君臨 すれ ども 統治 せ ず。 イギリスの政治

「君臨すれども統治せず」の意味を誤解した

君臨 すれ ども 統治 せ ず

天皇「君臨すれども統治せず」 以上申し述べたことを要約すれば次のようになるでありましょう。 旧憲法下の日本においては内閣総理大臣と陸海軍両統帥部長(参謀総長、軍令部総長)の三者は、全く併立対等の存在であります。 その内閣総理大臣は閣内において各国務大臣の首班であるに過ぎませんでした。 しかも統帥と行政とのいわゆる混成事項は、陸海軍大臣の輔佐事項であり、内閣の権限外であります。 そしてかかる権限をもつ参謀総長と陸軍大臣、または軍令部総長と海軍大臣とは、それぞれ陸軍または海軍という並立的な二大勢力を形成していたのであります。 かくて戦時または事変における日本国家の運営は、内閣、陸軍、海軍の三極構造、または内閣総理大臣(外務大臣)、陸軍大臣、参謀総長、海軍大臣、軍令部総長の五(六)極構造を以って行なわれたのであります。 そこにはいわゆる独裁の危険は皆無であると共に、決断と事務の停滞、時間と勢力の浪費、妥協に伴う矛盾と不統一、無原則、無目的の弊風を免れなかったのであります。 実に旧憲法下における日本のごとく、その国家権力が分散牽制して、集中統一を欠いたものは少ないと確信します。 憲法の形式論としては、統治権を総攬される天皇のみがその集中統一を図り得る地位にあられ、天皇はそれを図り得る絶大な精神的権威を御持ちであられました。 しかし天皇なかんずく昭和天皇はその権力を、1945年8月の終戦決定以外は直接行使されませんでした。 すなわち天皇はその権力を国務大臣の輔弼、両統帥部長または陸海軍大臣の輔翼、行政と統合事項に関しては大本営政府連絡会議の決定を、それぞれまって発動せられ、陸海軍の統帥、軍政両面の対立に対しては、両者の妥協合意が成立するまで発動されることはなかったのであります。 ただしこの間にあって、昭和天皇は国務大臣または両統帥部長の上奏時の御下問奉答等を通じ、激励、注意、暗示、示唆等を以ってその御考えを間接的に示されることがしばしばでありました。 1941年9月6日御前会議において、米英蘭三国に対し、戦争を辞せざる決意の下に、10月末を目途に戦争準備の完整と対米外交の促進を併進させることが決定されましたが、そのときの質疑応答において、 原嘉道 ( はらよしみち )枢密院議長が政府、統帥部両者に対し、戦争準備と対米外交のいずれが重点かと質問いたしました。 文面上はいずれが重点とも決めていないわけですが、 及川古志郎 ( おいかわこしろう )海軍大臣が政府を代表する形で、外交が重点であり、そのことは統帥部も同意見である旨答辞したのであります。 そこで両統帥部長は及川海相が統帥部の考えをも代弁したものと思い、特に発言いたしませんでした。 それが御不満の天皇は極めて異例にも特に御発言があり、両統帥部長の無答弁を叱責されると共に、明治天皇の御製「よもの海みなはらからと思う世になど波風のたちさわぐらむ」を読み上げられ、平和愛好の御精神を強調されたのであります。 これは出席者一同なかんずく両統帥部長にとって非常なショックでありました。 しかし天皇はそのとき国策案文を、平和が重点であることを明確にするよう、改めて修正するような指示はされませんでした。 上述のように天皇が権力の直接行使をあえて回避されたのは、天皇が凡庸なるがゆえでは断じてなく、かえって天皇が極めて御聡明かつ御賢明であられたからであります。 旧憲法の第三条に「天皇は神聖にして侵すべからず」とあり、万世一系の天皇は憲法上「無当責」であられたのでありました。 「無当責」の君主が統治権を主体的に直接行使することが、世襲君主制の根基を危うくすることは歴史の示す所であり、昭和天皇は英国流の「君臨すれども統治せず」を範としておられたと思います。 殊に統帥権の問題は、政府には全然発言権なく、政府と統帥部との両方を押さえ得るものは陛下御一人である。 然るに陛下が消極的にあらされる事は平時には結構であるが、和戦 何 ( いず )れかというが 如 ( ごと )き国家生死の関頭に立った場合には、障碍が起こり得る場合なしとしない」と述べております。 しかし私は陛下に問題があったのではなく、明治憲法にこそ問題があったものと確信してやみません。

次の

天皇「君臨すれども統治せず」

君臨 すれ ども 統治 せ ず

天皇「君臨すれども統治せず」 以上申し述べたことを要約すれば次のようになるでありましょう。 旧憲法下の日本においては内閣総理大臣と陸海軍両統帥部長(参謀総長、軍令部総長)の三者は、全く併立対等の存在であります。 その内閣総理大臣は閣内において各国務大臣の首班であるに過ぎませんでした。 しかも統帥と行政とのいわゆる混成事項は、陸海軍大臣の輔佐事項であり、内閣の権限外であります。 そしてかかる権限をもつ参謀総長と陸軍大臣、または軍令部総長と海軍大臣とは、それぞれ陸軍または海軍という並立的な二大勢力を形成していたのであります。 かくて戦時または事変における日本国家の運営は、内閣、陸軍、海軍の三極構造、または内閣総理大臣(外務大臣)、陸軍大臣、参謀総長、海軍大臣、軍令部総長の五(六)極構造を以って行なわれたのであります。 そこにはいわゆる独裁の危険は皆無であると共に、決断と事務の停滞、時間と勢力の浪費、妥協に伴う矛盾と不統一、無原則、無目的の弊風を免れなかったのであります。 実に旧憲法下における日本のごとく、その国家権力が分散牽制して、集中統一を欠いたものは少ないと確信します。 憲法の形式論としては、統治権を総攬される天皇のみがその集中統一を図り得る地位にあられ、天皇はそれを図り得る絶大な精神的権威を御持ちであられました。 しかし天皇なかんずく昭和天皇はその権力を、1945年8月の終戦決定以外は直接行使されませんでした。 すなわち天皇はその権力を国務大臣の輔弼、両統帥部長または陸海軍大臣の輔翼、行政と統合事項に関しては大本営政府連絡会議の決定を、それぞれまって発動せられ、陸海軍の統帥、軍政両面の対立に対しては、両者の妥協合意が成立するまで発動されることはなかったのであります。 ただしこの間にあって、昭和天皇は国務大臣または両統帥部長の上奏時の御下問奉答等を通じ、激励、注意、暗示、示唆等を以ってその御考えを間接的に示されることがしばしばでありました。 1941年9月6日御前会議において、米英蘭三国に対し、戦争を辞せざる決意の下に、10月末を目途に戦争準備の完整と対米外交の促進を併進させることが決定されましたが、そのときの質疑応答において、 原嘉道 ( はらよしみち )枢密院議長が政府、統帥部両者に対し、戦争準備と対米外交のいずれが重点かと質問いたしました。 文面上はいずれが重点とも決めていないわけですが、 及川古志郎 ( おいかわこしろう )海軍大臣が政府を代表する形で、外交が重点であり、そのことは統帥部も同意見である旨答辞したのであります。 そこで両統帥部長は及川海相が統帥部の考えをも代弁したものと思い、特に発言いたしませんでした。 それが御不満の天皇は極めて異例にも特に御発言があり、両統帥部長の無答弁を叱責されると共に、明治天皇の御製「よもの海みなはらからと思う世になど波風のたちさわぐらむ」を読み上げられ、平和愛好の御精神を強調されたのであります。 これは出席者一同なかんずく両統帥部長にとって非常なショックでありました。 しかし天皇はそのとき国策案文を、平和が重点であることを明確にするよう、改めて修正するような指示はされませんでした。 上述のように天皇が権力の直接行使をあえて回避されたのは、天皇が凡庸なるがゆえでは断じてなく、かえって天皇が極めて御聡明かつ御賢明であられたからであります。 旧憲法の第三条に「天皇は神聖にして侵すべからず」とあり、万世一系の天皇は憲法上「無当責」であられたのでありました。 「無当責」の君主が統治権を主体的に直接行使することが、世襲君主制の根基を危うくすることは歴史の示す所であり、昭和天皇は英国流の「君臨すれども統治せず」を範としておられたと思います。 殊に統帥権の問題は、政府には全然発言権なく、政府と統帥部との両方を押さえ得るものは陛下御一人である。 然るに陛下が消極的にあらされる事は平時には結構であるが、和戦 何 ( いず )れかというが 如 ( ごと )き国家生死の関頭に立った場合には、障碍が起こり得る場合なしとしない」と述べております。 しかし私は陛下に問題があったのではなく、明治憲法にこそ問題があったものと確信してやみません。

次の

天皇「君臨すれども統治せず」

君臨 すれ ども 統治 せ ず

少し意外と思われるかもしれませんが、王族の範囲に関する明確な定義はなく、必要に応じて王族の範囲は広げられます 現在のイギリス国王はエリザベス2世です。 1952年の女王即位後、半世紀以上にわたり、「国民に親しまれる王室」をめざし、現在も積極的に公務を行っており、また国民からの人気も高く、イギリス国内でも退位せず最後まで女王でいてほしいという声が多く聞かれます。 またエリザベス2世はイギリスの国王のみならず、イギリス連邦王国16カ国の君主でもあり、54の加盟国からなるイギリス連邦及びイギリスの王室属領と海外領土の元首でもあります。 そしてイングランド国教会の首長でもあります。 エリザベス女王の個人財産は5億ドル、所有する不動産価値は100億ドルと言われています。 また日本人観光客にも有名なロンドン中心部のリージェントストリートもイギリス王室の所有地で、ストリート沿いの店舗からのテナント料の収入があります。 政府からの王室費52億円が2013年4月から支払われなくても生活に問題が無く、ロンドンの一等地を所有する大家さんとして、国家(議会)からも独立し経済的にも尊厳を守る存在です 「イギリス王室御用達」と聞くと、とても格式の高いイメージがあるかと思います。 もちろん適正な審査を経て選ばれた個人、企業に与えられる称号ですが、バーバリーやハロッズ、ウエッジウッドなどの高級店、高級ブランドのみならず、庶民的なお菓子や日用雑貨にも多く与えられており、現在800の企業と個人に与えられています。 またイギリス王室御用達は許可制であり、王族個人それぞれが気に入った製品の生産者に対して、御用達リストに加える旨の申し出がされ、これに応じた生産者が王室御用達を示す紋章をつける権利を得ることになります。 なお、御用達リストはそれぞれ5年毎に見直しされ、取り消しされることもあります。 日本でイギリス王室御用達として有名なハッロズも実は度々取り消されたり返上したりしています。 他国へ入国する際にはどんな手続きを踏むかと言うと、女王を名乗るだけでいいそうです。 そもそもイギリスのパスポートは、女王の名の下に発給されることから、女王自身がパスポートを持つ理由がないと説明されていました。 ある国で入国管理の職員から、パスポートの提示を求められた際、女王はこんな対応をされたそうです・・・ 職員:「パスポートをお持ちでないのですね。 王様の不在に国政は滞り、これを打開する策として、議会を束ねる長が、国政を司り、国王は信認だけをするスタイルが編み出されました。 いまでいう議会制民主義の誕生です 17世紀、スペイン継承戦争で成果を上げ、フランスのルイ14世の野望を阻止した女王アンでしたが、彼女には跡継ぎがありませんでした。 そこでジェームス1世のひ孫でドイツ連邦の一国、ハノーファー公国選帝候のゲオルク・ルートヴィヒ(ゲオルク1世)に白羽の矢をあて国王としてイギリスに招きます。 ゲオルク・ルートヴィヒは女王アンの夫の従兄弟でもあったのだが、グレートブリテン王に即位し、ジョージ1世と名乗った。 しかし即位時には、すでに50を超えた高齢であったし、イギリスを留守にすることが多く、殆どドイツにへ戻ってしまいました。 民主主義が完全で賢明であると見せかけることは誰にも出来ない。 実際のところ、民主主義は最悪の政治形態と言うことが出来る。 これまでに試みられてきた民主主義以外のあらゆる政治形態を除けば、だが。 -ウィンストン・チャーチル の演説より 国王の独裁による政治が続いていた中世、市民の権利は奪われ、思いつきや根拠のない重税や、戦争が繰り返され、国、とくに市民の倦怠感は半端ないものでした。 しかし、イギリスで誕生した「君臨すれども統治せず」という新しい政治形態は、国民の側、そして王族にとっても、幸福な関係をつくっていきます 日本の天皇家も、「君臨すれど統治せず」という政治形態を積極的に選んできたことが知られています。 イギリスからさかのぼること約1000年。 平安時代には、天皇家が実質的な政治、行政を手放し君臨していたことが分かります 英語が話せないジョージ1世の丸投げ体質が、イギリスに首相と内閣をうみ、政治を任せっぱなしたことで、民の声が国政に反映し国力が増します。 大英帝国 地図は大英帝国の最盛期の世界地図です。 世界中に植民地を持っていたことが分かります。 そしてアメリカも元々は植民地であったことを加えると空前絶後の大帝国をきずいていました。 大英帝国は、その全盛期には世界史上最大の面積を誇る帝国であり、唯一の超大国とも呼べる地位にありました。 その最盛期は、第一次世界大戦終結から第二次世界大戦までの間は、アメリカ合衆国とともに超大国でした。 ただし第二次世界大戦後にはイギリスは超大国の地位から陥落し、各植民地が独立してイギリス連邦が発足しています オランダに対しては17世紀後半に3次にわたる英蘭戦争を戦って勝利し、フランスに対しては17世紀後半から19世紀初めにかけてファルツ継承戦争、スペイン継承戦争、オーストリア継承戦争、七年戦争のヨーロッパ・北米の両大陸にまたがる一連の戦争を戦い、七年戦争の結果がアメリカとインドでの植民地獲得競争での勝利を確定的とした。 これにより、「太陽の沈まない国」が実現しています ヨーロッパの辺境に位置するイギリスは元来、国力が乏しくまた厳しい風土もあいなって、小さな小さな国でした。 しかし、数千年にわたり森林伐採をつづけ丸裸になった国土にあって、暖をとる石炭の需要が高まり各地で採石がはじまります。 そしてイギリスの発明家であるトーマス・ニューコメンは、鉱山の排水の問題を解決するために1712年に、鉱山の排水用として蒸気機関を完成させます。 以後、蒸気機関は、鉱山への利用だけなく、鉄道や織物などあらゆる動力として活用されていきます。 イギリスが大きな植民地をもつようになったのは、いちはやく産業革命に成功し、武力でも17世紀の世界三大強国のうちの二つのインド・中国から、膨大な利益を吸い上げることで、世界最強の大英帝国を長期に渡って維持していくことになります。 現在、イギリスの人口は6000万人程度ですが、インド・中国の合計人口は25億以上。 19世紀においてはこれよりはるかに人口が少なかったとはいえ、当時の世界人口の半分ほどを占めるインド・中国の数億の人々に、産業革命によって安価に生産できるようになった物資を売りつけることで、人口2000万人程度のイギリスが、大きな利益を吸い上げていくことになりました アヘン戦争など、今考えてもメチャメチャな戦争をしかけ暴力と恫喝で富をうばい、なおかつ、女王の尊厳はまもり、支配していた国民から尊敬されちゃうっというのがイギリス流の支配の見事さです^^ 必ずしも暴力だけでなく、文化的に支配を広げていたイギリスの植民地支配には、イギリス王室の持つ、歴史とまたしたたかさを発揮した結果なのではないでしょうか? イギリスが世界に植民地をひろげ、太陽の沈まない帝国をきずいたことで、英語を話す人は、世界の人口の25%。 18億人と推計されています。

次の