うじうじ する。 何度も何度も同じような相談をしてくる友人にイライラしていま...

うじうじとした性格を直したい!

うじうじ する

人に叱られて、よくうじうじする。 自分の内によく入る。 うじうじを辞めたい。 自分の命を、喜びとともに使いたい。 うじうじするときは、意識が内に向き過ぎている。 うじうじするとき、 あなたの意識はどこを向いていますか? 考えや感情や、 身体の感覚といった、 内に向いていませんか? まずは、 人の 「意識の向き」について、 お話してきますね! 意識の向き 人は、 3つの意識の向きをもっています。 意識の向きは、このように3層構造になっています。 リンク ヴィクトール・フランクルさんとは? にに生まれる。 在学中より、に師事し、を学ぶ。 ~省略~ 1933年から、ウィーンの精神病院で女性の自殺患者部門の責任者を務めていたが、による1938年のので、がドイツ人を治療することが禁じられ、任を解かれた。 1941年12月に結婚したが、その9ヶ月後に家族と共にのに収容され、父はここで死亡し、母と妻は別の収容所に移されて死亡した。 フランクルは1944年10月にに送られたが、3日後にに移送され、1945年4月にアメリカ軍により解放された。 ~省略~ 極限的な体験を経て生き残った人であるが、ユーモアとウィットを愛する快活な人柄であった。 学会出席関連などでたびたび日本にも訪れていた。 うじうじするとき、 自分が使命を果たすべき、 職場やコミュニティを、 「こんな小さいところに仕える 意味なんかあるの?」 「自分がいるべき場所はココじゃない」 と見下すことはありませんか? 私は、 見下すことがありました。 「もっと、 喜びを感じられるハズ!」 「もっと、 自分にふさわしい場所があるハズ!」 と。 でも、 違ったんです。 会社や上司から命令されて仕事をしていると考えるのではなく、自分の人生からオーダーが出ていて今の仕事をしていると考えてみるっちゃ。 自分を超えた何か大きなものから呼ばれているという感覚だべさ。 だからイングリッシュでは天職のことを『コーリング(calling)』というべ。 「君が生きる意味--人生を劇的に変えるフランクルの教え」より引用 を読んだ時、 価値観が変わりました。 使命に仕えることの喜びを理解しましたね。 目の前の利用者さんの生活がよくなることを 全身全霊で考え、 大いなるものから与えられた 使命に仕えていく。 そうすると、 創造性豊かな喜びが溢れます。 自分の一挙一動も気にならないし、 みんなが私の悪口を言っているかもという考えも怒りません。 無我夢中になって働き、想像価値を世界に差し出せば、あんだの使命圏は満たされ人生の充実感を味わうことができる 「君が生きる意味--人生を劇的に変えるフランクルの教え」より引用 とあるように、 自分の外側(使命圏)に 意識を向けた結果として、 自己超越し、 無我の境地へ。

次の

部下を効果的に指導するための3つの方法

うじうじ する

何を言っても話が進まない、自分の力で進もうとしない、こんな人に会うこともあるでしょう。 周囲のサポートがあっても何も出来ない人は、見ていてあまり良いものではありません。 では、このように自分の力で何も出来ない人は、どんな特徴があるのでしょうか。 今回は、うじうじした性格の人の特徴を紹介していきます。 「でも」という言葉が多い うじうじした性格の人の特徴として、「でも」という言葉が多い人だといえます。 うじうじした性格の人に多いのがこの言葉で、何があっても「でも」を多用します。 周囲の人がアドバイスをくれても、サポートしてくれても、この「でも」という言葉ですべてを台無しにしてしまい、結局何も進まないのです。 うじうじした性格の人が「でも」という言葉を使う理由としては、不安が多くなっているためです。 アドバイスをもらっても不安材料があるのであれば、「でも」という言葉で逃げようとしています。 結局のところ、新しいことを始める勇気がなかったり、失敗を恐れているのであり、このような不安が、「でも」という言葉に集約されて現れているのです。 このように、うじうじした性格の人のは「でも」という言葉が多く、自分で何も決めきれないことがよくあります。 気持ちの切り替えができない うじうじした性格の人の特徴として、気持ちの切り替えができない人だといえます。 いつまでたっても前のことを引きずっていることが多く、すでに関係なくなったことでうじうじと引きずっていることがよくあります。 普通であればキレイサッパリ忘れようとしたり、次はどうするか前向きに考えようとするでしょう。 しかし、うじうじした性格の人はこの切替をすることが出来ずに、いつまでも前の出来事を引きずっていることが多いのです。 また、このような性格の人に多いのが、考えてもどうしようもないことを引きずっていることです。 世の中にはもうどうしようもないことも多く、今考えても対処できないことだらけです。 そのため、そのような出来事について考えても、悩んでも正解にたどり着くことはありません。 しかし、うじうじした性格の人はこのどうしようもないことに囚われ続けており、考えても解決しないことをずっと繰り返して考えてしまいます。 このように、うじうじした性格の人は気持ちの切り替えができず、前向きに考えることもできません。 勇気がない うじうじした性格の人の特徴として、勇気がない人だといえます。 うじうじした性格の人は決心や踏ん切りが付かないことが多く、あと一歩のところで躊躇してしまうことが多いといえます。 もう少しだけ頑張ればできるのに、これだけやれば達成できるのに、といった状況でもなかなか進むことが出来ずに、勇気の無さからチャンスを逃していくのです。 また、このような性格の人によくあるのが、自分で決断できないことです。 自分がどうしたいのかが欠けており、周囲の判断に任せようとします。 しかし、周囲の決断に対して文句をいったり、それでも実現できないことも多く、結局のところ勇気の無さが影響していることが多いといえるでしょう。 このように、うじうじした性格の人は勇気が足りず、物事の実行ができない場面が多いのです。 うじうじした性格の人の特徴としては、あと一歩が踏み出せない人だといえます。 もう少しでできるのに、という場面が多く、勇気の無さ、不安の多さなどが影響しているといえるでしょう。 また、「でも」という言葉が多い人には要注意であり、このような人は、大抵うじうじした性格の人です。 何をしてても「でも」という言葉を返してしまうのは、自分に自信が持てないからであり、いつまでも今の状態から前に進むことが出来ないのです。

次の

うじうじする彼氏、見極めるには?

うじうじ する

部下の指導は上司の大切な責務の一つですが、どうしてもうまくできない、という悩みを持つ方も多いです。 指導しなくても部下が伸びるのならばこんなに楽なことはありませんが、そうもいきません。 世の上司達は、部下の指導にどんな悩みを抱えているでしょうか。 かといって、部下によって対応を変えると不公平な感が生まれてしまいます。 「褒め」中心で部下を指導すべきなのか、「叱り」中心で部下を指導すべきなのか、多くの上司の方が悩んでいるポイントです。 上司が部下を育成するためには、上司は部下の仕事について理解しなければなりません。 こちらから働きかけなければ報告がない、という状態は好ましくないのです。 そういった部下はやる気もなく、育成するための指導・教育も効果が薄くなってしまいがちです。 自分から成長しようという積極的な部下は指導のしがいもあるというものですが、積極性のない部下にはどんな指導をすべきか難しいところです。 まずは部下に積極性を芽生えさせることからはじめるべきかもしれません。 指導している意味がないのではないか、指導の仕方が悪いのだろうか、などと思ってしまいます。 同じ失敗を繰り返す部下に対しては、指導の仕方としてあるポイントに気をつけなければなりません。 せっかくの上司の指導も、部下が聞き耳を持たなければ意味がありませんよね。 また、それでは指導をしようというモチベーションすら失われてしまいます。 効果のある部下の指導の仕方とは? 部下を指導しようとする前に、その部下を理解することを大事にしましょう。 部下が話しているのに遮って叱ったり、自分の価値観を押し付けて叱ったりするのはだめです。 仕事について、部下にどれほどの能力があり、どういったプロセスを経てその結果となったのか、その流れを理解してあげてください。 そのすべてを暗記して、逐一職場で実践するのは不可能です。 ですから、まずは自分にとって覚えやすい指導方法でなければなりません。 中途半端な実践は逆効果になることもあります。 これは意外に重要なポイントなのです。 ときには、とても実行できそうにない荒唐無稽な指導方法が紹介されていることもありますよね。 いざ、自分が身につけようとする指導方法を選ぶ際は、自分の環境で実行しやすい指導法であるかどうかを確認しましょう。 部下の指導法7ポイント それでは、部下の指導法として実践的なものを7つご紹介します。 もちろん、上司であるあなたがこれらをすべて取り入れる必要はありません。 職場がどんな環境か、指導する部下がどんな性格かによって、覚えやすく、実践しやすい方法をチョイスしてみてください。 また、部下に指導をしたとき、それを理解したかどうかを確認しているでしょうか。 部下が仕事に対してどういう状況にあるか、その現状を把握するのはとても重要なことです。 部下に仕事を任せたら、その進捗状況も逐一把握しましょう。 部下を指導したら、数日後に理解度を確認してみましょう。 指導をしても、理解していなければより大きな問題に発展するかもしれません。 とはいえ、部下とのコミュニケーションが取れないとそれは難しいですよね。 部下が自主的に報告してくれればいいですが、それだけ積極的な部下ばかりではありません。 そこで、システムとして部下から上司へ報告や相談をする仕組みを作ってしまいましょう。 しかし、これは部下から上司に対してだけのものだと思っていませんか?実は、部下の指導を効果的にするためには、上司から部下への報連相もとても大切です。 上司はときに、自分が徹底できていないことであっても、部下を指導する必要がありますよね。 仕方がないとはいえ、それでは説得力が薄れてしまいます。 普段の自分の仕事振りを見直すことで、部下を指導する自分の言葉にも説得力が生まれ、部下にも指導が届くようになるでしょう。 言い訳の多い部下も、事実に基づいてプロセスや結果を指摘すると、逃げ道がなくなります。 とくに叱るときは注意してください。 「だからお前はダメなんだ」「お前には無理かもな」などと、部下のミスではなく部下の人格、部下そのものを叱るのは絶対にNGです。 上司である以上、部下を叱るべき場面は必ずありますが、人格攻撃は指導ではなくパワハラです。 優しい言葉ばかり与えて、厳しい言葉を全く与えないのは教育上好ましくありません。 厳しい言葉と優しい言葉の、理想的なバランスとして以下のように言われています。 「優:厳=1:9」 厳しい言葉の割合が多いという印象ですが、これは上司に威厳と信頼性を持たせるためです。 威厳を失った上司の部署は必ず崩壊します。 上司と部下のパワーバランスをはっきりさせることは教育上、そして組織運営上必須なのです。 部下の当事者意識を育むことができ、部下のさらなる成長を促せます。 この方法で指導をするとき、2つの注意点があります。 それによって、部下はより成長します。 ただ、あくまでチャレンジするのは部下だということは覚えておいてください。 指導の狙いは相手に問題意識を持たせることです。 自ら考えるように仕向けるのが上司の大切な役割だからです。 このとき、上司としてはどのように部下にヒントを与えるかがポイントになります。 悩みのタネとなる部下のタイプ4つ 部下の指導の仕方として、7つのポイントをご紹介しました。 しかし、なかなか一筋縄ではいかない部下もいるものです。 上司として、指導しにくい部下のタイプとして、以下のような部下が考えられます。 ・年上の部下 ・異性(女性)の部下 ・異性(男性)の部下 ・やる気のない部下 このようなタイプの部下を指導するとき、どのような点に注意すべきでしょうか。 それぞれの指導の仕方を見ていきましょう。 年上の部下には、業務外で甘える 年上の部下は、叱るのも褒めるのも気を遣うものです。 しかし上司として、しっかり指導すべきところは指導しなければなりません。 人前で叱るなど相手の尊厳を傷つける指導は避けるべきですが、メリハリは大切にしましょう。 こういった年上の部下との関係を良好に保つには、仕事以外の面で、人生の先輩として甘えることです。 家族との関係の悩みや、自分の上司との関係の悩みなどを、業務外で相談してみましょう。 そうすることで、年上の部下に可愛がってもらえる上司になれれば、年上の部下ともうまく付き合えます。 異性(女性)の部下には、「貢献」を褒める 男性の上司にとって、女性の部下はどのように指導すべきか悩む相手でしょう。 とはいえ、女性だからといって特別扱いはよくありません。 やはり、指導すべき点はしっかり指導しましょう。 ただ、女性の部下を指導する場合、その褒め方にちょっとしたコツがあります。 部下に声かけする時、具体的な言葉を使うのがいいのはご紹介した通りです。 しかし、女性を褒めるときはそれに加えて、人の気持ちを前面に出してその貢献を褒めてあげましょう。 異性(男性)の部下には、人格を尊重する 女性の上司にとっての男性の部下というのも、指導法に悩む相手です。 男性は、女性に比べて仕事におけるプライドが高い傾向にあります。 ですから男性の部下の場合は、叱るときにちょっとした注意をしてあげましょう。 とくに注意してあげましょう。 やる気のない部下には、成果に喜びを示す.

次の