捨てられた皇妃ネタバレ 76。 捨てられた皇妃【77話】ネタバレ感想|アリスティア社交界を席巻し始める

捨てられた皇妃【第77話】最新話のネタバレと感想!!|漫画大陸

捨てられた皇妃ネタバレ 76

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」77話、あらすじと感想です。 ネタバレありです。 前回の76話は 登場人物一覧は 捨てられた皇妃77話あらすじ感想 ヌエン子爵邸でのパーティの帰り道。 社交界を笑顔の下にナイフを隠した貴族たちの戦場と称したアリスティア。 今世では騎士の道を進み、社交界には足を踏み入れまいとしていた。 でも今回の噂の件で剣だけでは大切な人を守れないと悟り、 時には周りと同じ方法で戦わなくてはいけないと考えたのですね。 初めてのわりによくやっていたとパパに褒められました。 社交界での経験はすでにかつての人生で体験しているので、そこは誰よりも上手く立ち回れるとこです。 しかもかつてはいかに人を利用しのし上がるか、信じられる人もいない中でひとり戦っていたアリスティアですから、その中で人に嫌われることも厭わず生きていたのですよね。 前世のアリスティアはただ運命に流されていただけの女性に見えていたのですが、ちょっと見方が変わりました。 簡単に言ってしまえば、アリスティアなりに権謀術数を弄したものの権力争いに敗れただけとも捉えられるのかなと。 でも今回はそこからは逃げられないものの、人としての優しさを持っているからそれ故に心を通わせることができた友人たちに嫌われてしまうのではと心配になってしまう。 そんな思いもケイルアンはわかっていて、何も心配することはないとアリスティアを抱きしめてくれるのです。 パパほんとにカッコいいです。 あとはカルセインは策略とか嫌うかもだけど、アレンディスは策略家だから。 たぶん、いずれパパたちに敵対する勢力になる人だから。 きっとそれを知った時アリスティアは悲しむだろうけど、 負けないように今から力をつけておくのは正解だよと、いやちょっと遅いぐらいかもよとか言いたい。 それからしばらくして今度はアリスティアがパーティを開催。 その席にはヌエン家のパーティで知り合った令嬢たちが。 そこでアリスティアは自分の趣味だという装飾品のデザイン画を見せます。 アリスティアったらあざと可愛いわ。 かつての人生で爆発的人気の出たかんざしの流行を自分の手で作り掌握するつもりなのですね。 アリスティアの計算どおり、令嬢たちが色めき立ち、その中の一人がこれを商売にしようと提案します。 そのために、宝石、細工師、商団に関わる貴族令嬢に狙いを定めたのですね。 しかもネタの提供だけし自分は報酬はいらないと言うことで、関わる令嬢やその様子を見ていた子息令嬢たちにアリスティアと組めばいい思いができると思わせるところまで計算してるなんて。 この賢さを皇帝陛下はすでに見極め、アリスティアを手放したくなくなっているのかな。 以前は比べられることに苛立っていたルブリスは、アリスティアのこんな姿を見たらどう反応するのか気になるところですが、ベリータ公爵からアリスティアが社交界の交流を積極的に行なっていることを聞き、意外な反応をしました。 騎士団の業務と社交を同時に行なっていることを知り、アリスティアの体を気遣ったのです。 アリスティアの所属する騎士団の団長であるラス公爵に、アリスティアは体が弱いからあまり無理しないように気を使ってくれと。 ・・・・・ 次の78話は.

次の

捨てられた皇妃【82話】ネタバレ感想|リサ、アリスティアの簪を折る

捨てられた皇妃ネタバレ 76

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」77話、あらすじと感想です。 ネタバレありです。 前回の76話は 登場人物一覧は 捨てられた皇妃77話あらすじ感想 ヌエン子爵邸でのパーティの帰り道。 社交界を笑顔の下にナイフを隠した貴族たちの戦場と称したアリスティア。 今世では騎士の道を進み、社交界には足を踏み入れまいとしていた。 でも今回の噂の件で剣だけでは大切な人を守れないと悟り、 時には周りと同じ方法で戦わなくてはいけないと考えたのですね。 初めてのわりによくやっていたとパパに褒められました。 社交界での経験はすでにかつての人生で体験しているので、そこは誰よりも上手く立ち回れるとこです。 しかもかつてはいかに人を利用しのし上がるか、信じられる人もいない中でひとり戦っていたアリスティアですから、その中で人に嫌われることも厭わず生きていたのですよね。 前世のアリスティアはただ運命に流されていただけの女性に見えていたのですが、ちょっと見方が変わりました。 簡単に言ってしまえば、アリスティアなりに権謀術数を弄したものの権力争いに敗れただけとも捉えられるのかなと。 でも今回はそこからは逃げられないものの、人としての優しさを持っているからそれ故に心を通わせることができた友人たちに嫌われてしまうのではと心配になってしまう。 そんな思いもケイルアンはわかっていて、何も心配することはないとアリスティアを抱きしめてくれるのです。 パパほんとにカッコいいです。 あとはカルセインは策略とか嫌うかもだけど、アレンディスは策略家だから。 たぶん、いずれパパたちに敵対する勢力になる人だから。 きっとそれを知った時アリスティアは悲しむだろうけど、 負けないように今から力をつけておくのは正解だよと、いやちょっと遅いぐらいかもよとか言いたい。 それからしばらくして今度はアリスティアがパーティを開催。 その席にはヌエン家のパーティで知り合った令嬢たちが。 そこでアリスティアは自分の趣味だという装飾品のデザイン画を見せます。 アリスティアったらあざと可愛いわ。 かつての人生で爆発的人気の出たかんざしの流行を自分の手で作り掌握するつもりなのですね。 アリスティアの計算どおり、令嬢たちが色めき立ち、その中の一人がこれを商売にしようと提案します。 そのために、宝石、細工師、商団に関わる貴族令嬢に狙いを定めたのですね。 しかもネタの提供だけし自分は報酬はいらないと言うことで、関わる令嬢やその様子を見ていた子息令嬢たちにアリスティアと組めばいい思いができると思わせるところまで計算してるなんて。 この賢さを皇帝陛下はすでに見極め、アリスティアを手放したくなくなっているのかな。 以前は比べられることに苛立っていたルブリスは、アリスティアのこんな姿を見たらどう反応するのか気になるところですが、ベリータ公爵からアリスティアが社交界の交流を積極的に行なっていることを聞き、意外な反応をしました。 騎士団の業務と社交を同時に行なっていることを知り、アリスティアの体を気遣ったのです。 アリスティアの所属する騎士団の団長であるラス公爵に、アリスティアは体が弱いからあまり無理しないように気を使ってくれと。 ・・・・・ 次の78話は.

次の

捨てられた皇妃【77話】ネタバレ感想|アリスティア社交界を席巻し始める

捨てられた皇妃ネタバレ 76

漫画アプリ「ピッコマ」で連載中の「捨てられた皇妃」82話、あらすじと感想です。 ネタバレありです。 前回の81話は 登場人物一覧は 捨てられた皇妃82話あらすじ感想 ルブリスの執務室から退室したアリスティアは、ルブリスの書庫で見た過去の貴族名鑑に記載のあった母親の系図について想像を巡らせていました。 でも家系図では父も母もれっきとした貴族で、ゼナ公爵の言った「汚れた血」のヒントになるようなことは見当たりませんでした。 このことが明るみに出るのは、アリスティアの人生に何をもたらすのか気になるけど。 考え事をしているアリスティアの肩をポンと叩く人物が。 訳もわからず騎士就任初日に掃除を命じられていたカルセインでした。 カルセインは噂のことをどこまで知っていたのかな。 でもこの掃除が噂由来の罰だなんて思いも寄らないみたいです。 まあ、パパのラス公爵が調子に乗り過ぎなければ、こんな罰を受けることもなかったかもしれないけど。 カルセインはアリスティアを騎士にするため特訓する気満々。 同じ騎士団で一緒に剣を振るえるのだから、楽しくてしょうがないよね。 でもそれも大事だけど、今のアリスティアはジェレミアのことで頭がいっぱい。 ケイルアンに聞いても答えてくれなさそうなので、モニーク邸にいる騎士団の面々に聞いてみることに。 それによるとやはりソニア男爵家の令嬢で、結婚と共に爵位を還収されたため今はソニア男爵家は存在しないこと。 ただアリスティアが予想していたジェレミアが養子だったのでは、という考えは違っていたようです。 養子だから汚れた血と表現されたのではと考えたアリスティアでしたが、それとは違う衝撃の事実が。 実はケイルアンには婚約者がいたが、婚約を破棄しジェレミアを選んだと。 しかもその婚約者は現在ラス公爵夫人、カルセインの母、皇帝陛下の妹君だったのだから。 ラス公爵夫人は肩書多いですね。 彼女について一番気になるのは、以前皇宮に立ち寄った時のルブリスに対する言動。 自分の甥で子供たちのイトコなのに毛嫌いするような態度の理由。 それにはルブリスの母、皇帝の亡き皇后が関わっているようだけどそういえば皇后については一切触れされていないですよね。 そもそも皇帝の子供はルブリスひとりだけ。 皇帝は皇后の他に妃を娶らなかったのか。 だったらルブリスが将来アリスティアを皇后に迎えたとしても、ほかに皇妃を迎えなければいけないこともないのかなとか。 気になることはたくさんありますが。 今はジェレミアの話。 でも、騎士たちはあとは団長に聞いてくださいと。 アリスティアはケイルアンが話してくれるまで待つことに。 そしてアリスティアはケイルアンの元へ行き、抱きついて甘えるのでした。 ここの「どうしたんだ?ティア』と語りかけるケイルアンの美形なこと! ストーリーもだけど、絵だけでもホントに見惚れしまいます。 さて建国祭前の連休。 侍女のリナとテイラーがアリスティアの支度を整えています。 するとリナがアリスティアの簪を折ってしまうという大失態。 ここのリナとテイラーが某ドラックストアのCMのお嬢様みたいな顔で、これギャグ漫画だっけ?みたいなことに。 束の間の平和って感じ。 そこでアリスティアが以前、派閥の令嬢たちとの話に出た細工職人のことを思い出します。 するとそこに細工職人のことで相談があると派閥令嬢のカトリーヌとエンテアがやってきて・・・ ・・・・・ 次の83話は.

次の