日立 世界・ふしぎ発見!。 日立 世界ふしぎ発見!とは (ヒタチセカイフシギハッケンとは) [単語記事]

日立 世界ふしぎ発見!とは (ヒタチセカイフシギハッケンとは) [単語記事]

日立 世界・ふしぎ発見!

2020年7月11日(土)放送分[TBS系 21:00〜21:54]は、「あつまれ!世界の動物の物語」を展開していく。 動物たちの春の出産シーズン。 「かわいい時期を生で見られないから」と、全国の飼育員たちがSNSなどでその様子を発信し、話題となった。 そこで番組は、徐々に再開し始めている動物関連施設をいち早く取材。 中国、シンガポール、スイス、そして日本…世界の動物の物語に迫る。 この春も可愛い赤ちゃんが誕生している同施設で働く唯一の外国人スタッフである飼育員の阿部展子氏が、ミステリーハンターとしてパンダを紹介する。 取材にはパンダの人工繁殖の第一人者・張主任も同行する。 非常に難しいとされるパンダの出産。 卵1個分の重さで生まれた超未熟児パンダの成長と、そこから繋がった奇跡の命に迫る。 さらに、飼育員以外は立ち入り禁止のエリアを特別に撮影し、同施設に託されたもうひとつの大きな使命を紹介する。 そうすることで、動物園の果たす大事な役割が見えてくるという。 人気のスポット・巨大プールに突如現れたのは、日本人も大好きなあの動物。 少し意外なこの動物園のモットーが、動物たちの暮らしや繁殖に影響を与えていた。 以前番組では、絶滅危惧種を多く飼育し、動物たちのノアの箱舟といわれる「シンガポール動物園」を取材。 ミステリーハンターの傳谷英里香を夢中にさせた、動物園一番のアイドル・オランウータンをはじめ、動物たちの現在の様子に迫る。 36万平方メートルもの敷地に100種類1000頭羽の動物たちが暮らす野生の王国「群馬サファリパーク」では、副島が男としての生き方を学んだという動物に遭遇する。 動物と会うのが益々楽しくなるヒントに満ちた熱いレポートに注目したい。 一方、東京の多摩動物公園ではこの春、2頭のキリンの赤ちゃんが誕生した。 動物園で当たり前のように会えるキリン。 その歴史を探ってわかった、日本とキリンに秘められた驚きの発見を紹介する。 tbs.

次の

ニュースリリース:2017年1月16日:日立

日立 世界・ふしぎ発見!

本日はそんなベテランミステリーハンターである竹内海南江さんの年齢や結婚や旦那さんについて調査してみました! 1987年からミステリーハンターに主演しているという事は 年齢が非常に気になりますよね。 生年月日については上記サイトには月日しか載ってませんでしたので、コチラで説明しますが、 1964年12月1日が生年月日です。 ということで、 竹内海南江さんの年齢は今年で52歳となります。 まあ、女性の方ですからねさすがに体重は公にしないでしょう。 でも竹内海南江さんは見た目スリムなので公開しても全然恥ずかしくなさそうですけどね~ 続いてのページでは竹内海南江さんのすごい経歴について迫ってみました! 竹内海南江の経歴がすごい!世界ふしぎ発見ミステリーハンター歴代1位の出演回数イモトアヤコとどっちが上? 竹内海南江さんの経歴についてですが、下記のようになっています。 スポンサーリンク 1983年 — 19歳でモデルとなる。 1985年10月 — NHK教育の番組『YOU』の司会でテレビデビューする。 1986年2月12日 — 悪魔が天使の顔で舞い降りる TBS 1986年4月16日 — 水曜日の恋人たち TBS 1987年10月 — ときめき非婚時代 テレビ朝日 1987年11月より「世界・ふしぎ発見! 」に初出演。 以後、2015年現在までレポーターとして出演中。 1988年3月20日 — ザ・トラベルマン2 関西テレビ 2006年3月24日 — ミステリチャンネルのイメージキャラクターに起用される。 2006年10月 — ユニクロの「フリースの季節2006」CMに出演する。 引用元: ということで、プロフィールの項でもちょっと説明しましたが、 竹内海南江さんは元々はモデル上がりです。 モデルになったのは1983年でなんと 今から33年前ということになります。 そして1987年11月、竹内海南江さんが22歳の時に世界ふしぎ発見に初主演。 つまり 2017年11月で30年間ミステリーハンターとして活躍したことになります。 当時はこんなに番組が続くとは思わなかったそうです。 ちなみに 世界ふしぎ発見は始まったのは1987年10月なので、番組が始まって1か月から現在まで活躍されています。 普通はおじいちゃんと言われる年なんですが。 これは ミステリーハンターで歴代1位ということになっています。 ちなみにイモトアヤコさんの国の数も調べてみましたが、 2015年終了時点で94カ国みたいです。

次の

日立 世界・ふしぎ発見!

日立 世界・ふしぎ発見!

ハワイの所有者に撮影権込みで払っている 「日立の樹」のCMは1973年に初めて登場。 初代CMに登場する樹はイラストだったが、75年の第2代に実写の「モンキーポッド」が登場。 この「モンキーポッド」が、現在定着している「日立の樹」だ。 ハワイ・オアフ島の「モアナルア・ガーデンパーク」にあり、樹齢は約130年。 高さは約25メートル、幹の胴回りは約7メートル、枝葉の広がりの幅は約40メートルに及ぶ。 79~84年にかけて放送された第3代~第5代CMでは、シンガポールやロサンゼルスにある別の木が登場したが、84年の第6代にはオアフ島の「モンキーポッド」が復活。 05年から現在も放送が続いている第9代まで、「日立の顔」として定着している。 この「日立の樹」の意外な背景を、草野さんが2016年11月4日放送のバラエティー番組「快傑えみちゃんねる」(関西テレビ)で明かした。 この日の番組のテーマは「ギョーカイ裏話!大放出SP」で、草野さんが「ふしぎ発見!」の内幕を明かすという趣向だ。 草野さんは、「モアナルア・ガーデンパーク」の「モンキーポッド」について 「元々中南米原産だったあの木を持ってきたら、すごく繁殖したということで、あのガーデンに沢山ある。 その中の一番素晴らしいものを日立の方が『これをわが社のシンボルにしたい』ということで目を付けられまして... 」 などと来歴を説明した上で、 「それで土地の所有者と契約を交わして、毎年管理をしてもらう。 それから撮影権を含めて、1年にほぼ5000万円のお金を、今でもずっと払い続けて、日立さんやってこられた」 と明かした。 草野さんは 「今、日本中の方が『この木なんの木』を皆さん『日立の樹』だということで知るようになりましたね?そういう、やっぱり長い見通しを持って、やってらっしゃる」 とも話し、「日立の樹」のブランドイメージに対する貢献を強調していた。 現地紙は「年に40万ドルを10年間」と報じる 日立の広報・IR部では、この「5000万円」という額について 「契約内容については答えられない」 と確認を避けているが、10年ほど前には現地で同様の額が報じられている。 地元紙「ホノルル・アドバタイザー」が07年に報じたところによると、「モアナルア・ガーデンパーク」の所有者が変わったのを機に、新しいオーナーと日立は06年12月末、年に40万ドル(現在のレートで約4180万円)を10年間にわたって支払う契約を締結したという。 同紙では「合意内容の写しを入手した」上で報じたとしている。 公園全体を運営するのにかかる費用は60万ドル(約6270万円)で、日立の支出だけではまかなえないため、公園の一部を結婚式場として貸し出すなどして収入を得ているという。

次の