霜降り 明星 せいや 壇 蜜。 壇蜜と霜降り明星・せいや「名前も告げず人命救助」の真相(2019年6月5日)|BIGLOBEニュース

壇蜜と人命救助の霜降りせいや、芸能マスコミを敵に回した”業界のタブー行為”とは?|日刊サイゾー

霜降り 明星 せいや 壇 蜜

記者の直撃を受ける、せいや• 「ぜひ御礼したいです。 その「2人」とはタレントの(38)とお笑いコンビ「」のボケ担当・せいや(26)のこと。 先代主人である男性の父親を救助してくれたという。 いったい何があったのか。 せいやは5月31日深夜に放送された「霜降り明星のオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)で、「週刊誌の記者から、壇蜜さんと交際していないかと直撃された」ことを語って話題となった。 ラジオの中では交際を否定し、仕事帰りに倒れていた高齢男性を介抱した際に、偶然壇蜜と一緒になったと説明。 相方である粗品(26)が「連絡先は交換した?」と聞いたが、せいやは「してないよ」と語り、「オレ、壇蜜さんと付き合えるわけないやん」とリスナーの笑いを誘った。 M-1グランプリで優勝し、いまや超売れっ子の霜降り明星。 そのせいやを取材したのは、実は『女性セブン』の記者だった。 「せいやが壇蜜と仲良さそうに歩いていた」という目撃情報が寄せられていたため、せいやの仕事帰りに話を聞きに行ったという状況だった。 すると、ラジオで語ったように記者にも丁寧に経緯を説明してくれたのだった。 「この前、居酒屋のおっちゃんが酔っ払いすぎて倒れてたんですよ。 で、『おっちゃん、大丈夫か?』って声をかけまして。 そしたら、向こうのほうから女性2人組がやってきて、『大丈夫ですか?』って。 そのうちのひとりが壇蜜さんやったんです。 すぐに壇蜜さんやと気づいたから声をかけようかと思ったけど、けが人が目の前にいるわけで、そこはグッと我慢しました。 それでおっちゃんを家に連れていこうとして、おっちゃんが『ここやねん』っていうんで、天ぷら屋さんの中に運び入れたんです。 壇蜜さんが救急車呼んでくれて。 僕がおっちゃんを着替えさせて……。 一段落ついた時に、『あの、壇蜜さんですよね?』って聞いたら『せいやさんですよね』って。 その後、壇蜜さんが手を洗いたいって言うんで、一緒にすぐ近くのスーパーまで歩いたんですが、その時に誰かがツーショットを見て勘違いしたのかも……。 だから、付き合ってないです。 なんなら、その天ぷら屋さんに聞いてみてください」 倒れていた高齢男性は、ブロック塀に頭をぶつけて流血していたという。 無事だったのか。 翌日、件の天ぷら店を訪れると、冒頭の50代の店主が「うちのオヤジを助けてくれたのは事実ですから、お話ししましょう」と取材に応じてくれた。 「うちのオヤジが酒を飲んで、店の近くで倒れたところを、2人が見つけて、送ってきてくれたんです。 せいやさんはオヤジを2階に運んでくれまして、壇蜜さんはオヤジの携帯とか鍵とか細かくてごちゃごちゃしていたものを、ご自分のポーチにまとめて入れてくれて。 めちゃくちゃいい人でした。 壇蜜さんのそのポーチ、うちの家宝になっています。 その時、お2人は名乗ることもなく、去って行かれました。 少し前にさんも体調不良の女性を名乗らずに助けたことが話題になっていましたが、せいやさん、壇蜜さんもまさにそれ。 もし、店にいらしてくださったら、思いっきりご馳走させていただきたい。 その時まで、このポーチは大切に保管しておきます」 反町隆史も、5月初旬に体調不良で路上に座り込んでいた女性を救護。 救急車が到着するまで近くで待っていて、しかも女性に名前も告げずにその場を去っていたことが報じられ、ネット上で賞賛の声が殺到した。 2人に助けられた先代の主人にも話を聞くことができた。 「いや〜酔っ払ってたから、その時のこと、全然覚えてないんですよ。 最初に助けてくれたのは、芸人さんのほうだったの? 覚えているのは『救急車呼ばなきゃ!』と女性の声がして、『やめてくれ!』って断ったの。 それでも『こんなに血が出てるんだから、救急車を呼ばなきゃ』って。 それが壇蜜さんだったんだねぇ……。 俺、その時、漏らしちゃったんだけど、芸人さんが着替えを手伝ってくれてね。 お2人には感謝です。 ぜひ、天ぷらを食べにきてほしい」 壇蜜もせいやも、あれだけ売れっ子なのに収録現場では謙虚なことで知られている。 そんなところが人気の秘密なのかもしれない。

次の

壇蜜と霜降り明星・せいや「名前も告げず人命救助」の真相|NEWSポストセブン

霜降り 明星 せいや 壇 蜜

霜降り明星のせいやが31日深夜放送の『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)で、週刊誌の突撃取材を受けたことを明かした。 突撃取材を受けたのは番組が放送される数時間前。 仮眠を取ろうと帰宅した際に家の前で週刊誌の記者に遭遇したのだという。 せいやは「週刊誌が家まで突撃するって何やって思って、俺はマジで粗品なんかしたんかなって思って」と思い当たりがなさすぎて相方の不祥事を疑うほどだったと言い、「手汗ブワッて出てきて、後ろでカメラマンも隠れてパシャパシャ撮ってんねん」と当時を振り返った。 続けてせいやは「え、何ですかって聞いたら名刺渡されて、『実は私どもの業界でも確実と言われてるんですけど、せいやさん壇蜜さんと付き合ってますよね』って言われて……」と壇蜜との交際疑惑を受け、突撃されたことを告白した。 相方の粗品は「壇蜜」という意外すぎる人物の登場に大爆笑。 せいやは「いやいやいや、付き合ってるか!」「これは全く事実ないです」と否定していた。 壇蜜とは一切共演もないと言うが、ではなぜスクープされてしまったのか。 せいやは以前、仕事帰りにけが人を助けた際、駆け寄って一緒に助けてくれたのが偶然通りかかった壇蜜だったというエピソードを披露。 けが人を家まで送った後、せいやは壇蜜を近くのスーパーまで送って行ったと明かし、「ちょっと歩いたんですよ。 30メートルぐらい。 そこで多分撮られてんねん」とスクープの原因となった出来事について語った。 粗品が「そっから交際が始まったんでしょ? そういう話でしょ 連絡先は交換した?」と聞くと、せいやは「してないよ」と即答。 粗品は「ん~? これはちょっと怪しいな。 週刊誌一理あり」といじり倒していた。 2019年6月1日 11時24分 RBB TODAY.

次の

霜降り明星せいやさん、週刊誌に壇蜜との交際を疑われる

霜降り 明星 せいや 壇 蜜

記者の直撃を受ける、せいや• 「ぜひ御礼したいです。 その「2人」とはタレントの(38)とお笑いコンビ「」のボケ担当・せいや(26)のこと。 先代主人である男性の父親を救助してくれたという。 いったい何があったのか。 せいやは5月31日深夜に放送された「霜降り明星のオールナイトニッポン0」(ニッポン放送)で、「週刊誌の記者から、壇蜜さんと交際していないかと直撃された」ことを語って話題となった。 ラジオの中では交際を否定し、仕事帰りに倒れていた高齢男性を介抱した際に、偶然壇蜜と一緒になったと説明。 相方である粗品(26)が「連絡先は交換した?」と聞いたが、せいやは「してないよ」と語り、「オレ、壇蜜さんと付き合えるわけないやん」とリスナーの笑いを誘った。 M-1グランプリで優勝し、いまや超売れっ子の霜降り明星。 そのせいやを取材したのは、実は『女性セブン』の記者だった。 「せいやが壇蜜と仲良さそうに歩いていた」という目撃情報が寄せられていたため、せいやの仕事帰りに話を聞きに行ったという状況だった。 すると、ラジオで語ったように記者にも丁寧に経緯を説明してくれたのだった。 「この前、居酒屋のおっちゃんが酔っ払いすぎて倒れてたんですよ。 で、『おっちゃん、大丈夫か?』って声をかけまして。 そしたら、向こうのほうから女性2人組がやってきて、『大丈夫ですか?』って。 そのうちのひとりが壇蜜さんやったんです。 すぐに壇蜜さんやと気づいたから声をかけようかと思ったけど、けが人が目の前にいるわけで、そこはグッと我慢しました。 それでおっちゃんを家に連れていこうとして、おっちゃんが『ここやねん』っていうんで、天ぷら屋さんの中に運び入れたんです。 壇蜜さんが救急車呼んでくれて。 僕がおっちゃんを着替えさせて……。 一段落ついた時に、『あの、壇蜜さんですよね?』って聞いたら『せいやさんですよね』って。 その後、壇蜜さんが手を洗いたいって言うんで、一緒にすぐ近くのスーパーまで歩いたんですが、その時に誰かがツーショットを見て勘違いしたのかも……。 だから、付き合ってないです。 なんなら、その天ぷら屋さんに聞いてみてください」 倒れていた高齢男性は、ブロック塀に頭をぶつけて流血していたという。 無事だったのか。 翌日、件の天ぷら店を訪れると、冒頭の50代の店主が「うちのオヤジを助けてくれたのは事実ですから、お話ししましょう」と取材に応じてくれた。 「うちのオヤジが酒を飲んで、店の近くで倒れたところを、2人が見つけて、送ってきてくれたんです。 せいやさんはオヤジを2階に運んでくれまして、壇蜜さんはオヤジの携帯とか鍵とか細かくてごちゃごちゃしていたものを、ご自分のポーチにまとめて入れてくれて。 めちゃくちゃいい人でした。 壇蜜さんのそのポーチ、うちの家宝になっています。 その時、お2人は名乗ることもなく、去って行かれました。 少し前にさんも体調不良の女性を名乗らずに助けたことが話題になっていましたが、せいやさん、壇蜜さんもまさにそれ。 もし、店にいらしてくださったら、思いっきりご馳走させていただきたい。 その時まで、このポーチは大切に保管しておきます」 反町隆史も、5月初旬に体調不良で路上に座り込んでいた女性を救護。 救急車が到着するまで近くで待っていて、しかも女性に名前も告げずにその場を去っていたことが報じられ、ネット上で賞賛の声が殺到した。 2人に助けられた先代の主人にも話を聞くことができた。 「いや〜酔っ払ってたから、その時のこと、全然覚えてないんですよ。 最初に助けてくれたのは、芸人さんのほうだったの? 覚えているのは『救急車呼ばなきゃ!』と女性の声がして、『やめてくれ!』って断ったの。 それでも『こんなに血が出てるんだから、救急車を呼ばなきゃ』って。 それが壇蜜さんだったんだねぇ……。 俺、その時、漏らしちゃったんだけど、芸人さんが着替えを手伝ってくれてね。 お2人には感謝です。 ぜひ、天ぷらを食べにきてほしい」 壇蜜もせいやも、あれだけ売れっ子なのに収録現場では謙虚なことで知られている。 そんなところが人気の秘密なのかもしれない。

次の