天才 チャート 勝て ない。 FXデイトレ大百科~爆益!FX天才チャートを徹底的に活用!

及川圭哉 ガチ速FX 27分で256万を稼いた鬼デイトレは勝てない 高評価レビューに要注意

天才 チャート 勝て ない

直近のFX書籍ランキングでも一度は耳にしたことがあるかもしれません。 fxに関心がある方は一度は見てみたいと思う書籍。 アマゾンでは相当高い評価を得ています こちらの書籍のレビューをご覧ください。 見たことがないくらいほぼ5に近い4代です。 では、レビューをいくつつかご紹介します。 及川先生、いつもYouTubeのリアルトレードで勉強させて頂いております。 毎週月曜日、木曜日と曜日を決めてリアルトレード動画を投稿していることに、及川先生は誤魔化しを一切しない本物の凄腕FXトレーダーと思っていました。 月曜日から金曜日までで勝ってる日のトレードだけリアルトレード動画でYouTubeに投稿するなら自分だってできますから 笑 早速本を読まさせて頂いてびっくりしました。 先生、トレードノウハウ出しすぎです 笑 チャート実例が多くまるで教材みたいです。 一通り読みましたが、YouTubeのリアルトレード動画で先生が普段言っていることがはっきりとわかりました。 これで1620円は安すぎじゃないですか?????。 無料で天才チャートも頂いてるし無料講義動画で勉強して既にリアルトレードしているので、この本に書いてあるトレード手法で20万円ぐらい一発で稼げると思いますから、20万円ぐらいの価値がある本です!いや教材です! 早速明日から、チャンスが来たら本に掲載してあるトレード方法でトレードしてみます。 レビューを見て即Youtube動画を見てみる。 衝撃の連続、無料で売買ロジックを惜しげもなく披露し、そして勝っている。 ガチ速で書籍購入。 常勝トレーダーを目指し書籍、ブログ、動画を見まくり猛勉強中。 実はAmazonで書籍がオススメに出る前にツイッターかなにかの広告でFX天才チャートってのが出てきたのだけど、著者の怪しい風貌と天才というネーミングだけ見てスルーしていた。 すいません。 完全に怪しい詐欺商材だと思ってました。 見た目だけで判断せず中身見てから判断しないとダメだなと痛感した。 おや?? ちょっとひっかかるところがあります。 いったいどういうことでしょうか?? 実際にそんな気がしていたのですが、やはりこの書籍は少なからず書籍そのものとしての価値というより、情報商材とのコラボとしての視点があるようです。 つまり、チャートが無料でもらえる上に、YouTubeで無料で学習できるというコスパの良い本として評価が加味されている模様です。 ちなみに実際に1週間ほどですが、トレードしています。 推奨は夕方のヨーロッパオープン、そして夜のニューヨークのオープンです。 まあ、勝つには勝つんです。 ところが、、、 やはり勝ちパターンと同時に負けパターンというものも存在します。 それは、抵抗線が破られる。。。 しかも次々と、、、 という事実。 私の経験した負けパターンをご紹介します。 1通貨ペアなら良いのですが、複数同時エントリーが推奨されているため負けが2倍にも3倍にも膨らみます。 資金管理に触れる記述はない。 そのため数百万や数千万という自分の証拠金サイズに見合わない金額を狙う。 利が延びるのを待つ。 慌てて損切、もしくはそのままホールド。 おそらく、コツコツドカンといういパターンで大負けする人が多いのです。。 これは、まさに5分足スキャルに多いパターンです。 FXで退場するのは短い時間足のトレードのとき 手数料とスプレッドを加味すると多少の利益では決済しづらいのです。 これはやらないとわかりません。 ちなみに著者の及川氏。。。 41歳で一文無しになっていることから、、、 直近にもあるのでは??と想像がつきます。 比較するといけないかもしれませんが、実践者のツイッターを見てみます。 対象とするのは、スイングトレードで人気のある鹿子木式勝ちパターン10の実践者のツイート。 スイングトレーダーはほんとにじわじわと利益を積み重ねます。 比べるともうわかるかと思います。 確かに勝てている人もいますが、、、及川式は少し厳しいです。 一応勝てている人もいますが、負けトレードも目立ちます。 発信して負けを認めているのなら良いですが、負けた人は発信しなくなります。 証拠金投入というツイートもよく見かけます。 問題は負けトレードの量と質です。 スイング側は負けは多少あっても、ナイスロスカットという表現。 デイトレ側は、数十万円の負けを。。。。 などと明らかにギャンブル性が高いトレードを行っています。 ただし、チャートの斬新さ、無料というコスパなどから挑戦する人が後を絶たないという事実もあります。 そこはFXを楽しむという点では良いと思いますが、プライベート時間を削りまくってのチャートの張り付きはあまり褒められるものではありませんね。 追記 基本的にこの書籍のメインは、夕方からのトレード。 ヨーロッパ勢の参入時間15時頃からを推奨しておりますし、またその時間帯の戦術解説です。 この時間仕事にでているサラリーマンの方がこの5分足手法をするのは不可能に近く、勉強を行ってもエントリーできない。 という状況になってしまうでしょう。 また、画面の前に張り付けになることからこの手法は定年退職した方など非常に限られた方となってくると予想します。

次の

及川圭哉の天才チャートとFXismパラダイムメソッド内容評判レビュー

天才 チャート 勝て ない

今回はFXで勝てない人と勝てる人では何がどう違うのか?おそらく負け続けている人って本当に何が違うのかと真剣に考えた事もあるのではないでしょうか。 そんな方へ向けて負け組から勝ち組になれた僕がお伝えしていきます。 結構、本心で書いていきますので厳しくなるかと思いますので覚悟してくださいね。 FX勝てない人の思考 僕も当然ながら勝てない時期があったわけですね。 なので勝てない人の気持ちは十分理解できます。 なのでそんな勝てない時期に抱いていた考えなども振り返りながら書いていきます。 言われた事しか出来ない ・日本人の特徴でもある ・それがFXではデメリット 決して日本人がダメってわけではないんです。 そういう教育を受けてきたので仕方ない。 FXを勉強していく上で書いている事、チャートパターン、インジケーター、時間足など書いてある事はそれ通りに理解していくんです。 日本人って基本的に目上の人のいう事は聞く事と教わってきました。 また集団行動なども含めて外れた事をしてはいけないような教育を受けてきてるんですね。 なので自分で勉強した事の中でも少しの応用編パターンなどがくると途端に分からなくなるんです。 相場というものはいつも同じチャートパターンなどではありませんよね。 なので言われた事しか出来ない人はFXではデメリットになりやすいという事です。 情報を得た時点で納得する これは先ほどと少し似ている部分があります。 勉強は真面目にするんです。 おそらくですが、この記事を読んでくれてる方のほうがFXの知識ってたくさんあると思います。 でもその得た情報から何を考えるのか? FXで勝てない人はここが欠落している人がかなり多いと感じます。 言えば ・自分で出来ない ・明日やろうはバカやろう ですね。 FXはプロの世界なんです。 得た情報だけで簡単に勝てるわけないんです。 しかも出回っている情報が本当に正確かどうかも分からないんですよね。 なので、情報を得た時点で納得して終わっている人はFXで勝てないとも言えます。 自分で確かめる事が非常に大切なんですね。 FXでもあるセミナーなんてのもそうなんです。 FXセミナーに行った事があるのではないでしょうか?こんなもの行っただけで勝てるわけがないのと一緒なんです。 そこから自分で考えるんですよ。 明日やればいい。 FXはそんな甘い世界ではないですからね。 僕がやったセミナーに興味がある人はこちら 100%を求める FXというものは基本的に100%はありません。 でも、負けたくない思いからどうしても相場に対して100%の答えを求める人もいるんです。 また逆に相場の全てを理解しないとトレードに踏み込めない人もいるんです。 ものすごく真面目な人に多いかと思います。 こんな相場ってありますよね。 こういう難しい相場に対してもすごく真面目に考えてしまうんです。 難しい部分をどれだけ考えても難しいので余計に分からないようになるんです。 そして疲労困憊でギブアップ。 で、ギブアップした後なんかに綺麗に動いていくんです。 こういうのは真面目過ぎる弊害だと僕は思っています。 FXで勝てない人は失敗を恐れる これはFXに限らずの話しですね。 何かをする時には必ずリスクっていうものがついてきます。 簡単な話しを言えば失敗なんてして当たり前なんです。 FXは特にお金が直接動いて見えるのでより失敗感が強いものだとは思います。 でもその失敗を恐れていては前進できません。 失敗するのが嫌だからエントリーも躊躇してしまう、これはタジタジ病でもありますね。 FXで勝てる人の思考 それではここからFXで勝てる人の思考について書いていきたいと思います。 これはFXだけではなく様々なビジネスにおいても考え方は一緒です。 もし自分がFXで勝てないのであればぜひ参考にしてくださいね。 臨機応変に捉え判断できる FXに関しては特に求められるスキルかなと思います。 言えばFXで勝てない人の思考とは逆をいっているという事ですね。 例えばこんなチャートがあるとします。 下落のトレンドが発生していて売り相場の局面なんです。 このチャート図に2本の矢印を書きました。 見て頂くと2回の下落直前のチャート形状って違いますよね。 FXで勝てない人は形にこだわり過ぎる傾向になります。 でもFXで勝てるトレーダーは臨機応変に対応して判断出来ている事が多いです。 例えばチャートパターンでいうなら三尊があります。 このような黄色の波形で書いた三尊ですね。 では次はこういう部分で発生している三尊になります。 どうでしょうか?同じチャートパターンでも大きさや時間足の規模などで描いてくる形って様々なんですね。 なのでその部分を柔軟にリアルで捉えていく、そして判断していけるのが勝てる人の思考です。 FX勝てる人は自分で確かめる ・知り得た情報を検証する ・見て納得ではなくそこから行動する おそらく一番の差がここにあるのではないかと思います。 FXでなぜ? こう思った事は腐るほどあると思うんです。 そう思ったならアナタはどういう行動に出ましたか?という事なんです。 自力で勝ち組に上がったトレーダーは本当に検証をしていると思います。 どういうパターンがあって、勝率はどれぐらいなのか?またはタイミングはこうか?など細かい部分まで実際に検証を1度はしてるでしょう。 天才ではない限り。 笑 そういう事を一連でやっていくうちに『あっ!』と気づいていくわけなんですね。 自分が必死で考えてた事って分かるとこんなにも簡単な事か!って。 そういうプチ成功体験みたいなものがドンドン重なっていくんですよね。 そうする事により自分で検証しているからこそ理解も出来て自身にもなるわけです。 FXで勝てない人は勝ちトレーダーに聞けば分かると思いすぎなんですよね。 いくら情報が正確で分かりやすくても、最終的には本人なんです。 なので情報を得たら、まずは自分でちゃんと振り返りを出来るようになりましょう。 損切りは気にしない 基本的にどんな優秀なトレーダーでも損切りにあいます。 まぁ、超絶ナンピンは除きますよ。 笑 でも損切りは仕方ないと捉える事が出来ています。 トレードというものはトータルでプラスにしていくものですので、途中で負ける事もある。 でもその損切りは損切りされた時点で終わった結果として捉えるだけなんです。 もはやただの作業 FXは本当に勝てるようになるまでは何かしらの感情って抱く事が多いんですよね。 でも勝てるトレーダーはもうすでに自分がどうなったら戦うのかを知っているのでただの作業でしかないんです。 言ってみれば迷う事もそれほどなくチャートを見ていると言っても過言ではない。 難しいと思う局面なら焦らずパスしますし、逆に分かりやすい部分になれば攻める。 これの繰り返しなんですね。 焦る事もないという事は自分の手法で戦える場所を知っているからなんです。 そういう意味では相場を理解しているからこそ目の前の値動きにつられる事なく戦えるとも言えます。 FX勝てない人が学ぶべき事 ここまでは勝てない人と勝てる人で思考が違うという事を書いてきました。 FXで勝てない人が学ぶべき点は、まず相場を知っていく事です。 ここに書いた事は参考にして頂きたいのですが、やっぱり相場を知ってこそ見えてくる世界なんです。 なので正しい見方でしっかり相場と向き合う事が大切です。 いつかなれるという幻想 いつか勝てればいいな~なんて思ってFXをやるぐらいなら僕はFXをオススメしません。 FXとはいくら頑張っても報酬が減る仕事でもあるからです。 普通に働けば自分のお金がマイナスになる事ってないんです。 働いたのにお金を払う事はないですよね。 でもFXではどれだけ自分が頑張ったとしても相場を理解していなければ自分のお金を奪われる事があります。 ここが決定的に違うんです。 なのでFXで成功していくにはしっかりとした思考を持つ事が大切です。 FX勝てない人と勝てる人の思考まとめ 見ているチャートって同じなんです。 勝てる人だけ特別分かりやすいチャートでもないという事。 でも負け続けたり、勝ち続けたりする人の違いはFXに対する姿勢に問題があったりします。 FXで勝てない人は、自分がFXに対してどれだけ向き合えているかをまずは振り返ってください。 人頼りになっていませんか?そういう部分から抜け出して、自分自身でチャートに向き合い答えを出していく。 まずはそのスタートラインに立つようにしてみてください。

次の

FXismデイトレ大百科(及川圭哉氏作) 使い方を間違えると勝てない件

天才 チャート 勝て ない

Contents• オージードル サインが出ている箇所で入れそうなのは17:00のところ。 ここはけっこう綺麗に勝てました。 他は損切りが大きくなったり、背にするものがなかったり、ルールに沿わないところで避けた方がよさそうな感じ。 結果的には勝ててますけどね。 オージー円 オージー円はチャート的に16:00の箇所がよかった。 オージードルも同時サインになっていて期待値アップ。 けっこう長いトレンド出てました。 ドル円 ドル円は22:00の時点は見てれば入れそうでした。 三角持ち合いブレイク、サポレジ、前日高値と根拠が多い。 そのあとの23:30くらいもよかったけど、しばらく踏まれてるのに耐えれたかなぁ。 ちょっと自信ないw ポンドオージー ポンドオージーは15:00以降トレンド出ましたね。 その初動である16:00のところは絶好でした。 これは15:00からオージー円、オージードルが上位足の抵抗を割ったため、そこからトレンドが出たという流れによるもの。 やはり上位足への意識はかなり重要だと再確認。 ポンドドル ポンドドルって1時間足とかで見るとけっこうヨコヨコなんですよね。 なので長期の流れはあてにできないものの、時間帯と短期の流れだけ見たら、15:30と17:00あたりは乗れそうな場面でした。 けっこう短時間で動いていたのもいい感じです。 ポンド円 ポンド円は16:00のところはけっこういい形。 1時間MAまでの距離はあるものの、抵抗線を背にして強気で行ける場面でした。 ユーロオージー ユーロオージーはオージーのトレンド発生の流れを受けるなら15:00以降に動きそうなものですが、それに匹敵するくらいのユーロの下落の勢いがありましたね。 なので結局ヨコヨコに落ち着きました。 通貨の強弱を見ているとこういうのもありますね。 ユーロドル ユーロドルはユーロの強い下落そのままの動き。 18:00のところはリスク取ってエントリーしていける場面でしたね。 ユーロ円 ユーロ円も16:00以降何度もエントリー場面の訪れた通貨ペアでした。 戻り目まできちんと待てればストレスをあまり感じることなく勝ててました。

次の