デュエル マスターズ ジョーカー ズ デッキ。 【デュエマプレイス】最強デッキランキング【デュエルマスターズプレイス】

デュエプレ(デュエマプレイス)攻略

デュエル マスターズ ジョーカー ズ デッキ

毎週更新、 デュエマの環境がひと目でわかる! 1番入賞しているデッキはどれなのか、 環境上位はどういったデッキが占めているのか、等を確認したい場合などにお役立て下さい! さらに、 環境デッキの解説&デッキレシピへのリンク付き。 環境ランキングの目安 1位~3位 環境最上位 非常に高いデッキパワーが特徴で、入賞率、使用率共に高い傾向にある。 4位~6位 環境上位 環境最上位のデッキに匹敵する程のデッキパワーを誇るが、環境上位までのデッキとの相性差により相対的な入賞率はやや落ちる。 勢力拡大中のデッキがランクインする事もある。 7位~ 環境デッキ 環境上位までのデッキと比べて、相性差の問題やデッキパワーの問題をかかえるデッキが多いが、十分な実力を持つ。 勢力拡大中のデッキがランクインする事もある。 DMvault環境 入賞数ランキング で毎日開催されている大会の月間入賞数ランキング。 ベスト4以内に入賞した数によって順位が決定されています。 データをさんより頂きました。 ありがとうございます。 もし最新のリストをご提供頂ける方が居ましたら是非ご連絡下さい。 《GOOOSOKU・ザボンバ》のマジボンバーによってコスト3以下のメタクリーチャーを展開、侵略レッドゾーンによって早期にビートを仕掛ける戦法はGR中心の現環境に強く刺さっているようです。 2位 13 -2 無 一方、十王篇突入以降も未だに勢いが落ちない4cデイヤーループ。 パーツの殿堂入りは免れないだろうと予想されていますが、果たしてどこまで影響を受けるでしょうか? それではまた来週。 CS環境 入賞数ランキング がまとめて下さっているCSヒストリーを参考に作成した、開催されたCSのデッキタイプ別の入賞数ランキングです。

次の

デュエル・マスターズ

デュエル マスターズ ジョーカー ズ デッキ

デュエマアプリ(デュエマプレイス)の攻略情報サイトです。 発売から18年間、多くの人に遊ばれ続けている大人気トレーディングカードゲーム「デュエル・マスターズ」がアプリになって登場します。 いつでも・どこでもデュエル! 本作はデュエル・マスターズのルールが、ほぼそのまま搭載されたオンライン型対戦カードゲームです。 5枚のシールドを破壊し、対戦相手にダイレクトアタックを決めることで勝利することができます。 全てのクリーチャーにボイスがついているため、場に出した際に聞くことができます。 原作の要素が搭載 シールド・トリガーのような要素もしっかり原作から搭載しています。 カード カードはパックの購入の他、ストーリーを進めてミッションをクリアすることで入手できます。 余剰カードを分解することで得られるDMポイントを消費することで、カードを生成することが可能になっています。 オリジナルのアバターを作成できる プレイヤーのアバターは「髪型」や「肌色」など、自由にカスタマイズすることができます。 ソロモードも搭載 全国のプレイヤーと再選できるマルチモードの他、オリジナルストーリーが展開されるソロモードも用意されています。

次の

デュエルマスターズを始めたいのですが安くて強いデッキは今...

デュエル マスターズ ジョーカー ズ デッキ

月刊コロコロコミック2017年3月号で初登場した、もしくはカードの。 期では、における「第6の」・ジョーカーズとして宣伝されることが多かったが、 ゲーム上ではとして扱われる。 ジョーカーズはあくまで種族的な立ち位置であるため、有色との併存が可能。 ジョーカーズのカードは右上(の反対側)にジョーカーズのシンボルが入っている(後述の参照能力でチェックしやすくするためと思われる)。 のシンボルも「J」の文字の形になる。 種族欄は他の種族と違って白地になっている。 基本的にはだが、ストーリーやアニメを見る限り、故に他人の影響を受けて他のに変化するらしい。 「小学生であるが創造した」と言う設定から、やなどをはじめ、現代的であったり小学生に身近な存在であったりするものをモチーフとしたカードが多い。 特にの好物であるをモチーフにしたカードは頻繁に登場している。 カードイラストの背景が部屋の中だったり街中だったりとおおよそ我々人間が日常風景でもよく見られる光景が多い。 山より大きかったり果ては宇宙規模にもなるサイズがザラにあるデュエルマスターズのとしては珍しく巨大さを感じさせないデザインになっている事が多い。 漫画「デュエル・マスターズ(2017)」5巻の巻末オマケ漫画では、作者のが「子供の願望を実現するクリーチャー」というコンセプトでジョーカーズの原画を描いて担当編集者に提出したことが明かされ、さらに「クリーチャーの生活感を描きたい」という目的がジョーカーズのデザイン担当に踏み切った背景にあったことが示されている。 期のに収録されるは、スーパー戦隊や勇者シリーズを彷彿とさせるような人型ロボットとなっており、またそれをデフォルメしたようなクリーチャーが同時収録されるのが特徴。 後にそれらはので「超勇者」シリーズとして定義され、お約束のを果たした。 翌年の期のに収録されるは、同じく人型ロボットとなっており、また同じようにそれをデフォルメしたようなクリーチャーが同時収録された。 (ただし、のみ該当クリーチャーがいない。 逆ににはいなかったの。 後にこちらもお約束のを果たした。 ただ、こちらのクリーチャー群については《7》の名を持つ人型ロボットがさらに登場している。 曰く、「7つの『セブンシリーズ』がそろう時、何かが起きるかもしれない」とのこと。 さらにその翌年の期のに収録されるはすべて新ギミックであるになっており、それぞれが風なロボットとなっている。 となっている。 こちらも例年のお約束となったが存在する。 しかし、合体前と違い合体後はそれぞれのドラゴンの意匠が残った人型のロボットである。 を持つがに入るジョーカーズは、何かが出るモノがモチーフになるイラストが多い。 が種族に入るジョーカーズは、物語や偉人などをモチーフにしている。 やのようにキリッとしたデザインのカードより、やのようにのほほんとしたデザインのカードが多い。 能力傾向としては、自分の手札のを捨てて能力を発揮するカードがやや多い。 までのカードが非生物モチーフが多めなのと無色だけでデッキが組めることを考えると、のアーティファクト・クリーチャーが元ネタであるとも考えられる。 文明を持つジョーカーズは必ずと言っていいほどそのシリーズの三番目のにて初登場している。 を持つは固有の能力をもつ。 その能力はが戦いを経るなかで作っていった友達の切札能力を自己流にアレンジしたものである。 以下対応表 ジョリー・ザ・ジョニー MAS 無色[ジョーカーズ] 7 クリーチャー:ジョーカーズ 10000 スピードアタッカー マスター・W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする。 このクリーチャーがバトルゾーンに出たターン、各ブレイクの前に、相手のクリーチャーを1体破壊する。 ) バトルゾーンまたはマナゾーンに自分のジョーカーズが5枚以上あれば、このクリーチャーはブロックされず、攻撃の後、相手のシールドもクリーチャーもなければ、自分はゲームに勝つ。 のように、単一種族内でも小型から大型まで幅広い種類のクリーチャーが用意されており、従来のカード同様に、5文明の特性のいずれかをつまみ食いしたかのようなスペックが散見される。 あくまでそのものではないので、「ジョーカーズ・マナ」と言うものも存在しない。 コストの支払いにやジョーカーズを必要としない。 にも関わらず紹介記事等では新文明として紹介されているような文章がよく見られる、これは恐らくジョーカーズをやとの関連性がないことをアピールする為だと思われる。 2017年2月15日に開発主任の射場本正巳氏が自身のTwitterで「ジョーカーズは使うときはゼロ文明扱いです」と明言するまでは、ジョーカーズの立ち位置について明確に言及されたソースは存在しなかった。 この日を境にとの価値が急変することになる。 実態はでないとはいえ、おおよそのは等にが特定の枚数あることを条件とする能力を持っており、のようにある程度ジョーカーズでデッキを固める意義を持っている。 ジョーカーズの登場により、の最軽量コストはの2となった。 は2ターン目から、であれば通常は3ターン目、をで出した場合は最速2ターン目から唱えることができる。 従来の最軽量はのコスト4であり、最速でもを使って3ターン目以降にしか無色クリーチャーを用意する手段が現実的に存在しなかった。 さすがに強力すぎると判断されたのか、は2018年3月1日、は同年7月14日付けでとなってしまった。 の先輩であるやからすれば完全にとばっちりである。 後に1のジョーカーズのが登場した。 ただしこちらは自身に強烈なを与えるため、扱いに注意が必要となる。 一部クリーチャーは、を持つ都合上、や(相手プレイヤー攻撃限定の疑似)を併せ持たなければ自己完結性がなくなってしまうクリーチャーも存在する。 ジョーカーズも存在している。 ジョーカーズをとして参照できない都合上、にもジョーカーズを与えなければならないというゲーム上の利便性の問題だろう。 をさせるは多々あるがまで、を持ったジョーカーズは存在しなかった。 にて、水文明のジョーカーズが初登場し、そちらがジョーカーズ初のブロッカー持ちとなる。 依然として・・のブロッカー持ちは存在していない。 その3つはいずれも単色ではブロッカーを持つことがほとんどないため当然といえば当然かもしれない。 特にアタックトリガーによるで真価を発揮するクリーチャーが5コスト帯に多く、の出張パーツとしてやを検討すると良いだろう。 で5大の支配する世界に突然現れた星()に住む「」とされる。 からの化石が出土しないためか、で登場した基本の中で唯一が存在しない。 のちにこれとは全く違う形でが誕生する。 新主人公の使用するメイン種族というだけあって公式のプッシュも凄まじく、ほぼ全てのカードが登場後半年も経たない内にとしてを果たしている。 そのため、よろしくデッキ全てのカードをプロモで統一したを組むことも不可能ではない。 デュエマフェス参加賞パックの当たり枠として収録されることが多いものの、「超最高!!DMフェスパックVol. 4」にが(ハズレ枠)として収録されることがあった。 一部のジョーカーズは、アニメ「VSRF」でが手作りしたオリジナルカード(のみ製品化)として先行登場している。 この時はまだ「ジョーカーズ」の名称はなく、いずれものであった。 綴りは「Jokers」で、由来は「Joker(切り札)」の複数形である。 また、「Joe Cards」で「 のカード達」の意味も持つダブルミーニングと考えられる。 参考 [ ]• メラビート・ザ・ジョニー MAS 火文明[ジョーカーズ] 7 クリーチャー:ジョーカーズ 10000 スピードアタッカー W・ブレイカー マスター・W・メラビート:このクリーチャーが召喚によってバトルゾーンに出た時、「J・O・E」能力を持つジョーカーズを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。 このターンの終わりに、それらを好きな順序で自分の山札の一番下に置き、その後、こうして置いたクリーチャー1体につき、カードを1枚引く。 このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンに自分のジョーカーズが5体以上あれば、相手のクリーチャーをすべて破壊する。 専用能力「」「()」を持つカードが存在する。 と異なり、プレイする際は当然のが必要になるので注意。 を持つ場合、のようなではなく、ジョーカーズになる。 このためのジョーカーズからもすることができる。 漫画やアニメではに影響を受けてが生みだした。 火のジョーカーズが持つ専用能力のもの影響を受けて編み出しており、無色ジョーカーズに比べると、機械をモチーフにしたデザイン、さらには音楽器が主になっている。 ちなみに、ではこれと入れ替わるようにのが登場している。 参考 [ ]• タイク・タイソンズ UC 自然文明[ジョーカーズ] 2 クリーチャー:ジョーカーズ 1000 Jチェンジ4 このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーと自分のマナゾーンにあるコスト4以下のジョーカーズ1体を入れ替えてもよい このクリーチャーがバトルゾーンを離れた時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。 専用能力「」を持つカードが存在する。 ジョーカーズと同様、プレイする際は自然のマナが必要となる。 通常のジョーカーズと比べると、屋外での活動やそのための道具をモチーフとしたものが多い。 学校で使う道具がモチーフのデザインもある。 アニメではが の角をのエッセンスとしてにぶちこんだことにより生まれるようになった。 も、を意識したものとなっている。 漫画版ではから貰った葉っぱをに食べさせて生まれるようになった。 のジョーカーズとのと同様に、初登場となると同じタイミングでのが新しく登場している。 参考 [ ]• そうしたら、このクリーチャーをバトルゾーンに出す。 W・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、GR召喚を3回する。 自分のジョーカーズはブロックされない。 専用能力「」を持つカードが存在する。 やジョーカーズと同様、プレイする際は水のマナが必要となる。 通常のジョーカーズと比べると、水場での活動や水に関する道具をモチーフとしたものが多い。 のジョーカーズも登場するようになった。 防御手段がくらいしかなかったにとっては心強い。 アニメではがに勝てなかったことからにの力を与えることを決意。 がの中に入ることで彼をアップデートしたことにより生み出せるようになった。 参考 [ ]• スピードアタッカー T・ブレイカー 各ターン、このクリーチャーがはじめて攻撃する時、その攻撃の後、このクリーチャーをアンタップする。 多色ではない呪文の効果、または、多色ではないクリーチャーの能力によって、相手がクリーチャーを選ぶ時、このクリーチャーは選べない。 固有の能力である、を持つジョーカーズもいる。 詳細はを参照。 キング・ザ・スロットン7 SR 無色[ジョーカーズ] 7 クリーチャー:ジョーカーズ 7777 W・ブレイカー このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。 それがすべてジョーカーズなら、その中からクリーチャーを1体、バトルゾーンに出す。 そのターン、そのクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できる。 残りのカードを好きな順序で自分の山札の一番下に置く。 7777777 SR 無色[ジョーカーズ] 3 呪文 S・トリガー 相手は自身の山札の上から3枚を表向きにし、自分はその中から1枚を選ぶ。 その選んだカードとコストが同じ相手のクリーチャーをすべてと、表向きにした3枚を、相手は好きな順序で自身の山札の一番下に置く。 はクリーチャー面には種族にを持つが、呪文面にはにを持たない。 しかし、相手がコスト3の呪文を唱えたとき、の能力で手札からを捨て、呪文を無効化することができる。

次の