背景透過 綺麗。 メディバン・背景(白)を透過する方法【線画抽出・ぬりえ】

画像透過ツール

背景透過 綺麗

ゆーじのUnity開発日記 【GIMP】画像の背景色を綺麗に消して透明化する Unityでゲーム開発をする際の素材作成に、フリー画像を取ってきてGIMPで編集というパターンをよく使うのですが、フリー画像がjpgだったり背景が透明じゃなかったりすることもよくあるので、その背景を綺麗に透明化する方法です。 普通に背景の白色部分を消すだけだと、だいたいこんな感じになってしまいます。 実際に使うときの背景も同じような色だと特に気にならないのですが、この画像のように元の背景が白で実際に使うときの背景が黒といったように背景色が異なると、元の白色が少し残ったりして汚い感じに。 こうならないように、綺麗に背景を透明化してみます。 まず、画像を用意します。 この画像はpngなのですが、背景が透明ではなく白色になっていました。 もし「色を透明度に」が選択できない場合は、アルファチャンネルが含まれていない画像なので、「色を透明度に」の2つ上にある 「アルファチャンネルの追加」をすると、選択できるようになると思います。 (特にjpg画像はもともとアルファチャンネルを含んでいないので、この作業が必要となります。 ) するとウィンドウが出てくるので、背景色を選択してOKを押します。 このままだと背景以外の部分も半透明になってしまっているので、これを直します。 出てくるウィンドウで、いい感じになるように値を選んでOKを選択。 設定した値以下のアルファ値になっているピクセルが全て透明になり、それ以外は不透明になります。 これで完成! あとは背景色に近かった部分の色が少し変わってしまっているので、適宜細かい部分を修正すればOKです。 スポンサードリンク.

次の

WEBブラウザ上で簡単に透過PNG画像を作成できるツール

背景透過 綺麗

画像透過ツールの使い方 それでは早速 透過画像の作り方です。 透過させたい画像をアップロードする 画像読み込みエリアの「参照」からアップロードしたい 画像を選び、読み込みます。 画像を透過処理していく こんな感じです。 背景を一気に消して透過させる まずは背景の白い部分をクリックします。 この時点でかなりの背景が消え、透過されます。 こんな感じです。 しかしこの時点だとまだ 画像は完璧には 透過されていない部分があるので、細かい調整をしていきます。 透過画像の細かい調整を行う 基本的には隣接する色同士のコントラストを見て 透過の処理がされます。 赤枠で囲った部分のように、真っ白ではなく、対象 今回の場合ブタ との色のコントラストが曖昧な部分は一発では透過処理がされません。 そこで、画面下部にある調整ツールを使用して、綺麗に透過させて行きます。 細かい画像透過ツールの使い方 基本的に使用するのは下記の黄色枠で囲ってある箇所になります。 透過の設定 色モードとペンモートがあります。 色モード キャンバス上の色に対して、その色を透明にするモードです。 許容値、隣接、透明色の3つの機能があります。 許容値:0は、クリックした色と同色だけを透過。 数値を上げればクリックした色に近い色を透過します。 隣接:隣接している色同士を消す事が出来ます。 透明色:通常だと透過された箇所は白黒のチェック背景になっていますが、透明エリアの色を変える事で透過の残りを見やすくする事が出来ます。 ペンモード ペンモードが直に透過にしたい箇所をなぞる事で、背景画像を消す事が出来ます。 便利ボタン• 進む・戻るボタン:間違えてしまった時はこの「戻る」ボタンで作業を戻す事が出来ます。 間違えてもブラウザ自体の戻るボタンを押さないようにご注意下さい。 拡大鏡:細かい作業を行う際に、カーソルの近くを拡大した状態の窓を表示させる事が出来ます。 まずは透明色を変更して、透過されている箇所を分かりやすくします。 やりすぎてしまったら、許容値を落としてみましょう。 この時点でほぼ画像が透過されています。 細かい部分はペンツールで消していきましょう。 この際に拡大鏡を使用するとやりやすいです。 拡大鏡のエリアだと画像が消えていませんが、上部のプレビューエリアだと消えているのでご安心下さい。 綺麗に透過出来たら最後に保存です。 透過画像を保存しよう 下部のツールの画像化を押すと、透過した画像が改めて表示されます。 これを 右クリックして保存すれば透過画像の完成です! WEBブラウザで誰でも簡単に透過画像を作れるツールまとめ Photoshop等の画像編集ツールがなくても、意外と簡単に透過画像を制作する事が可能です。 WEBブラウザで透過のPNG画像が作れるサービスは他にも数サイトございますが、全て試した結果「」さんが1番使いやすく、綺麗に透過画像が作れたので、おすすめす。

次の

Photoshopで背景の白い部分を透明化(透過)する方法

背景透過 綺麗

ゆーじのUnity開発日記 【GIMP】画像の背景色を綺麗に消して透明化する Unityでゲーム開発をする際の素材作成に、フリー画像を取ってきてGIMPで編集というパターンをよく使うのですが、フリー画像がjpgだったり背景が透明じゃなかったりすることもよくあるので、その背景を綺麗に透明化する方法です。 普通に背景の白色部分を消すだけだと、だいたいこんな感じになってしまいます。 実際に使うときの背景も同じような色だと特に気にならないのですが、この画像のように元の背景が白で実際に使うときの背景が黒といったように背景色が異なると、元の白色が少し残ったりして汚い感じに。 こうならないように、綺麗に背景を透明化してみます。 まず、画像を用意します。 この画像はpngなのですが、背景が透明ではなく白色になっていました。 もし「色を透明度に」が選択できない場合は、アルファチャンネルが含まれていない画像なので、「色を透明度に」の2つ上にある 「アルファチャンネルの追加」をすると、選択できるようになると思います。 (特にjpg画像はもともとアルファチャンネルを含んでいないので、この作業が必要となります。 ) するとウィンドウが出てくるので、背景色を選択してOKを押します。 このままだと背景以外の部分も半透明になってしまっているので、これを直します。 出てくるウィンドウで、いい感じになるように値を選んでOKを選択。 設定した値以下のアルファ値になっているピクセルが全て透明になり、それ以外は不透明になります。 これで完成! あとは背景色に近かった部分の色が少し変わってしまっているので、適宜細かい部分を修正すればOKです。 スポンサードリンク.

次の