マオ 漫画。 高橋留美子の最新作『MAO(マオ)』週刊少年サンデーにて連載開始! TVCMも!

MAO(マオ)「漫画コミック単行本6巻」のネタバレ&発売日と無料読み放題

マオ 漫画

MAO-マオー【ネタバレ】51話 〝不知火〟は水中へと姿を消し 摩緖、華紋、百火、菜花と乙弥ら5人は 〈地下壕〉を後にする。 が、摩緖が受けた傷は殊の外深く、 途中で歩けなくなってしまう。 見かねた菜花は自分の指を少し切り その「血」をマオの傷口へ当てる。 と! 見る間に傷が塞がり回復する!? が、それに反して 菜花は気を失ってしまい———— 摩緖は——— もうこれ以上菜花に無理をさせてはいけないと 強く思うのだった。 その後———— 〈現代〉へと帰途についた菜花の目の前に 一匹の猫(〝猫鬼〟)が現れる!? 〝猫鬼〟は菜花に 「また摩緖に「血」を与えたな」と詰問する!? が、逆に菜花は〝猫鬼〟に向かって 「紗那の事を教えて欲しい」と尋ねるのだった。 その頃、 摩緖のいる〈大正時代〉では———— 山奥にある「人首村」の 〈大量虐殺〉が世間を騒がせていた。 「はー。 」 華紋が溜息を吐く。 「『金の式神』を追ってきたら・・・ 〝不知火〟は『金の術師』と つるんでるって事だね。 」 「もう少しで・・・ つかまえられたのに・・・」 摩緖が悔し気に呟く。 「どうせまた来るだろ。 あいつ・・・ 摩緖の事を相当恨んでるっぽいし。 「はぁ・・・覚えていませんね。 」 摩緖が答える。 「とにかく帰るよ。 ここは寒い。 」 華紋が踵を返す。 「ええ、先に・・・行ってください。 私は少し休んでから行きます。 」 マオはガクリと膝をつく。 「ええ!? さっきまで ピンピンしてたじゃないか?」 華紋が宣う。 「いや・・・何発も撃たれたんです・・・ 『金の式神』に。 」 摩緖が苦し気に言う。 「へえ・・・じゃあさっき動けたのは・・・・ 〝紗那さま〟の話で 頭に血が昇ってたってことか。 」 華紋が納得する。 アンタ歩けないでしょ!?」 血が滴る指を前に菜花が言う。 「それはダメだと言っただろう。 おまえの命を削る事になるかも・・・」 「いいの。 」 菜花は毅然と言い放ち———— 摩緖の胸の傷へ 自分の指を当てる!? ドクン!? マオの体に『力』が漲る!? (ああ・・・ 傷口が塞がっていく・・・) そして菜花は 再び〈意識〉を失くすのだった!? その後———— 「——ったく・・・ それで自分が気絶してりゃ 世話ねえな。 」 菜花を背負う摩緖に 百火が毒づく。 「摩緖、かわろうか? 菜花くんなら喜んで背負うけど。 」 華紋がサラリと言う。 「いえ、菜花の事は私が・・・」 摩緖はそう答え———— (また無理させてしまった。 「うん、ウチでゆっくり寝たい。 」 そう答える菜花を 摩緖がジッと見つめる。 「摩緖も無理しちゃダメだよ。 」 「もう大丈夫だ・・・傷は塞がった。 」 「そう、じゃっ。 揺れる菜花の「心」!? (あんな摩緖初めて見た。 ) 菜花は商店街を歩きながら ずっと考え続ける。 」 と言い放つ〝不知火〟に——— 「嘘だ!?」と、叫ぶ摩緖! ————————————————— (摩緖は〝不知火〟に 滅茶苦茶嫉妬してるじゃん。 』 (その〈想い人〉が 〝不知火〟とは思えないけど・・・ もともと『片想い』なのに、 明らかに今でも好きじゃん。 』 (〝新しい器〟の私を、 ずっと見張ってるって事・・・? でも———) 「ねえ・・・前に、 私を傷つけるつもりはないって 言ってたよね。 」 『ああ・・・ おまえがわしを恐れる事はない。 』 「じゃあ教えて。 村人は悉く 鋭い刃のようなもので、 一突きされており、 その〈配達夫〉は——— 『なにか・・・ 〈鉄の案山子〉みたいな物が 去っていくのを見ました。

次の

MAO(マオ)高橋留美子の最新作が新連載!少年サンデーを買ってきたので感想

マオ 漫画

概要 [ ] 『』の増刊としてに創刊された。 『COMICポプリクラブ』1999年6月号に新雑誌の発刊及びタイトル公募が掲載され 、雑誌タイトルは応募総数126点から採用者の案を参考に『マオ』と付けられた。 「マオ」はのに由来する。 は「ザッツ アダルト エンターテインメント!! 」(Vol. 9まで)。 創刊時点でページ数は342頁を擁しており(等を除く)、当時の『COMICポプリクラブ』(平均236頁)と比べて4割増に相当する。 そのため『COMICポプリクラブ』で採用されているではなく、平綴じ(無線綴じ)が採用されている。 表紙 [ ] は、創刊号(1999年8月号)からVol. 9(2000年4月号)まで『COMICマオ』と表記した。 誌面リニューアルに伴い、vol. 10(2000年5月号)以降は『コミックマオ』に変更され、月号表示も追加された(「vol. は、(Vol. 1 - Vol. 9)、(vol. 10 - vol. 15)、(vol. 16 - vol. 20)、(vol. 21)、(vol. 22)、(vol. 23)が担当した。 号数表記 [ ] 創刊号(1999年8月号)からVol. 9(2000年4月号)まで、表紙・背表紙ともに「1999 Vol. 2000年5月号(vol. 10)以降は表紙デザインが変更され、タイトルロゴの右側上部に、その下に数が配置された。 掲載作家 [ ].

次の

高橋留美子の最新作『MAO(マオ)』週刊少年サンデーにて連載開始! TVCMも!

マオ 漫画

49話のネタバレ 不知火は過去のことを回想していた。 師匠は洞窟の中で選別の儀式を行っていたのである。 師匠が課した課題はただ1つ、生きて帰ってくることだけであった。 不知火は洞窟の中で何日もさまよったのだと言う。 足元には白骨が転がっていた。 過去にこの洞窟から出られなかった者たちなのであった。 不知火もこの者たちと同じようにここで終わるのか、そうあきらめかけていたその時。 遠くを見てみると、修行仲間ではない見知らぬものが洞窟の中にいたのであった。 そのものはこの洞窟の中を迷うことなく進んでいくのであった。 不知火はそいつを必死で大事にした。 こうやってそのものと不知火は無事に洞窟を脱出したのである。 不知火が這いつくばってやっと洞窟から出たのに対して、その子供は平然としていたのだと言う。 それ以来師匠はは不知火には全く興味を示さなくなってしまったのであった。 師匠はいつからか外部から従者をよんでいたのであった。 それが摩緒先生だった。 摩緒先生は師匠を亡き者にしたのは不知火かと問いただした。 不知火は摩緒先生が師匠を亡き者に子だと思っていたようである。 摩緒先生の顔の傷は不知火が傷つけたときにできたものである。

次の