星 の 旅人 読書 感想 文。 【総まとめ】中学生の読書感想文5枚の書き方

星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚を読んで簡単にあらすじ感想文を書いてみました

星 の 旅人 読書 感想 文

本の主人公である 伊能忠敬は数えで56歳です。 現在でいえば定年退職後にゆっくりと余生を楽しんでいてもおかしくない年齢にも関わらず第二の人生として天文と測量の学問にささげた人です。 「星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚」の伊能忠敬について 伊能忠敬はぜん息、痔、胃腸が弱い、瘧(おこり)というマラリアのような熱病などにかかり測量中に何度も病に倒れて予定を変更したこともあったようです。 本当であれば体が丈夫でないこともあり15年の年月をかけて測量をおこないほぼ日本全国を歩いて日本地図を完成させることなどとうてい無理だろうと想像できるところですが、成し遂げたところは伊能忠敬の魅力ともいえます。 伊能忠敬、息子の秀蔵を含めた弟子と従者で幕府から許可を得て蝦夷地(えぞち)で今の北海道の測量の旅に出かけてその蝦夷地では様々なできごとに遭遇します。 蝦夷地での測量の旅は今までの旅よりも厳しい自然との戦いがありました。 奥州街道は東北道と比べても歩きにくいものだったようですが蝦夷地の道は山越え、森の中を歩くこともありなによりも厳しいのは谷地(つまり湿地)を歩くのもあり整備された道ばかりではないため苦労しました。 蝦夷地を旅している途中に湿地にはまって抜け出せなくなった経験もあり、クマに襲われそうになったときにはアイヌの人が仕掛けていた罠にクマがかかったのですんでのところで助かった経験もありました。 樺太への旅の際に乗った船が予想以上に揺れて普通の人たちではすぐに断念しそうになることも何度もありましたが伊野忠孝たちのあきらめないことこそが日本地図完成につながったようです。 「星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚」のあらすじ「天体観測」 伊能忠敬は歩測のみでは正確な地図を作ることができないことを理解していて 天体観測で緯度を確定させて総合的に測定することでより正確な日本地図を作ることができました。 伊能忠敬らが完成させた地図は現在のものと比べてもほとんど誤差のない仕上がりとなっていることは科学や天文学の面で考えて世界的にみても評価できるものとなりました。 歴史の教科書に載っている伊能忠敬といえば日本地図の測量を歩いて行った人ということが知られていますよね。 日本地図の完成には15年の歳月をかけていて伊能忠敬は56歳より始めているのでこれから学問を学んでいこうと考えている人に どの年齢からのスタートであっても遅くないと教えてくれているだけでなくあきらめない気持ちがあれば成し遂げることができると言ってくれているようでした。 「星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚」は小説とも伝記とも読み取れて特に解説部分に書かれている江戸の文化や医学に関する内容などが書かれていることに江戸時代は日本地図を完成させただけではなく文化の面や医学の面からも進んでいたことを確認することができました。 江戸時代に生きた伊能忠敬も現在に生きる私たちも常に学び続けることができることを教えてくれる本でもあったように思います。 次は、読書感想文の中学生課題図書「星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚」の感想文に書くなら?について紹介していきます。 スポンサーリンク 読書感想文の中学生課題図書「星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚」の感想文に書くなら? 「星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚」の感想文を書くのであれば小説として読んだ時に感想文は伊能忠敬の考えていることをまず読む取るように考えてみてはいかがでしょうか? そして旅を共にしている 伊能忠敬の息子の秀蔵や上林平次などの登場人物が旅の途中で様々なことを起こりくじけそうになったり、お互いを励ましあったりしているところなどから自分たちが送っている生活のなかで 「こういう時はどうする?」など話し合えるような問題提起をすることで感想文の価値を上げていくことができます。 この物語の中では蝦夷地の湿地で足を取られた時やクマに追いかけられたときに考えることなども書かれていて、 もし自分たちであれば湿地で足を取られないようにどういう工夫が必要なのだろう?とか調べて感想文に書いてみると読み手の興味をそそることができそうです。 「星の旅人:伊能忠敬と伝説の怪魚」には物語の他に伊能忠敬が生きた時代に関する解説もあります。 その解説を感想文に書くとするならば 理科好きであれば地球の丸さを表現したり天動説と地動説の違いについて解説に書かれていることをもとに自分なりに調べて書いてみたりすることでより自分自身の理解を深めることができます。 特に興味深いと思ったことは現代とは違う時刻の表現法については時代劇などを観ていると牛の刻に待ち合わせというと現代では12時に待ち合わせとなるのでランチタイムの待ち合わせということになります。 夏の怪談話のドラマを観ていると丑三つ時を耳にすることがあります。 丑三つ時というのは丑の刻を4等分した3つ目のことをいい現代でいうと午前2時から2時半ごろのことをいいます。 物語の他に解説が加わっているので感想文に書く際に自分が興味を示している部分に焦点を当てて書いていくと感想文もより楽しいものになっていけるはずです。

次の

夏休み読書感想文のオススメは星新一の本!オススメリスト

星 の 旅人 読書 感想 文

「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」書籍情報 対象 中学生 出版社 小峰書店 著者名 小前亮 著者情報 1976年、島根県生まれ。 日本の歴史学者、小説家。 島根県立松江南高等学校卒業。 東京大学大学院修了。 専攻は中央アジア・イスラーム史。 2005年、『李世民』でデビュー。 歴史小説を中心に、児童ものやノンフィクション、ミステリーも手がける。 ブログ 紹介ページ『らいとすたっふ』 翻訳者 ー 絵 ー 本体価格(税別) 1600円 ページ数 296ページ ISBN10 4338081627 ISBN13 9784338081627 「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」あらすじ 行方知れずの父を探すため、少年は伊能隊と共に旅をする。 没後200年を迎えた伊能忠敬の足跡を少年の視点で描く歴史読み物。 伊能忠敬の生い立ちや、時代背景、当時の風俗、測量技術の進化など、解説ページも充実。 登場する平次という架空の少年が伊能忠敬の全国測量の旅に随行し、失踪した父を探すというストーリーとなっています。 10~20ページごとに当時の生活や、測量に関すること、起こった事件などの解説ページが数ページ挿絵とともについており、伊能忠敬を取り巻く環境が良くわかります。 目次は以下のようになっており、解説が多いので読みやすくなっています。 1章 天文• 解説1 地球はいつから丸かった?• 解説2 忠敬はどんな子だったのか• 解説3 佐原の発展と繁栄• 解説4 江戸時代の時刻• 解説5 天動説と地動説• 2章 測量• 解説6 忠敬と天明大飢饉• 解説7 江戸の町人文化• 解説8 蘭学の発展と解体新書• 解説9 江戸時代の蝦夷地• 3章 蝦夷地• 解説10 意外に病弱だった忠敬• 解説11 間宮林蔵の北方探検• 解説12 本格的な測量事業へ• 解説13 大黒屋光太夫の冒険• 解説14 忠敬のつくった地図• 4章 地図• 解説15 シーボルト事件• 解説16 経度を測れ!• 解説17 忠敬の測量はどこがすぐれていたのか 「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」読書感想文の書き方指針 中学校の社会で習う、日本を測量した伊能忠敬がどのような苦難を乗り越えて測量を行ったかが良くわかり、 国語というよりかは、社会や理科の内容も記載されているので、国語としてだけでなく広く勉強したい人にはおすすめの書籍です。 解説が多く、読書感想文としてまとめるには色々な題材があり、また理科などの内容もあるので、かきやすいと思います。 以下のようなポイントでまとめてみてください。 タイトルの「伝説の怪魚」とは何を表しているのか• 平次を連れていくことになった際の忠敬は自身の生い立ちと比べてどのようなことを思い、連れていくことを決断したのか• 「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」読書感想文 参考例文・サンプル まだ発表されたものはありません。

次の

カンタン! 齋藤孝の 最高の読書感想文 (角川つばさ文庫)

星 の 旅人 読書 感想 文

「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」書籍情報 対象 中学生 出版社 小峰書店 著者名 小前亮 著者情報 1976年、島根県生まれ。 日本の歴史学者、小説家。 島根県立松江南高等学校卒業。 東京大学大学院修了。 専攻は中央アジア・イスラーム史。 2005年、『李世民』でデビュー。 歴史小説を中心に、児童ものやノンフィクション、ミステリーも手がける。 ブログ 紹介ページ『らいとすたっふ』 翻訳者 ー 絵 ー 本体価格(税別) 1600円 ページ数 296ページ ISBN10 4338081627 ISBN13 9784338081627 「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」あらすじ 行方知れずの父を探すため、少年は伊能隊と共に旅をする。 没後200年を迎えた伊能忠敬の足跡を少年の視点で描く歴史読み物。 伊能忠敬の生い立ちや、時代背景、当時の風俗、測量技術の進化など、解説ページも充実。 登場する平次という架空の少年が伊能忠敬の全国測量の旅に随行し、失踪した父を探すというストーリーとなっています。 10~20ページごとに当時の生活や、測量に関すること、起こった事件などの解説ページが数ページ挿絵とともについており、伊能忠敬を取り巻く環境が良くわかります。 目次は以下のようになっており、解説が多いので読みやすくなっています。 1章 天文• 解説1 地球はいつから丸かった?• 解説2 忠敬はどんな子だったのか• 解説3 佐原の発展と繁栄• 解説4 江戸時代の時刻• 解説5 天動説と地動説• 2章 測量• 解説6 忠敬と天明大飢饉• 解説7 江戸の町人文化• 解説8 蘭学の発展と解体新書• 解説9 江戸時代の蝦夷地• 3章 蝦夷地• 解説10 意外に病弱だった忠敬• 解説11 間宮林蔵の北方探検• 解説12 本格的な測量事業へ• 解説13 大黒屋光太夫の冒険• 解説14 忠敬のつくった地図• 4章 地図• 解説15 シーボルト事件• 解説16 経度を測れ!• 解説17 忠敬の測量はどこがすぐれていたのか 「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」読書感想文の書き方指針 中学校の社会で習う、日本を測量した伊能忠敬がどのような苦難を乗り越えて測量を行ったかが良くわかり、 国語というよりかは、社会や理科の内容も記載されているので、国語としてだけでなく広く勉強したい人にはおすすめの書籍です。 解説が多く、読書感想文としてまとめるには色々な題材があり、また理科などの内容もあるので、かきやすいと思います。 以下のようなポイントでまとめてみてください。 タイトルの「伝説の怪魚」とは何を表しているのか• 平次を連れていくことになった際の忠敬は自身の生い立ちと比べてどのようなことを思い、連れていくことを決断したのか• 「星の旅人 伊能忠敬と伝説の怪魚」読書感想文 参考例文・サンプル まだ発表されたものはありません。

次の