メタン ハイド レート 実用 化。 期待の国産資源・メタンハイドレートの開発研究はここまで進んだ

日本海に採取しやすいメタンハイドレート 実用化への期待高まる: J

メタン ハイド レート 実用 化

日本近海のメタンハイドレートの分布図 BSRというのは、「海底擬似反射面」といって、音波を使った物理探査(反射 法地震探査)で特徴的な海底の反射面のことをいうそうです。 BSRがあるということは、その上部にメタンハイドレートが存在すると推定されるそうです。 わかりやすくいうと、「メタンハイドレートがある場所」を意味するわけです。 埋蔵量はBSRではわからないそうですが、 日本近海の メタンハイドレートの埋蔵量は1996年の時点でわかっているだけでも7. 35兆m 3で、日本で消費される天然ガスの約96年分あると予想されています。 今回、経済産業省が試算したのは、愛知県沖の東部南海トラフで10カ所以上の濃集帯(ガス田)が確認され、1カ所当たり1日100万m 3程度の生産が期待できる。 1カ所の操業期間は15年程度と想定し、仮に10カ所で操業できれば総生産量は547億5千万m 3に上るとの前提で試算したそう ですが、メタンハイドレートには実用化に向けてまだまだ問題があるようです。 メタンハイドレートの問題点 採掘方法の問題 メタンハイドレートの採掘方法は、井戸を掘って地層の圧力を低下させ、メタンハイドレートを溶解させてメタンを回収する「減圧法」が検証・実験の対象として進められているそうです。 メタンハイドレートの採掘「減圧法」 ただし、この「減圧法」は様々な問題もはらんでいます。 地中で圧力を下げてガスを取り出せば、その周辺部との圧力差が生じるため地層内で崩壊が起こり、回収用のパイプが砂で目詰まりを起こすという課題も残されているようです。 それに、取り出せるガスは井戸の周囲の限られた量だけなので、大量生産するには膨大な数の井戸を掘ることになります。 採掘コストの問題 石油や天然ガスの生産手法も基本的には減圧法ですが、井戸を掘れば液体や気体なので自噴といって陸上や海上まで噴出してきます。 ところが、メタンハイドレートは固体なので、何かのエネルギーを用いて強制的に取り出さなくてはいけません。 採取したエネルギーと、採取に要したエネルギーとの比のことをEPR(エネルギー収支比)といいますが、このEPRの値が1以上にならないと、資源としては疑問視されます。 上記のようなことも絡んで、メタンハイドレートの採掘コストも問題の一つになります。 日本海側のメタンハイドレートは結晶状で存在しており低コストで採取できるそうですが、経済産業省が試算したのは太平洋側です。 今回の試算では産出施設の整備費や、操業に必要なコストなどを考慮していないそうですからまだまだわかりません。 地震誘発・地盤沈下の危険性の問題 前述のように、メタンハイドレートを採掘する際、地中で圧力を下げてガスを取り出せば、地層内で崩壊が起こり、地盤沈下を引き起こしたり、南海トラフ地震などの巨大地震を誘発するのではないかという懸念も指摘されています。 (ただし、メタンハイドレートのある地層は巨大地震の震源となりうる地点よりも浅い地点に存在するため、地震を誘発する可能性は低いという見方もあります) メタンハイドレートの実用化はいつ? 政府は平成13年(2001年)度からメタンハイドレートの開発を進めてきましたが、平成28年度(2016年)から平成30年(2018年)度は商業化に向けた技術整備や、経済性の検討、環境影響の評価などを実施する。 その後は民間主体の開発に移行し、平成30年代後半(2024年~2027年?)に商業化プロジェクトの開始を目指す方針だそうです。 メタンハイドレートの実用化は、あと8年~10年というところでしょうか。 政府が今年度(平成27年度)までに計上した予算総額は926億円で、想定通りに平成30年代後半に商業化できれば、メタンハイドレートの売上3兆3千億と、投じた予算総額の30倍を超える効果が投資を上回る成果が期待できるという発表でした。 なかなか想定通りというわけにも行かないでしょうけど、ほとんどのエネルギー資源を輸入に頼っている我が国としては、期待をしたいところですね。 沖縄本島地方の一部は暴風域 アメリカンフェイロー American Pharoah 3冠達成! 第147回ベルモントステーク 愛知県常滑市でガソリン安売り激化! yahooニュースに「ガソリン安売り激化1L85~87円…他店 エイプリルフールの映画「エイプリルフールズ」 エイプリルフールの映画「エイプリルフールズ」がエイプ ピンク醤油華貴婦人 NHK総合あさイチでピンク醤油が取り上げられていたようです。 台風13号 ソウデロア Soudelor が発生 7月30日21時に台風13号 ソウデロア S メイウェザーvs. パッキャオ ボクシング世紀の一戦が近づいている。 9地震 ネパール首都のカトマンズ近郊で4月25日前11時56分(日.

次の

メタンハイドレートとは 実用化はいつ? 悪魔の資源?埋蔵量,関連銘柄,中国韓国は?,採掘場所グーグルマップ?

メタン ハイド レート 実用 化

视频播放位置 中国が先ほどメタンハイドレートの試験採掘に成功し、メタンハイドレート開発の歴史的進展を実現した。 これはエネルギーのアップグレード、経済発展のモデルチェンジに取り組み、煙霧による呼吸器系の汚染を懸念するわが国にとって、紛れもなく重要な意義を持つ。 しかし中国の経済モデルチェンジ、エネルギーアップグレード、大気品質改善の重責を、メタンハイドレートの短期間内の実用化に担わせるのは、恐らく困難だろう。 まずメタンハイドレートの開発による環境リスクを認識し、これを全面的に解明し、効果的に対応する必要がある。 これはメタンハイドレートを、技術的試験採掘から実用化に向かわせる上で重要になってくる。 中国はスタートが遅れたが、順調に進展している。 全体的に見ると、どの国も大規模な採掘を実現していない。 これには一つの根本的な原因がある。 メタンハイドレートは開発の過程において、従来の油ガス資源の開発による地質災害、温室効果、環境破壊などを大きく上回るリスクをはらむからだ。 次にメタンハイドレートの経済性、特に従来の化石エネルギー価格と使用コストを下回ることが、代替エネルギー源になるための前提条件だ。 化石エネルギー技術の成熟度と規模による経済性と比べると、政府の補助なき新エネの価格には競争力がない。 メタンハイドレートが実用化の段階に入れば、量産化によりコストを削減できるが、太陽エネルギー、風力エネルギー、地熱エネルギー、バイオマスエネルギーなどの再生可能エネルギーとの競争にさらされる。 しかもメタンハイドレートの実用化の過程において、再生可能エネルギーの実用化と同じく、国家からの補助を必要とすることが予想できる。 コストの強みにより商用・民間市場に進出するまでには、さらに長い時間を必要とする。

次の

日本沿岸に埋蔵の大量のメタンハイドレート、実用化しない理由…原発と輸入天然ガスに固執

メタン ハイド レート 実用 化

日本は、全ての再生可能エネルギーで、ドイツよりもはるかに再生可能エネルギー資源に恵まれており、たとえドイツより10年遅れでも2030年には40%を実現可能ということになる。 ・・・ 『メタンハイドレートの実現性が高まる、日本海で225カ所の内部構造を確認』2013年12月02日 「新潟県の上越沖と石川県の能登半島西方沖で進められていたメタンハイドレートの資源量を把握する調査の結果、大規模な内部構造が225カ所も確認できたことが明らかになった。 調査を実施した資源エネルギー庁が発表したもので、海底の地表に白く露出しているメタンハイドレートも見つかった。 [石田雅也,スマートジャパン] 2013年3月に太平洋の三重県沖でメタンハイドレートの抽出に成功して以来、にわかに国産の新エネルギーとして注目が高まっていたが、実現に向けてまた一歩前進した。 資源エネルギー庁が日本海の上越沖と能登半島西方沖で進めていた調査の結果を11月29日に発表して、225カ所にのぼる大規模な内部構造を確認できたことを明らかにした。 9月下旬から10月上旬に上越沖で実施した無人機を使った探査では、海底の地表にメタンハイドレートが露出していることも発見した。 海底の浸食によって内部から露出している状態を初めて確認できたもので、「燃える氷」と呼ばれるように白くて固形燃料に似た物質が見える。 日本海側で想定されるメタンハイドレートは、海底から100メートル以内に存在する「表層型」と考えられている。 6月から7月にかけて音波を使って実施した地質調査では、表層型のメタンハイドレートが存在している可能性が大きい「ガスチムニー」と呼ぶ内部構造が上越沖と能登半島西方沖で225カ所も確認できた。 その大半は直径が200~500メートルあり、最大では直径900メートルほどの大規模な構造も見つかっている。 資源エネルギー庁は引き続き、表層型のメタンハイドレートが分布している可能性が高い日本海側の複数の海域を対象に、同様の資源量を把握する調査を実施する計画である。 いずれの海域も事前の調査によって「BSR(海底疑似反射面)」と呼ぶメタンハイドレートの潜在可能性を示す結果が出ていて、今回と同様に大規模なガスチムニーを確認できる可能性が大きい。 ・原発によって邪魔されてきた次世代産業が大きく活性化され、原発産業の数倍~数十倍の雇用が創出される。 技術革新の進展とともに、かつての産業革命に匹敵するようなことが起きるかもしれない。 ・急激に発展する新興国のインフラ整備や環境対応が、ビジネスとして注目を浴びている。 1 日本海側の10府県の知事で構成される【日本海連合】が府県が主導してメタンハイドレードの商用化等を行おうとする府県の連合組織であり、特に京都府の山田啓二知事、新潟県の泉田裕彦知事、兵庫県の井戸敏三知事等が中心と成り、メタンハイドレードの商用化にメタンハイドレード基地とGTCC等の最先端ガス火力発電所を併設する方向で話が進んでおるのであります。 2 新潟県の上越沖と石川県の能登半島西方沖で進められていたメタンハイドレートの資源量を把握する調査の結果、大規模な内部構造が225カ所も確認された事は、既に述べた通りの事に成る事を確定的にする事であり、海底の地表に白く露出しておるのが確認されておるのであります。 まさに内部から露出しており、早く採掘されたいと待っておる様であります。 海底奥深くでは無く、海底から100m以内の浅い部分に大量に在るモノであり【表層型】と呼べるモノであります。 ガスチムニーは至る所に大規模なモノが存在し、日本海全域からオホーツク海に掛けて幅広く遠大に存在しており、経済産業省や資源エネルギー庁が存在を重々承知の上で隠蔽して来た【日本国の国益】そのモノであります。 福島第一原発事故の発生は、経済産業省の不良官僚共をこの無尽蔵のメタンハイドレードの商用化を成させざるを得ない様に追い込んだのであります。 【日本海側のメタンハイドレートは表層型といい、海底に塊となって露出している。 太平洋側は取ったら終わりだが、表層型は海底からメタンハイドレートの柱が立っていて、粒々が毎日、作り出され、溶け出している。 いわば地球の活動が続く限り、生成され、100年分どころか埋蔵資源の常識を覆す量になる(青山氏)】 最高にクリーンなCO2の排出問題にも気を使う必要もなく、硫黄酸化物や窒素酸化物を殆ど含まない、再生可能エネルギーに近い良質の最高の化石燃料であり、絶えず生成され続けて埋蔵量が無尽蔵であり、日本国の経済の持続的成長を促すと共に、これは中国や朝鮮半島の近海にも埋蔵されており、資源の分捕り戦争に発展する事は考えられないのであります。 以上の様に化石燃料の枯渇問題への懸念はゼロと成り、石油など輸入する必要も無く、メタンハイドレード等での灯油やガソリンに代わる燃料を使えば良いし、その方向で事は動いており、これに石油連盟は【最終消費者へのGS等に置けるガス、電力、水素エネルギーの直接小売】を近年中に開始する事を決定済みなのであり、更に家庭用、工場用、オフィス用の【水素自家発電装置】も同時に売り出される予定であります。 【原発即時ゼロ】こそ、公正な電力の価格競争による電力料金の現行からの半額以下への低下は明白であり、次世代事業の育成や活性化やグローバル競争での勝ち組に日本国が成る事が確実なのであります。 そして、遠大な雇用創出が確実であり、日本国経済の持続的な高度成長が当然の如く期待出来るのであります。 GTCC、SOFC、IGCC、IGFC等の最先端ガス・石炭ガス化複合発電、各種の再生可能エネルギー、最先端の燃料電池、水素社会の実現等のエネルギーに関する世界最高水準の技術を日本国は持っており、メタンハイドレード等による恩恵を新興国へも御裾分け出来るし、そうする事で国際社会での地位が上昇するのは自明の理なのであります。 【原発即時ゼロ】と【発送電の所有分離】と【地域独占の禁止】、【総括原価方式の禁止】を行い、原発関連予算を完全に廃止し、次世代エネルギーの開発・本格実用化等へ予算をつぎ込み、既存電力会社を破綻・廃業させても原発の【石棺廃炉】や放射性廃棄物の最終的な【宇宙投機】を実現し、【将来世代への負の遺産】を消滅させるべきと思うのであります。

次の