肝臓 に いい 食事。 家庭の医学:肝臓病の食事療法とは?

肝機能を高める食事とは?肝臓の数値が気になる方に

肝臓 に いい 食事

肝臓がんの治療の柱となるのは手術療法です。 肝臓を切除するケースも多く、手術後はこれまで通り食事ができないのではと心配になるかもしれませんが、経過が良好で肝臓の機能が正常であればほとんど食事制限の無い食生活を送れるようになります。 ただ、再発することも多い肝臓がんですので、食生活には十分に気をつけていきたいところです。 栄養バランスの良い食事を 肝臓は、切り取っても再生できるという驚異的な能力を持った臓器です。 肝機能が比較的良い状態であれば手術で切り取ったとしても、元の大きさに近いくらいまで再生することができます。 それぞれの状態によって時期は異なってきますが、食事もほとんど以前と変わりなく食べられるようになることが多いでしょう。 ただ、肝機能が低下していたり肝硬変で肝臓の繊維化が進んでいる場合は再生するのが難しくなります。 肝臓の再生を促したり、がんの再発を防いだり、肝臓に負担をかけないためにも食事は重要となってきます。 肝臓は、体内に入ってきた飲食物を代謝したり解毒したりする働きをしています。 体に必要な栄養素を十分にとることはもちろん重要なのですが、とりすぎてしまうと逆に肝臓に負担をかけることになります。 過不足のない栄養バランスのとれた食事を心がけることが大切です。 特に注意したいこと 肝臓に負担をかけないためにも、塩分は控えめにしましょう。 とりすぎるとむくみや腹水がたまる原因となります。 肝臓の状態をよくするために、果物や野菜を食べ、ビタミンやミネラルを補給しましょう。 アルコールも機能が正常であれば少量なら問題無いようですが、代謝時に発がん物質が作られることも知られていますので、できるだけ控えた方がよいでしょう。 肝炎や肝硬変の人は禁酒する必要があるでしょう。 受けた治療の内容やそれぞれの状態で異なってきますので、食事については主治医によく確認しておくとよいでしょう。 手術が間に合うのはステージ3まで!?肝臓がんのステージについて 肝臓がんの症状が現れたら、すでに手遅れになっていると言われます。 がんが進行していても自分ではまったく症状も無く、気づくことも無い「沈黙の臓器」肝臓。 肝臓がんの症状は1から4のステージがあり、手術が間に合うのがステージ3までと言われています。 肝臓がんの症状 食欲不振、体重の減少、疲労感、倦怠感、微熱が続く、右上腹部の痛みや圧迫感が症状として訴えられます。 これらが進むと、黄疸や腹水などの症状も表れます。 肝臓がんの治療は 肝臓がんの治療は肝臓自体の状態が良いことが前提で、手術はステージ3の時点までとされています。 それ以降は肝機能が低くなり、手術自体が困難なことと、施術を受ける患者さんの肉体的負担が大きいのが実際です。 肝臓がんの厄介な点 早期発見、肝機能が良い単純な肝臓がんなら、手術を受け治療が可能です。 ウイルス性肝炎や肝硬変などを併発している場合には、手術が大変困難になります。 また肝機能が衰えている状態で手術を受けても、5年以内の再発の可能性が非常に高く存在します。 肝臓がんを早期発見する 肝臓がんになりやすい患者さんは、C型・B型肝炎ウイルスによる肝炎から肝硬変や慢性肝炎の持病から移行する場合が多いです。 肝臓に何らかの症状が無くとも、自分の肝機能があまり良くないと自覚するだけでも、早期発見となります。 早期発見には定期健診が大変有効で、血液検査と腹部の超音波検査があります。 肝臓がんになりやすい人 高齢の男性、アルコールを多く飲む、肥満と糖尿病が有り、脂肪肝になっている人があげられます。 肝臓に過度の負担がある場合、肝機能が悪かった経験の有る人が肝臓がんを発病する傾向があります。 検査で肝臓がんの進行度がわかる?!血液検査と画像検査について 肝臓がんかも知れないと診断され、検査を受けるように言われたら・・・ たぶん、どんな人でも目の前が真っ暗になってしまうかもしれません。 自分がどういった状態なのか知りたい、がんが治らないのだろうか、不安で心を引き裂くような気持ちに苦しんでいらっしゃるなら、検査ついてよく理解してみましょう。 肝臓がんの初期段階 肝臓がんは2センチ以下の初期段階では、殆どの人が全く症状も有りません。 何の自覚症状も無い事が多く、自覚症状が現れた時には肝機能が低下してがんは進行しているケースが殆どです。 初期症状は全身の疲れを訴える人が多く、次は食欲不振やお腹の張りを訴えます。 肝臓がんが発見される 殆どの人が症状が全く無い状態で画像検査によって、肝臓がんが発見されます。 この時点で体重減少、腹水、微熱、吐き気、黄疸、むくみ等の症状があります。 疲れ・倦怠感・微熱・体重減少・食欲不振などは肝臓がんとは中々想像できず、風邪や疲労かな等と他の原因だと納得されてしまっていることが多いです。 画像検査 2. CT検査 2. MRI検査 3. 血管造影検査 4. 超音波検査 画像検査で特定できない場合には病理検査をします。 ひとこと がんと言う響きで何もかも判らなくなってしまうかもしれませんが、着実な医学の進歩によりがんは不治の病では無くなりました。 不安で怖いという思いを、知ることと理解することで自分が今どんな状態なのかを把握できます。 知る事は貴方の力に成るでしょう。 では、実際の陽性率とはどのようなものでしょうか。 下記では、肝臓がんに関連した腫瘍マーカーについて見て行きたいと思います。 肝臓がんの進行度は、次の3要素の組み合わせによって「I、II、III、IVA、IVB」 の5段階に分類されます。 3要素・・・T因子、N因子、M因子。 <T因子(がんの進行度)について> T因子はがんの個数、大きさ、脈管侵襲のによって規定されます。 胎児期には肝臓・卵黄嚢で多く産生されますが、出生後では産生されなくなり、肝細胞のがん化によって産生されるようになります。 また、肝炎・肝硬変でも20~40%の陽性率となるため、単独での早期診断は困難であると言える。 がん化の他、長期静脈栄養・閉塞性黄疸・ワーファリン投与などビタミンK欠乏で増加する。 その他の検査との併用について 肝細胞癌の早期診断のためには、1 血液検査・2 腹部エコーなどの検査を組み合わせることが必要です。 2cm以上で、次の超音波所見(辺縁低エコー帯、側方陰影、内部エコーの不均一化など) 最後に 肝がんの切除を行った際の、ステージごとの5年後生存率に関しては以下になります。 腫瘍マーカーだけの結果を信頼せず、血液検査や超音波検査の毎年の変化を良く比較しながら、病状が変化しないうちに投薬・食事改善などの処置を行うことが非常に重要です。 原発性肝臓がんと転移性肝臓がんの違いは?治療法と診断方法 肝臓がんではないかと自分で疑ったり、医師から可能性を告げられたりすると、もう驚きで何も考えられなくなるかもしれません。 一言で肝臓がんは大きく分けて2つの種類があるのをご存知でしょうか。 それに拠って治療法も、診断方法も変わってきます。 肝臓がん2つのパターン 肝臓がんには、原発性肝臓がんと移転性肝臓がんの2つの種類があります。 原発性肝臓がん…肝臓の細胞が変異してがんになるもの 転移性肝臓がん…肝臓以外のがん細胞が血液で運ばれ、肝臓でがんになったもの ともに共通する特色は、肝臓にしこりを作ります。 原発性肝臓がん 肝臓の細胞には、肝臓本体を作り肝臓機能を維持している肝細胞と、肝細胞で作られる胆汁が通る胆管細胞があります。 肝細胞ががん化となる肝細胞がん 原発性肝臓がんの内95% 胆管細胞ががん化となる胆管細胞がん 原発性肝臓がんの内4% これらの2種類が原発性肝臓がんの殆どを占めています。 転移性肝臓がん 肝臓以外の臓器が発祥地で、血管を通る血液に乗ってたどり着き、そこで着床しがんのを形成します。 この場合、他の臓器ががんを発生させており、その元の臓器との関係も大切な要素として関わってきます。 がんのオリジナルにこだわる意味 転移 転移してきたがん細胞は、オリジナルのがん細胞の複製で、他の臓器に発症したがん細胞と同じものです。 例 始めに胃がんが有り、胃がんからの肝臓に転移 転移性肝臓がん のがん細胞は胃がんと同じ細胞でできています。 またその性質も胃がんと同じです。 知ることは力 落ち着いて「がん」を知ることで、恐怖の対象から理解の対象へと変化します。 知らないと不安を呼び起こし、不安は恐怖と変わり、恐怖は対象を隠して、全て無かった事にしようとします。 ただひたすら脅えず、知ることにで病と付き合えます。 知ることは力です、知ることは次のドアに進む大切なツールです。 ashinari. php].

次の

肝臓病食は「バランスのよい食事」が基本!

肝臓 に いい 食事

私たちは、食べ物から栄養を補給して生きています。 食べたものは、いろいろな酵素によって消化され、栄養素となって小腸から吸収されます。 小腸から吸収された栄養素は、門脈を通って肝臓に入ります。 肝臓では、いろいろな化学反応が起こり、栄養素は体の各部位に必要な形に作り変えられ、全身へ送り出されます。 また、肝臓は飢餓に備えて蓄える機能もありますので、あまった栄養は肝臓に貯蓄されるのです。 肝臓では、体をつくるための材料であるたんぱく質の代謝が行われています。 肉・魚・卵・大豆などのたんぱく質を含む食品を食べると、アミノ酸から必要なたんぱく質に合成し、血液を通って全身へ送られます。 不要になったたんぱく質は、分解して処分するために肝臓で解毒されて、老廃物として血液中に放出されます。 その後、老廃物は腎臓でろ過され、尿として排泄されます。 また、肝臓では糖質の代謝を行い、エネルギーの材料となるブドウ糖などの糖質を全身に送り出されています。 糖質を余分に取り過ぎるとグリコーゲンに変えて貯蔵しますが、それ以上に食べ過ぎて過剰になった糖分は、中性脂肪に作り変えられて肝臓に貯蔵されてしまいます。 ほかにも肝臓には、コレステロールを作る役割、アルコールを解毒する役割、胆汁をつくる役割などがあります。 肝臓は、生きるためにさまざまな働きをしている大事な臓器です。 しかし、不規則な生活リズムや乱れた食生活、飲酒などは肝臓に負担をかけてしまいます。 肝機能の数値の上昇を健康診断で指摘されてしまった方もそうでない方も、まずは毎日の食事から少しずつ見直してみませんか?食生活を通した改善方法について、一部ではありますが解説していきます。 これらは、肝臓の中で働く酵素ですが、肝臓がダメージを受けた状態になると、血液中に出てくるため、肝機能の指標となります。 たんぱく質の代謝に関する肝機能の指標は、「総蛋白」や「アルブミン」などです。 栄養状態の指標にも使われる項目で、数値が低い場合は栄養障害など、高い場合は脱水などが疑われます。 また、不要になったたんぱく質の老廃物は「尿素窒素」で表されます。 通常であれば腎臓でろ過され、ほとんどが尿中に排出されますが、腎機能が低下していると尿中に排出されずに血液中に蓄積されてしまい、この数値が高くなります。 糖質の代謝に関する肝機能の指標は、 「血糖値」「HbA1c ヘモグロビンエーワンシー 」という数値で表さます。 過剰に取り過ぎたエネルギーは「中性脂肪」として表されます。 糖質やアルコールを取り過ぎた時には、これらの数値が高くなります。 他にも、中性脂肪などは脂質に関する指標として確認をすることができます。。 脂質に関連するのは「HDL-コレステロール」「LDL-コレステロール」です。 HDL-コレステロールが少なくてLDL-コレステロールが高い時は、動物性脂質の取り過ぎと野菜不足が考えられます。 肝臓は機能が低下しても、症状を感じにくい臓器です。 そのため、健康診断や人間ドックの血液検査で、定期的に状態を確認していくことが大切です。 日常的に必要量以上に食べている人は、個人の適正量に合わせた食事にすることが大切です。 簡単な目安としては、体重が増え続けている人は食生活に注意が必要です。 食べる量や食事の内容を見直し、よく噛んでゆっくり食べましょう。 日常的にアルコールを飲む人は、アルコールの解毒で肝臓に負担をかけています。 週に2日以上は飲まない日「休肝日」を作ることが理想です。 アルコールの飲む量を減らすことも考えましょう。 腹囲が男性85㎝以上、女性90㎝以上の人も食生活に注意が必要です。 肝臓では必要以上に摂り過ぎた糖分は中性脂肪に作り変えて蓄えられてしまいます。 ごはんなども糖質ではありますが、消化吸収に時間がかかる複雑な糖質です。 しかし、甘いお菓子やジュースなどの単純糖質は消化吸収が早いため、食べている量を見直して控えましょう。 LDL-コレステロールが高値の人は、食生活が肉料理や揚げ物に偏っている可能性があります。 週の半分は魚料理を入れ、野菜の摂取量を増やしましょう。 【主食】ごはん、パン、麺 原材料を見ると、ごはんは米、パンと麺は小麦が大半です。 米と小麦は同じ糖質の食材ではありますが、米は消化吸収がゆっくりで、血糖値の上昇が緩やかです。 また、腹持ちがいいのが特徴です。 さらに玄米や雑穀を加えると、多くの食物繊維やビタミン・ミネラルも摂取できます。 パン・麺は消化吸収が早いので、食べる時はよく噛んでゆっくり食べましょう。 【主菜】肉・魚・卵・大豆製品 主菜は、たんぱく質を含むおかずです。 肉・魚・卵・大豆製品は良質たんぱく質とよばれています。 たんぱく質は、皮膚や筋肉を作るのはもちろんのこと、臓器を作る材料にもなります。 ダメージを受けた肝臓を修復するためには、良質なたんぱく質を取ることも大切です。 できるだけ、肉・魚・卵・大豆から料理するおかずを食べましょう。 【副菜】野菜・きのこ・海藻 副菜に含まれる主な栄養素は、ビタミン・ミネラルと食物繊維です。 肝臓はいろいろな栄養の吸収・分解を行う上で、ビタミン・ミネラルが必要です。 食事からしっかり取り入れましょう。 食物繊維は、腸から栄養素を吸収する時に、余分な糖や脂質の吸収を妨げ、吸着して便として排出してくれる働きがあります。 ただし、野菜の中でも漬物は塩分を多く含みますので、サラダや煮物・炒め物などで摂取することをおすすめします。 野菜の摂取は、厚生労働省から「1日350g」と言われています。 副菜のおかずで考えると、1日3~5皿が目安になります。 毎食1品以上の野菜料理が入るよう、意識しましょう。 以上のように、食生活の見直しをすることは、肝臓の働きを助けたり、肝臓を守ったりする働きに繋がります。 それを日常の食生活に取り入れることも一つの方法です。 肝臓がダメージを受けると、肝細胞からAST、ALTなどの酵素が漏れ出て血中に移行し、血中の酵素値が上昇します。 クルクミンとビサクロンは、 肝臓の炎症や酸化ストレスを抑制することによって、血中の酵素値を低下させると考えられています。 ポリフェノールの一種でもある「クルクミン」は、鮮やかな黄色をもった秋ウコンの色素成分で、カレーの着色などにも使われています。 秋ウコンはショウガ科の熱帯性植物で、クルクミンは秋ウコンの根茎に含まれます。 クルクミン以外にも、この「ビサクロン」が、ウコンにとって重要な成分であるということが、最近の研究によってわかってきました。 肝臓は無言の臓器といわれます。 その肝臓を大切にすることが、健康寿命を延ばす一つの方法になるかもしれません。 執筆者プロフィール 高山 菜々子(管理栄養士) 特別養護老人ホーム、病院の大量調理や栄養指導やカフェ経営などに携わり、独立。 現在は、一般社団法人健康応援隊を設立し、代表理事として、みんなの健康を応援する活動をしている。 「病気と食事」の知識をベースに、疾病予防や各種食事療法の相談・アドバイスや、支援するための環境作りをしている。

次の

肝機能がグングン向上!肝臓にいい食べ物とは

肝臓 に いい 食事

記事の概要・目次• 2千以上もの酵素を作りだし、代謝や解毒をしています。 この酵素の働きは肝細胞の修復作業ですが、酵素を作りだすのに必須なのがタンパク質ということです。 ですので、消化吸収の良いタンパク質を摂るようにしましょう。 体に入ったタンパク質は、胃腸で分解されアミノ酸へと変化します。 それが肝臓に行くとそこでまた体を作るタンパク質へと変わっていきます。 ダイエットで食事制限をすると、タンパク質が足りなくなり肝細胞の修復が出来にくくなります。 良質なタンパク質とは ・植物性タンパク質・・・大豆や豆腐、納豆などの大豆製品。 ゴマなど。 ・動物性タンパク質・・・肉、魚、乳製品、卵など。 そして肝臓の働きを軽減させてあげるために大事なのが、食物繊維です。 食物繊維といえば便秘解消につながりますが、腸に便が溜まって発生する有害物質を解毒するもの肝臓のお仕事です。 食物繊維もしっかりとって肝臓の負担を軽くしてあげましょう。 肝臓や腎臓に良い食べ物の代表といえば? 肝臓や腎臓に良い食べ物といえば、何が思い浮かびますか?いくつか紹介します。 またテレビのコマーシャルや広告などでよくみかけ、お酒を多く飲む人にオススメされています。 ウコンにはクルミンという成分が入っていて、胆汁の分泌を活性化させ肝機能の働きを助けてくれます。 牛乳には、良性の動物性たんぱく質が含まれていて弱った肝臓の修復に効き目があります。 お味噌汁や豆腐、納豆などの大豆製品を意識して摂るといいでしょう。 腎臓や肝臓に良い食べ物は結構ありますよ! 二日酔いになってしまったらどうしていますか? よくお味噌汁を飲む、しかもシジミのお味噌汁がいいというのは聞いたことがありますよね。 シジミは腎機能や腎臓障害の修復や改善に効くといわれています。 他にも腎臓によい食べ物は結構あるんです! スイカ、ほうれん草、ハト麦、豆なども腎臓に良いとされています。 利尿作用が期待されているからのようです。 利尿作用がある食材の特色は、カリウムを含んでいることです。 カリウムには塩分の摂りすぎを抑えてくれる働きがあり、腎臓への負担が減るということが言えます。 また、キャベツや芋類、昆布やヒジキも腎臓に良い食材だと言われています。 こうしてみると、腎臓に良いとされる食べ物は結構ありますね。 腎臓のことを考えているなら、これらの食材を使い毎日の食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。 肝臓や腎臓の調子が良くない。 そんな時にはこんな食材を 腎臓の調子が良くないと、むくみや倦怠感の原因になったりします。 腎臓を回復させる為に早め早めのケアを心掛けましょう・・・。 その為の食事を挙げてみます。 ・ゴマやくるみ 腎臓の働きは血液をろ過してくれますが、ゴマやくるみは血流を良くしてくれる上、いらなくなった物の排出を促進してくれます。 中国医学では腎臓を元気にするといわれているほどです。 ・ごぼう、レンコン、山芋など これらには、カリウムや食物繊維が豊富に入っていて、この成分が体内でいらなくなった物の排出を促してくれます。 ・野菜や果物 これらにもカリウムが含まれおり、体内の水分調整やいらなくなった物の排出を促進してくれます。 夏はスイカがオススメです。 腎臓に良い食べ物は他にも! もう少し詳しくみていきましょう。 ・肉類 牛肉よりも良質なタンパク質の鶏肉・豚肉がよいですが食べ過ぎますと、逆に腎臓に負担をかけてしまいますので注意しましょう。 ・海藻・魚介類 腎臓に良い食べ物として、コンブ、カキ、イワシ、カツオなどがあります。 味噌汁の定番の具であるシジミには、オルニチンというアミノ酸が豊富に入っていて腎臓障害の改善に役立つといわれています。 その他に、ミネラルやタンパク質も豊富でまさに腎臓によい食べ物といえます。 ・豆類 黒豆や小豆などもあります。 解毒作用もありますので意識して摂るといいですね。 ですが、すでに腎臓が弱っている場合は豆類に入っているタンパク質腎臓に負担がかかるため注意が必要です。 健康な腎臓の方にのみオススメします。

次の