ニナパープルトン。 ニナ・パープルトンとは (ニナパープルトンとは) [単語記事]

ニナ・パープルトンとは (ニナパープルトンとは) [単語記事]

ニナパープルトン

経歴 [ ]• 高校生の時は部に所属し 、ソフトボールをしていたが、怪我をきっかけにもうひとつの夢だった芝居の世界に行こうと思い 、『』()に合格。 『スター誕生! 』第36回決戦大会ではやからされなかったものの、優先的に決戦大会への再挑戦権を与えられる審査員奨励賞を受賞する (この回の最優秀賞は)。 その後『スター誕生! 』第38回決戦大会に挑戦するも、今度はに敗れた。 しかし、それがきっかけでタレント養成所からスカウトされ、レッスンを経て10月に『』で芸能界にデビューした。 アイドル時代、最初事務所は「才賀企画」に所属していたが 、1983年後半の時期にに移籍。 ボンド移籍を機に佐久間レイから 佐久間 麗に改名 、この頃の愛称は ガー子だった。 2月にから『はみだし天使 』でレコードデビューし、NHK『』にサンデーズの一員として出演。 、テレビアニメ『』のピアス役で声優としてデビュー。 以後は声優として活動を行うようになり、主人公やヒロインも多く演じるようになる。 から放送されているテレビアニメ『』にはバタコさん役で全話出演しているが、にが急逝したため、その時点でアフレコ未収録だった2017年のクリスマスSPに限り、鶴が演じていたを兼任で代演した。 特技 [ ] 特技として、の演奏、の演奏を挙げている。 エピソード [ ]• 関連に興味があり、その昔『』にゲスト出演した際には本気での存在を信じていると語った。 また、「の前には自分が演じるキャラクターの霊が体内に入り、完全にキャラクターになる」とも語っている。 としての経験や、子供がに通っていた経験などを活かし、子育てや男女共同参画、人権、国際交流などのテーマでの講演活動や、の被災者訪問なども行なっている。 出演 [ ] 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ [ ] 1985年• (ピアス) 1986年• (サディ・ディーン)• (ルチーナ)• (ペロ) 1987年• ( エイミー・マーチ )• (ジェリー・ビーンズ)• (ドージ)• (1987年 - 1988年、花緒里、ヘルパー、弘子、明子)• (ミーナ) 1988年• (ルイ子)• (梓)• (キャサリン)• (1988年 - 、 バタコさん、 みみせんせい〈5代目〉、ピョン吉〈初代〉、ウサ子〈2代目〉、スケールちゃん〈6代目〉、ユリさん〈初代〉、カレン〈2代目〉、ノートくん〈初代〉、ドレミ姫〈3代目〉、 〈代役〉 他) 1989年• (ローザ)• (シャララ姫、ドラむすこ)• ( 皇輪子)• ( リーム・ストリーム)• (アーヤ)• (メロディ)• (1989年 - 1992年、)- 2シリーズ 1990年• (ミカ)• ( バタコさん)• (1990年 - 1991年、 ミイ、ミムラの娘)• (エレナ)• (妻成耐子) 1991年• ( ロッテ・ケルナー) 1992年• (桜井看護婦)• () 1993年• (立花小夜子)• (大乗寺ルミ子) 1994年• (姫野ヒメコ、アシカショーのトレーナー)• (明美)• (〈2代目〉) 1995年• (マリリン)• ( 榊原ヨーコ、かおるのママ)• ( アリス) 1996年• X'マスだよ!ドラえもん&ドラえもんズ超スペシャル!! (チャウチャウ)• (イオン、リルA、カレン) 1997年• (安土桃子)• (リサ)• (1997年 - 2001年、、、リサ)• (1997年 - 2004年、吉野里美、笠間菊代、椎名明子) 1998年• (君原霞)• (カナトの母)• (槇原つぐみ)• ( シア)• (マリアンヌ・オーレルカイゼン)• (キャンシー)• (1998年 - 1999年、 あかボン 、ビーダの神)- 2シリーズ 1999年• (光・闇のカード)• (1999年 - 2001年、少年、森嶋ミドリ 他)• (イネコ・ノーマ)• (凛堂あやか)• (深山瑞葉)• ( ネーヤ) 2000年• (小野耀子)• ( FUMIKO TOKORO)• (2000年 - 2013年、マフラーちゃん、ねてるくん(代役)、春名ヒロミ)- 4シリーズ 2001年• ( 霞桜女 、ドンちゃん、白樺マリ子、榊原ルナ)• (ノーマ)• (廉博士)• (塔矢明子) 2002年• (シェリー )• (江田島このは)• (屍解仙女)• (柾木船穂)• (サクラ) 2003年• (レベッカ)• (桔梗)• ( 有紀螢)• (カメツル族の母) 2004年• (イーディス)• (マーガレット市長)• (コミンゴ)• (律子)• (まめぞう)• (バーバラ) 2005年• (2005年 - 2009年、 )- 4シリーズ• (水城冴子)• (桜)• (サクラ)• (アザラシ、アウネス) 2006年• (上月春美)• (ユキコ・ダテ、クロ、ラーダ・バイラバン)• (フィフィー、ライジ)• (モリーン) 2007年• (タチアナ・グリゴリエフ) 2008年• (イズラ)• (ステラ)• (蛍子)• (2008年 - 2009年、ピゴモン、チャミー) 2009年• (坂田〈愛ちゃんママ〉)• (2009年 - 2010年、ママみえこ、クリケット) 2010年• (エカナイト)• (ラーダ・バイラバン、クロ)• (2010年 - 2018年、リドヴィア=ロレンツェッティ )- 2シリーズ• (月影春菜)• (女王) 2011年• (火藍) 2012年• (逢沢 母〈逢沢詠子 〉)• (たーすけ君 、チェリー)• (妄想ユー)• (高峰あんな) 2014年• (2014年 - 2017年、らぁらのママ、白パンダ)- 3シリーズ 2015年• (パンドラ女王 )• (2015年 - 2016年、ヤシオ)- 2シリーズ 2016年• (神戸理香子) 2017年• (モリィ)• の宇宙大冒険 with 138億年前へひとっ飛び!? の段( 創造の女神) 2018年• (らぁらママ) 2019年• (科学者)• 白虎ver. ( ピピ美〈第14話Aパート〉 ) 劇場アニメ [ ] 1988年• (玉ちゃん)• 1989年• ( バタコさん)• (ファティマ・クローソー)• ( マイメロディ)• ( ジジ ) 1990年• (ナレーション)• ( バタコさん) 1991年• ( バタコさん、かびるんるん)• ( バタコさん)• ( シャンプー) 1992年• ( ニナ・パープルトン)• (ぎょポ)• ( バタコさん)• ( バタコさん)• ( ミイ)• ( シャンプー) 1993年• ( バタコさん)• (ガリオン・ブリーキン侯爵夫人、ミニドラ) 1994年• ( バタコさん、かびるんるん)• ( バタコさん)• ( シャンプー)• (ガヤ狸) 1995年• (ヨーコ )• ( リング・スノーストーム、吹雪丸の母)• ( バタコさん)• (セワシの母) 1996年• ( バタコさん)• ( バタコさん)• (車内センサー)• (サイザー) 1997年• ( ミミミ、ミニドラ)• ( バタコさん)• ( バタコさん) 1998年• (マリーメイア・クシュリナーダ)• ( バタコさん)• ( バタコさん) 1999年• (ミニドラ)• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2000年• (ペイオース)• (幼少期の源静香)• (ミニドラ)• ( バタコさん)• ( バタコさん)• (ミニドラ) 2001年• (マフラーちゃん)• (ミニドラ)• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2002年• (シーナ )• (マフラーちゃん)• ( バタコさん、かびるんるん)• ( バタコさん) 2003年• (マフラーちゃん)• ( バタコさん)• ( バタコさん)• (市佳代、〈少女時代〉) 2004年• (マフラーちゃん)• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2005年• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2006年• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2007年• (カプチーノ)• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2008年• (チタイ)• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2009年• (オペレーター)• ( バタコさん)• ( バタコさん)• ( チャミー ) 2010年• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2011年• ( バタコさん、やみるんるん、評議員)• ( バタコさん) 2012年• ( マイメロディ)• ( バタコさん)• ( バタコさん)• (ウサギ)• やなせたかしシアター アンパンマンが生まれた日( バタコさん) 2013年• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2014年• ( バタコさん)• ( バタコさん) 2015年• ( バタコさん)• ( バタコさん)• (らぁらママ)• ( バタコさん) 2017年• ( バタコさん) 2018年• ( バタコさん) 2019年• ( バタコさん) 2020年• (タマキ) OVA [ ] 1985年• ( 虎馬由美 ) 1986年• ( 速水ミツコ〈 ミッチー〉)• (スジャータ) 1987年• (神田美香) 1988年• (爛火)• ( カルメンシータ)• ( アマノカズミ)• (シ・アエン) 1989年• (榛原奈留)• (ブレア)• ( 小早川流水)• (女子学生)• うる星やつら ヤギさんとチーズ• (夜川伶香〈ピース〉)• (娘 奈美)• (種村先生) 1990年• (高原素子)• (安藤妙子)• ( べるの)• ( 真夕姫)• ( エイプリル・ビカーク)• ( 雪姫)• (南令子)• (チカ)• (フィアンナ王女) 1991年• (メノーザ)• ( 、予告ナレーション)• 1992年• (柾木船穂樹雷)• (アーシェス・ネイ)• (いづみ)• 水晶の滑鼠( べるの、佐久間レイ(本人)、秘書 劇中歌「LADY FROM KRETA クレタ島の女 」ボーカル) 1993年• ( 尾崎レオナ)• (ビーナ)• ( シャンプー)• (イェーガー中尉)• (宇宙海賊ベルガ )• (葵)• (田村美穂)• ( マイメロディ)• (露羽)• (ラクロア・バルビス)• 我が愛は永遠に( シャンプー) 1996年• (雨ぼうずのビッチャン)• (深山瑞葉)• 」( シャンプー) 1997年• ( 皇藍華)• ( )• (サザピー) 1998年• (久慈彩香)• (ジャネット・ハート) 2000年• (ホリィ) 2001年• (広中ともや、校長先生〈丘田知紗〉)• (優美) 2002年• (マフラーちゃん) 2003年• とっとこハム太郎 ハムちゃんずの宝さがし大作戦 〜はむはー! すてきな海のなつやすみ〜(マフラーちゃん) 2004年• とっとこハム太郎 ハムちゃんずと虹の国の王子さま 〜せかいでいちばんのたからもの〜(マフラーちゃん)• とっとこハム太郎 ハムちゃんずのめざせ! ハムハム金メダル 〜はしれ! はしれ! だいさくせん! 〜(マフラーちゃん) 2005年• (クロ) 2006年• (雨宮瑞穂) 2010年• ( シャンプー) 2011年• (ペイオース) 2014年• (ナレーション) ゲーム [ ] 1990年• (ニーナ、妖姫モルガン、ピッポ)• (エイプリル)• (ニーナ、妖姫モルガン、ピッポ)• (ミスティー・クラウス)• (アマノカズミ)• (ラクロア・バルビス)• ( ナル) 1993年• (ディアナ・フィレリア、ルーシャン・ミルフィット)• (柿崎涼子)• トップをねらえ! vol. 2(アマノカズミ)• (ソフィア)• 風の伝説ザナドゥII(ソフィア)• (サチコ・エモリ) 1996年• ファーランドストーリーFX(ルシーダ)• (サニア・パカプカ)• シリーズ(ドナ) - 2作品• (一条美月)• (、アマノカズミ)• (小牧瞳子)• ファーランドストーリー〜四つの封印〜(ルシーダ) 1998年• (直江巴澄、朱雀)• (影山サキ、水狐)• (アマノカズミ、エレクトラ)• スーパーロボット大戦F完結編(ニナ・パープルトン、アマノカズミ)• (ミナ)• プリンセスクエスト(パル)• (シャラザード・高純)• (橘由羅)• (フォー) 1999年• (1999年 - 2019年、ニナ・パープルトン、『0083』タイトルコール〈PORTABLE〉、、ニキ・テイラー〈ZERO・F・SPIRITS〉) - 11作品• (クロ)• (春野陽子)• (東野佐織) 2000年• (ペイオース)• (ヨーコ小杉)• (クロ、ニナ・パープルトン、アマノカズミ)• (村雨涼子)• ( セフィ)• (サニア・パカプカ、泉の妖精、幸運の神)• (軽井沢もも) 2001年• (クロ)• (メリー・ジェーン・ワトソン、ブラックキャット) 2003年• (ナフィア・ユリエル・ニーデリア)• (ミニドラ) 2004年• (シ・アエン)• (キャサリン) 2005年• スーパーロボット大戦MX ポータブル(シ・アエン)• (アマノカズミ)• (雨宮瑞穂) 2006年• (ニナ) 2007年• (アマノカズミ)• (クロ、ラーダ・バイラバン)• (クロ、ラーダ・バイラバン) 2008年• (リング・スノーストーム) 2009年• 新世紀エヴァンゲリオン バトルオーケストラ PORTABLE(アマノカズミ) 2010年• (シロ)• (バタコさん、ドレミ姫) 2012年• (クロ) 2013年• (クロ) - 追加キャラクター 2014年• (神戸理香子) 2015年• (クロ、ラーダ・バイラバン)• (オオタ・カズミ)• (王妃 )• (キョンシーYui 、岡部いんこ ) 2017年• (アマノ・カズミ) 2018年• (クロ) 2019年• (アマノ・カズミ、クロ)• とある魔術の禁書目録 幻想収束(リドヴィア=ロレンツェッティ ) 2020年• (クロ) ドラマCD [ ]• (ポーラ・プレーリー)• (里)• (宇宙海賊ベルガ)• ( 、少年時代の)• V(マーサ、スラリン)• ( 煌美麗)• (藤田七実)• (サイザー)• 術のききめはウェディングベル! (応募者限定発売)(尼僧)• ( アニース・ジャニース)• (ニーナ) 吹き替え [ ] 映画 [ ]• (ヘレン・ヒルシュ〈〉)• (盲目の女性〈〉)• (ロニー・クルーズ)• (ゴーディ)• (サラ)• ( ソフィー)• (ミイ )• 「」(デラ、ナレーション 他) テレビドラマ [ ]• ( 8)• (大木戸新子)• 総合 (女子大生)• 直前スペシャル来るぞ! 超SFX!! (日本テレビ、1988年)司会 - と共演• ドキュメンタリードラマ 猫探偵の事件簿 (語り) テレビ番組 [ ]• (2016年1月20日、ゲスト出演)• ( 高木ハツ江、 斎藤とし子〈2代目〉、濱バツ江)• 「おもいでレストラン」(2009年8月26日、)(ナレーター)• 8686ch 恋旅「ぼくらのレインボウ」(摩符螺菜月)• ( 女の子の声)• ( メグ)• (時代:) CM [ ]• (ミイ)• ヒロインメイク(エリザベート・姫子)• (ナレーション) ラジオドラマ [ ]• オーディオドラマ 〈2014年配信〉(国岡ユキ) レコード・CD [ ]• (藤江田純子)• (アムリタ)• (V・スラリン、マーサ)• CDドラマ (ソフィア)• CDドラマ (ソフィア)• CD Book (サイザー)• チャレンジ3年生計算カンペキマスターDX グラッセ姫を救え! くりけいかんのドキドキアドベンチャー(グラッセひめ)• CDドラマ (ソフィア)• - コンスタンティンの声• サンリオキャラクター「」(カプチーノ)• サンリオキャラクター「」( サユリ)• goo人名事典. 2019年12月8日閲覧。 日本タレント名鑑. 2019年12月8日閲覧。 2019年12月8日閲覧。 、 2019年10月27日閲覧。 、 2019年10月27日閲覧。 、 2019年10月27日閲覧。 佐久間レイ公式ホームページ「REIさんの部屋」. 2019年10月27日閲覧。 ()1983年3月号 122-123頁• 1993年1月号付録「アニメディア手帳」8頁• 2017年12月15日 2019年10月2日閲覧。 事務所 収録REPORT. 2018年5月2日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月23日閲覧。 「究極対至高 長寿料理対決!! 」(1992年)、「日米コメ戦争」(1993年)• メディア芸術データベース. 2016年8月22日閲覧。 メディア芸術データベース. 2017年1月2日閲覧。 KING OF BANDIT JING. アニプレックス. 2017年3月26日閲覧。 とある魔術の禁書目録III アニメ公式サイト. 2018年9月30日閲覧。 "第12話「新生江ノ高サッカー部」". テレビアニメ『エリアの騎士』. 2012年3月24日放送. NHKアニメワールド アニメ おしりかじり虫. 2012年10月6日時点のよりアーカイブ。 2012年9月3日閲覧。 東京メトロポリタンテレビジョン. 2015年9月13日時点のよりアーカイブ。 2015年9月17日閲覧。 2019年4月1日. 2019年4月1日閲覧。 TVアニメ「ポプテピピック」公式サイト 2019年4月2日. 2019年4月2日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月4日閲覧。 マッドハウス. 2016年6月16日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年8月5日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年10月23日閲覧。 手塚治虫公式サイト. 2016年5月3日閲覧。 機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY. 2017年4月11日閲覧。 徳間書店. 2017年2月11日閲覧。 『ポポロクロイス牧場物語』公式サイト. 2015年6月16日閲覧。 とある魔術の禁書目録 幻想収束. 2019年4月24日閲覧。 「Vol. 1 約束の土地へ」「Vol. 2 炎の紋章」「Vol. 3 風の軌跡」「Vol. 4 魔道の聖域」のキャストより。 映画『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』公式サイト. 2015年1月11日閲覧。 2013年12月20日閲覧。 外部リンク [ ]•

次の

久しぶりに機動戦士ガンダム0083見たんだけどニナ・パープルトン言うほど悪い女じゃなくね?

ニナパープルトン

ニナ・パープルトンとは、「」の登場人物である。 同作品のであるが、後述の行動から、などのを受けることが多い。 通称()はをもじって「紫豚」 概要 ・ロニクスの社員であり、の担当者。 機体の性試験のために降り立ったで、であると出会う。 の中で徐々にと親密になるが、の終盤で突如敵側の、との交際歴が発覚。 さらに際の直接対決でをかばうなど、いまだ未練たっぷりであることを見せつけを裏切った。 に事が済んだあとはまたの前に顔を出すなど、反省はもく自分のに素直な面をのぞかせる。 このような行動から・とのが多く、に挙げられることが多い。 なお、3大にはニナ・パープルトンの他、()、 ()、(、)、()などが補に挙がるが、とはとして考えることが多く、• というより狂人の• というよりただのわがままな というかに翻弄されたでしかないという意見もある であるクェス• というより女、女傑の• 悲運に翻弄され、そもそもであるかすら疑わしい、やったことを見ればであることは確かだが根っからのというわけではなくためにだっただけの など、3大への列挙にがある他人物にべ、ニナ・パープルトンはとして不動の地位をしている。 関連項目•

次の

いけっち店長雑記

ニナパープルトン

人物 支社の社員。 21歳(0062年生まれ)。 月出身(フォン・ブラウン市との説あり)、アメリカ系という説があるが定かではない。 の中で製造された、を担当する専属のシステムエンジニア で、自分が担当するガンダムに対して一種的な強い思い入れを持つ。 1号機および2号機の重力下実動試験の現場指揮者としてに搭乗し、に降り立った。 の一員であるによる2号機強奪後も、追撃任務に加わった1号機のサポートとしてアルビオンに留まった。 とは後に親密な関係となったが、才媛ゆえの気の強さがたたってか、出会った当初の仲は険悪だった。 女たらしであるから言い寄られることもしばしばあり、コウを交えた三角関係が幾つかの事件を引き起す。 またコウとは別の意味でマイペースな性格であり、相手の感情・事情をおもんぱからない言動が周囲とのトラブルを引き起こすこともあった。 ガトーと交際していた過去があり、それに起因する煩悶が、ガトーへの敵愾心に燃えるコウと仲が進展するに従ってより彼女を苦しめることとなる。 そして物語終盤におけるコロニー落としの最中に、撃たれたガトーをかばってコウに銃口を向け発砲し、2人の関係を知らなかったコウに大きな衝撃を与えた。 ただしストーリー前半では2人は元恋人という伏線は無く、第1話でガンダム試作2号機に乗り込もうとするガトーに、「誰よ!? 」と発言している。 これに関しては気配で誰かが乗ったのは判ったものの、ニナの居た場所からは2号機のハッチは見えなかったからと設定製作の武井良幸が説明している。 漫画版では2号機強奪の際にガトーだと気づいていた、小説版ではガトーがヘルメットを着用していたため気づかなかった、という設定が取られている。 OVAシリーズ終了後に刊行された小説版『機動戦士ガンダム0083』(下巻・終章「濁流」)では、コウはあの日以来、なぜニナの真意を察することが出来なかったのかと悔やんでおり、もし彼女があのとき制止してくれなければ、自分は無抵抗のガトーを撃ち殺した罪悪感と、後味の悪さを一生引きずっていただろうと述べ、彼女は、コウにそんな思いをさせたくなかったから銃を向けたのであって、決して裏切りたかった訳ではなかった、というその時の心情の詳細が語られている。 が終結した後、コウがの無断使用の罪状により軍事裁判にかけられ、1年の懲役刑を言い渡されるが、軍上層部により一連の事件の真相の隠蔽のため、ガンダム開発計画が「無かったこと(登録抹消)」とされ、GPシリーズが登録抹消されるに伴い罪状が消滅し釈放された後、北米オークリー基地に赴任したコウをやと共に出迎えている。 ただし、映画版ではコウが基地に赴任するシーンが無く、テロップで罪状消滅のみが示され、その後の動向については不明となっている。 加登屋みつる版コミカライズでは初登場時でコウと互いに一目ぼれしている。 包容力に満ちた心優しい大人の女性として描かれており、過去の恋愛関係も含めてガトーとの絡みは一切削除されている。

次の