勝つ の が 好き なん だ よ。 好きってなんだろう?社会心理学の知見から考える「好き」とは何か

片思いでライバルに勝つ!好きな人から選ばれる5つの方法

勝つ の が 好き なん だ よ

ライバルは『パイレーツ・オブ・カリビアン』 あんま、こういった類の(企画)で「『パイレーツ・オブ・カリビアン』オススメです」っていうの、なくないですか?(笑)。 好きなんですよね~。 単純にストーリーが面白かったっていうのもあるんですけど、なんかちょっと、こういった映画を観たときに一瞬マヒってしまうんですよ。 つまり、これは僕たちとは全く違う異次元の生き物が作ったもので、僕たちが作るサイズのものではないっていうモードに入りがちなんですけど、「いやいやそんなことない」と思って。 やっぱ、おんなじ人間が作ってて、うまいことシステムを作って、うまいこと才能を集めて、むちゃくちゃ努力して、むちゃくちゃお金集めたら、これ僕らでも作れるはずだって。 なんか戒めとして、基本的に『パイレーツ・オブ・カリビアン』は競争相手だぞっていうのは……ちょっとありますね。 どうしても、それこそ芸人で活動してたら「ライバルは誰なんですか?」って話になったら、例えば「NON STYLEです」とか「ウーマンラッシュアワーです」とかなっちゃうじゃないですか。 そういう人たちは当然、切磋琢磨しなきゃいけない相手ではあるんですけど、同じように『パイレーツ・オブ・カリビアン』も当然、自分も何か2時間ぐらい人の時間を奪うような作品を作るわけじゃないですか。 ってなったときに、比べる対象として「ここに負けてちゃだめだな」っていう。 あと、このサイズのものを作れるようになっとかなきゃだめだな~と思って、その戒めとしてよく観てますね。 「すげーな!」と思うんですけど、一方で「ちょっと待って。 僕が作ろうと思ったら、あとどの問題をクリアしなきゃいけないんだ?」っていう。 「色々クリアしなきゃいけないことが多いぞ」と思って。 それもすごくいいんですけど、規模でもちゃんと太刀打ちできるようにしておきたいなって。 たぶんそのためには色々、もうシステムから整えなきゃいけないんだろうなと。 例えば、いちタレントが映画を作りたいって言っても作れないんで。 出資する会社がいて、製作会社みたいなのがあって、そんな枠の中で作るみたいなものになる。 だからシステムから作らなきゃいけないんだろうなっていうのがあって。 なので、それを観るたびに思いますね。 この規模のものを受け手として、要はお客さんとして観るだけじゃなくて、ちゃんと自分たちも作れるようになっておこうっていう。 そういうことを考えたときに、自分の仕事の仕方だとか、1年のスケジュールの切り方は変えていかなきゃいけないんだろうなって。 極端な話、レギュラー番組で1週間埋めてしまったら絶対に作れないんで。 結局、規模の話になってきたら自分の時間割をちゃんとしないと到達できないんで。 それは結構、思いましたね。 仕事をちゃんと整理して、ここに届く、そして超えられる時間割をちゃんとしていこうっていうのは決めましたね。 でもハリウッドとかディズニーとかも作ってる人がいるから、基本的に再現可能であると思っていて。 まずシステムから作んないと作れないんだろうなとは思いますけど、だからこういう規模の作品が産めるシステムをちゃんと作っておこうっていうのは、すごく意識してますね。 なんか言っちゃってるんですよ、はい(笑)。 「えっ、西野って応援しても結局ディズニーよりスケール小っちゃいもの作っちゃうの?」「だったらディズニー応援するよ」っていうことになっちゃうんで。 「いやいや僕、超えるよ」っていうのは一応、狙ってますね。 三谷作品は大好きすぎて…僕が作ったことにならへんかな(笑) 三谷さんが本当に好きすぎるんで……(笑)。 中でもやっぱ『ザ・マジックアワー』が一番面白かったっすね。 お話も、もちろん圧倒的に面白かったですけど、やっぱあの世界が良かったです、美術と。 最高でしたね! どこだっけな……守加護! あの架空の港町が良かったんですよね。 あと、V字の建物が、なんか良かったんですよね。 やっぱりそういう世界感が好きですね。 あと三谷さんの映画は舞台の匂いがしてすごい良いですね。 もう、ほんとに色っぽいなっていう。 舞台の人が作った映画っていう感じがしてて、なんかそれを悪く言う人がいるんですけど、全然そんなこと思わなくて。 「いや、これで良いじゃん、板の匂いすんじゃん!」みたいなのが、むちゃくちゃ好きっすね。 「この主人公に光を当てるんだ!?」っていうのが、やっぱ希望でしたね。 大スターばっかりじゃなくて、ずっと地道に地道に頑張ってきて……っていう人に最後にバッと光が当たって、しかもその頑張りを周りのスタッフさんはずっと見ていて、みんなで応援するみたいな感じは、なんかもう……泣きました! 楽しすぎて、嬉しすぎて。 感動して泣くってあんまないので、なんか良いもの観たときとか「もう嬉しい!」ってなったときにポロってなっちゃうんですけど、『ザ・マジックアワー』は泣きましたね。 あと、最後に出てくる職人さんがカッコよかったですね。 『ザ・マジックアワー』ほんとに大好き。 自分が作ったことにしたいです(笑)。 たまにあるんですよね、僕が作ったことにならへんかな? っていう、そんなやつの一つですね、ちょっと三谷さんに会ったら言っといてください、「何とかならんか?」って(笑)。 なんか、年齢を重ねれば重ねるほど「楽しいって良いな」みたいなのが結構、強めに出てきましたね。 三谷さんがいる時代に生まれて良かったっていうのは、ほんと思いますね。 「この人がいる時代に生まれて良かったな」みたいなのは何人かいるんですけど、三谷さんもその一人です。 デビューして1年経った時で、ほんとに右も左もわからないまま、いきなり番組の司会進行みたいなのを任されて。 「参ったな~」とか思いながら、手探りで「テレビってこんなのかな?」って感じでやってて。 頑張って上に上がろう! って皆で言っていて、25歳の時にゴールデンに上がって。 それで視聴率も毎週20パーセントとか取って、「あ、すごいことになってきたねー」みたいな感じだったんですけど、もうその時に「もうこれ限界きたな」って思って。 生活も良くなったし、ちやほやされるようになったんですけど、「スターにはなってないな」って思って。 で、このまま5年やって10年やって「抜けるな」って思ってたら多分やってたと思うんですけど、その気配が見えなくて、もうここにいても「無いな」と思ったので、すぐに梶原くんとマネージャーとか色々な偉い人呼んで、「一旦、僕はテレビから軸足を抜く」って言ったのが25歳ですね。 そこから軸足抜きましたね、なんか。 「テレビから一回軸足抜く」って言って、まぁレギュラー番組はすぐにやめられないんですけど、かと言って新しく番組を取りにいくっていうことは一切せずに、ちょっとずつテレビを減らしていこうってなってて。 25歳の時に、ただゲストで出ることはやめよう、ひな壇だとかグルメ番組とかは一切やめようって。 それですごく時間が空いたので、それまでできなかった映画を観倒すだとか、映画館通いまくるだとか、さっきの『お熱いのがお好き』を観たりだとか。 その時にタモリさんに飲みに誘われて。 そこで「お前、絵描け」ってタモリさんに言われて。 特に他にやること決まってなかったんで、まぁちょっとやってみようかな? みたいな。 そこでしたね。 <> <>.

次の

迷惑な「議論好き」には口で勝たず裏技で勝つ:日経ビジネス電子版

勝つ の が 好き なん だ よ

ライバルは『パイレーツ・オブ・カリビアン』 あんま、こういった類の(企画)で「『パイレーツ・オブ・カリビアン』オススメです」っていうの、なくないですか?(笑)。 好きなんですよね~。 単純にストーリーが面白かったっていうのもあるんですけど、なんかちょっと、こういった映画を観たときに一瞬マヒってしまうんですよ。 つまり、これは僕たちとは全く違う異次元の生き物が作ったもので、僕たちが作るサイズのものではないっていうモードに入りがちなんですけど、「いやいやそんなことない」と思って。 やっぱ、おんなじ人間が作ってて、うまいことシステムを作って、うまいこと才能を集めて、むちゃくちゃ努力して、むちゃくちゃお金集めたら、これ僕らでも作れるはずだって。 なんか戒めとして、基本的に『パイレーツ・オブ・カリビアン』は競争相手だぞっていうのは……ちょっとありますね。 どうしても、それこそ芸人で活動してたら「ライバルは誰なんですか?」って話になったら、例えば「NON STYLEです」とか「ウーマンラッシュアワーです」とかなっちゃうじゃないですか。 そういう人たちは当然、切磋琢磨しなきゃいけない相手ではあるんですけど、同じように『パイレーツ・オブ・カリビアン』も当然、自分も何か2時間ぐらい人の時間を奪うような作品を作るわけじゃないですか。 ってなったときに、比べる対象として「ここに負けてちゃだめだな」っていう。 あと、このサイズのものを作れるようになっとかなきゃだめだな~と思って、その戒めとしてよく観てますね。 「すげーな!」と思うんですけど、一方で「ちょっと待って。 僕が作ろうと思ったら、あとどの問題をクリアしなきゃいけないんだ?」っていう。 「色々クリアしなきゃいけないことが多いぞ」と思って。 それもすごくいいんですけど、規模でもちゃんと太刀打ちできるようにしておきたいなって。 たぶんそのためには色々、もうシステムから整えなきゃいけないんだろうなと。 例えば、いちタレントが映画を作りたいって言っても作れないんで。 出資する会社がいて、製作会社みたいなのがあって、そんな枠の中で作るみたいなものになる。 だからシステムから作らなきゃいけないんだろうなっていうのがあって。 なので、それを観るたびに思いますね。 この規模のものを受け手として、要はお客さんとして観るだけじゃなくて、ちゃんと自分たちも作れるようになっておこうっていう。 そういうことを考えたときに、自分の仕事の仕方だとか、1年のスケジュールの切り方は変えていかなきゃいけないんだろうなって。 極端な話、レギュラー番組で1週間埋めてしまったら絶対に作れないんで。 結局、規模の話になってきたら自分の時間割をちゃんとしないと到達できないんで。 それは結構、思いましたね。 仕事をちゃんと整理して、ここに届く、そして超えられる時間割をちゃんとしていこうっていうのは決めましたね。 でもハリウッドとかディズニーとかも作ってる人がいるから、基本的に再現可能であると思っていて。 まずシステムから作んないと作れないんだろうなとは思いますけど、だからこういう規模の作品が産めるシステムをちゃんと作っておこうっていうのは、すごく意識してますね。 なんか言っちゃってるんですよ、はい(笑)。 「えっ、西野って応援しても結局ディズニーよりスケール小っちゃいもの作っちゃうの?」「だったらディズニー応援するよ」っていうことになっちゃうんで。 「いやいや僕、超えるよ」っていうのは一応、狙ってますね。 三谷作品は大好きすぎて…僕が作ったことにならへんかな(笑) 三谷さんが本当に好きすぎるんで……(笑)。 中でもやっぱ『ザ・マジックアワー』が一番面白かったっすね。 お話も、もちろん圧倒的に面白かったですけど、やっぱあの世界が良かったです、美術と。 最高でしたね! どこだっけな……守加護! あの架空の港町が良かったんですよね。 あと、V字の建物が、なんか良かったんですよね。 やっぱりそういう世界感が好きですね。 あと三谷さんの映画は舞台の匂いがしてすごい良いですね。 もう、ほんとに色っぽいなっていう。 舞台の人が作った映画っていう感じがしてて、なんかそれを悪く言う人がいるんですけど、全然そんなこと思わなくて。 「いや、これで良いじゃん、板の匂いすんじゃん!」みたいなのが、むちゃくちゃ好きっすね。 「この主人公に光を当てるんだ!?」っていうのが、やっぱ希望でしたね。 大スターばっかりじゃなくて、ずっと地道に地道に頑張ってきて……っていう人に最後にバッと光が当たって、しかもその頑張りを周りのスタッフさんはずっと見ていて、みんなで応援するみたいな感じは、なんかもう……泣きました! 楽しすぎて、嬉しすぎて。 感動して泣くってあんまないので、なんか良いもの観たときとか「もう嬉しい!」ってなったときにポロってなっちゃうんですけど、『ザ・マジックアワー』は泣きましたね。 あと、最後に出てくる職人さんがカッコよかったですね。 『ザ・マジックアワー』ほんとに大好き。 自分が作ったことにしたいです(笑)。 たまにあるんですよね、僕が作ったことにならへんかな? っていう、そんなやつの一つですね、ちょっと三谷さんに会ったら言っといてください、「何とかならんか?」って(笑)。 なんか、年齢を重ねれば重ねるほど「楽しいって良いな」みたいなのが結構、強めに出てきましたね。 三谷さんがいる時代に生まれて良かったっていうのは、ほんと思いますね。 「この人がいる時代に生まれて良かったな」みたいなのは何人かいるんですけど、三谷さんもその一人です。 デビューして1年経った時で、ほんとに右も左もわからないまま、いきなり番組の司会進行みたいなのを任されて。 「参ったな~」とか思いながら、手探りで「テレビってこんなのかな?」って感じでやってて。 頑張って上に上がろう! って皆で言っていて、25歳の時にゴールデンに上がって。 それで視聴率も毎週20パーセントとか取って、「あ、すごいことになってきたねー」みたいな感じだったんですけど、もうその時に「もうこれ限界きたな」って思って。 生活も良くなったし、ちやほやされるようになったんですけど、「スターにはなってないな」って思って。 で、このまま5年やって10年やって「抜けるな」って思ってたら多分やってたと思うんですけど、その気配が見えなくて、もうここにいても「無いな」と思ったので、すぐに梶原くんとマネージャーとか色々な偉い人呼んで、「一旦、僕はテレビから軸足を抜く」って言ったのが25歳ですね。 そこから軸足抜きましたね、なんか。 「テレビから一回軸足抜く」って言って、まぁレギュラー番組はすぐにやめられないんですけど、かと言って新しく番組を取りにいくっていうことは一切せずに、ちょっとずつテレビを減らしていこうってなってて。 25歳の時に、ただゲストで出ることはやめよう、ひな壇だとかグルメ番組とかは一切やめようって。 それですごく時間が空いたので、それまでできなかった映画を観倒すだとか、映画館通いまくるだとか、さっきの『お熱いのがお好き』を観たりだとか。 その時にタモリさんに飲みに誘われて。 そこで「お前、絵描け」ってタモリさんに言われて。 特に他にやること決まってなかったんで、まぁちょっとやってみようかな? みたいな。 そこでしたね。 <> <>.

次の

テキトーに思い付いたジャンプの好きなセリフについて語る

勝つ の が 好き なん だ よ

彼のことを詳しくなる 好きな人を遠くから眺めているだけでは、一向に距離は縮まりませんよね。 彼を振り向かせたいなら、まずはたくさん話してコミュニケーションを取らなければ始まりません。 恋のライバルに勝つ方法として効果的なのは、彼について詳しくなること。 出身地や趣味、好きな食べ物、好きな音楽、週末の過ごし方… 彼についての情報があればあるほど、会話が弾んで距離が縮まります。 男性は女性に居心地の良さや、仕事や夢を応援してくれる、支えてくれる優しさを求めています。 なので、何気なく将来の野望や仕事の悩みなどを聞いてあげるのもあり。 また、 彼の男友達と仲良くなるのも恋のライバルに勝つ方法としてとても有力です。 好きなタイプやプライベートの近況を聞き出して、ライバルとの差を広げましょう。 好意があることを周囲に話す 誰だって友達や知人の好きな人を横取りしたいとは思わないはず。 恋のライバルに勝つ方法として、彼への好意を周囲に話してしまうのも効果的です。 あくまで宣戦布告ではなく、「実はね…」と切り出して報告というかたちで。 仮にその相手に「私も彼が好きなんだ」と言われても、お互いの気持ちを知った上で、正々堂々と勝負できますよね。 一番避けたいパターンは、先に言われてしまって「自分も彼が好きだ」と言い出せなくなるパターン。 それで諦めてしまうとあとから後悔するはめに。 彼のことが好きなら好きと、隠さず堂々とするべきです。 また、 自分で噂話を流してしまうのも、恋のライバルに勝つ方法として使えます。 自分磨きをする 普段から自分磨きを欠かさない女子力の高い女子は、いつも堂々とした印象で輝いて見えますよね。 自分に自信を持っている女性は、他人を惹きつける魅力を持っています。 人を好きになるのには見た目だけが大事だとは言えませんが、ルックスが重要な要素であることは否めません。 恋のライバルに勝つ方法として、服装やメイクを研究したり、ダイエットに励んだり… そうやって自分磨きをすることも大切です。 普段からいつ出くわしてもいいように、彼の前でなくても気を抜かないようにしましょう。 あなたが美しく、明るく変わっていくと周囲からの評判も上がるはず。 思わぬところで褒めてくれている人がいたり、それが彼の耳に入ることも。 余裕を持つ 急がば回れ、とよく言いますが、どんなときにも焦りは禁物です。 恋のライバルに勝つ方法としては、常に心に余裕を持つことも大事なのでは? ライバルが彼と親しくしている場面を見たり、先に告白をされたりしたら誰しも焦ってしまうものですよね。 ですが、気が早まって一世一代の告白を微妙なタイミングでしてしまうのはもったいないし、自暴自棄になってこの恋を早々と諦めてしまうのも惜しい。 その人のことが本当に好きなら、いつか絶好のタイミングや、チャンスが巡ってくるはずだと信じて、心にポジティブな余裕を持ちましょう。 いつチャンスが巡ってきてもしっかり掴めるように、日頃から自分磨きをして待ちましょう。 「追う」より「追わせる」 モテる男性は特に、女性から追われる状況に慣れています。 そんなモテ男を好きになってしまったのなら、男性に「追わせる」ということも恋のライバルに勝つ方法のひとつ。 最初こそたくさん話しかけられたり、しょっちゅう誘われたり、積極的にアタックしてきてた人から急に連絡が途絶え、態度がどことなく冷たくなったと感じたら、誰しも気になってしまうもの。 相手から積極的に追われるより何もされない方が、自分から行動にでなければ、という気になりますよね。 押し引きを上手に使って、彼を「追う」のではなく「追わせる」状況に持っていくことができれば、ライバルとの差が大きく開くはず。 告白する 告白するには相当の勇気がいりますが、一度気持ちを伝えてしまえば、もう怖いものはありません。 たとえ一度振られてしまっても、健気に想い続けて成就したドラマの主人公もたくさん見てきたはず。 大事なのは告白の結果ではなく、伝えること。 そして諦めないことです。 恋のライバルに勝つ方法をいくつ考えて試してみても、簡単に諦めてしまえるような想いなら、きっと相手の心に届きませんよね。 また、 告白の際には、ライバルの存在は忘れてあなたと好きな人、一対一として捉えるようにしましょう。 周りのことを考えてしまっては、焦りや見栄などが素直な気持ちの邪魔をしてしまうかも。 恋のライバルに勝つ方法はずばり、告白すること。 彼のことがどれほど好きなのか、あなた自身の言葉で、好きな人に正直に伝えるようにしましょう。 おわりに いかがでしたか…? 今回は、恋のライバルに勝つ方法、好きな人に選ばれる女になるコツをご紹介しました。 モテる男性を好きになってしまったら、日々不安が絶えませんよね。 ですが焦りは禁物です。 魅力的な男性に選ばれる女になるためには、自分を磨いて、心に余裕を持って、ライバルとの差を着実に広げていきたいものですね。

次の