じゃがいも 長持ち。 じゃがいもが長持ちする保存方法

新じゃがの保存期間を伸ばすコツ!賞味期限と冷蔵庫がNGな理由

じゃがいも 長持ち

Contents• じゃがいもを土の中に埋める保存方法 じゃがいもの収穫時期は、春から初夏にかけてですよね。 そのため、大量に掘り起こしたじゃがいもは暑い夏を越さないといけず、収穫した後に長持ちする保存方法が問題になります。 じゃがいもは、収穫したあとに埋める方法と、収穫しないでそのままにする方法があります。 じゃがいもを収穫したあとに埋める方法 じゃがいもを収穫したあとは、涼しい場所で日光の当たらない場所で保存します。 3か月間は成長しない休息期間になりますので、暑い夏が来る前に土の中に埋め戻します。 掘る深さは、50㎝~ その際、じゃがいもをカゴや通気性のよい麻袋や土のう袋に入れておくと掘り起しするときに楽ですよ。 秋が過ぎ、気温が低くなったときに再度掘り起こし、室内や床下などの冷暗所で保存すると良いです。 しかし、これも品種や収穫時期によるようです。 スポンサードリンク じゃがいもを収穫せずに埋めたままにする方法 じゃがいもを収穫せずに埋めたままにするなら、枯れた茎を目印にして、再度上から土をかぶせます。 10㎝を目安にしてください。 ワラをかけてもいいです。 寒くなる前に掘り起こすとよいです。 じゃがいもを土に埋めると長持ちするの?保存期間はどのくらい? じゃがいもを土に埋めると、保存期間は長持ちします。 夏前に埋めてから、6月だとしても、半年間は保存できます。 冬を越せる越冬することもできます。 じゃがいもの保存方法 大量 じゃがいもを大量に保存する方法は、掘り起こして冷暗所で保存するか、土の中が良いです。 じゃがいもの保存方法のまとめ.

次の

じゃがいもの保存方法と保存期間、長持ちのコツ

じゃがいも 長持ち

じゃがいもの保存方法と保存期間 じゃがいもの品質を保ちながら保存する基本的な知識について紹介します。 基本は常温保存 たいていの野菜は、冷蔵室で保存するのがベターなのですが、じゃがいもは冷蔵庫での保存に向いていません。 じゃがいもを保存する場合は、常温保存が最も適しています。 じゃがいもは冷蔵庫に保存すると水分が抜けて味の質が落ちるからです。 常温での保存期間は? 常温状態でだいたい2~3ヵ月は持ちます。 逆に考えればじゃがいもは、冷蔵室の場所をとらず、長期保存に向いている野菜とも言えるでしょう。 保存場所は風通しの良い冷暗所が適しています。 新聞紙にくるんで光に当たらないように工夫するのがおすすめです。 光に当たると成長して芽吹いてしまい、味が落ちます。 また、じゃがいもは「湿気」に弱いので気を付けましょう。 また、下記の商品のような常温保存バッグを利用することにより、じゃがいもを長持ちさせることもできます。 amazon. いわゆる「自家休眠」と呼ばれるものです。 この状態にどれくらいのタイミングで入るのかは、品種によりバラつきがあります。 夏場は冷蔵庫の野菜室で保存 夏は気温が高くなります。 じゃがいもは暑さにも弱いので、夏のシーズンは野菜室で保存するのがベターです。 芽が出る前に冷蔵庫に入れましょう。 ただし冷蔵庫は低温の環境が好ましいです。 常温時よりもずっと乾燥した状態になるので、じゃがいもの水分がどんどん抜けて干からびたようになってしまいます。 これを「低温障害」と言います。 低温障害は育成中に発生する症状の一種ですが、収穫が終わった後でも発生するので管理には気を付けましょう。 この低温状態を維持すると、じゃがいもの甘味が増加するのでおすすめです。 冷凍保存したい場合 もともとジャガイモは、 冷凍保存には適していない野菜です。 先述したように、じゃがいもを低温環境下に保管しておくと、どんどん水分が抜けてシナシナになってしまうからです。 当然、食感もいまいちで味の質もかなり落ちてしまいます。 しかし、どうしても冷凍で保存しなければならない場合もあるかもしれません。 そんな時は、そのじゃがいもを皮をむいて「マッシュポテト」などにして調理利用すると味の質をほとんど気にすることなく食べられるのでおすすめです。 じゃがいもを冷凍保存するときのコツ じゃがいもを冷凍保存するときは、 事前に加熱をしておきましょう。 その方がある程度の鮮度を保つことができます。 野菜の鮮度は、酵素の働きで落ちていくのですが、加熱すると酵素を壊すことができます。 冷凍する場合は、保存した日付をちゃんと記しておきましょう。 フリーザーバッグの空気抜きを忘れずに 空気に触れると、じゃがいもの保存持ちが悪くなります。 空気に触れると腐敗の進行するからです。 冷凍保存する場合は、フリーザーバッグの中の空気をばっちり抜いておきましょう。 冷凍効率を高めるために平らに並べて保存する じゃがいもを冷凍する時は、平たくスライスして並べるように保存しましょう。 冷凍効率がかなり良くなります。 じゃがいもを保存する際のポイント じゃがいもを保存する際の注意点やタブーについて紹介します。 直射日光は避けて保存する じゃがいもは、収穫後であってもまだ生きています。 もし光が当たる場所に保管すると、光合成を行い、成長していきます。 そして、 有毒物質である「ソラニン」が蓄積されていきます。 味の質をかなり落とすことになるので、光の当たらない暗所に保管することを忘れないでください。 ソラニンによる中毒は、味の劣化だけでなく体調や命にかかわる危険性があります。 じゃがいもの土はよく落としておこう じゃがいもには、土が付着していることがあります。 自分の庭や畑で収穫したものは特にそうですよね。 なぜなら土が付着していると、じゃがいもが湿気りやすくなるからです。 つまり、土が付いているじゃがいもは腐りやすいのです。 保存する際は、土をはらうようにしましょう。 リンゴと一緒に保存する これはちょっとしたテクニックですが、じゃがいもを保存する際は、 りんごと一緒にすると長持ちします。 りんごから発生する「エチレンガス」という特殊な成分が、じゃがいもの発芽を抑制するように作用するのです。 長期保存できるじゃがいもの選び方 鮮度が良ければ、じゃがいもは長持ちしやすくなります。 では、どのように判別するのでしょうか。 そのコツについて紹介します。 鮮度の良いじゃがいもの特徴 じゃがいもの表面に傷や皺がなく滑らかで、やせ細っておらず重みがあるのが良いじゃがいもの特徴です。 また、色合いにも注目しましょう。 じゃがいもは直射日光や電灯の光を受けると、成長を始めてしまい、緑っぽい色へと変わっていきます。 それはソラニンが分泌されて質が悪くなっているので、食べない方がいいでしょう。 緑がかった部分はソラニン 先程も触れましたが、じゃがいもが成長を始めると分泌される「ソラニン」は、アルカノイドの一種です。 アルカノイドは人体に有害な成分で、中毒性があります。 仮にたくさん摂取すると、お腹を痛めたり、めまいなどの症状を引き起こします。 じゃがいもを冷凍保存したときのおすすめ調理法 冷凍したじゃがいもは、常温保存よりも質が悪くなりますが、それも考え方次第。 冷凍したじゃがいもを調理して美味しく食べるレシピの例を紹介します。 生のまま冷凍した場合は「煮物」で美味しく! 材料• じゃがいも:5個• みりん:大さじ3• 砂糖:大さじ3• しょうゆ:大さじ2 レシピ• じゃがいもを一口大サイズに切りそろえます。 鍋にじゃがいもとだし、みりん、砂糖、しょうゆを入れて加熱します。 ぐつぐつ煮だってきたら、火を弱めてさらに加熱します。 15分後、煮汁が半分くらい蒸発したら完成です。 生のまま解凍した場合は「炒め物」でも食べられる! 材料• じゃがいも• バター• マヨネーズ(好みで)• コンソメ(好みで) レシピ• じゃがいもを千切りにします。 フライパンにバターを入れて、加熱して溶かします。 じゃがいもの千切りを投入して柔らかくなるまで炒めます。 お好みでコンソメなどを少しかけてアレンジすれば完成です。 マッシュポテトで冷凍した場合は定番の「じゃがいもコロッケ」! 材料• 豚ひき肉• じゃがいも:2個分ほど• 玉ねぎ:適量• バター:大さじ1程度• 揚げ油:適量 レシピ• 冷凍したマッシュポテトを用意します。 フライパンにバターを溶かし、玉ねぎを炒めます。 しなっとするまで炒めたら、ひき肉、塩、コショウ、しょうゆを加えてさらに炒めます。 よく混ぜ合わせて冷ましておきます。 冷やしたら、6等分してお好みの厚さと形に整えます。 それで完成です。

次の

新じゃがの保存期間を伸ばすコツ!賞味期限と冷蔵庫がNGな理由

じゃがいも 長持ち

じゃがいもは夏でも冬でも基本的には保存期間を気にせず使いきれるぐらいには長持ちする野菜ですが、大量に買ったりもらったりすると保存方法に気を配らないとダメにしてしまう事もある野菜。 しかも大概の野菜と違い冷蔵庫や冷凍庫に入れるよりも常温のほうが長持ちすることや、切った後のじゃがいもの長持ちさせられる保存方法を知らない人もいるでしょう。 まして農家の方ならともかく、芽が出た次点でどれほどダメになっているのか?土つきのほうが良いのか?新聞紙で包んでから袋に入れたほうが良いのか?などに至っては知らない人の方が多いでしょう。 そこで今回は基礎的な保存方法と保存期間に加え、「切ってしまったじゃがいもの保存方法について」や「火を通したじゃがいもの保存について」などまでを解説した 『じゃがいもの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】全て解説』と言う記事を書かせていただきました。 少々長めの記事になりますが、その分色々なことまでしっかりと解説させていただきますので是非御覧下さい。 Topics• じゃがいもの主な保存方法と保存期間 まずはじゃがいもの主な保存方法と保存期間をご紹介します。 常温でそのままなら夏場で2週間、冬場で3週間、保存方法によっては1ヶ月• 冷蔵庫でそのままなら2・3日、処理をして最大3週間• きちんと下処理をすれば冷凍で最大1ヶ月 御覧の通りじゃがいもは 常温保存がベストです。 詳しいことは後ほど書かせていただきますが、寒さに強い野菜で暑さにもある程度耐えられますが、乾燥と水気には弱く、冷蔵庫と言う環境が合わないからです。 また冷凍するにしても下処理をしていなければ、解凍した時とても食べれたものではなくなってしまいますし、行う下処理のせいで調理に使える幅が極端に狭くなってしまう野菜ですから冷凍もオススメできません。 調理方法によっては使う数日前に冷蔵庫に入れるとか、調理方法が決まっているなら冷凍しておくのもありですが、栄養、保存期間、調理に利用できる幅を考えるとやはり常温保存が好ましいです。 そうした特徴の説明もかねて続いて、詳しいそれぞれの保管方法について御説明します。 常温保存する場合 繰り返しになりますがやはりじゃがいもは常温保存がベストです。 低温の維持が難しいから冷蔵庫は存在するわけで、そもそも低温で保存する必要がなければ冷蔵庫に入れる必要もないわけです。 保存期間を長くしたり、栄養を維持する方法として冷凍したり乾燥させたりも他の野菜ですと有効なのですが、そうせずともあまり変わらず、料理に使える幅だけ減ることも理由として挙げられます。 他にもいくつか理由はあるのですが、じゃがいもはとにかく「常温保存で十分」だから常温保存がオススメなのです。 常温保存で十分と言われても万全を期しておきたいという方は以下のことを試してみてください• しっかりと土をはらう• 3つ・4つぐらいまとめて新聞紙で包む• 紙袋に入れしっかりと口を縛り冷暗所で保存 どれもそこまで難しいことではないと思いますが、一応それぞれ説明させていただきます。 まず土をしっかりと払う理由は 湿気対策にあります。 温度変化に弱いような野菜ですと土はついている方が良いぐらいなのですが、土は湿気を吸着し維持する土がついているとジャガイモは湿気に晒されやすく、腐りやすくなってしまうのでよく土をはらい保存しましょう。 「洗う」ではなく、「はらう」なのも同じくこの湿気対策です。 しかし新聞紙で包むのもこの湿気や逆に乾燥しすぎることを防ぐためにすることですからキッチリ1つ1つ包む必要はありませんし、紙袋でなくとも。 ダンボール箱や麻袋などある程度通気性の良い入れ物にまとめて入れておけるのならばそれで大丈夫。 他に気をつけることは日光に当たっていると芽が出てきやすくなるので、日光が直接当たらないように気をつけることぐらいです。 このように他の野菜とは違って「長持ちさせる処理」と言うほどのことは特にありませんが、たったこれだけのことに注意するだけでも結構違うので覚えておいてください。 もちろんこの変化はじゃがいもが身を守るための変化であり、保存期間は短くなりますし、ホクホク感も薄れしっとりするので調理方法しだいではマイナスです。 むしろこのメリットを活かす為には調理方法を決め、2・3日前に冷蔵庫に常温から、袋に使う分だけ入れて口を開けた状態で入れる必要があるわけで、この期間が長すぎるとしわしわになり、美味しくなくなるのですからデメリットのほうが目立つかもしれません。 なので冷蔵庫で保存する時は、冷蔵庫で冷え過ぎないようにする事と乾燥対策が大事です。 それらを加味した冷蔵庫でじゃがいもを保存するオススメの方法が以下の通り• 水洗いして1つ1つ新聞紙で包む• 3・4個まとめてビニール袋に入れるか、ラップで包む• それらを更にまとめてビニール袋などにいれ口を軽く結ぶ• 3日に1度ぐらい様子を見て、乾いていたらしっかり目に水洗いして1つ1つ新聞紙で包む はっきり言って常温で保存する場合に比べて冷蔵庫で長持ちさせる保存方法は手間で、更に湿らせ加減が過剰ですと今度は腐る危険性もあり、適度なところを見つけるまでに慣れがいります。 しかし日本の夏は食品を常温保存するのに温度よりも湿度が大敵ですから、あまりにも家の中の湿度が高くなるご家庭ですと冷蔵庫での保存の必要性が出てくると思いますので覚えておいて損はないです。 冷凍庫で保存する場合 冷凍庫で保存するのは、じゃがいもが他の保存方法でも長持ちする野菜であるためにほぼメリットがありません。 これは生でも茹でた物でも同じでして、これらのデメリットを解決するにはじゃがいもを茹でた上で細かく潰してマッシュポテトにしてしまうしかありません。 そんな冷凍保存するための方法はこちら• 竹串がすんなり通るまで茹でるもしくはレンジアップ• 皮をむき、熱いうちにマッシャーなどでつぶす• 粗熱をとって塊があれば出来るだけ潰す• ジップ付の袋に入れるか、ラップで空気が入らないように包み、冷凍庫で保存 これならもう既にマッシュポテトになってしまっているために殆ど劣化しませんし、用途のほとんどがポテトサラダやコロッケに使うため、他の食材から出る水分や油と混ざってあまり気になりません。 【スポンサーリンク】 切ってしまったじゃがいもの保存方法について じゃがいもは酸化しやすい野菜で、空気に触れると黒くなっていき、皮をむいただけでもあまり良くないのに、切ってしまうとなお保存期間が短くなります。 その為その酸化を少しでも遅らせることが重要です。 酸化させないようするに方法としてはラップでキッチリ包むことがまず思い浮かぶかと思いますが、じゃがいもの酸化はそれでは抑えられません。 ではどうしたら良いのかと言うと以下の方法がオススメです。 切ったじゃがいもをボールかタッパーに入れる• ひたひたぐらいに水を張る• 空気に触れないようにラップをしたり蓋をする 一応この状態ですと夏場でもなければ常温でもしばらくは大丈夫ですが、2日以上置くなら冷蔵庫に入れることをオススメします。 しかし水につけている間じゃがいもの栄養はどんどん水に流れでていってしまうため、食べるだけなら目安として4日、美味しさと栄養を考えると当日に食べることをオススメします。 火を通したじゃがいもの保存について じゃがいもは国によっては主食にされるほどに結構なボリュームがある食べ物ですから火を通した後、特にある程度まとめて茹でてしまった後、多かったことに気がつくこともあるかと思います。 気にして欲しいのは火を通したじゃがいもの場合はただ切っただけものとは違い、見た目で劣化が分かりにくいのですが火を通すことでデンプンが壊れ、劣化する速度がかなり早くなっていること。 基本的にただ茹でただけでも冷蔵保存でおよそ4日、美味しく食べるのであれば当日~翌日と言ったところで、皮を向いてしまうと更に劣化が激しく、まずその日に食べるか、上記で紹介した冷凍してしまうのが無難です。 最後に万が一悪くなってきた時の見分け方をご紹介します。 どうなったら悪くなっているのか? 悪くなったことが分かるポイント• 芽が出てきた• ところどころ緑色になっている• 表面がシワシワになっている• 中身が黒く変色している じゃがいもの危険ラインは良く知られているように「芽が出てきた」段階。 芽が出てきたら、取り除くことで食べられますが、芽にはソラニンと言う熱を通しても壊れない意外と強めの毒が含まれていますので、じゃがいもを食べる際は、芽の部分はしっかりと取り除いてください。 またじゃがいもの緑色に変色した部分はこれから芽が出てくるところであり、芽と同じ毒がありますので食べる際は変色しているところを厚めに皮を剥いて使ってください。 当然こうした芽が出始めて来ると当然じゃがいもはそちらに栄養がとられていきますから、枯れてシワシワになっていきます。 こうなってきたらもう美味しくないですし、じゃがいもの毒の成分のある所も誤って食べる可能性が高いので食べないほうが良いです。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の