栗原 はるみ インスタ グラム。 ゆとりの空間の「公式インスタグラム」はじめました!

栗原はるみさんが読者に向けて初めて語った「夫、玲児さんとの最後の日々」|株式会社扶桑社のプレスリリース

栗原 はるみ インスタ グラム

こんにちわ。 今日は小雨が降ったり止んだり。 梅雨らしいといえば梅雨らしい。 レインブーツにレインコート、レインハットで身を固め、 折りたたみ傘はカバンの中に。 (一応ね。 ) 今日も綺麗な紫陽花を見ました。 さて、最近知ったのですが、 料理家のさんがインスタグラムをしておられますね! 2018年3月の投稿が最初のようです。 僕が栗原さんを知ったのは、第一次僕の料理ブームの時です。 身近な人が 『ごちそうさまがききたくて』、 『もう一度ごちそうさまがききたくて』、 を持っていまして、 そのまま僕も見よう見真似で作ってみたら、、、 「オッ! 結構美味しくない!?」って。 (笑) これらの本は当時の最新刊では無かったのですが、 作って美味しかったという所に真実味を感じたのを覚えています。 流行では無く王道なのかなって。 また、栗原さんは『 今日の料理』をはじめ多くのメディアにご出演されておられたので、拝見する機会も多かったですね。 そのせいか、勝手に親近感を持っているかも。 (笑) 僕がこの本を好きになったのは、 ・掲載されている料理が僕の好きなものと合っているから。 (大事!) ・ほとんどの料理が身近な食材や道具で作れること。 ・作り方も割とシンプルで作りやすいように考えられていること。 ・作ったものを食べて、美味しい!(幸) これらは、テレビなどを拝見しても同じ印象を持ちました。 特に料理のポイントをきちんと説明して下さるので分かりやすいですよね。 そして、出来栄えがちょっとおしゃれなのも好印象!! 僕はその後、自分で料理をする事が・・・・。 (苦笑) もちろんその間も栗原さんは料理を続けておられて、今も続いておられます。 本も出されておられますね。 (今度ゆっくりと大型書店に行く?) ええっと、インスタグラムの話でしたね。 主に栗原さんの素敵なご自宅で撮影されているようです。 そこは栗原さんの住まいであり職場でもあるようです。 本当に素敵なお宅で、撮影できるレベル、 というか実際に番組などの撮影もそこでされているみたいです。 毎日早朝からお掃除や勉強や仕事をされていて、凄い! そんな栗原さんのインスタグラムも、朝や午前中にアップされることが多いように思います。 その投稿を拝見した朝は、何と気持ちの良い事か!(笑) まず、写真として綺麗です。 庭の緑や花には癒されますね。 今の僕が少しだけそこに関心があるので、尚更なのかもしれませんね。 また、インテリアもセンスが良くて好き! シンプルでモダンで。 食器や雑貨も素敵です。 そして、栗原さんのコメントがとても良いのです。 (とても良い、って・・・表現が幼稚ですね。 ) まず、読み手に配慮した大人の心配り!(僕のには・・・無いなぁ...。 ) 気持ちの上がりづらい状況に対して、優しく前向きな一言がさり気なく書かれていたりして、嬉しいです。 また、食器などにまつわるエピソードも素敵なんですよね。 幸せってこういう事なのかなって。 そして、料理です! 美味しそう!(笑) 撮影や試作段階が見られるのはインスタならでは(?)かもしれませんね。 作る際のポイントが説明されている時も! 今の僕はアイスレモンに興味津々です。 (笑) 更に、家事! 栗原さんの仕事は料理なのかもしれませんが、料理だけでは無いんですね。 家事は多かれ少なかれ誰もがしなければならないと思うのですが、 それが好きな人もいればそうでない人もいますよね。 家事が好きな人でも毎日同じモチベーションで続けられるかといえば、、、。 っていうか、栗原さんは家事と仕事が一致しているという稀有な存在!??(笑) インスタグラムは自分が誰をフォローするかによるのでしょうが、 僕が拝見させて頂いている多くの投稿と、栗原さんのインスタとでは、 少し印象が違うんですよね。 栗原さんのインスタが「映え」ているのは間違いないのですが、 何といいますか、自然体なんですよね。 そして、優しさが感じられるんですよね。 癒されながら刺激を貰うというのは栗原さんならではかな。 次回の投稿が楽しみです! では、では。

次の

harumi_gram(栗原はるみ / Harumi Kurihara)のインスタのフォロワー数推移(2019

栗原 はるみ インスタ グラム

秘密兵器は可動式ワゴン これまでに自宅のキッチンを11回改装してきたという栗原さん。 「キッチンは使い勝手が良いだけでもダメ。 シンプルすぎるのも違う。 どうしたら自分が1日を楽しく過ごせるか、を念頭に考えました」(栗原さん) 商品全体の色調は、彼女の好きな白と紺色を中心にした配色。 ただし、強い紺色はキッチンにはそぐわないため、少しブルー寄りの色合いにしたといいます。 この商品の最大の特徴は、自分で好きな位置に移動させられる「ワークトップワゴン」。 上部には人工大理石の天板が付いていて、その上でお菓子やパンを作ったり、ダイニングに移動して作業することができます。 ワークトップワゴンはさまざまな用途に利用可能 通常はキッチンの中に収納可能で、ワゴンの中は広めの収納スペースになっています。 自分の使い勝手の良いように中身を入れ替えることで、各家庭の事情に合わせた使い方ができる仕組みです。 都度作り替えられる設計 ほかにも、栗原さんならでは工夫が盛りだくさん。 キッチンの側面には折りたたみ椅子が収納可能。 ワークトップワゴンと組み合わせて使えば、料理の傍らで子供に勉強させたり、自分で調べものをしたりすることもできます。 キッチンの天板は奥行き70センチメートル。 ゆとりをもって料理ができる広さを確保しています。 当初は白にしようと思ったそうですが、「傷が気になりにくい色ということでグレーにしました」と栗原さん。 ちょうど利用者の目線の位置にある棚は、下から上に開くデザインで、開けっ放しでも使える作りにしています。 その下には扉のない棚を設置。 メーカー発想だと、どうしても広く作ってしまいがちですが、あえて狭めの設計にすることで、余計なモノを乗せさせないデザインにしました。 目線の位置にある棚は開けっ放しでも映えるデザインに サブキッチンの引き出しは、間隔を広めに取り、中の様子がわかるようにしています。 中が見えないと、ついつい雑然としがちな棚の中身を可視化することで、どこに何があるか一目でわかると同時に、整理整頓の習慣がつきやすい形にしています。 収納スペースには、あえて仕切りを作らず、自分で自由に変更できるようにしています。 利用者に機能を押し付けるのではなく、自分が今持っているものを最大限に生かして、「その都度、変えていく楽しさ」(栗原さん)を感じてもらおうという配慮からです。

次の

おいしいねが聞けなくて 栗原はるみ、夫なき今知る依存:朝日新聞デジタル

栗原 はるみ インスタ グラム

秘密兵器は可動式ワゴン これまでに自宅のキッチンを11回改装してきたという栗原さん。 「キッチンは使い勝手が良いだけでもダメ。 シンプルすぎるのも違う。 どうしたら自分が1日を楽しく過ごせるか、を念頭に考えました」(栗原さん) 商品全体の色調は、彼女の好きな白と紺色を中心にした配色。 ただし、強い紺色はキッチンにはそぐわないため、少しブルー寄りの色合いにしたといいます。 この商品の最大の特徴は、自分で好きな位置に移動させられる「ワークトップワゴン」。 上部には人工大理石の天板が付いていて、その上でお菓子やパンを作ったり、ダイニングに移動して作業することができます。 ワークトップワゴンはさまざまな用途に利用可能 通常はキッチンの中に収納可能で、ワゴンの中は広めの収納スペースになっています。 自分の使い勝手の良いように中身を入れ替えることで、各家庭の事情に合わせた使い方ができる仕組みです。 都度作り替えられる設計 ほかにも、栗原さんならでは工夫が盛りだくさん。 キッチンの側面には折りたたみ椅子が収納可能。 ワークトップワゴンと組み合わせて使えば、料理の傍らで子供に勉強させたり、自分で調べものをしたりすることもできます。 キッチンの天板は奥行き70センチメートル。 ゆとりをもって料理ができる広さを確保しています。 当初は白にしようと思ったそうですが、「傷が気になりにくい色ということでグレーにしました」と栗原さん。 ちょうど利用者の目線の位置にある棚は、下から上に開くデザインで、開けっ放しでも使える作りにしています。 その下には扉のない棚を設置。 メーカー発想だと、どうしても広く作ってしまいがちですが、あえて狭めの設計にすることで、余計なモノを乗せさせないデザインにしました。 目線の位置にある棚は開けっ放しでも映えるデザインに サブキッチンの引き出しは、間隔を広めに取り、中の様子がわかるようにしています。 中が見えないと、ついつい雑然としがちな棚の中身を可視化することで、どこに何があるか一目でわかると同時に、整理整頓の習慣がつきやすい形にしています。 収納スペースには、あえて仕切りを作らず、自分で自由に変更できるようにしています。 利用者に機能を押し付けるのではなく、自分が今持っているものを最大限に生かして、「その都度、変えていく楽しさ」(栗原さん)を感じてもらおうという配慮からです。

次の