フレッツ光 導入。 フレッツ光でビジネスフォンはメリットだらけ?導入までの流れ

フレッツ光の導入までの流れをしっかりチェックしておこう!

フレッツ光 導入

平日は仕事があるという方も安心!開通工事は土日祝日もご指定いただけます。 ご予約は約1ヵ月前から受け付けておりますので、引越しシーズンなどは余裕を持ってご連絡ください。 また、工事の際のお立会いは、ご家族の方でも構いません(設備状況によってはお立会いが不要な場合もございます)。 詳しくは「工事費について」をご確認ください。 (|) フレッツ光の開通工事はとてもカンタン。 標準の工事内容であれば、所要時間はおよそ1時間です(セットアップサービスをお申し込みの場合は、別途時間がかかります)。 Wi-Fiを利用するには、無線LANに対応したルーター等の機器が必要です。 フレッツ 光ネクスト ギガファミリー/ギガマンション・スマートタイプをお申込の場合、NTT東日本からレンタル提供されるホームゲートウェイ(Wi-Fiルーター)の設定を行うことで追加機器は不要でWi-Fiをご利用いただけます。 工事内容は、お客さまのご利用環境により異なる場合がございます。 ひかり電話などをご利用の場合に適切なセキュリティ機能の設定を行っていないと、お客さまのネットワークに第三者がアクセスし、お客さまがご利用されていない通話料などが発生するおそれがありますので十分にご注意ください。

次の

フレッツ光の工事の流れと工事費!工事に関するQ&A

フレッツ光 導入

NTT西日本・NTT東日本が提供するフレッツ光には、4戸以上のマンションやアパート、複合ビルのような 集合住宅向け(マンションタイプ)のインターネット光回線プランがあります。 現在(2019年8月)フレッツ光は、定額プランの フレッツ光ネクストと2段階定額プランの フレッツ光ライトの2種類のサービスタイプ(フレッツ光回線タイプ)が展開されています。 特に、 フレッツ光ネクストは、高速インターネット回線を利用できるタイプなので、快適なインターネット環境を手に入れることができます。 今回は、特にNTT東日本が提供するフレッツ光ネクストのプランに焦点を当てて、話していきたいと思います。 NTT東日本が展開する光ネクストマンションプランは、Wi-Fiルーターがセットになったフレッツ光ネクストギガマンション・ スマートタイプ、Wi-Fiルーターのないフレッツ光ネクストマンション・ ギガラインタイプ、そしてフレッツ光ネクストマンション・ ハイスピードタイプ、マンションタイプがあります。 このフレッツ光のマンションタイプのメリットと注意点を順に見ていきましょう。 なお、これからフレッツ光の契約を検討されている方には、 「光コラボ(光コラボレーション)」の契約もオススメです。 光コラボはフレッツ光と最大速度・エリアが同じながら、 高額キャッシュバックやスマホのセット割などの特典があるため、安く利用できますよ!• フレッツ光ネクストのマンションプランにはマンション内の配線方式とデータ送受信のスピードに合わせて4つのプランがあります。 建物までは光回線が接続されても、物件内部の配線方式は入居者が選べるものではありません。 配線方式は、申し込み後に行われる建物の構内環境調査よって決まります。 建物内部の配線方式には ・光ファイバーを利用した光配線方式 ・電話回線用モジュラージャックを経由し電話回線用ケーブルで接続するVDSL方式 ・LANケーブルを利用したLAN配線方式 の3つがあります。 新規物件であれば多くが光配線方式になっていますが、古い物件ではVDSL方式やLAN配線方式が用いられている場合があります。 契約プランは集合住宅の規模(同一の集合住宅内で見込める契約数)により、料金プランが3つに分けられます。 NTT東日本が提供するフレッツ光回線タイプごとの料金プランを月額料金表でまとめました。 また下記の料金表の金額とは別にプロバイダと契約をし、プロバイダ料金を支払う必要があります。 プラン名 16契約以上が見込める集合住宅 プラン2 8契約以上が見込める集合住宅 プラン1 4契約以上が見込める集合住宅 ミニ データ送受信 対応配線方式 備考 フレッツ光ネクストギガマンション・スマートタイプ 通常料金 下り上り 最大おおむね1Gbps 光配線方式 Wi-Fiルーター付き 3,350円 3,750円 4,350円 各種割引利用後月額料金 1年目 2,950円 3,350円 3,950円 フレッツ光ネクストマンション・ギガラインタイプ 通常料金 下り上り 最大おおむね1Gbps 光配線方式 3,050円 3,450円 4,050円 各種割引利用後月額料金 1年目 2,880円 3,250円 3,850円 フレッツ光ネクストマンション・ハイスピードタイプ 通常料金 下り最大200Mbps 上り最大100Mbps 光配線方式 2,850円 3,250円 3,850円 各種割引利用後月額料金 1年目 2,650円 3,050円 3,650円 フレッツ光ネクスト マンションタイプ VDSL方式 通常料金 下り上り最大100Mbps VDSL方式 LAN配線方式 2,850円 3,250円 3,850円 各種割引利用後月額料金 1年目 2,650円 3,050円 3,650円 LAN配線方式 通常料金 2,500円 2,900円 3,500円 各種割引利用後月額料金 1年目 2,300円 2,700円 3,300円 表示料金はすべて税抜金額です。 申し込みの方法は、NTT東日本の公式サイトのお申込みフォームに従って行ってください。 フレッツ光とオプションサービスについては、お申込みフォームで利用希望場所の提供エリア確認後に申し込みできます。 NTT西日本エリアにお住まいの方は、NTT西日本の公式サイトにて詳しいインターネット接続プランをお確かめ。 プロバイダパック プロバイダはNTT東日本が提供する光回線などのインターネット回線を通してお客様の自宅とインターネットを接続する事業者です。 NTT東日本ではフレッツ光のインターネット回線サービスとプロバイダサービスをセットにしたプロバイダパックというものを扱っており、プロバイダパック提供のプロバイダと契約することでお得にフレッツ光を利用できます。 そもそもプロバイダは数が多く、サービス内容もプロバイダ会社によって異なります。 そのためあまりインターネットに詳しくない人が数多いプロバイダの中で何がいいのかを選ぶのは難しくなっています。 そこでフレッツ光と大手プロバイダ会社とが提携を結び、お得なサービスを売り出しているというわけです。 プロパイダパックのメリット プロバイダパックのメリットはフレッツ光に申し込む際に一緒に申し込め、フレッツ光とまとめて請求がるという点があります。 また、Web申し込み特典もついているのでさらにお得に利用できます。 プロバイダパックになっていないプロバイダと契約してもフレッツ光を利用はできますが、お客様自身で各プロバイダにお申し込みをしていただく必要があります。 フレッツ光ネクスト対応のプロバイダは地域によって異なるため、下記のフレッツ光のサイトより確認してみてくださいね! 申込み時期や代理店、プロバイダによってはキャンペーンなどを行っていることもあり、一概にどれがいいとは言い切れません。 また基本的なサービスは同じであっても、プロバイダによっては付帯されているメールアドレスやドメイン、セキュリティ回線スピードなども若干異なることがあります。 付属できる有料オプションサービスも一律ではありません。 自分が利用するインターネットの必要に応じてプロバイダを選ぶようにすることが大事です。 自分に合ったプロバイダを探す調べ方としては、BBコンシェルというプロバイダ比較webページがあります。 今利用しているプロバイダと他者を比較もでき、随時質問などにも答えてくれます。 フレッツ光のマンションへの導入について ここまで、NTT東日本のフレッツ光ネクストのマンションタイプについてご説明してきましたが、ここからは、マンションなどの集合住宅で光回線を導入する方法をご説明しようと思います。 光回線の導入方法については、NTT東日本エリアもNTT西日本エリアも同様です。 マンションやアパートのような集合住宅でフレッツ光を利用したいと考えた場合、マンションやアパートにフレッツ光回線の引き込みの導入工事(開通工事)を行う必要があります。 まず電柱から建物内の共用スペースに光回線の引き込み工事を行います。 共用スペースにあるPT Premises Termination に接続し、スプリッタやタッチパネルを取り付け、光ファイバーを接続後、棟内の配管を利用して各部屋まで分配していきます。 その後各部屋内に回線終端装置と言われるものを設置し、そこに光回線をつなげることで各部屋で光回線を使ったインターネット接続がるようです。 回線終端装置からインターネットを使用したいパソコンやタブレット端末、テレビなどの機器へはLANケーブルを使って行うか、無線LAN装置を設置後、Wi-Fiを利用して各端末で利用いただくようです。 フレッツ光のマンションへの導入は各部屋の個人様からご依頼があっても進められるものではありません。 マンションやアパートを管理している管理会社やオーナー、大家さんの承諾がないと棟内への引き込み工事は基本的には行うことができません。 またフレッツ光が対応していないエリアへの引き込み工事はないようになっているので事前にエリア確認を行う必要があります。 参考元 フレッツ光対応物件について マンションやアパートなどの集合住宅によってはインターネット対応の賃貸住宅としてフレッツ光を導入した状態で物件提供を行っている物件があります。 タイプとしては2通りあり、インターネット環境だけを整えている物件と、インターネット完備の物件に分けることができます。 インターネット環境だけを整えている物件 インターネット環境だけを整えている物件は、フレッツ光の共用部での工事がすでに終わっているもので、各部屋内部に回線終端装置を設置すればインターネットが利用できるというものです。 この場合、入居者が自らフレッツ光に申込みをし、契約をする必要があります。 開通工事日にNTTの作業員がお住まいを訪れ、回線終端装置の取り付け工事を行います。 この時の工事費はその部屋の入居者が負担する場合があります。 この場合、土日・休日に開通工事を希望すると、通常の初期工事費に加えて手数料3000円を支払う必要があります。 入居者自身がインターネット回線が不要だと思えば申し込みを行う必要もなく、費用の発生も起こりません。 インターネットの料金が家賃に組み込まれている場合もあれば、入居者が別途支払いをする場合もあります。 インターネット完備の物件 インターネット完備の物件は、Wi-Fiアクセスが導入されている物件です。 Wi-Fiアクセスが導入されている物件では室内の配線工事が不要で、フレッツ光に利用申請を行い各機器で設定をば利用ができてしまいます。 この場合、家賃などにインターネット料金が前もって反映されており、別途工事日の調整を行ったり、工事費用を払ったりする必要もありません。 物件管理会社やオーナーもインターネット完備の賃貸物件を目玉として入居者を集めている場合が多く、エアコンやバストイレ別などの部屋の設備の特徴として捉えています。 またすでにインターネットを完備している物件の場合、大手プロバイダと建物が契約していることが多く、必要に応じて別途有料オプションサービスを申込むこともできます。 フレッツ光物件のメリット 入居するマンションやアパートなどの賃貸物件がフレッツ光対応の場合、入居者にとってさまざまなメリットがあります。 ・高速で高品質なフレッツ光インターネット接続サービスを使い放題できるということ フレッツ光完備物件での月額のインターネット利用料は、家賃に組み込まれていることが多くなっています。 ・月額料金が安い また入居者が支払いをする場合でも、そもそも通常のインターネット契約よりも安く物件とフレッツ光が契約を行っているため、月額料金が安いというメリットがあります。 ・オプションサービスが充実している さらに電話サービスのひかり電話(IP電話サービス)やフレッツ・あずけ~る、フレッツ・ウイルスクリア、リモートサポートサービスなどのオプションサービスを利用もできます。 特に、ひかり電話は、フレッツ光インターネットサービスと一緒にお申込みできる便利なサービスになっています。 テレビ電話などオプションサービスもあります。 【お得情報】フレッツ光から光コラボレーションへ いかがだったでしょうか?ここまで、フレッツ光対応のマンションに住むメリットと注意点についてご説明してきました。 NTTが提供するフレッツ光は安心と信頼のインターネット回線です。 このインターネット、もっとお得に利用する方法は知っていますか?それが光コラボレーションです。 光コラボレーションは、フレッツ光の回線を利用してフレッツ光とは違った独自のインターネットサービスを提供している回線事業者のことを言います。 光コラボレーションのメリットとしては下記があげられます。 フレッツ光よりも月額料金が安い。 プロバイダ料金がかからない。 キャンペーンが充実している。 フレッツ光の回線と品質が変わらない 回線速度、繋がりやすさ その光コラボレーションの代表的な事業者としてソフトバンクが提供するソフトバンク光があります。 ソフトバンク光とフレッツ光のマンションの月額料金比較 ソフトバンク光 プロバイダ料金込み フレッツ光 プロバイダ料金別 3,800円 4,250円 フレッツ光に関しては、上記の料金からプロバイダ料金が1,000円前後加算されます。 見ていただいてわかるように、ソフトバンク光は、フレッツ光をプロバイダASAHIネットで利用するよりも月額料金が2,000円も安くなることがわかります。 ソフトバンク光には、販売代理店が存在します。 ここでオススメするソフトバンク光の正規代理店「株式会社NEXT」では、 最短2ヵ月後に最大33,000円ものキャッシュバックがもらえます。 有料のオプションに加入する必要なく、申し込み時に口座を伝えるだけで手続きが完了するのもうれしいポイント。 株式会社NEXTのキャンペーン情報は、以下よりご確認ください。

次の

フレッツ光の回線プランを徹底解説!失敗しない選び方を解説!

フレッツ光 導入

* インターネットのご利用には、プロバイダーとの契約・料金が必要です。 詳しくはお問い合わせください。 なお、「分割払い」を選択されており、工事費の支払いが残っている方について、お支払期間中に残額を一括でお支払いいただくことは可能です。 工事費加算額について• なお、「フレッツ 光クロス」は、夜間・深夜工事に対応しておりません。 3+1,100円• 詳しくは。 工事費に対して、下表のとおり加算した料金を適用します。 なお、時刻指定工事費は夜間・深夜・年末年始の割増工事費の適用対象外です。 なお、「フレッツ 光クロス」は、時刻指定工事に対応しておりません。 時刻帯 時刻指定工事費 昼間 9:00〜16:00 12,100円 夜間 17:00〜21:00 22,000円 深夜 22:00〜翌8:00 33,000円• なお、対象となる工事は新規申込、移転、品目変更の一部に関わる工事となります。 詳しくは。 オプション料金は下表を適用します。 時刻帯 配線ルート構築工事費 開通工事と同日に工事を実施する場合 15,400円 開通工事と別日に工事を実施する場合 29,700円•

次の