ」のグッズや映画化や書籍化に電通が絡んでいたために話題になったようです。 「100日後に死ぬワニくん」の最終回と同時に、ワニくんたちのグッズ販売が行われることは、ステマ(さくら行為)と呼ばれても仕方ないですよね。 ただ「100日後に死ぬワニ」の内容と作者は、ステマとか電通案件とは別ですよね。 「100日後に死ぬワニ」の本当のファンは、ステマなどに惑わされず、ずっと「100日後に死ぬワニ」に登場したキャラたちを愛し続けています。 ワニくんたちのグッズが欲しければ買えばいいし、映画がみたければ見ればいい話です。 「100日後に死ぬワニ」の作者の気持ちも考えると、出来れば、電通にはもう少し時間を空けてからしてほしかったです。

次の