名付け ヒント。 白から連想するイメージは?白を表す言葉から赤ちゃん・ペット名付けのヒントを!

赤ちゃん命名・名前辞典

名付け ヒント

宝石の和名が知りたいという方は意外と多いもの。 石・宝石好きの方はもちろん、赤ちゃんの名前を考える上で名付けのヒントにしたい方、キャラクター名・商品名や愛称といったさまざまな名前・ネーミング・命名の漢字を考える方… そんな皆様に役立つ宝石の和名・読み方、さらに宝石をイメージする漢字をピックアップして一覧にしてみました。 誕生石の和名については、 石言葉も含めて名付けの連想のヒントも添えていますので参考にしてみてくださいね。 誕生石に使われている宝石の和名一覧 1月 柘榴石(ざくろいし):ガーネット 植物の「ざくろ」を意味する語源から、和名でも柘榴石と呼ばれています。 赤系統のガーネットは古来から愛されています。 石言葉の「真実」「友愛」の方が名付けの連想には使いやすそうですね。 2月 紫水晶(むらさきすいしょう):アメシスト 水晶の中でも気高い美しさを誇るアメシスト。 紫は古来から高貴な色とされています。 「紫」「晶」、また石言葉の「誠実」も名前に活かせそうな字です。 3月 藍玉(あいぎょく):アクアマリン/珊瑚(さんご) 海の水を意味するアクアマリン。 「藍」や海に関する言葉、石言葉の「幸福に満ちる」も名付けのヒントになりそう。 また「珊瑚(さんご)」も3月の誕生石です。 4月 金剛石(こんごうせき):ダイヤモンド 最強の硬度と美しい輝き、宝石の王様として愛されるダイヤモンドの和名は「金剛石」。 力強い響きですね。 石言葉「純真無垢」からの連想も良さそうです。 参考: 5月 翠玉(すいぎょく):エメラルド/翡翠(ひすい) 「翠」は「みどり」。 美しい緑色のイメージは5月にぴったり。 エメラルドは「幸運と幸福」、翡翠は「健康と繁栄」が石言葉です。 参考: 「月」やムーンストーンの「青白い光」のイメージも美しいですね。 7月 紅玉(こうぎょく):ルビー 美しく赤い宝石、ルビー。 「紅」の文字も印象的です。 情熱的なイメージからの連想や、石言葉「慈しみ」から「慈」を使う案も。 8月 橄欖石(かんらんせき):ペリドット 橄欖…他では見ない漢字ですね。 オリーブの誤訳で、深緑色(オリーブ色)のカンラン石のうち宝石として扱われるのがペリドットです。 人名には使いにくい字なので、ペリドットの緑色から連想するか、石言葉の「幸せ」「(夫婦間の)愛」から考えてみても。 9月 蒼玉(そうぎょく):サファイア 青い宝石の代表、サファイア。 人気の高いパパラチアサファイアはオレンジ系のピンク色で、パパラチアは「蓮」の意味。 石言葉「誠実」「愛情」も参考に。 10月 蛋白石(たんぱくせき):オパール/電気石(でんきいし):ピンクトルマリン オパールとトルマリンは意外な和名に驚きます。 や石言葉「幸福」「希望」、トルマリンの石言葉「広き心」「思慮深さ」からの連想はいかがでしょう。 11月 黄玉(おうぎょく):トパーズ/黄水晶(きずいしょう):シトリン 黄色のイメージが強い11月の誕生石。 実際にはトパーズにはさまざまな色があります。 石言葉はトパーズが「希望」「友情」、シトリンも「友愛」「希望」と似ていますね。 12月 トルコ石:ターコイズ/瑠璃(るり):ラピスラズリ 12月の誕生石は青のイメージ。 ターコイズの石言葉は「成功」「繁栄」です。 瑠璃はそのまま名前に使う案も。 宝石独特!「瑪瑙」の読み方は?…宝石の和名一覧 誕生石以外で、特徴のある宝石の和名をご紹介します。 ちなみに「 瑪瑙」の読み方は「 めのう」。 断面が馬の脳に似ているという意味から来ているとか!宝石でしか使わないような漢字で、見ているだけでも面白いですよね。 和名には、漢字の意味から宝石・鉱物の特徴を理解しやすいというメリットもある場合があります。 お気に入りの石の和名をチェックしてみましょう。 主な宝石の和名と読み方をおおよその硬度順で一覧にしてみました。 宝石全般をイメージする漢字とは? 最後に、宝石の和名から名付けを考えている方のヒントに。 宝石の持つ美しい魅力そのものをイメージできるような漢字をピックアップしてみました。 【 宝石全般をイメージする漢字の例】• 宝石の輝きや明るさ、透明感…「輝、煌、光」「明、晶、透」• 宝石の純粋さや強さ…「純、真」「原、源」「堅、鋼、剛」• 宝石の気高さや華やかさ…「高、貴」「瑛、英、華」「麗、玲」 以上は参考例ですが、組み合わせや読み方も含めて、さまざまな名前のアイディアを考えてみてくださいね。 POINT• 宝石の和名、色やイメージ、石言葉は名付け、ネーミングなどのヒントに。 宝石独特の個性的な和名は面白い。 鉱物の特長を理解しやすいメリットも。 宝石から「輝」「貴」などさまざまなイメージを連想してみよう。 【参考記事】「誕生石」についてはこちらの記事でより詳しく紹介しています。 【お子様の名付けに関心がある方へおすすめの本】.

次の

伊集院光さん×ナンジャモンジャ:名付け当てキャンペーン

名付け ヒント

海をイメージする名前には魅力がたくさん 名付けはママとパパからわが子への最初のプレゼント。 一生その名前とともに成長していくので、素敵な名前を付けてあげたいですよね。 赤ちゃんの名前を付けるときに考えることは、響き、字画、姓とのバランスなどさまざまあります。 何が決め手になるかは人それぞれですが、赤ちゃんの将来を夢描いて名前を夫婦で話し合っているときは、幸せなひとときですよね。 命名本を参考にする人もいますが、イメージから子供の名前を考える人もたくさんいます。 たとえば「花の名前にしたい」や、「冬生まれだから冬っぽい名前にしたい」など。 そんな名付けのなかで「海」も人気のイメージです。 海と言えば、みなさんはどんなイメージを思い描くでしょうか。 どこまでも続く広い海 外国と繋がる海 青く澄んだ海 白い砂浜ときれいな海 深く神秘的な海 など挙げ出したらきりがありませんね。 これらの海のイメージから、「広い心を持った子になってほしい」、「愛情深い子に育ってほしい」、「世界で活躍してほしい」などの願いを込めて名付ける人が多いようです。 また、海には夏のイメージが強く、夏生まれの赤ちゃんにもよく付けられているようです。 爽やかなイメージも、海っぽい名前の魅力!サーフィンが趣味や、海が大好きというパパやママからも人気がありますよ。 海がイメージされる名前の漢字はたくさん 海がイメージされる漢字をいくつかご紹介しましょう。 たくさんあるので、使えそうな漢字がきっと見つかりますよ。 あらためて、「これってそんな意味なんだ~」と知らなかった漢字もあるかもしれませんね。 海そのものをイメージする漢字 海・波・水・潮・洋・浪・澄・青・碧・蒼・汐・渚・清・潤・湘・瀬 海に関連するものをイメージする漢字 港・湊・浜・砂・船・舟・浬・帆・沙・航・舵・岬・沖・凪 さんずいが付くものは水をイメージでき、海っぽい名前に使えそうなものがたくさんありますね。 海に関連する船や港なども、海っぽい名前にぴったりです。 海がイメージの漢字の名前の由来はどんなものがある? 先ほど紹介した海をイメージする漢字たち。 いったいどんな由来がある漢字なのでしょうか。 いくつかピックアップして、意味と名付ける願いを調べてみました。 海 意味 海という漢字には、そのまま「うみ」という意味がありますが、他にもあるんです。 豊かに集まっている・度量が大きいなどの意味を持っています。 名付けでの願い 心の広い人になってほしい・愛情深く育ってほしい・周りに人が集まるような人になってほしという思いが込められているようです 波 意味 波という漢字には、「小さな波」という意味があります。 波が起こることによって、きらきらと輝く水面が浮かびあがるという大きな解釈が名付けではされていることも。 名付けでの願い きらきらと輝く人生を歩んでほしいという思いが込められているようです。 洋 意味 海よりもさらに、大きな海を意味する漢字です。 太平洋や大西洋からも分かりますよね。 西洋・東洋でも使われ、広い世界や外国をイメージすることも。 名付けでの願い 包容力のある大きな心を持った人に育ってほしい・世界で活躍する人になってほしいという思いが込められているようです。 澄 意味 水が透き通っている様子を表す漢字です。 清らかであることを意味しています。 名付けでの願い 純粋な心を持ったまま育ってほしい・素直な子になってほしいという願いが込められているようです。 汐 意味 「うしお」を意味していて、夕方の海の満ち引きを指す漢字です。 夕焼けのきれいな海が連想されますね。 また角ばったところが少なく、やさしい印象を与えてくれる漢字です。 名付けでの願い 美しい子に育ってほしい・心穏やかで優しい子になってほしいという思いが込められているようです。 湊 意味 「港」を指す漢字ですが、水や人・物が集まるところという意味を持っています。 名前に使えるようになったのは、2004年から。 ママやパパ世代が赤ちゃんの頃にはまだ使われていなかったんですね。 名付けでの願い 社交的な人になってほしい・友だちがたくさんできますようにといった思いが込められているようです。 帆 意味 風を受ける船の布を表す漢字。 帆船が進む原動力となるものです。 順風満帆という熟語にも使われていますね。 名付けでの願い これからの人生を元気に歩んでほしいという思いを込めて付ける人が多いようです。 沙 意味 「砂」という意味がある漢字。 砂のなかでも、水辺にあるような目の細かい砂を指します。 また、水で洗い流し悪いものを取り除くという意味も。 名付けでの願い 悪いものを見極め、素敵な人生を進んでいってほしいという願いが込められているようです。 航 意味 船が海を渡っていく様子を表す漢字です。 航海や渡航といった言葉に使われていて、新しい人生を進むという意味にも解釈されています。 名付けでの願い 世界に羽ばたいてほしい・広い世界を自由に歩んでほしいといった願いが込められているようです。 紹介した漢字以外にも、たくさんの海を連想させる漢字がありますよね。 それぞれの漢字の意味を調べてみたら、心に響くものが見つかるかもしれませんね。 海をイメージする人気の名前~男の子編~ 元気いっぱいに育ってほしい男の子にぴったり。 海をイメージする名前を20ピックアップしました。 かい 海(9画):海が大好きなんだろうなと、すぐに思ってもらえる漢字ですね。 一文字の名前を付けたいと思っているママとパパにぴったり。 海生(14画):一文字ではなく、二文字がいいという人におすすめ。 海の男というイメージにぴったりの名前です。 海唯(20画):唯は、唯一無二などに使われ、そのものだけといったイメージがある漢字。 唯一無二のわが子にぴったりですね。 かいせい 海星(18画):きらきらと輝く星のように輝いた人生を送り、海のような大きな心を持った子に育ってほしいとの思いが込められていそうです。 海生(14画):まさしく海に生きるという意味が込められそうな名前。 たくさんの人生を生き生きと過ごしてほしいという気持ちが込められます。 海成(15画):立派に成し遂げる、平和などの意味を持つ成。 大きな心で、立派に成長してほしという気持ちが伝わっていきます。 海晴(21画):晴れ渡る海をイメージできる名前。 晴は男の子にも女の子にも、明るいイメージがあり人気の漢字です。 海聖(22画):聖には賢く徳があるや、最高に優れているなどの意味があります。 子供に一つの道でも優れた人になってほしいと願って、名付けてみてもいいかもしれませんね。 海誠(22画):まことの心という意味を持つ誠。 大きな心を持って素直に育ってほしいという思いが込められていそうですね。 海の人なら、海を思いっきりイメージした名前になりますね。 北斗七星から星のイメージもあり、漆黒の夜の海に光り輝く星空を想像できそうですね。 海翔(21画):かけるという意味がある翔は、将来大きく羽ばたいてほしいとの願いを込めて名付ける親が多いようです。 広く大きく翔けてくれそうなイメージがありますね。 海音(18画):音という漢字は女の子に付けることが多いですが、「かいと」という響きなら男の子にも。 海飛(18画):広い海の空を飛び回るといったイメージがある漢字。 広い空を飛び回るように、人生も充実させてほしいという願いが込められそうですね。 海都(20画):都には大きな都市という意味の他に、たくさんのものを一つにまとめるという意味もあります。 たくさんの人々に囲まれ、中心となれるような男に育ってほしいという思いが伝わりそう。 海という漢字を使わなくても、「かいと」という響きには帆船を連想させる効果も。 快人や凱斗という字でも、海好きの人にはおすすめですよ。 かいり 海里(16画):里は名前の漢字で人気があります。 女の子に付けるイメージもありますが、「かいり」という響きなら男の子にもぴったり。 海浬(19画):海の距離を測る意味がある漢字。 どこまでも続く海に、これからの長い素敵な人生を重ねて名付けてみては。 海李(16画):李はすもものこと。 春に白い花が咲くので、春生まれの男の子にぴったりかもしれませんね。 海光(15画):光り輝く海というイメージ。 大きな海のように広い心と、光り輝いた人生を歩んでほしいという思いが込められそう。 海凛(24画):凛としたたたずまいといった使われ方をする凛。 りっぱに育ってほしいという思いを込めてつける、「かいり」にぴったりです。 ひろみ 大海(12画):大きな海を表してくれるひろみですね。 海が大好きな親から生まれた子供にぴったりかも。 博海(21画):博識に使われることからも、知識が豊富などの意味で名付けに人気です。 たくさんの知識を吸収し、広い視野を持ってほしいという思いが込められていそう。 洋三(12画):3番目の海という意味になる名付け。 3男や第3子にぴったりかもしれませんね。 こう 航(10画):船が進む様子を表す航。 広々とした海を自由自在に航海する様子が連想されますね。 漢字一文字にしたいなら、「こう」という響きはおすすめです。 滉(13画):水が深く、広い様子を表す滉。 広い心を持った子に育ってほしいという思いが込められていそうですね。 こうせい 航晴(22画):晴れ渡る海を自由に駆け巡るように、人生を歩んでほしい。 そんな思いが込められていそうですね。 航成(16画):航海を成し遂げるという意味が込められそうな漢字ですね。 長い人生、何かを成し遂げてほしいという願いが叶いそう。 ひろと 洋人(11画):大きな海を表す洋と人。 心の大きな人に育ってほしいと願って名付けられいそうですね。 洋仁(13画):仁は名付けで人気がある漢字です。 人を表し、愛情などの意味もあります。 やさしい心の子に育ってほしいと願うママやパパにおすすめの漢字です。 海翔(21画):海を翔けるという漢字は、自由に大胆な人生を歩んでくれそう。 「かいと」でも「ひろと」でも、どちらにも使える漢字です。 たくみ 拓海(17画):拓には、ひらいていくという意味があり、人生を自ら切り開いていってほしい思いを込めて名付けるのに人気の漢字です。 匠海(15画):大工の師匠を表す匠。 何か一つの道をきわめてほしいという思いが込められていそうですね。 卓海(17画):卓越という熟語にあるように、ひときわ抜き出たという意味がある卓。 広い世界のなかでも、何か抜き出た才能を開花させてもらいたいですね。 みなと 湊(12画):漢字一文字でみなとと名付けるのに人気。 多くのものが集まってくることを表していますよ。 湊人(14画):二文字でみなとと名付けるなら、後ろに付ける漢字で個性や親の願いを込めてみてもいいですね。 湊士(15画):成人した男という意味がある士も、いいかもしれません。 かっこいいイメージの名前になりますね。 その他にも、飛・斗などが付けれそうです。 海凪斗(19画):三文字で付けたい人には、こちらはいかがでしょうか。 凪には風がとまっている様子の意味があり、静かな海が連想されそうですね。 海那都(27画):那にはたくさんのものがあるという意味があります。 都といっしょに使えば、周りにたくさんの人が集まってくるような人になってほしいという願いが表れますね。 りゅう 琉海(20画):琉球から南の海がイメージされる琉。 海と合わせてりゅうと読めば、青く澄んだ南の海が連想されそうですね。 ようた 洋大(12画):広い海と大きいという意味の漢字が合わさった名前。 広い視野と大きな心を持った子に育ってほしいという願いが込められていそうですね。 洋太(13画):太には、豊かであるという意味があります。 豊かな人生を歩んでほしいという思いを込めて名付けてみてはいかがでしょうか。 よういちろう 洋一郎(19画):三文字の漢字なら、「よういちろう」はいかがでしょうか。 郎は男の子に付ける名前で人気の漢字です。 洋一朗(20画):「ろう」と言えば、2つ思いつきますよね。 朗はほがらかという意味があり、やさしい子に育ってくれそうですね。 そうた 湊大(15画):湊に一文字足して、「そうた」と読む名前が付けらますね。 大ならみなとのように心が大きな人に育ってほしいという思いが込められそう。 壮舵(17画):船が好きという人は、舵を使った名付けもいいかもしれません。 人生の舵をしっかりとにぎってほしいという願いがありそうですね。 ひろあき 洋明(17画):明にははっきりとするという意味があり、男の子の名前に人気がある漢字です。 自分の意志をはっきりと持った子に育ってくれそう。 洋晃(19画):晃はひかりを表す漢字ですが、四方に広がるひかりという意味があります。 広い世界をどこまでも光り輝かせる存在になってほしいという願いが込められそうですね。 洋章(20画):ひとまとまりを表す章。 広い海を表す洋と合わせて名付ければ、広い海をまとめることを意味しそう。 広い世界で活躍し、みんなをまとめる存在になってほしいですね。 たいよう 大洋(12画):大きな海をそのまま表せる大洋。 海が大好きなパパやママから愛される子供にぴったりの名前ですね。 太洋(13画):太という字もおすすめ。 豊かな人生を歩んでほしいという願いが込められていそうです。 泰洋(19画);泰には、おおらかでありゆったりとしているという意味があります。 おおらかで、心に余裕がある子供に育ってくれそうですね。 やすひろ 泰洋(19画):おおらかを表す泰と、広い海を意味する洋を合わせたら、心の広い子に育ってくれそうですね。 康洋(20画):健康の康には、じょうぶという意味があります。 大病をせずに、健やかに育ってほしいという思いが伝わってきそうです。 靖洋(22画):静かであることを表す靖。 漢字の中に青という文字があり、青く広い海を連想させてくれますね。 わたる 航(10画):どこまでも広がる海を進んでいくように、長い人生を自ら切り開いて歩んでほしいという思いが込められていそうですね。 航琉(21画):琉球の琉から南の海を連想できそう。 きれいな海を進むように、素敵な人生を歩んでいってほしいですね。 あお 碧(14画):青く澄んでいるようすを表す碧。 きれいな海をイメージした素敵な色です。 色で海に関連する名前を付けたい人におすすめの漢字です 碧生(19画):二文字の名前を付けたい人には、生を足した「あお」がおすすめです。 きれいな海のように澄んだ心で育ってほしいという願いが込められそう。 せな 世波(13画):世には代々伝わっているや、世界といった意味があります。 世界を波のように駆け巡って活躍してほしいという願いが込められていそうですね。 世凪(11画):風がやんでいることを意味する凪と合わせれば、波とは違い静かなイメージになりますね。 星波(17画):輝く星空と、心地よい波の音が連想される「せな」です。 きらきらと輝いた人生を歩んでほしいという願いが込められていそう。 汐凪(12画):夕方の海と風がとまった静寂がイメージできる「せな」。 心穏やかな子に成長していってくれそうですね。 海をイメージする人気の名前~女の子編~ 元気いっぱい、日焼けといったイメージがある海ですが、かわいい女の子にもぴったりの響きや漢字の名前がありますよ。 人気の名前を20ピックアップしました。 ななみ 七海(11画):七つの海を意味する漢字です。 ラッキーセブンである7を付けることで、幸せな人生を送ってほしいという願いが込められていそうですね。 七々海(13画):三文字にしたいなら、こちらのななみもいいですね。 七波(10画):海ではなく波も、ななみにはおすすめ。 水面を光輝かせる波のように、きらきらとした人になってほしいという思いが込められていそうですね。 奈々海(25画):ママの名前に奈という漢字が付いているなら、奈々海はいかがでしょうか。 ママの名前から付けたんだよ~といつかお話ししたいですね。 なつみ 夏海(19画):海が大好きな両親の夏生まれの赤ちゃんにぴったり。 夏の光を浴びて、元気はつらつと育ってくれそうですね。 菜都海(31画):画数は多くなりますが、都を使うのもおすすめ。 たくさんの人に愛される子に育ってほしいという願いが込められそうですね。 うみか 海佳(17画):形や質がいいものという意味がある佳は、名付けに人気。 広い心と善悪を見極められる子に育ってくれそうですね。 海叶(14画):叶が付いた名前は、子供の夢が叶いそう。 大きな夢も努力して実現できる子になってほしいという願いが込められそうですね。 愛海(22画):海を愛するという意味がそのまま名付けられますね。 広い心を持って愛に溢れた人生を送ってくれそう。 なるみ 鳴海(23画):鳴には、名声が世の中に鳴り響くといった意味があります。 世界中に名声が広く伝わるような子に育ってほしいという思いが込められそうですね。 成海(15画):成功に使われる漢字には、いい印象を持つ人が多いですね。 広い世界で成功してくれそうな気がします。 かほ 佳帆(14画):形や質がいいという意味がある佳。 良識のあるいい子になってほしい、帆を広げるように人生を歩んでほしという思いが込められそうですね。 夏帆(16画):夏生まれの女の子にぴったりの漢字。 大海原を進むように、人生も広い視野でのびのびと生きてほしいという思いがありそうです。 栞帆(16画):栞は女の子の名前でも人気がある漢字です。 「かほ」という響きにぴったり。 栞には、目印という意味がありますよ。 はる 波瑠(22画):響きとしては春をイメージしますが、漢字次第でぐっと印象が変わりますね。 瑠璃色の瑠は、女の子の名前に人気の漢字です。 波琉(19画):琉球の一文字を使えば、ぐっと海っぽい名前になります。 元気いっぱいなイメージがしてくる名前です。 なぎさ 渚(11画):響きだけで青い海をイメージできる名前です。 漢字一文字ですっきりとした印象もおすすめ。 凪紗(16画):繊細なイメージがある紗を合わせるのもいいかもしれません。 やさしい女の子に育ってくれそうですね。 凪咲(15画):咲も女の子に人気の漢字です。 花がきれいな春生まれの子に付けることが多いですが、「なぎさ」ならどの季節生まれの子にもぴったり。 渚珊(20画):海をイメージする漢字に珊瑚もあります。 きれいな海を連想させる漢字は、清らかな子に育ってほしいという思いが込められていそうですね。 あみ 亜海(16画):美という漢字の「あみ」が多いように感じますが、海にすれば、すっかり海のイメージの名前になりますよ。 彩海(20画):色とりどりの海。 たくさんの経験を積んで、素敵な人生を送ってくれそうな名前ですね。 愛海(22画):「まなみ」とも読めますが、「あみ」にもおすすめの漢字です。 海を愛するパパとママの子供にぴったり。 みなみ 三波(11画):サーフィンが大好きなママやパパなら、波を連想させる名前はいかがでしょうか。 将来は家族でサーフィンを楽しみたいですね。 岬波(16画):漢数字以外で名付けたいなら、岬もおすすめです。 どちらの漢字からも海が連想されますね。 湊海(21画):こちらも、海をイメージするのにぴったりな漢字二文字。 広い世界で、周りに自然と人が集まってくるような人望が厚い子に育ってくれそうです。 心海(13画):「ここみ」とも読めますが、「みなみ」にも。 海のように広い心を持った子に育ってほしいという思いが込められていそうです。 さなみ 小波(11画):小は女の子の「さ」という響きに人気の漢字です。 大波とは違い、穏やかな印象の小波。 穏やかでやさしい子に育ってほしいという思いが込められていそうですね。 沙奈美(24画):海をイメージする漢字である沙を用いた名前です。 名前の響きに「なみ」が含まれているので、海っぽい印象があります。 沙那海(23画):海を連想する漢字がたくさん。 那にはたくさんあるという意味がありますが、那覇に使われていることもあり、南国をイメージしやすい漢字です。 ちほ 千帆(9画):たくさんの風を受けて走ることをイメージする漢字です。 たくさんの人や愛に触れて、人生を歩んでほしいという願いが込められていそう。 智帆(18画):物事を正しく理解するという意味がある智。 多くのもののなかから、自分に合った正しい物を導き出せる子に育ってくれそうですね。 みさき 海咲希(25画):響きだけで海をイメージできる名前ですが、海を付けてもいいですね。 海に咲く珍しい花。 かけがえのないわが子にぴったりの名前です。 美沙季(24画):美は女の子の名づけに人気の漢字です。 みさきという響きと、沙という漢字を用いることで、海のイメージがある名前になりますね。 おとは 音波(17画):海の美し音色を連想させる漢字です。 周りに幸せをもたらせるような、やさしく素敵な女の子に育ってほしいという願いが込められそう。 乙波(9画):乙姫にも使われている乙は、女の子の名付けで人気の感じです。 女の子らしいイメージと波が合わさって、周りをやさしく包み込む包容力のある子に育ってくれそう。 さえ 沙笑(17画):よく笑い、悪いものをはねのける力のある子に育ちそうな名前です。 周りも幸せにする笑顔溢れる子に育ってほしいという願いが込められていそう。 砂絵(21画):白い砂浜が大好きなママやパパにおすすめの漢字です。 そのままでは…と思うなら、砂を沙にしてもいいかもしれませんね。 砂英(17画):ひいでているや、うるわしいという意味がある英。 たくさんのもののなかでも、芽を出す優れた人になってほしいという願いが込められそうですね。 ありさ 愛里沙(27画):「あ」と「り」にさまざまな漢字が当てはめられます。 ママから一文字もらって名付けるのもおすすめです。 「さ」は砂にしてもいいかもしれません。 侑沙(15画):相手をたすけるという意味がある侑。 人を助けられるやさしく広い心をもった女の子に育ってくれそうですね。 まりん 真凛(25画):響きだけで海を連想できる名前に、好きな漢字を当てはめてもいいかもしれません。 凛は男女ともに人気が出ている漢字です。 綺海(23画):綺には華やかという意味があります。 響きだけでなく海をイメージする漢字を使いたいなら、綺海はいかがでしょうか。 あまね 海音(18画):心癒される海の音が連想される漢字です。 周りのみんなを癒すような存在になってほしいという願いか込められていそうですね。 ほまれ 帆希(13画):誉れ高いというイメージがある「ほまれ」。 意志の強い女の子に育ってほしいという思いを込めて、名付けてみてもいいかもしれませんね。 はな 波奈(16画):女の子の名前の響きで人気がある「はな」。 果樹を表す奈も女の子らしい漢字で人気があります。 波のようにきらきらとした女の子に育ってくれそうですね。 晴波(20画):元気いっぱいな女の子のイメージがある漢字です。 快晴の気持ちいい海が連想されますね。 春波(17画):春生まれの女の子に、海を連想させる名前を付けるのにぴったりの漢字です。 穏やかな春の海のように、心やさしい女の子に育ってくれそう。 しおり 汐莉(16画):潮の響きを含む「しおり」。 汐の漢字を使えば、女の子にもぴったりです。 白い花を咲かせるジャスミンの花を意味する莉は、かわいらしさがあり女の子の名付けに人気です。 汐栞(16画):栞は一文字だけでも、「しおり」を意味してくれますね。 そこに汐を足せば、海をイメージする名前に。 夕方の海のように、はかなさがある可憐な女の子に育ってくれそうですね。 気になる名前はありましたか。 たくさんの名前をリストアップしましたが、ファーストインプレッションも大切にしてみてくださいね。 出産して赤ちゃんの顔を見て、パッと名前が決まったという声も多いので、いくつか候補を挙げておいて、産後に決めてもいいかもしれませんよ。 文/大関杏奈.

次の

ハリネズミの名前決めにお困りの方へ! ハリネズミの名付けのヒント

名付け ヒント

この言葉は、「非常に白い」という意味で使われます。 実際の使用例としては、例えば「彼女は挙式当日、純白の美しいドレスを着ていた。 」などがあります。 この言葉を使うと、頭の中に瞬時に白という色から連想する美しいイメージが浮かびます。 具体的には、例えば「先週からの大雪の影響で、自宅周辺は急に真っ白な雪に覆われてしまった。 」などがあります。 この言葉は、口語でも気軽に使える言葉なので便利です。 何かの色や様子がとても白い、と描写したい際に活用してみてください。 これは、「心が清らか、ピュア」という意味を持ち、またそのイメージを連想させる言葉です。 例えば、「彼女は昔から純粋そのもので、恋愛に対してもとても慎重だ。 」などの形で活用できます。 また、この言葉は、「疑いのない、正義感の強い」というイメージも連想させます。 例えば、「彼はその裁判で身の潔白を訴えた。 」などの形で使用できます。 この言葉からは、「透き通ったように白い」という色のイメージが連想されます。 例えば、「彼女の肌は本当に透き通っていて、健康な肌そのものだった。 」などの形で活用できます。 受け手にかなり透明感のある色のイメージを連想させます。 この名前は、男の子の赤ちゃん向けの名前となっています。 総画数は17画で、白という漢字が入ることで、「清らか、正しい」というイメージが連想されます。 姓名判断的にも中吉で、どこか今風なかっこいい男の子の赤ちゃん、という響きがありますね。 これは、「白」の部分を音読して「あき」と読む、男の子の赤ちゃん向けのものとなっています。 こちらも姓名判断で中吉とされており、響きにもどこか柔らかさがあるので、赤ちゃんにもぴったりの名前と言えるでしょう。 次にご紹介するのは、「智白(ともあき)」です。 これは、「白」の部分を音読して「あき」と読む、男の子の赤ちゃん向けのものとなっています。 こちらも姓名判断で中吉とされており、響きにもどこか柔らかさがあるので、赤ちゃんにも向いている名前と言えるでしょう。 「翔」という漢字も使われているので、どこまでも遠くへ羽を広げていくイメージが連想されます。 これも姓名判断で中吉なので、白と言う漢字が入った名前を考えている方は検討してみると良いかもしれません。 この名前は、16画と字画的にも大吉とされており、どこか女の子らしい響きもあって素敵です。 「白」という漢字にこだわった、女の子らしい音の響きを持つ名前の候補を探している方は、ぜひ検討してみましょう。 これは、字画的には中吉とされれいる名前で、主に女の子向けの名前として使用されます。 男の子の「琥珀」とはまた違う漢字を使っていて、より女性っぽい雰囲気のある名前の候補となっています。 「白」が入ることで、清らかで明るいイメージもありますね。 雪は元々、白いイメージを連想させるものなので、これにちなんで、ペットでも白くて小さな動物につけることが多いでしょう。 ペットの男の子、女の子どちらの性別にも使用できる、素敵な名前の候補ですね。 これは、英語で「雪のように真っ白な」という意味を表します。 例えば、ペットの中でも真っ白な色の毛を持つペットに付けてあげると、イメージともぴったり合って満足いくでしょう。 ぜひ大切なペットの名前候補として検討してみてください。 この言葉は、外国語・英語で「真珠」という意味を表します。 普通、真珠と言えばアクセサリーなので、この言葉はどちらかと言うと、女性向けというイメージがあります。 従って、女の子のペットにつけてあげると良いですね。 この言葉は、バニラ独特の甘い香りや甘い味を連想させます。 従って、この名前もペットに付けるならかわいい女の子のぺットに付けてあげるのがおすすめです。 「バニラちゃん」という響きも、とてもかわいいですよね。 この名前も、マシュマロのイメージ通り、白くて柔らかく、甘いというイメージを連想させます。 ペットに付ける場合、このイメージと同じ、小さくて白く、かわいい動物に付けてあげると良いですね。 こちらもぜひ検討してみましょう。 不思議と、同じ意味の「白」と言った場合と「ホワイト」と言った場合では、受け手に与えるニュアンスが違ってきます。 ちなみに、この言葉はペットの名前や、自分の持ち物に対して活用される例が多々あります。 これも、イタリア語で「白」という意味を表します。 この言葉は、珍しい響きではあるものの、覚えやすい響きでもありますので、お店の名前などの候補として考えるのもおすすめです。 この言葉は、ほとんど聞いたことがない人が多いと思うので、何かにユニークな名前を付けたい場合などに使用してみましょう。 相手に強い印象を残せること間違いなしでしょう。 白色を表す言葉から赤ちゃんやペットの名前のヒントを得よう! 日本語のもの、外国語のものを含め、白を表す言葉、そして白色のイメージを連想させる言葉には沢山のものがあります。 例えば「真っ白」、「純粋」などの言葉は普段あまり意識せずとも、日常生活の中でかなり使っていることでしょう。 白を表す言葉は、かなりの数あるのに加え、響きも美しいものが多いので、名前の候補としても取り入れやすいと言えます。 あなたも、この記事内容を参考にして、白色を表す言葉から赤ちゃんやペットの名前のヒントを得てみてくださいね。 下記関連記事では、「白い服が好きな人の心理10選!」を分かりやすくお伝えしています。 白色の具体的なカラーイメージから、心理的効果についても詳しい解説があります。 白にまつわるイメージや、いつも白い服を着ている人の心理について知りたい方は、ぜひこちらの内容も合わせてチェックしてみてくださいね。

次の