通信速度 目安。 通信速度はどれくらいあれば快適? 目安と測定方法を紹介

インターネットの回線速度や応答速度の快適な速度の目安とチェック方法

通信速度 目安

まずは簡単な結論から、 PS4で必要になる通信速度は約30Mbpsです。 「意外と速い! もしくは遅い! 」と思われるかどうかは環境次第ではありますが、目安としてこれくらいの速度が出ていれば十分快適にゲームができます。 ちなみに、30Mbpsの目安になるのは「ダウンロード速度」です。 もう1つの測定結果として出てくるアップロード速度に関しては、よほど遅くない限り 単位がKbpsとかでない限り 気にしなくても問題ありません。 そしてこの記事の後半で詳しく解説しますが、PS4で重要になるのは通信速度ではなくPing値という別の数値になります。 なので、現在ラグや回線落ちで悩んでいる人はPing値を重点的に見ると良いかもしれません。 それでは、PS4の通信速度について詳しくみていきましょう。 まずはPS4の速度測定!2つの測定方法で測るのがオススメ まずは、現在の通信速度を測定していきましょう。 PS4の通信速度を測定する方法はいくつもありますが、ここでは2つの方法を紹介します。 PS4のインターネット設定を利用する• 測定サイト「Speedtest」を利用する そして、測定するときはどちらか片方ではなく、 両方で測定することをオススメします。 両方で測定した方が良い理由は、「Ping値の測定ができるから」「通信速度の差が分かるから」という2つなのですが、これについては次の項目で触れていきます。 では早速測定していきましょう。 測定方法1:「PS4のインターネット設定」で測定 まず1つ目は、PS4のインターネット設定で測定する方法です。 使ったことがある人が多いと思いますが、一応測定手順を載せておきます。 もしかすると 通信速度 アップロード の数値がかなり小さくなっている人もいるかもしれませんが、一旦気にせず次の測定方法に移りましょう。 測定方法2:「Speedtest」で測定 PS4での速度測定が終わったら、次はで速度を測定していきましょう。 PS4の「インターネットブラウザー」で「Speedtest. net」を入力して検索するとSpeedtestのサイトが出てきますので、そのサイトを開きます。 サイトを開いて以下の画面が出たら、「Change Server」を選択してサーバーを「Tokyo」のどれかに設定して「GO!」で測定しましょう。 最初からTokyoのこともあります。 それではここからは、本題である目安の通信速度についてみていきます。 目安の数値と環境については以下の通りです。 ただし、通信速度は時間帯や混雑具合によって上振れ・下振れが必ず出てくるので、それを考慮すると 「快適」の基準である30Mbps以上を目安にすることをオススメします。 そしてさらに、「ゲームのダウンロードとかアップデートもサクサクしたい!」という人は、「最高」基準の100Mbps以上を目指すようにすると良いでしょう。 30Mbpsと100Mbpsでは、ゲームのダウンロード速度がかなり違ってきます。 30Mbpsと100Mbpsでかかる速度は以下の通りです。 30Mbpsでダウンロードした時:合計146分 約2時間半• 100Mbpsでダウンロードした時:合計44分 33GBのMHIBでも約100分 1時間40分 の違いが出ます。 ゲームのラグや回線落ちとは関係ありませんが、ダウンロードなども快適にするなら100Mbps以上程度あると良いでしょう。 【参考】アップロード速度は極端に遅くなければOK ここでは参考程度に「アップロード速度」について解説します。 上で記載した表では「5Mbps~」で快適の基準にしていますが、実際のところ アップロード速度はそこまで気にしなくてもOKです。 それではここからは、「通信速度が足りない…。 」「どうせならもっと速くしたい!」という人向けに、通信速度の改善法について紹介していきます。 ここで紹介する方法は5つです。 無線で接続する場合 ルーターを買い替える• v6プラス または同等のサービス を利用する• ネット回線orプロバイダを切り替える それぞれの方法についてみていきますので、自分が気になるものから試していくと良いでしょう。 具体的には、PS4の中で設定できる 「DNS」と 「MTU」という2つの数値を設定していきます。 設定方法は以下の通りです。 8』or『1. 1』 セカンダリ『8. 4』or『1. 1』 7、『MTU設定』を自動 8、『プロキシサーバー』を使わない 9、 インターネット診断をする まずDNS設定についてですが、記載したDNSはそれぞれ「8. 4:GoogleのPublic DNS」「1. 1:CloudflareのPublic DNS」です。 昔はGoogleのDNSが主流でしたが、ここ最近は CloudflareのDNSがゲーム向きとして主流になりつつあります。 どちらも試してもデメリットがあるわけではありませんので、両方のDNSを試してみると良いでしょう。 続いて、MTU値の設定についてです。 設定手順は以下の通りになります。 各回線ごとの数値は以下の通りです。 なお、 DNSの設定とMTUの設定は確実に速度が上がる方法ではありません。 場合によっては、「速度に変化がない」あるいは「逆に速度が遅くなってしまった」ということもありますので、その場合は自動に戻して再設定するようにしましょう。 家の環境的にどうしても有線にできない人もいるかもしれませんが、ゲームをするのであればLANケーブルを使った有線接続にした方が速度は出やすくなります。 なので、 できるだけ有線での接続をするようにしましょう。 そして、有線で接続するときに気を付けたいのが利用するLANケーブルのスペックを表す 「カテゴリ」です。 最大2Gbpsの超高速回線• 都内のeSports施設でも採用• 現状日本トップクラスの回線• キャッシュバック45,000円• 最大1Gbpsの高速回線• キャンペーンで月額がかなり安め• NURO光に次いでオススメ• 最大1Gbpsの高速回線• v6プラス通信で夜でも安定• 最大15,000円のキャッシュバック• NURO光に次いでオススメ 以上の3回線はゲームに定評があり、ある程度高い質の回線を期待できます。 また、 や はキャンペーンも豪華になっているため、損することなく乗り換えをすることが可能です。 どの回線が良いかは好みで選択してみると良いでしょう。 なお、各回線の速度や細かいオススメポイント、回線選びのポイントなどは以下記事で詳しく解説していますので、気になる人は合わせてチェックしてみてください。 ここまで通信速度について解説してきましたが、冒頭でも少し触れたとおり「ラグ」に関して言えば、 通信速度よりPing値の方が重要です。 そこでここからは「Ping値って何?」という点について簡単に見ていきます。 ゲームにおけるPing値はゲーム内のラグを数値で表したモノ Ping値は「サーバーとの応答速度」を示したもので、「ms 1,000msで1秒 」という単位が使われます。 ゲームをやっている人に分かりやすく言うと 「ラグを数値化したモノ」です。 」という人もいると思われますので、実際のゲームで起きるシーンで考えてみましょう。 例えば、「ポーションを飲む」という動作を具体的に見ると、以下のような流れになります。 ゲーム内でポーションのボタンを押す• 『ボタンを押した』というコマンドが自分からゲームサーバーに送られる• コマンドに対して正確なレスポンス 今回はポーションを飲む がゲームサーバーから送られる• 自分の画面でキャラクターがポーションを飲む オンラインのゲームでは、上の一連の流れにかかる時間をPing値で表します。 厳密には少し違いますが、そういったイメージを持ってもらえると助かります。 例えば上の状況でPing値が1,000msだとすると、ポーションを押して、その動作が画面に反映されるまでに1,000ms 1秒 かかるといった感じです。 ちなみに、 アップロードが遅くなる理由は通信するサーバー側に原因があります。 ポート開放などで改善するケースもありますが、基本的にはスルーしておくとOKです。 PS4のHDDをSDDに換装することで通信速度は速くなる? PS4のHDDをSDDに換装しても、通信速度が改善することはありません。 SSD換装で速くなるのは、ゲームの読み込み速度などです。 ゲームのダウンロード速度やプレイ中の回線状況が変わるわけではありませんので注意しましょう。 v6プラスを使うとPS4のゲームができないってホント? ネット上で 「v6プラスを利用するとゲームができなくなる」という口コミを見たことがある人もいるかもしれません。 結論から言うと、ゲームができないということはないです。 ただし、 一部のゲームをプレイする時にルーターの設定などが必要になることがあります。 とは言え、難しい設定が必要なわけではありませんので、基本的には気にしなくても大丈夫でしょう。 ルーターの設定方法などは、以下記事で解説していますのでチェックしてみてください。 PS4の通信速度が夜だけ遅くなるのはなぜ? PS4の通信速度が夜だけ遅くなるのは、 回線混雑が原因です。 インターネットの仕組み上回線混雑を避けるのは難しいのですが、利用者が少ないNTT系以外の回線やv6プラスを利用することで改善することはできます。 逆に言うと、この2つ以外での改善は難しいです。 なので、「夜だけ極端に速度が遅くなる…。 」というような人は、回線の切り替え等を検討した方が良いでしょう。 オススメの回線については、を再度チェックしてみてください。 PS4とプロバイダの接続に相性はある? そして最後がプロバイダとPS4の相性についてです。 もちろん公式が発表しているわけではないため、確実ではありませんがプロバイダの仕組み上ないと考えるのが無難です。 なので、仮に回線やプロバイダを切り替えるとしても、相性を気にする必要はないでしょう。 まとめ:PS4の通信速度について このページでは、PS4の通信速度について解説しました。 PS4でオンラインをするのであれば、2つの測定サイトを利用してダウンロード速度で30Mbps以上が確保できていればOKです。 もし足りない時は、以下の方法で改善してみてください。 無線で接続する場合 ルーターを買い替える• v6プラス または同等のサービス を利用する• ネット回線orプロバイダを切り替える また、ラグを気にするのであれば通信速度よりもPing値をチェックしましょう。 Ping値を改善することで書いて快適なゲーム環境を作ることができます。 ぜひ参考にしてみてください。

次の

PS4の通信速度の目安は?速度の改善法とよくある疑問もまとめて解説!

通信速度 目安

アップロードもしくはダウンロードをしている場合は止める。 このページ以外のウェブページはすべて閉じる。 すべてのプログラムやオンラインツールは閉じる。 あとは、ツールの中央の「Start test」をクリックするだけです。 スピードテストはなんのため? 光回線やでも、のサイト上で掲載されいてる通信速度は、論理的に可能な最大の速度です。 このため、実際には、提示されている値よりも通信速度は遅いというのが事実です。 この件に関しては、「通信速度はベストエフォートであり、実効速度として保証するものではありません。 」といったような文言でプロバイダーのサイト上で補足説明が加えられているのが一般的です。 今利用しているインターネットの回線速度がどれくらいなのか「実行速度」を調べるには、スピードテストを利用する必要があります。 なぜ通信速度を調べるべきなのか? 通信速度を測定することで、今お使いののに役に立ちます。 例えば、オンラインのツールを利用していて、急に速度が落ちたと感じたら、 スピードテストで速度を確認してみると良いでしょう。 インターネットの速度が遅いのが原因か、ツールの問題なのか、特定することができます。 スピードテストで十分な結果が出ているにも関わらず、遅いと感じるならば、やみくもに回線を疑うのではなく、冷静にそれ以外の原因を追究していくことができます。 またADSLからに変えた人はその速度の変化ぶりを数字で確認してみるということもできますね。 スピードテストの結果から分かることは? このスピードテストでは、1. 下り速度(ダウンロード時の通信速度)、2. 上り速度(アップロード時の通信速度)、3. レイテンシ、4. ジッターといった4つの項目を確認することができます。 また、回線速度の測定にあたり、当然ながらIPアドレスおよびインターネットプロバイダー(回線事業者)の情報も取得され、表示されます。 1秒間にどれくらいのデータを送れるのか表しています。 1秒に送れる情報量のによって、「速い」、「遅い」を判断しています。 1000Mbpsイコール1Gbpsです。 つまり、MbpsよりもGbps(メガビーピーエス)は1秒にたくさんの情報を送ることを意味ます。 よって、通信速度の速い光回線には、ギガの単位(Gbps)が、そして速度で劣るADSLにはメガの単位(Mbps)が利用されています。 ビットとバイト8ビット bit, b の8倍が1バイト(byte, MB)です。 ビットとバイトは異なるので注意しましょう。 スマホのの単位ではバイト(byte, MB)が使用されています。 下り速度と上り速度の意味・違いは? 「 下り速度」は、どれだけスムーズにデータが「流れて」きているかに関係します。 つまり、オンラインで音楽を聴く、動画・映画を観るための速度、もちろん、オンライン上にあるファイルをダウンロードをする速度などを決定するのが「下り速度」というわけです。 一方、「 上り速度」はアップロードする時の速度をつかさどります。 具体的には、写真などをオンライン上にアップする、Eメールを送るといった場合の速度はこの「上り速度」が左右するのです。 ごく一般的なインターネットの使用方法を考えると、利用している回線が、いかになめらかで速度に問題がないかどうかは、主に「下り速度」がものを言うということが分かります。 下り速度が良ければ、ストレスフリーでネットが利用できる環境であると言えるでしょう。 レイテンシ(Latency)とは? 回線速度に加えて、このスピードメーターでは、 レイテンシを計測することが可能です。 レイテンシは、データの転送要求を出してから、データが送られてくるまでの通信の遅延時間を把握するために使用される指標です。 遅延時間を計る単位ですから、レイテンシが低ければ、「通信速度」が速い、レイテンシが高い場合は「通信速度が遅い」、となります。 レイテンシはレスポンスタイム(Response Time)やピン値(Ping値)とも呼ばれることもあります。 レイテンシには単位には、ms(ミリ秒)という単位が利用されます。 ジッター(Jitter)とは? ジッターは、電気信号の揺れやばらつきのことを指します。 ジッターも遅延時間の長さを計るものなので、値が高いと、通信がスムーズではない、値が高いとサクサク・なめらかである、ということです。 例えば、ビデオ電話などで、固まってしまったり、途切れてしまったりするならば、ジッター値が高いからかもしれません。 「通信速度の速い」インターネット回線とは? 今までで説明をした測定項目の結果が良ければ、「通信速度の速いインターネットである」と判断することができます。 下り速度が速い• 上り速度が速い• レイテンシが低い• ジッターが低い これらのうち1つでも、十分な値が出ていなければ、インターネット利用時のイライラの原因となります。 「インターネットが遅い!」と思ったら、ご自分の回線のうちどの項目にが問題あるのか、このスピードメーターで調べてみると良いでしょう。 毎日使うインターネット、どのくらいの数値ならOKと言えるの? スピードメーターがどのくらいの数値であれば、私の今の インターネット回線はサクサクとスムーズにインターネットが使えるものであると判断することができるのでしょうか? これは、ご自身のインターネットの使用のスタイルに大きく左右され、異なります。 インターネットの使用目的が、サイトの閲覧やオンラインで記事を読んだりする程度か、それとも、頻繁に音声や画像ファイルをダウンロードする、または、ストリーミングで頻繁に映画を観る、かによって必要とする速度は異なります。 自分のインターネットの使用スタイルを振り返り、 必要な速度を選ぶことが重要です。 ベストな環境における、論理的に出る、最高速度が提示されているとはいえ、この最大通信速度が高ければ、高いほど、実際にインターネットを利用するときに出る実効速度にも当然ながら影響を及ぼします。 しかしながら、他にも速度に関係する要素があります。 代表的なものは以下のようです。 NTT収容局から自宅までの距離(ADSL)の場合• 光回線の配線方式(集合住宅の場合)• プロバイダによる接続サービスのキャパシティー• 一本の光回線ケーブルが何人の利用者でシェアされているか インターネットの速度が遅いなと思ったら? 具体的な対策方法• 回転速度が遅い場合には取れる対策はいくつかあります。 ただし、原因や理由は複合的な場合もあり、すぐに原因をみつけることはできるかもしれませんが、以下にすぐにできるものも紹介していますので、試してみることをおすすめします。 周辺機器など、1つずつポイントを確認していきましょう。 それでも改善しない場合、はじめて回線を疑うことができるでしょう。 ルーターの電源を一度切る 電源を入れなおすことで、通信速度の問題が解消されることがあります。 ルーター(プロバイダーによってオリジナルの名称がついていることがあります。 )の電源を一度落とし、30秒ぐらい経ってからまたスイッチを入れてみましょう。 LANケーブルで直接つないでみる でインターネットをしている場合は、LANケーブルで直接パソコンをつないでみましょう。 無線でつないでいることによりインターネットが遅くなっているのかもしれません。 LANケーブルにつないでから、スピードテストでパフォーマンスをチェックしてみましょう。 測定結果に問題がないようであれば、Wi-Fiが理由、もしくはWi-Fiルーターの性能に問題がある可能性が出てきます。 Wi-Fiルーターのチャンネル設定を変える ネットのスピードが遅いと思ったら、Wi-Fiルーターの設定チャンネルを使用者の少ないものに変更してみましょう。 この方法は、住宅の密集しているエリアにお住まいの場合に有効です。 何人も同じWi-Fiチャンネルを利用している場合は、 速度低下の原因になっている可能性があります。 ご自身でルーターを購入して利用している場合、ご自身でルーターの管理画面に行きチャンネルの変更を行います。 ルーターのメーカーによって、手続きが異なりますので詳細は各人で確認していただく必要があります。 Wi-Fiルーターをレンタルしている場合は、各プロバイダーにWi-Fiチャンネルの変更が可能か否か、そして手続き方法について問い合わせる必要があります。 インターネットプロバイダーやサービスを変更する 色々試してみても、 インターネットの通信速度に満足できない場合やスピードテストを行った結果、数値が好ましくない場合は、プロバイダーの変更、または回線の種類の変更を積極的に考えてみた方が良いかもしれません。 すでに光回線の人は、の提供のあるプロバイダーにする、もしくはNTTのフレッツ光を使ったインターネットを利用している場合は、独自の光回線を使っている事業者に変える、と言った方法をとることができます。 フレッツ光以外の光回線(自社回線)を検討してみる ADSLを利用している場合は、光回線を検討してみる、すでにの光回線を利用している場合は、フレッツ光以外の光回線(やなど)を検討してみましょう。 いずれの場合も、お住まいの地域では、サービスの提供がない場合もあります。 まずは各サイトで今お住まいの地域が、サービス提供エリアに入っているかをまずは調べてみましょう。

次の

ドラクエ10通信速度目安 通信量とおすすめ回線

通信速度 目安

低速回線だと、1時間以上。 もし3GBのダウンロードがあると、低速だと10時間以上になって終わらない。 だから通信量の制限がなくて、最低でも10Mbps以上出るネット回線がいいでしょう。 今だとモバイル向きのポケットWi-Fiがあるので、スマホのパケット量を気にしなくてもいいのです。 今まで早かったのに、突然遅くなった。 これは本体や通信端末が不安定になっているから。 一度電源を落として、再起動するとなおります。 これで直らないなら、回線じたいかゲームサーバーがビジーで遅くなっているのでしょう。 無線だったら近くでプレイすると速度が上がります。 スクウェア・エニックス公式からは「LTEでもプレイできるが、Wi-Fi環境推奨」とあります。 ダウンロードが途切れたり、回線落ちやエラーが出にくいのはWi-Fiで高速回線があるとき。 ぐらいの通信速度があると安定します。 通信量の目安 3DS版ドラクエ10で職場から遊んでみた。 通信量は30分で約300MB。 diablo3のリモートプレイと比べるとかなり軽いようだ。 新型機のプレステやSwitchやPCならいいですが、スマホ版などは月間で3GBくらいになります。 だからスマホの無制限プランよりも、ポケットWi-Fi系の無制限プランのほうが安くなるのです。 アプリ本体のアップデートがあると、通信量は増えます。 多いときだと1GB~3GB。 少ないときなら数百MB前後でしょう。 大型アップデートのときは、スマホテザリングだと厳しい。 1回のダウンロードで3GBですぐに通信規制になってしまうことも。 スマホ版、3DS版のドラクエ10は特に通信量が増えやすいことがわかってます。 スマホアプリ版派要注意!余計にパケットを購入したり、月10GBや月30GBプランにすると費用が高くなります。 通信量を減らすにはプレイ時間を短くすること。 それはできない?ゲーマーだったら、やりたいときにパケットを気にせずにプレイしたいもの。 通信量の制限がない回線。 スマホの料金プランよりも安くてお得にできます。 アップデートがあると、ダウンロードが終わるまでプレイができない。 だからのような高速回線が必要。 だと、月間の通信量の制限なし。 Switch版やスマホ版のドラクエXにおすすめです。 速いネット通信回線はなに? 期間限定イベント、連休でやりこみしたい。 レベル上げやアイテム収集。 ドラクエXの通信速度を上げるには「専用の回線を使う」のがおすすめ。 WIMAXはバッテリー駆動で5~8時間前後使える。 スマホ版、Switch版、3DS版でプレイするには向いているでしょう。 WIMAXとドラクエ10では、通信量がポイント。 WIMAXは通常月間7GBまでは制限なし。 月7GBを超えると128kbpsと遅くなります。 しかしこの回線速度でもドラクエ10はプレイできるのです。 WIMAXはもうひとつ、「ギガ放題プラン」があります。 これは月間通信量制限がない。 3日間10GB制限はありますが、ふつうこの通信量を超えることはありません。 ギガ放題プランだとドラクエ10はじゅうぶんプレイできて、パケット量を気にせずにガンガンやりこみできるわけです。 WIMAXはホームルータータイプもあるので、据え置きの自宅用回線にもできます。 ポケットWi-Fiタイプだと、家でも外でも高速回線が使えて便利。 PS4版、Windows版を自宅専用でプレイするにもWIMAXでじゅうぶん。 工事や申込手続きがいらないので、すぐに使えるのがメリットです。 WIMAXと同じくらいの通信速度で、こちらはもともと月間の通信制限がありません。 縛りなしなので、ゲームプレイ時間が長いヘビーゲーマーにピッタリ。 ドラクエ10をスマホでプレイしたい。 そうすると予想より通信量が増えてしまって、キャリアの月間制限にかかってしまう。 どんなときもWi-Fiを使って通信していると、やりこみしても制限にはかからないのです。 オンラインゲームから動画視聴、LINEツイッターなどネット多用の人に向いてます。 遅延やタイムラグではけして好結果ではないですが、MMORPGやるならじゅうぶんなスペックを持っています。 特にスマホ版、Switch版の人におすすめ。 どんなときもWi-Fiも自宅専用にできるので、一人暮らしの賃貸派に向いています。 フレッツ光系の中でも「ドコモ光」はお得感とゲーム向き度があります。 IPV6や安定感のあるプロバイダがあるから。 ドラクエ10では、PS4版かPC版と利用機会は限られるのが残念。 スマホやSwitchでも、自宅でプレイするならドコモ光にもメリットはあります。 ドコモ光だと無線接続と有線接続のふたつが選べる。 無線だったら、SwitchでもAndroid、iPhoneでもどちらでも使える。 有線接続はプレステやパソコンのみになります。 ドコモ光だと通信量が無制限で、とにかく回線スピードが早いのがメリットです。 ダウンロードがサクサク終わる。 スマホにも使えて、スマホのパケット節約にもなる。 ゲーム用では、回線落ちやタイムラグが出にくいので、安定感を求めたいユーザーにおすすめ。

次の