地下 の 丸 穴 その後。 「庭に巨大な穴を掘った男、近所から羨望の眼差しで見られることに」抜粋記事|「次へ」を斬る!

コンクリートの丸いくぼみの正体と、Pコン穴(セパ穴)を使ったフックのご紹介!

地下 の 丸 穴 その後

都市伝説と流布 [ ] この都市伝説によれば、の無名の場所で「アザコフ氏」と名乗る人物が率いるロシアの技術チームが、地下14. 4キロメートル(8. 9マイル)の穴をあけて空洞に突破したという。 この予想外の発見に興味を持ったチームは、他の観測装置と共に耐熱性のあるマイクを穴に降ろした。 しかし、地中深くで録音されたという「声」は後に様々な効果音をループさせたもので、また1972年の映画「」のサウンドトラックとして判別されることが後に分かった。 ソビエト連邦は実際に地下15キロへの掘削を目指す科学プロジェクトを行っていたが、それはシベリアではなく、ノルウェーとフィンランドとの国境を共有するで行っていた。 「(Cola Superdeep Borehole)」と呼ばれるその穴は1989年に12,262メートル(40,230フィート)の深さに達し、いくつかの興味深い地質情報が発見された。 しかしそのプロジェクトの報告の中に超自然的なものへの遭遇は無かった。 後、このプロジェクトは1995年で終了している。 手紙の著者にコンタクトを取った時、Buhlerは、1989年7月にその物語を印刷したVaeltajatというフィンランドのキリスト教のニュースレターに出てくる物語から描いたものであることを発見した。 ニュースレターの編集者は、その起源がJewels of Jerichoという、であった。 ここで、Buhlerはそれ以上の起源の追跡をやめた。 間もなくアメリカのタブロイドがこの物語を掲載し、上のさまざまなサイトに音声ファイルが表示され始めた。 物語のセンセーショナルな反響は今、YouTubeでも見つけることができる。 通常、前述の映画バロン・ブラッドの効果音が特徴とされている。 TBNの関わり [ ] 物語は、最終的に地獄の文字通りの存在を証明すると主張している、アメリカのキリスト教のトリニティ放送ネットワーク TBN へとつながった。 RandalenはTBNが費用を負担することで物語を増やすことにした。 Rendalenは元々物語を信じていないと主張していたが、ノルウェーに戻ってから物語の実際の説明を読んでいたと主張した。 Rendalenによれば、その物語は、呪われた井戸の存在は本物だと主張しただけでなく、のような妖精(のやによる最近の )は、ロシアの空を横切る痕跡を吹き飛ばすためにそこから立ち上がったという。 このいたずらを続けるために、Rendalenは意図的に地元の建築検査官に関するノルウェーの小さな記事をその話に誤って翻訳し、元のノルウェーの記事と英語の翻訳の両方をTBNに提出した。 Rendalenは、自身の本名、電話番号、住所だけでなく、いたずらを知っていた牧師の友人のものも含めて、検証を求める人に公開することに同意した。 しかし、TBNはRendalenの主張を検証することは何もせず、元の物語の正当性を証明するものとしてその物語を放映した。 別バージョン [ ] その宣伝の後、この物語の多くの別バージョンが出版された。 1992年、アメリカのタブロイドウィークリー・ワールド・ニュースは、サタンが地獄から轟き去った後に13人の鉱夫が殺されたアラスカ州の物語の代替版を出版した。 脚注 [ ].

次の

コンクリートの丸いくぼみの正体と、Pコン穴(セパ穴)を使ったフックのご紹介!

地下 の 丸 穴 その後

氏の主張とは次のようなものである。 「地球は太陽のエネルギーを浴びて一旦熱で溶岩のような状態になり、冷却された表面が現在の地殻が形成、現在の状態になった。 更にその後も、地殻の下はガス状態で沸騰を続け、熱されたガスが膨張、地球内部には巨大な空洞が形成された。 しかし膨張に耐えられなくなったガスは、地球に穴を空けて噴出した。 」つまりそれこそがこの写真に写された南極と北極の穴なのだろうか。 確かに、ネヴォリン氏は、地球内部は完全な空洞であり、その中心には内部に蓄積された太陽エネルギーから生まれた小太陽すら存在する、と確信しているのである。 しかしもし地底に空洞が存在するとするならば、そこには我々と同じような、生命体が存在するのであろうか?ここに実際に地底を飛行したという米高官の記録がある。 地底を飛行した男 1947年、米海軍少将リチャード・バード氏が調査の為、北極上空を飛行していた時のことである。 バードは北極の氷床に、黄、赤、紫が混ざったような色をした奇妙な穴を発見した。 穴の正体を確かめるべくバードが接近すると、そこには驚くべき光景が広がっていた。 穴の中に、何と山脈のようなものを発見したのである。 さらにバードは、まるで蜃気楼のような光景を目にする。 穴の中には、森と川があり、マンモスのような動物が牧草地の上を歩いていたのである。 更に温度計は急に上昇し、23度を指した。 バードはすっかり我を忘れ、自分が新大陸を発見したのではないかと興奮したのだった。 しかし、それは決してあり得ない事だった。 はじめに述べた通り、バードが飛んでいたのは間違いなく北極の上空だったからだ。 その後、バードの飛行記録を読んだ夫人は次のように語っている。 「バードはその後、地下で千年以上に渡って存在し続けてきた巨大な地下世界の代表者とコンタクトした。 地下世界の住人は姿はほとんど人間と似ているものの、地上の人間よりも外観的にも、内面的にも美しいという印象を持っていた。 地下世界では戦争がなく、新しいエネルギー源を持っており、食料や光に困ることはない。 地下世界の人々は地上世界の人々と何度かコンタクトを取ろうとしたにも関わらず、全て拒絶され、その度に彼らの航空機は撃墜された。 もし、いつか地上世界の人々が自滅するような事があった場合にのみ、手を差し伸べる事を決め、地上との接触を絶った」。 「地底人はバード氏に彼らの文明の全てを見せ、パイロットと共に再び、飛行機に乗って穴を通り、地上までエスコートした。 帰り道、バードは知らぬ間に2750kmも飛行していた事に気づいた。 その後、当局はバード氏を厳密な管理下に置き、生涯決してその事を誰にも話さないよう指示をし、バードは不遇のうちにその生涯を終えたのである。 」 地球空洞説の現在 ある地理学者はこの北極の穴を、通常の科学現象として説明している。 「写真は11月の23日に撮られたものだ。 毎年9月22日から3月22日まで北極は白夜になって黒い穴のようなものが見られる事は知られている。 丁度その穴のエリアに赤道軸の傾斜で太陽光が届かないからだ」。 またこの問題について、モスクワ州立大学の地質学教授SergeiDubinin氏は次のように語る。 「まあほとんど疑わしいものです。 地球の内部に存在する溝は大して深いものではない。 ただ中には確かにかなり深いものもあって、それらは大体100kmくらいあるものも存在します。 しかし洞窟があるのは地中深くてもせいぜい3kmから5kmでしょう。 それ以上深い場所になると地盤の圧力でまず穴が塞がってしまうはずだからです」。 しかし、未だに科学者達の中には、地球内部に巨大な空間と小太陽を備えた地上のような環境があり、未知の生物が暮らす世界がそこにあるという事を主張する者も多い。 我々の知らない地底人は、今この瞬間、あなたの足のすぐ下で地上に人などがいる訳がない、などと語り合っているのかもしれない。 【資料】 【関連】 -.

次の

雑草は根から抜いちゃダメ!? 草刈りの新常識【畑は小さな大自然vol.4】

地下 の 丸 穴 その後

図1:月周回衛星SELENE(かぐや)による観測の様子 想像図。 「かぐや」に搭載された月レーダサウンダーによって、月の地下構造を調べることができる。 確認された地下空洞の一つは、「かぐや」が発見した縦孔を東端として、西に数10km伸びた巨大なものです。 地下空洞の存在を確実にした今回の成果は、科学的にも将来の月探査においても重要なものです。 溶岩チューブのような地下空洞内部は、月の起源と進化の様々な課題を解決出来る場所であり、また月における基地建設として最適の場所だからです。 縦孔は、こうした地下空洞への入り口の可能性がありますが、縦孔の数は非常に少なく、科学的探査や基地を作ることのできる地下空洞は希少かもしれません。 本研究成果は、アメリカの地球惑星科学専門誌Geophysical Research Lettersに掲載されます Kaku, et al. 2017, "", GRL。 本文 月には、かつて溶岩が流れた際、地下に形成される空洞(溶岩チューブ)が存在していると考えられていました。 月の地下空洞は、隕石により破壊されている月面とは異なり、かつて月に磁場があった証拠や、月に取り込まれた揮発性物質(たとえば水)などが見つかる可能性があるなど、様々な科学的な課題の解決が期待できる場所として重要です。 また、将来の月面基地建設地の候補としても大変重要です。 地下にあることで月面の厳しい環境 微隕石の衝突や強い放射線 から機器や人を守れることや、空洞内の温度が比較的安定していることなど多くの利点があるからです。 しかし、前世紀のアメリカのルナー・オービター計画やアポロ計画で観測された画像データでは地下空洞の存在を示唆するような証拠は発見されませんでした。 これは、地下空洞が開いたものであろうという仮説が立てられました。 ()さらに、米国によって2009年に打ち上げられたルナー・リコネサンス・オービターのカメラによる斜め観測によって、その縦孔の底には数10m以上の空間が広がっていることが確認され、地下空洞の存在が現実実を帯びてきました。 月周回衛星「かぐや」には、月の地下構造を調べることができる月レーダサウンダーが搭載されていました。 その観測方法は、波長60mの電波をダイポールアンテナから送信し、地下からの反射波を受信するという方法です。 本研究では、その月レーダサウンダーが受信した反射波データを詳しく調べました。 図2:一般的な反射波データ。 赤い点は月面からの反射波を示す。 なお、縦軸は反射波強度、横軸は反射源の深さ。 本研究で、マリウス丘で発見された縦孔付近の反射波データを調べたところ、一般的な反射波データには見られない2つの特徴が見いだされました 図3。 1つ目は、月面からの反射波ピークよりも深い領域に急激な反射波強度の減少が見られること 緑丸。 2つ目は、反射波強度が比較的大きな反射波ピークがもう1つ見られること 青色の四角印。 1つ目の特徴は空洞の存在を、2つ目の特徴は地下空洞の床の存在を、示している可能性があります。 つまり、この二つのレーダ反射波の特徴こそが、地下空洞(溶岩チューブ)の存在を示すものと考えられます。 図3:マリウス丘の縦孔付近の反射波データ。 赤い点は月面からの反射波、青い点は地下空洞の天井または床からとみられる反射波。 地図上を蛇行しながら東西方向へ伸びている川のような模様は、溶岩の流れによって形成された溝。 この溝をリルと呼ぶ。 図4は、マリウス丘周辺の反射波データから2つの特徴を持つ地点を抽出した結果です。 背景は月面画像データ、縦線はLRSの測線を示し、また、縦線上の丸印は地下からの反射波強度が特に強いデータが観測された場所を示します。 丸印の色は、月面からの反射波と地下からの反射波強度差を表し、紫色に近いほど強い反射を生じる面、つまり天井あるいは床をもつ未崩壊の地下空洞が存在している可能性を示しています。 T1は、縦孔の東3kmほどに近接した測点で、地下からの強い反射が見られた測点です。 また、T1の西の、溶岩の流れによって形成された溝 リル に沿って位置するT2〜T4にも、T1とほぼ同じ地下からの強い反射が見られました。 つまり、縦孔を東端として、T1〜T4に沿って西に約50km延びる未崩壊の地下空洞 溶岩チューブ が存在すると示唆されたのです。 図5:地下空洞の存在の特徴を示すレーダ反射特徴と重力場データの比較。 背景は、アメリカの探査機グレイルによる重力場データで、質量密度の分布を表す。 薄い赤い領域は質量密度が低く、薄い青い領域は質量密度が高い。 質量密度が低い領域にT1〜T4が見られる。 つまり、縦孔を東端として、西に約50km延びる未崩壊の地下空洞 溶岩チューブ が存在することは、重力場のデータとも一致する。 さらに、地下空洞の存在の特徴を示すレーダ反射特徴の位置は、アメリカの探査機グレイルの重力場観測によって見出された、マリウス丘の縦孔を東端として西に数10kmに及ぶ低密度地域に一致していました 図5。 つまり、この地域に、未崩壊の地下空洞(溶岩チューブ)が存在していることが確実になったといえます。 縦孔は、こうした地下空洞への入り口の可能性がありますが、縦孔の数は非常に少なく、科学的探査や基地を作ることのできる地下空洞は希少かもしれません。 今回の成果により、縦孔付近に科学的にも、また将来の基地としても有用な「地下空洞(溶岩チューブ)」が存在する可能性が確実になりました。 今後、レーダサウンダーによる反射波データと他の観測データの相互関係や、地下空洞の反射波パターンのシミュレーション解析から、月の地下空洞の検出をさらに進めていき、将来の地下空洞探査、月面基地建設に役立つ情報を得ていく予定です。 Crites JAXA 、道上達広 近畿大学 、横田康弘 高知大学 、R. Sood アラバマ大学 、H. Melosh パデュー大学 、L. Chappaz アストロラボ 、K. Howell パデュー大学 掲載雑誌:Geophysical Research Letters DOI: 10.

次の