プリウス暴走 欠陥。 【衝撃】プリウスが暴走する原因が判明(動画あり) : 乗り物速報

なぜ池袋暴走はプリウスの欠陥だと疑わないのか?|令和|note

プリウス暴走 欠陥

北米における2009年11月、2010年1月の両リコールの対象車である トヨタ自動車の大規模リコール(トヨタじどうしゃのだいきぼリコール)とは、からにかけてにより北米や日本などで行われた大規模なである。 アメリカ合衆国でトヨタ車を運転中に発生した急加速事故について、事故の原因がトヨタ車にあると主張された。 これらの事故と原因に関する主張などについて米国で大々的に報道された。 この騒動を受けて、トヨタは大規模リコールを実施した。 トヨタはビラー弁護士の訴訟をはじめ、138件の集団訴訟、事故の遺族など96件の民事訴訟の他に、カリフォルニア州オレンジ郡検事局からも起訴され、トヨタ社は米国議会での公聴会での情報提供を要請された。 事故の原因調査はが主導した。 このような一連の騒動は、「 トヨタ・バッシング」、「 トヨタ戦争」とも呼ばれた。 2月8日、急加速問題の原因調査をしていた米運輸省・ () NHTSA ・による最終報告で、トヨタ車に器械的な不具合はあったものの、電子制御装置に欠陥はなく、急発進事故のほとんどが運転手のミスとして発表された。 背景 [ ] 2009年からはじまる大規模リコール騒動の背景としては、次のようなものがあった。 3月にの顧客よりの「アクセルペダルの戻りが悪い」という苦情があったが、トヨタは「安全性に問題はない」と主張し、リコールなどの対応を取っていなかった。 その後、2007年9月26日に、レクサスES350と用の別売りがアクセルペダルに引っかかる恐れがあり、リコールを実施。 2008年2月、タンドラのアクセル部品の材質を変更する。 でも12月頃から顧客より「が戻りにくい」というがあった。 翌2009年8月にアクセル部品の材質を変更する。 2009年7月には日本でも、の国道にて、ブレーキが効かない(運転者証言)状態のプリウスによる玉突き事故が発生した。 これは翌2010年に、がトヨタに対して原因調査を指示するきっかけとなった。 2010年3月19日、プリウス搭載のの千葉県警による解析で、ブレーキに異常は見られず、構造上の不具合はなかったことが判明した。 ビラー弁護士との訴訟 [ ] からトヨタのであったは、トヨタが社内をしたとして、2007年にを破棄した。 翌2008年、トヨタは同弁護士を告訴、370万ドルの退職手当を支給の際に交わした、秘密保持契約違反をとしたもので、3350万ドルの賠償請求だった。 2009年7月24日、ビラー弁護士はトヨタをやなどで 逆提訴した。 トヨタによる組織的隠蔽は1996年から続いており、組織犯罪取締法 違反であると主張した。 ビラーによる提訴によって、トヨタの過去の訴訟の再提訴が行われるようになった。 なお、トヨタとビラー両者の裁判は一元化された。 2009年11月には連邦地方裁判所判事は訴訟を調停機関に委任することを命じた。 ビラー裁判の結審については 経緯 [ ] 2009年8月カリフォルニア州でのレクサス事故とリコール [ ] 、でが暴走し、4人が死亡する急加速事故が発生。 その後、NHTSAの安全調査報告で、運転席床に置かれた固定されていないES350用とは別のゴム製フロアマットにアクセルペダルが引っかかり、ペダルが戻らなくなったことが原因と分かった。 被害者は整備のため自家用車を近所のディーラーに預け、その際に代車のES350を受け取り、ES350のフロアマット上に用のフロアマットを取り付けていた。 この事故は大々的に報道され、リコール騒動の象徴的な存在になった。 に、トヨタは「アクセルペダルがフロアマットに引っかかる恐れがある」として購入者にマットの取り外しを呼びかけた。 、トヨタはフロアマット問題で380万台をリコール、トヨタは自主回収と強調した。 なお翌2010年9月、トヨタとの和解が成立、和解金は1,000万ドル(8. 3億円)であった。 2009年11月 [ ] 2009年11月のリコール対象車 車名 2009-2010年 2007-2010年 2005-2010年 2005-2010年 2004-2009年 2009-2010年 2009-2010年 2008-2010年 2007-2010年 2007-2010年 2006-2010年 11月4日、カリフォルニア州パロス・バーデスでが急加速し、縁石に激突した。 この事故に対しトヨタ販売店は運転手の過失として契約解除を拒否した。 同日、NHTSAがフロアマットのリコールについて「この問題は欠陥ではないと当局と合意に達したというトヨタの発表は不正確であり、誤解を招く」と発表。 オーナーによる集団訴訟 [ ] 2009年11月5日、ロスアンゼルス在住のオーナーがトヨタにを起した [ — ]。 弁護士はレッドランズ地域のMcCuneWright LLP法律事務所で、リバーサイド連邦裁判所に訴状が提出された。 は電子式スロットル制御装置 ETCS-i を備えた2001年型以降のレクサスの頻繁な急加速問題であった [ ]。 原告はチェ・ソンベとクリス・チャン・パーク で 、「全米のトヨタ・レクサス車オーナーを代表して」訴訟を行うとした。 訴状では、チェとパークが所有する2004年型カムリと2008年型FJクルーザーに乗車中、突発的な急発進を経験し、構造的な欠陥を持つ車両だとして、精神的脅威を受けた、とされた。 同事務所弁護士のデービッド・ライトは、「トヨタは急加速問題を運転者のせいにしてきた」「運転者のミスやフロアマットだけでは数多くの急加速事例や事故を説明できない」とした。 自主改善措置 リコール 開始 [ ] カリフォルニア州の事故についてトヨタは自社の責任を否定しながらも、2009年には米国国内で販売した8車種の乗用車計約426万台を対象にペダルの無償交換などのを「自主改善措置」として発表した。 NHTSA来日 [ ] その後、3ヶ月にわたるとの交渉で、トヨタ社の決定権が本社にあることが分かったので、2009年にロナルド・メッドフォードNHTSA副局長代理ら3人の局員が来日し、豊田市のトヨタ本社で「米国でのリコール規則(リコールにつながる欠陥に対して5日以内の報告を求めている=)に従う義務」について演説した。 その後別室で少人数の幹部(横山裕行常務が代表)と面会し対応の遅さを指摘したが、佐々木眞一品質管理担当副社長は「既にフロアマット問題に対応していたので深い意味を感じなかった」とし、迅速な対応を求める副局長代理の訴えは届かなかった。 2010年1月から2月にかけての大規模リコール [ ] 2010年1月には北米で、2月には日本でも大規模リコールが実施された。 全世界でリコールと自主改修を合わせ、1000万台が対象となるが、そのうち約260万台は自主改修と重複するため、実質的に700万台強が対象となった。 なお、米トヨタのアーブ・ミラー副社長は小金井勝彦役員宛の2010年1月16日のメールで「アクセルペダルの機械的な欠陥を隠蔽する時期は終わった」と述べたが 、小金井はミラーに対して「問題の原因が確定していない以上、トヨタがアクセルペダルの欠陥について言及するべきではない」として、冷静な対応を要求している。 トヨタは、2010年、フロアマットとは関係なくアクセルペダルが元の位置に戻りにくい不具合発生の可能性があるとして、アメリカ国内で販売した「」や「」、「」、「」、「タンドラ」など計8車種約230万台についてリコールを実施すると発表。 社内調査の結果、アクセルペダルの一部に、によって動きにくくなる事例を発見。 2009年9月のリコール対象車のうち、約170万台は今回のリコールでも対象車となっており 、にはアメリカとで、対象8車種について少なくとも1週間の販売生産の中止を発表。 2010年には、前年11月に行われたリコールの対象車に、・ヴァイブ(の同型車)を含む5車種109万台の追加リコールが発表。 2010年1月のリコール対象車 車名 モデルイヤー (一部) 2009-2010年 (一部) 2009-2010年 2009-2010年 2005-2009年 (一部) 2007-2010年 (一部) 2010年 2007-2010年 2008-2010年 欧州市場においても2010年に8車種最高180万台のリコールが発表 、また、については同年ににおいてもリコールが発表された。 また、、などトヨタ系列企業の株価も下落した。 一連のリコール費用総額は1000億円に上るとされる。 GMとヒュンダイの乗り換えキャンペーン [ ] は、2010年1月27日、トヨタ車からGM車に乗り換える際、キャッシュバックなどのキャンペーンを実施する策を発表し、車種に応じて5年間のゼロ金利ローンや購入代金の一部補助を実施した。 「ライバルのトヨタ車を狙い撃ちにして買い替えを促進し、シェアを奪う戦術」として報道された。 2010年1月29日、韓国のは、GM同様、米国でトヨタ自動車からの買い替えを奨励するため、ヒュンダイ車に乗り換えると1000ドル(約9万円)を還元すると発表した。 米国議会による召還 [ ] は2010年1月28日、監督・調査委員会を設置しに公聴会を開くと発表。 トヨタアメリカ法人とNHTSAに情報開示を求め召喚状を送付した。 同委員長は事件の深刻さを懸念し、「トヨタ車は過去10年間で事故により19名の死者、2000人近くのけが人が出ている。 他自動車メーカーと比べてもほぼ2倍になる」と指摘している。 2010年、トヨタはアクセルペダルに関するリコール対象車両の改善措置内容を発表 し、北米の5工場を1週間休止することを決定する。 米運輸省の声明 [ ] 2010年2月2日、は、リコール対象車の不具合について、「エンジンの電子スロットル制御システムが原因の可能性がある」と声明を発表し、「電波の干渉が、意図しない加速を引き起こす可能性がある」とも指摘した。 同日2月2日、の共同創業者が、2010年モデルのプリウスでを使用して高速道路巡航中に、アクセルに触れていないのに時速156kmに加速した経験を述べ、2010年モデルのプリウスはリコール対象車ではないが、ウォズニアックはソフトウェアに問題があると主張、また、「苦情を言ったのにトヨタとNHTSAから2ヶ月間何の返事もない」と述べた [ — ]。 この件についての社長は、エレクトロニクスが原因である可能性はないとした。 2010年夜(米国時間)、は社長と電話で会談し、安全確保のための取組みを最優先するように要請をした。 米国マスコミの報道 アメリカではトヨタ車の欠陥疑惑と大規模リコールについて大々的に報道された。 は2010年1月31日、「トヨタとが『日本株式会社』のイメージを損ねた」と報道し 、一部では不倫スキャンダルで騒がれたに喩えられた 報道がなされた。 トヨタに不信感を持つ顧客が増え、「命を危険にさらしかねない不具合を知っていればトヨタ車を買わなかった」といった声も出た。 誌は2010年1月29日に「記憶に残る史上最悪リコールTOP10」で1位をつけた。 プジョー・トヨタ合弁生産車のリコール [ ] 2010年、が、欧州におけるリコール対象車であるので、においてトヨタと生産した、および9万7,000台についてアクセルペダルに不具合があるとしてリコールを発表した。 また、北米においてリコール対象となっているの姉妹車である(の同型車)9万9,000台についてもリコール対象となった。 日本でのリコール [ ] 2010年には日本国内でZVW30型のブレーキに関する不具合が13件、に、アメリカで102件寄せられていたことが明らかになった。 その後の調査により不具合の原因はであることが判明したが、不具合はリコールの基準に達していなかった。 なお2010年1月末以降の生産車にはの変更が行われ、それ以前の販売分についても改良が検討された。 にはが独自調査に乗り出すと発表 、翌には同車約20万台の日本国内でのリコールが発表された。 同2月9日にはプリウス20万台と共に、同車とブレーキシステムを共有しているプリウスプラグインハイブリッド、およびのリコールをに届け出た。 また、で製造されるSAIおよびHS250hについては改修の準備が整わないため、から同月まで生産が停止された。 日本市場 車名 製造年月 台数 2009年4月20日-2010年1月27日 約20万台 2009年11月25日-2010年2月5日 約150台 2009年10月2日-2010年2月8日 約1万1,000台 2009年6月10日-2010年2月8日 約1万2,000台 追加リコール 、「」のに亀裂が入り暴走する恐れがある事が製造過程で判明し、北米でアメリカでの8,000台を初めとした約1万台のリコールが発表された。 トヨタによる会見と回答 [ ] 2010年2月5日に豊田章男社長が謝罪会見を行った。 日米はもちろん、イギリスも会見を生中継した。 米下院監視・政府改革委員会の質問状に対してトヨタは2010年2月9日、運転者が意図しない急加速が起きた際、をアクセルより優先させる「ブレーキオーバーライド・システム」を、2010年より順次大半のトヨタ車に搭載する方針であり、2009年11月からカムリなど5車種に既に導入したと回答した。 社長は2010年の会見で「トヨタは絶対に失敗しない全能の存在だと思っていない」とも語った。 評論家は、トヨタは、問題が起こると「当社の車の品質は完璧だ。 事故は運転者の問題だろう」という考えが一部にあったとした。 各国メディアなどの反応 [ ] 韓国 北米のトヨタリコールは、韓国でも大々的に報じられ、2010年2月3日、は、ホンダによる65万台リコール、三菱自動車による2000年の 「イメージが悪化した三菱自動車は昨年末から仏プジョー・シトロエン PSA に経営権を移管する交渉を行っている」と報道 、また、 2010年1月26日にシャープによる冷蔵庫97万台のリコール、ソニーが2006年10月にノートブックのバッテリーを同社史上初のリコールなどについて言及したうえで「 欠陥を認めようとしない過信が、大量リコールの背景になっている」「世界最高の技術というプライドが消費者の不満を無視する原因になった」「日本企業は修理要請に対する反応も遅い」「官僚的手続きのためでもあるが、製品の欠陥を消費者の過失と見なす」などと日本企業の態度を批判した。 カナダ 2010年2月5日、カナダの ()は『トヨタ戦争』と題した記事で、「トヨタは犠牲者だ」と、トヨタを擁護し 、トヨタのリコール騒動は、米国の利益にかなったもので、「前もって計算された行動のようにみえる」と指摘した。 また同誌は、1980年代に、ドイツのアウディ車が、急加速すると攻撃されて販売が急減した事件について言及した。 アウディの騒動の時にも、運転による人為的ミスであった。 中国 トヨタ問題はでも大きく報道され、2010年2月5日、 ()は「コストダウンに固執した結果、品質まで傷つけてしまった。 コストダウンは悪いことではないが、品質とのバランスは保たれなければいけない」と報じた。 日本 日本のは会見を批判する報道をしている。 は「謝罪の言葉だけではすまない」とし 、「すでに売ったすべての新型プリウスの改修を徹底するのが筋ではないか」() 、「ハイテク装備を過信し、利用者の声を軽視していた面は否めまい」() 、などと報じた。 一方で「それよりもの問題を解決すべき」、「日本のメディアもしつこい」といった声も上がった。 は2010年3月7日、草加市で2001年の初代プリウスがハンドルが動かないという現象を3度体験したといわれ、トヨタはこっそり修理をしたと報道した。 州知事らの動向 一方、トヨタ自動車の生産工場があるケンタッキー、インディアナ、アラバマの3州と、工場の建設予定地となっているミシシッピ州の各州知事らは、2010年2月、トヨタ騒動に対して「あまりにも不公平である。 トヨタは米国で17万2,000人もの雇用を生み出している。 米国で最も称賛されるべき企業の一つだ」という声明を発表し、トヨタ・バッシングを批判し、トヨタ騒動に関するを開く連邦議会下院の2委員会あてに4州の知事は連名で書簡を送り、公平な議論を行うよう求めた。 この他、トヨタ自動車が米国で雇用を生み出して地域経済の活性化に貢献していること、破綻したGMの株を持つ米政府の意向 説、またオバマ政権批判をかわすためのなどが背景で、トヨタ・バッシングと訴訟が行われているとも報じられ、トヨタの擁護に回るメディアも現れた。 また、自動車コンサルタントのマリアン・ケラーは、1970年代に「GMやフォードが技術的な欠陥車を出しながら、それを認めず、ドライバーの非難に終始した」ことを振り返り、「そのような姿勢がアメリカの車のブランドを殺し、トヨタなどの日本車に入り込む隙を与えた」としたうえで、トヨタも同じ道を辿りうること、アメリカや韓国の車の質は向上し、他のメーカーに乗り換えることは十分にあると語っている。 米国運輸省調査・公聴会 [ ] 2010年2月15日、NHTSAが以降のトヨタ車の急加速で死者が34人に達したと発表した。 翌日の2月16日、米国運輸省はリコール遅れについて調査開始を発表。 2月18日には米下院の公聴会に社長が正式に招致された。 2010年2月19日、米自動車保険最大手のステート・ファームはすでに2004年2月と2007年にトヨタの急加速事故の増加への懸念をNHTSAに報告していたことを明らかにした。 2010年2月22日、ニューヨーク州連邦大陪審と証券取引委員会()LA支部は、トヨタに情報提出を命じた。 2010年2月24日には、米連邦捜査局 FBI が自動車部品大手のデンソー、矢崎総業、東海理化3社の米国法人に捜索に入った。 なお、この2010年の秋に中間選挙があることや、米政府はGMに500億ドルを投じた最大のスポンサーで、GMが米国国営会社としての側面も持つことが背景になるとも指摘される。 、米下院エネルギー商業委員会の公聴会が開かれる。 北米トヨタ販売社長が出席し、のがの電子制御にがあると自身の実験結果をもとに証言する。 このギルバート准教授の実験は、のちに捏造実験であったことが発覚している(後述)。 2月26日、下院監視・政府改革委員会は、トヨタ訴訟に携わっているビラー弁護士が提出した証拠書類に基づき、トヨタによる電子的証拠に計画的隠蔽の証拠がみつかったと発表した。 委員会は返答を3月12日までにするように稲葉社長に求めた。 2010年3月2日の米上院商業科学運輸委員会の公聴会で、トヨタの、副社長、の稲葉社長らが証人喚問をうけ、委員会による「リコールを限定的に実施し、1億ドル(約90億円)の費用を節約できたとするトヨタの内部文書」に関する質疑で、稲葉社長は「その文書を最近再読して恥ずかしい。 われわれの理念と矛盾している。 組織にそういう発想があるなら正したい」と答弁した。 集団訴訟 2010年2月、とカナダのトヨタ車所有者ら1000人以上が、トヨタを相手取り損害賠償を求めるを起こした。 2010年3月 [ ] 3月1日、豊田章男社長がで謝罪会見を行う。 同日、エンジンオイルのホースが亀裂しオイル漏れが生じる恐れがあるとして2009年10月以降生産した国内外160万台の自主改修を発表した。 、ハリソンで2005年型プリウスが暴走し、衝突事故を起こした。 同年3月18日、米運輸省道路交通安全局 NHTSA による事故車のデータ記録装置の調査結果、ブレーキが使われた形跡はなく、スロットルが全開だったことが判明。 同年、米ニューヨーク州の警察当局も、捜査の結果、車両には異常が認められず、ドライバーの運転操作ミスとした。 2010年3月、カリフォルニア州サンディエゴ近郊の高速道路にて暴走状態になった2008年型プリウスが、警察の指示によりパーキングブレーキを使用して辛うじて停車する事件が発生した。 パトカーが停車を指導する様子は、ヘリコプターから空撮され、国際配信された。 トヨタは、同3月10日から11日にかけて調査を行い、アクセルペダルは正常に機能していること、一連のリコール問題のきっかけとなったフロアマットがペダルを妨害するような状況はないこと、前輪ブレーキは摩耗していたものの、後輪ブレーキは良好であったことを明らかにし、急加速を訴えた男性の主張と矛盾することを指摘している。 NHTSAの調査でも、急加速の原因となった不具合を発見できなかった。 また、2010年3月12日、カリフォルニア州オレンジ郡検事局は、トヨタ社を「詐欺的活動」として地方裁判所に訴えた。 ねつ造再現実験とショーン・ケイン [ ] 3月、は、ニュース番組で放映した准教授によるトヨタ車の急加速の再現実験はねつ造であったと報道した。 走行中にエンジンの回転数が上がるタコメーターの映像は、停止した状態で意図的に作り出したものと説明した。 その後、ギルバート准教授は、という人物に雇われていたと各メディアが報じた。 また、米デトロイトニュース紙は「2月23日の公聴会で、ギルバート氏はショーン・ケーン氏から資金を支払われていた」と伝えた。 ショーン・ケインは、2003-04年の6ヶ月間に2002-04年型カムリの急加速による8人の死亡事故がNHTSAに報告されていたとした が、SRS社は社長が1人の個人的会社であることが発覚している。 教授博士は、ショーン・ケインとの記者が急加速の原因をマットではなく、トヨタの電子制御スロットルシステムにあると執拗に主張し、この騒動をつくったが、制御機関に問題はないとした。 2011年に、このライカーの見解は、米運輸省の調査で追認された。 2月にトヨタ車のソフトウェア問題を指摘したスティーブ・ウォズニアックは同3月7日、「プリウスは色々なガジェット(電子製品)と同じくコンピューターが入っている。 最近は何にでもコンピューターが入っている。 つまり何でも故障する可能性がある」と述べ、コンピューターと同様に、不調の場合はシャットダウンして再起動するといいと語った。 また、自身がトヨタのファンで、プリウスを9台持つといったうえで「コンピューターを使っていれば、細かいトラブルがあるのはみなさんご存じでしょう。 私はトヨタを愛している。 私はトヨタ車が安全でないとは思わないし、今後もトヨタ車を買い続けます」と述べた。 また、トヨタの2002-2003年版のサービスブレティンには、ある速度範囲での急加速が見られた場合にソフトウェアのリセットを求めていることが記載されており、これがトヨタがソフトの不具合を知っていた証拠とされたが、この件についてトヨタは2010年3月23日に完全な誤解と答えている。 トヨタ訴訟の一括審理 [ ] 2010年4月9日、320以上の訴訟の内、228件以上の連邦法による民事訴訟は、カリフォルニア州のカリフォルニア中部連邦地方裁判所(ジェームズ・セルナ判事)で一括審理することが決定された。 事件名は「トヨタ自動車の意図せぬ急加速を巡るマーケティング・販売慣習とに関する訴訟」とされた。 5月13日からトヨタ訴訟の一括審理が始まり、60人の弁護士から21人の弁護団が決まった。 訴訟費用は30-100億ドル、和解金が最低30億ドル。 トヨタは事故原因別に3つの委員会の設置を求めた。 トヨタによる民事制裁金支払い [ ] 2010年4月19日、トヨタと米国運輸省が民事制裁金の全額支払いで合意成立。 トヨタは「法律違反」について否定した が、運輸省のラフッド長官の声明では「トヨタが法律違反の責任を認めた」と述べている。 米国市場における韓国メーカーの台頭 [ ] また、2010年5月には、ヒュンダイ、が米国市場で順調に売り上げをのばし、「トヨタのリコールで、現代・起亜自動車が米国で歴代最高の評価を受けている」と報道された。 「品質・ブランド・価格・デザインのよさ」で高い評価を受けたとし 、マーケティング・リサーチ会社による2010年「顧客満足度」調査では、ヒュンダイはトヨタやホンダら日本車を押さえ全23ブランドの9位に登場、起亜自動車は同13位となった。 また、ブランド・キーズと自動車価格情報誌『Kelly Blue Book』でもヒュンダイが1位を獲得した。 2010年5月2日、は自動車コラムニストのウォーレン・ブラウンの記事「A sweet salvo from Seoul ソウルからの甘い爆撃 」において、ヒュンダイの新型ソナタは、日本車よりも優れており、米国で高い評価を受けている としたうえで、試乗比較の結果、「ソナタに乗ってみれば、韓国車が日本車に勝っていることが実感できる」と紹介した。 デザイン、インテリア、安全性、性能、品質においてソナタは、トヨタのカムリ、ホンダのアコード、日産のアルティマを圧倒し 、またソナタはシボレー「マリブ」、フォード「フュージョン」の脅威になるとした。 また、米国の週刊誌「US News&World Report」はソナタが、フォード「フュージョンハイブリッド」、「マーキュリー・ミランハイブリッド」とともに1位と報道し 、米国の自動車雑誌「Car and Driver」5月号も、ソナタがホンダ「アコード」、スバル「レガシィ」と比べて優勢になり、 1位となったと伝えられた。 米運輸省・NHTSAの中間報告 [ ] 、米運輸省は分析の結果、アクセルペダルとフロアマットの欠陥の疑いは残っているが、事故が起きた際にスロットルは全開でブレーキは使われておらずブレーキをかけようとしてアクセルを誤って踏んだ運転による人為的なミスが事故の原因だと発表した。 2010年8月11日、NHTSAは、トヨタ車の電子系統には異常がなく、事故のほとんどが運転者の人為的なミスによるものであると報告 した。 ヒュンダイによる自主リコール [ ] 2010年9月、韓国のヒュンダイ自動車が、アメリカで製造されたソナタ14万台について自発的にリコールを行うと発表した。 リコールの対象は2009年12月11日から9月10日までに生産された新型ソナタで、NHTSAは8月からステアリングの不具合に関する消費者の苦情を受理し、調査を行っていた。 韓国メディアは「米のヒュンダイたたきが本格化」「第二のトヨタ事態」などと報道した。 ヒュンダイは「ハンドルを点検してトルクをかけることで解決可能」として、自発的なリコール実施、さらにトヨタ車と異なり事故がなかったことをあげ、影響を最小限に食い止められると声明を行った。 リコール完了 [ ] 2010年10月、トヨタは500万台のリコールが完了したことを発表。 トヨタによる追加制裁金支払い 2010年12月21日、トヨタは3242万5,000ドル(27億円)の追加制裁金の支払いに合意。 4月の制裁金と合わせて計約40億円にのぼった。 ただし、トヨタは報告の遅れの法律違反も電子制御装置の不具合も認めていない。 騒動の終息 [ ] 秋の2010年11月2日に米が実施されてからは、米政府のトヨタバッシングは終息したともいわれる。 ビラー裁判の結審 [ ] 2011年1月5日にビラー・トヨタ裁判の調停機関は、ビラーの主張を退け、トヨタによるビラーへの損害賠償260万ドルの請求を認め、トヨタの全面勝利となった。 これにより、「トヨタ・バッシング」とも呼ばれた一連の騒動の原因のひとつとなった訴訟は終結した。 米運輸省・NHTSA・NASAによる最終報告 [ ] 2011年2月8日、急加速問題の原因調査をしていた米運輸省はトヨタ車の電子制御装置に 欠陥はなかったとの調査結果を発表。 ラフード米運輸長官の発表では米高速道路交通安全局 NHTSA と米航空宇宙局()による10ヶ月の調査結果で、電子制御装置では いかなる問題点も見つからなかったとし、NASAエンジニアによれば急発進が発生した自動車9台について電子制御装置に 異常現象は見られず、NHTSAの調査でも加速ペダルと運転席フロアマットの欠陥による問題は確認されたものの、急発進事故の 殆どが運転手のミスと確認された。 なお、この最終報告について日本のはほとんど報道しなかった。 また、翌日の2月9日に、トヨタ株は2010年1月の水準を回復した。 紙は2011年2月9日の社説で、米議会による一連の「トヨタたたき」は、ニュースの見出しを狙った政治的に引き起こされたヒステリーだったと米国側の対応を批判し、議会は自制や大局観を失っていたとした。 またトヨタ社は、世論の袋だたきに遭うため、経営陣に顧客批判は不可能だったと同情的に総評した。 一方、米消費者団体は政府の調査が不十分だとしている。 その後 [ ] 韓国でのトヨタ車リコール [ ] 2011年11月27日、韓国国土海洋部は、トヨタのレクサスES330とRX330のモデルに、欠陥が見つかったとして、日本から輸入した3357台を対象にリコールを実施すると発表した。 欠陥は、エンジンの動力を発電機とパワーハンドルに伝達するシステムにあるとされ、安全運転に支障を与えるとされた。 このリコールについて韓国メディアは「安全運転に致命的な欠陥」「品質不良のレクサス」「日本のプライドがずたずたに」などと報道した。 2012年の和解 [ ] 2012年12月26日、トヨタはカリフォルニア中部連邦地方裁判所におけるで、原告側と11-14億ドルの支払いで和解に同意した。 これまでの総費用は約30億ドルにのぼると推計されている。 これによって残るのは、によって起こされた消費者保護・不正行為訴訟と、28州の州が起こした不公正ビジネス慣行訴訟、およびいくつかの州法による賠償訴訟である。 2014年 [ ] 2014年3月19日、とトヨタ自動車は、リコール問題の最終的な和解案に合意。 トヨタ側が12億ドルを和解金の支払いとリコールに対する約束事項の遵守を負うこととなった。 巨額の賠償金もさることながら、折りしもが生じたタイミングであり、アメリカにおけるリコール問題処理の模範になるものとして注目された。 脚注 [ ]• ABC News 2011年2月8日. 2012年9月9日閲覧。 (英語)• 毎日jp [ — ]• [ ] 時事通信 2010年3月19日 [ — ]• Newsweek. bloomberg. 2011年1月6日. 2012年3月6日閲覧。 Racketeer Innuenced and Corrupt Organizations Statute。 15mmに設定しているとして安全性についても問題を指摘した。 [ ] [ ]• 共同通信 2010年12月24日 [ — ]• [ ] Toyota Newsroom (英語)• Toyota Newsroom (英語) [ — ]• ニューズウィーク日本版 2010. 17号 p. 20 [ ] [ — ]• NHTSA Press Releases (英語)• (韓国語)2012年2月9日閲覧 [ — ]• 編集長David E. Rovella) [ — ]• [ ] 毎日jp [ — ]• トヨタ公式発表 [ — ]• 47NEWS [ — ]• [ ] NIKKEI. NET 2010年1月22日 [ — ]• 2010年1月30日, at the. NIKKEI. NET 2010年1月27日 [ — ]• 2010年4月2日, at the. Toyota Newsroom (英語) [ — ]• Toyota Motor Europe (英語) [ — ]• [ ] 毎日jp [ — ]• ロイター [ — ]• トヨタに対し、は長期会社格付け、は無担保長期債務を引き下げることを検討した。 2010年2月12日時点のよりアーカイブ。 2010年2月6日閲覧。 NIKKEI NET。 YOMIURI ONLINE [ — ]• 毎日jp [ — ]• [ ] 毎日新聞2010年1月29日記事 [ — ]• 毎日新聞2010年1月29日記事 [ — ]• ブルームバーグ2010年1月29日記事「韓国の現代自:トヨタからの買い替え奨励、米国で1000ドル還元へ」 [ — ]• YOMIURI ONLINE [ — ]• 2011年10月18日, at the. 東洋経済オンライン [ — ]• [ — ]• YOMIURI ONLINE読売新聞2010年2月3日 [ — ]• Mehul Srivastava 記者執筆。 編集長はYoung-Sam Cho。 [ — ]• 2010年2月6日, at the. 産経新聞 2010年2月5日 [ — ]• J-CASTニュース2010年2月1日記事 [ — ]• 47News,2010年2月6日記事 [ — ]• [ ] 時事通信 [ — ]• J-CASTニュース [ — ]• TIME (英語) [ — ]• 2010年2月14日, at the. PSA Peugeot Citroen (英語) [ — ]• [ ] GM Media (英語) [ — ]• 毎日jp [ — ]• Response. [ — ]• [ ] 時事通信 [ — ]• YOMIURI ONLINE [ — ]• トヨタ自動車 [ — ]• Response. [ — ]• 2010年2月14日, at the. msn産経ニュース [ — ]• 2010年2月16日, at the. jp [ — ]• 2010年2月9日, at the. NIKKEI NET [ — ]• [ ] YOMIURI ONLINE]読売新聞2010年2月13日 [ — ]• 日経ビジネスオンライン [ — ]• 中央日報2010年2月3日 [ — ]• Searchina2010年2月5日 [ — ]• [ ] NIKKEI NET [ — ]• 2010年2月10日, at the. asahi. com [ — ]• [ ] YOMIURI ONLINE [ — ]• Searchina [ — ]• Response. [ — ]• 2010年3月7日記事。 1回目(09年1月) はモーター交換、2回目はコンピュータの交換をした。 [ — ]• [ ] 読売新聞2010年2月11日記事 [ — ]• J-CASTニュース [ — ]• 2010年2月15日ダイヤモンドオンライン。 [ — ]• [ — ] [ — ]• 2010年2月22日ロイター「米ステート・ファーム、トヨタ車の事故について04年にNHTSAに報告」 [ — ]• 時事通信. 2010年2月23日. 委員長はタウンズ。 [ — ]• [ — ]• 2010年8月10日, at the. [ — ]• 2010年3月4日47NEWS [ — ]• [ ] YOMIURI ONLINE2010年 2月2日 [ — ]• ロイター [ — ]• IBTimes. 2010年3月19日. 2011年2月5日閲覧。 Reuters. 2010年3月23日. 2011年2月5日閲覧。 サーチナ. 2010年3月17日. 2011年2月5日閲覧。 「欠陥隠して利益」米オレンジ郡検事局、トヨタを提訴」朝日新聞2010年3月13日 [ — ]• 「米オートチャンネル・ドット・コム」2010年3月10日記事 [ — ]• ケイン社長は下院で証言予定と報道されたが実現されていない。 [ ] [ — ]• ダイヤモンドオンライン 2010年3月1日 [ — ]• AFP. 2010年3月7日. 2011年2月5日閲覧。 2010年3月26日, at the. [ — ]• 2010年5月27日時点のよりアーカイブ。 2010年5月15日閲覧。 [ — ]• [ ] [ — ]• ブルームバーグ 2010年5月15日 [ — ]• [ — ]• [ — ]• [ — ]• 2011年1月20日時点のよりアーカイブ。 2012年2月9日閲覧。 [ — ]• 2010年7月17日, at the. MSN産経ニュース 2010年7月14日 [ — ]• 2010年8月11日, 日経新聞 [ — ]• ロイター. 2011年8月10日. サーチナ. 2010年9月28日. 2012年2月11日閲覧。 米国自動車サイトautoblog日本版、2010年10月6日記事。 [ — ]• [ ]読売新聞 2010年12月22日記事 [ — ]• [ ]時事ドットコム 2011年2月9日 [ — ]• 産経新聞2011年2月9日記事 [ ] [ — ]• サーチナ. 2011年11月28日. 2012年2月11日閲覧。 ウォールストリートジャーナル 2012年 12月 27日 09:08 JST [ — ]• NewSphere. 2014年3月20日. 2014年4月13日閲覧。 [ ] 関連項目 [ ]• - の後期の戦闘。 交戦する双方がトヨタのピックアップトラックを活用したためこの通称で呼ばれる。

次の

「プリウス暴走事故」はなぜ多い

プリウス暴走 欠陥

youtube. 男性会社員にけがはなかった。 youtube. : プリウスは強力なバッテリーを採用しているが、これの電圧が初代のプリウスで273. 6ボルト。 2代目、3代目のプリウスは、201. 6ボルトだそうだ。 一見、性能が低下しているように見えるが、バッテリーとインバーターの間に昇圧コンバーターを付加させることにより、500ボルトまで電圧を上げている。 もしプリウスに問題が起きるとしたら、この昇圧コンバーターがアキレス腱だと思う。 プリウスのライバルと見られる電気自動車であるが、三菱アイ・ミーブは330ボルト、日産リーフは355ボルトのバッテリーを採用している。 これらは小さい電池を直列にして電圧を高めている。 2代目、3代目のプリウスと違い、電圧は固定式だ。 暴走事故など当方の知る限り、聞いたことはない。 上の記事の一部を引用する。 引用終了 電気自動車に比べ構造が複雑なハイブリッドカーは、故障因子が存在することに注目すべきだ。 これはブレーキの故障ではない。 勝手にスピードを上げたのは、電圧制御が暴走したからではないのか。 だとすれば、メーカーも必死に隠蔽するだろうな。 ハイラックスの操舵装置の脆弱性も隠蔽していたし、トヨタは前科が多いから当然このような事件は起きる。 あれだけ車種を擁し、次々と新型車を開発し続けなければならない巨大企業トヨタ。 どこかに目の行き届かない部分が出来てもおかしくはない。 これに対して三菱アイ・ミーブの場合、ベース車の開発で当時、同社を支配していたダイムラーの横槍が何度も入って開発が中断し、ガソリン版ですら5年もかかった。 電気自動車化についてはガソリン車を開発していた当初から想定していたが、同社への信頼の低下していた時期でもあり、電力7社と協力して充分すぎるデータを収集した。 試験車輌は40台で、走行距離は全部合わせて295,000kmに達する。 プリウスの事件だが、全く話題に出てこないのは、トヨタがマスゴミを黙らせているに違いない。 NHKにも役員が天下っているから、完全に封殺できる。 一時期、ネット上で話題になったレクサス棺桶号事件についても、告発したyoutube動画は完全に削除された。 恐るべき日本の黒い霧、トヨタ。 御曹司の社長も、単なる広告塔に過ぎない。 絶対に裏で支配する勢力がある。 当方の経験からも、それは断言できる。 個人的には、プリウスのデザインが嫌い!。 尻上がりのごきぶり的のボディラインが嫌だ。 全部じゃないが、夜の7時ころ、勤め帰りの人たちで車が多いのに、これ見よがしに、車を左右に縫うように走り抜け、ぐんぐん飛ばしていったプリウスを二三度見かけたが、誰も、競争しようなんて考えてない、帰宅時間帯のあのプリウス、なんだろうあのドライバーは。 運転がうまいと思い込んで見せびらかしてあほ走りしてたのか、営業マンがあほ宣伝の一環でやってたのか知らんが、全体デザインから何から気分悪い嫌な車だ。 落ち着いた知り合いのおばさんも乗ってるがな。 トヨタは今年でもうダメだと自分は以前から思っているが、何でもコンピューターでってのは無理がある。 装着するなら自動感知ブレーキ。 まずトラックに、自動前方物体感知ブレーキだな。 なんで先に軽が装着してるのか、ないよりいいが。 車にかかわらず私鉄や大会社は、外国に乗っ取られてると言われてるな。 突然ブレーキが効かない、エンジンが突然暴走する、ドアロックされたまま池に落ちる、なんじゃこの車たち!。 昔のギアの付いた車の方が安全だろ。 わけのわからんコンピューター制御ばっかりの車なんか誰が乗るかいな!。 それだけまずは頼むわ。 01です。 このスレが、ここ数日間、アクセスが急上昇している。 記事が書かれたのが2010年。 当方がコメントしたのが2012年。 今、極めて重要な時期を迎えていると思われます。 当方はトヨタが「日本の黒い霧」だと書いたが、日本を支配している電通とタッグを組んでいるのである。 日本のテレビジョン放送や新聞ら「ダマスゴミ」を支配している電通・トヨタ。 トヨタのマークは、横の棒を一本抜けば、そのまま「目玉」だ。 電通の建物のフロアにも「目玉」が描かれているという。 ハザール・マフィアが信奉する「万物を見通す目」だ。 このようなマークを使うとは、常軌を逸していると思う。 マトモな価値観を持つ者なら、絶対に使わないマークだ。 トヨタは、これまでから過酷な労働で、精神病や自殺が多いとの噂が絶えなかった。 それについては、1970年代にトヨタの期間工に志願して自ら過酷な労働現場に身を投じて書き上げた「自動車絶望工場」の著者、鎌田彗氏が詳しい。 その著書も、当初は「トヨタ絶望工場」にするところを、ある方面から圧力がかかり、「自動車絶望工場」に題名を無理やり変更させられたとか。 トヨタは、膨大な車種を次々と開発するために、開発担当者は過酷な状況に置かれていて、自殺者も出ている。 これについては、マイ・ニュース・ジャパンでも取り上げられている。 原発問題については、はっきり書く東京新聞、中日新聞も、トヨタの件になると、翼賛ばかりだ。 トヨタは日本最大の広告主だ。 絶対に悪口を書かせない。 膨大な広告費で、新聞を黙らせているのである。 このことは、日本に「言論の自由」がないことを意味している。 トヨタは膨大な車種を生産し、それらを短いサイクルでマイナーチェンジし、フルモデルチェンジしている。 まだ使える自動車を、「計画的旧式化」で無理やり買い換えさせているのである。 その手法は、電通の戦略十訓そのままである。 「気安く買わせろ」「無駄遣いさせろ」なのである。 ダイハツ、日野自動車などのグループ企業だけでなく、いすゞ、マツダ、スバルにも支配を広げ、今度はスズキを傘下に入れようとしている。 これが実現すれば、日本国内の軽自動車の殆どがトヨタグループの寡占市場になってしまう。 今やトヨタに対抗している自動車メーカーは、ホンダに日産に三菱自動車くらいなものだ。 まさに「独占禁止法」を無視するかのような、傍若無人な振る舞いである。 それと言うのも、日本政府もグルになっているからで、警察の古手がトヨタグループに天下っているのだから、危険な欠陥車を出しても、政府機関がそれを隠蔽しているのだから、怖いものは何一つない。 まさに、「平家にあらずんば、人にあらず」なのだ。 しかし、その平家も滅亡したのである。 プリウス欠陥車問題は、それの嚆矢になる可能性を秘めている。 1970年代にアメリカで生産された、フォード・ピントと言う小型車があった。 この小型車は、使いやすいサイズと価格で大人気となり、膨大な販売を記録した。 ところが、後方から衝突された時、爆発炎上しやすい致命的な欠陥があり、これに対し被害者の遺族が裁判を起こし、そこにフォードを退職した元技術者が証言で加勢して、フォードは負けたのです。 同社は1970年代の日本車の攻勢に戦える車種を失い、深刻な窮地に陥りました。 Car tube 車、旧車の情報共有サービスならカーチューブ。 車、旧車をもっと楽しむ フォード・ピントの悲劇〜欠陥車がもたらした最悪の事件〜 2015. 結局、フォードは裁判に負け、膨大な補償金を支払いました。 」と怒鳴ったそうです。 プリウスの暴走事件は、フォード・ピント以上の欠陥車問題になると当方は予測しています。 警察もグルになって、運転者の踏み間違えとか、操作ミスとか決め付けて、トヨタに火の粉が降りかからないように尽力しています。 つまり、警察はトヨタのために働いているのであって、決して国民にために働いているのではないという事実に注目していただきたいのです。 そうでなければ、部品点数が大幅に減って、グループの仕事が一挙になくなってしまう「エンジンなし、変速機なし」の自動車など、トヨタがつくる筈がありません。 今朝の記事で福岡暴走は、 マットがづれてアクセルペダルを押し込んだ可能性があるとされていたが、 押し込んだは、マットの重さだけでは無理。 押し込んだは、明らかに加速を意味している。 以上から、 マットがアクセルに被さったためブレーキを踏んだが、 同時にアクセルも踏まれた状態になった、と仮定してみる。 しかし、マットが板のような硬い材質でない限り、 ブレーキペダルの方に、殆ど力が加わるので減速するはず。 決して加速はしない。 また、マットが硬い材質で出来ていたら、重さもあるので簡単にアクセルに被ったりしない。 そもそも、ブレーキを踏んでいるのに、エンジン?モーター?がアクセルを吹かした状態になるスペック? がオカシイ。 よって、警察は最初の見立て通り、ブレーキとアクセルを踏み間違えたで行くしかない。 メーカーを保護するためには、決して、ブレーキを踏んだは認めることが出来ないはず。 それから、 >福岡市博多区の原三信病院にタクシーが突入し10人が死傷した事故で、運転席のブレーキペダル付近に操作を妨げるようなものはなかったことが7日、捜査関係者への取材で分かった。 自動車運転処罰法違反容疑で逮捕されたタクシー運転手松岡龍生容疑者(64)は「ブレーキが利かなかった」と供述しており、福岡県警は運転記録装置を解析するなどして原因を調べる。 運転席のブレーキペダル付近に操作を妨げるようなものはなかった。 とされている。 飯塚さんは「あー、どうしたんだろう」と応じており、直後に車道左側の金属製の柵に接触したとみられる。 その後、スピードを上げたまま交差点に突入していた。 事故直後には飯塚さんが動揺した様子で息子に「アクセルが戻らなくて、人をいっぱいひいちゃった」と電話している様子が映っていた。 車種はプリウスだった。 車が勝手に暴走してもハンドル操作で回避して、自損事故扱いになってるケースが多いのではないか。 : : [13].

次の

『一連のプリウス/アクアによる多数の暴走死亡事故はトヨタ...』 トヨタ プリウス のみんなの質問

プリウス暴走 欠陥

5ch. 名無しのドライバー• 2019年06月03日 12:18• とりあえず、プリウスに限らずみんな計器とか鏡を見るついでに足元のペダルもチラ見しながら運転すればいいと思うんだ。 正しいドラポジを取っているならメーターやサイドミラーと同じように足元もギリギリ視野の中に入ってくるし、ちょいと目線を下に向ければ真夜中とかでなければ普通に右足がアクセルとブレーキどちらのペダルを踏んでるかすぐ分かるしね。 あと、当たり前だけど緊急回避の急ブレーキでなければ、普段の運転でブレーキを強く踏むような癖を付けないのも肝要。 普段から緩やかに柔く踏むようにしとけば、仮にアクセルを踏み間違えたとしても急加速なんかしない。 踏み間違いに気づいて改めてブレーキを強く踏みなおして車を止める時間的猶予ができる。 プリウスの暴走事故って、プリウスの欠陥というより。 背もたれが寝すぎていたり前のめりになってハンドルを抱えていたりとドラポジが適切でない+ミラーや周りの状況を適宜見落としなく確認できていない+万一の時も車の性能頼みで何かあれば車の所為にする。 そんなろくでなしが好んで乗っているってだけの話でしょ。 名無しのドライバー• 2019年06月03日 23:03• プリウスは車内を広くするためにキャビンを極端前方に前進させた。 そのために運転席の足元にはタイヤハウスがはみ出ている。 FFだからただでさえFRと違って前輪軸は後ろに下がってるしね。 結果、タイヤハウスが干渉して普通の車よりもアクセルが左側に。 そのためにブレーキペダルがハンドルの中心よりも左側に設置されている。 つまりはプリウスのパッケージの問題。 これがプリウスが暴走を誘発する最大の原因よ。 暴走した運転者が例外なく口にする言葉「ブレーキ踏んだけど」は本来ブレーキペダルのあるべきところにアクセルベダルがあるからだよ。 ちなみに左ハンドルのプリウスにこの欠点はない。 本日も大阪でプリウス絶賛暴走中。 4人が怪我。

次の