サザエ さん コロナ。 「サザエさん」新作放送を休止、再放送対応に 新型コロナウイルス感染拡大の影響(アニメ!アニメ!)

「サザエさん」新作放送を休止、再放送対応に 新型コロナウイルス感染拡大の影響(アニメ!アニメ!)

サザエ さん コロナ

今、新型コロナの感染拡大と長引く外出自粛で、多くの人が閉塞感を抱いている。 生活と経済状況に不安を抱える人が増え、ストレス発散できる手段も限られている。 人はこういう時には、誰かのせいにしたり、誰かを批判したりしたくなるものだ。 自分の正義の基準にそぐわない人を叩く行為によって、脳内でドーパミンが分泌され、快楽が得られることが指摘されている ix。 だからこそ、一歩引いてみよう。 「いま見ている情報は偏っているかもしれない」「わざわざ世界に発信するほどのことではないかもしれない」。 一人一人がすこし間を置くだけで、社会の窮屈さはぐっと軽減されるのだ。 発信力のある著名人は、特に気を付ける必要がある。 もう1つ、メディアの役割も無視できない。 これがフェイクニュースかどうか判断するのは難しい。 なぜなら、「ネット炎上」には明確な数の基準や定義がないからである。 しかしそうした報道の結果として、SNS上で批判の嵐が吹き荒れ、不寛容な空気が生まれることに繋がってしまったのは事実だ。 いまこそメディアの役割をもう一度見つめなおし、いたずらに怒りや対立を促して、社会を煽らないようにする必要があるだろう。 リアルタイム検索より筆者作成。 [iv] 藤代裕之. 2016. テレビが" ネット炎上" を加速する 特集" ネット炎上" とテレビ. [v] 吉野ヒロ子. 2016. 国内における 「炎上」 現象の展開と現状: 意識調査結果を中心に. [vi] Fan, R. , Zhao, J. , Chen, Y. 2014. Anger is more influential than joy: Sentiment correlation in Weibo. PloS one, 9 10 , e110184, 1-8. [vii] 放送開始より4月28日16時時点までの分析。 [viii] Googleトレンドより筆者作成。 ただし、東日本大震災時にあまりに多く検索されており目盛りが見づらくなるため、最大値を30としてグラフ化している。 [ix] 中野信子. 2020. 人は、なぜ他人を許せないのか?. アスコム.

次の

「サザエさん」新作放送を休止、再放送対応に 新型コロナウイルス感染拡大の影響(アニメ!アニメ!)

サザエ さん コロナ

韓国KBSは「不満の混じったネチズンの風刺」 話題を呼んでいるのは、4月1日にライターでイラストレーターの北村ヂンさんによってツイッター上に投稿された、人気アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)風のイラスト。 7人(飼い猫のタマ含めると8人)暮らしの磯野家では、2枚のマスクが届けられても数が足りない。 ツイートは3日17時30分時点で8万リツイートを超える反響。 ユーザーからも「クッソ皮肉られてて草生える」「タマが優先されてて素敵」との声が聞かれている。 このイラストに反応したのが海外メディアだ。 韓国の公共放送「KBS」は4月2日夜に報じた世界各国の新型コロナウイルスに関するニュースの中で、日本のマスク配布策を紹介。 「安倍首相の発表以来、不満の混じったネチズンの風刺が続いている」として、イラストをスクリーンに映して取り上げた。 フィンランドの大手新聞社「ヘルシンギンサノマット」が2日夜に公式サイト上で公開した日本の新型コロナウイルスに関する記事では、トップ画像としてイラストを掲載。 日本のマスク配布策を受け「ソーシャルメディアで多くの憤慨した写真やコメントを生み出した」として、その例に紹介されている。 イギリスの大手紙・ガーディアンの公式サイトでは、新型コロナウイルス関連のニュースを伝えるページ「コロナウイルスライブ」の中で2日にイラストが登場。 日本のマスク配布策に対する、漫画やアニメを参照とした風刺作品の一つとして紹介された。 記事の執筆者はイラストを「大世帯が直面する困難を説明している」と評している。

次の

『サザエさん』、次週より再放送に 新型コロナウイルスの影響で

サザエ さん コロナ

韓国KBSは「不満の混じったネチズンの風刺」 話題を呼んでいるのは、4月1日にライターでイラストレーターの北村ヂンさんによってツイッター上に投稿された、人気アニメ「サザエさん」(フジテレビ系)風のイラスト。 7人(飼い猫のタマ含めると8人)暮らしの磯野家では、2枚のマスクが届けられても数が足りない。 ツイートは3日17時30分時点で8万リツイートを超える反響。 ユーザーからも「クッソ皮肉られてて草生える」「タマが優先されてて素敵」との声が聞かれている。 このイラストに反応したのが海外メディアだ。 韓国の公共放送「KBS」は4月2日夜に報じた世界各国の新型コロナウイルスに関するニュースの中で、日本のマスク配布策を紹介。 「安倍首相の発表以来、不満の混じったネチズンの風刺が続いている」として、イラストをスクリーンに映して取り上げた。 フィンランドの大手新聞社「ヘルシンギンサノマット」が2日夜に公式サイト上で公開した日本の新型コロナウイルスに関する記事では、トップ画像としてイラストを掲載。 日本のマスク配布策を受け「ソーシャルメディアで多くの憤慨した写真やコメントを生み出した」として、その例に紹介されている。 イギリスの大手紙・ガーディアンの公式サイトでは、新型コロナウイルス関連のニュースを伝えるページ「コロナウイルスライブ」の中で2日にイラストが登場。 日本のマスク配布策に対する、漫画やアニメを参照とした風刺作品の一つとして紹介された。 記事の執筆者はイラストを「大世帯が直面する困難を説明している」と評している。

次の