ジャパネット たかた 携帯 電話。 ジャパネットたかたでYmobileのスマートフォンを購入しようか迷っています...

【ワイモバイル店頭よりお得?】ジャパネットたかたの格安スマホの落とし穴

ジャパネット たかた 携帯 電話

はじめて書き込みさせていただきます。 僕自身たかたを利用したことはないのですが、最近たかたを通してテレビを購入したという知人がトラブルでもめたという日記を書いていました。 皆様のご参考になるかと思い転載の許可をいただきました。 また、どなたかトラブルの渦中にいる友人のためアドバイス等をいただけたらなぁという思いで恐縮ながらトピックを立てさせていただきます。 なので交渉は全てオペレーターとの電話なわけです。 そこで通販は怖いと日頃から言い続けている母は、ぬかりなく色々なことをくどいまでに慎重に確認しながら液晶テレビを購入した訳です。 で、問題なのが金額。 配送料・下取り価格・本体価格の明細を事細かに聞いて、一切合財を含めた価格を何度も確認したはずなのに、実際商品が届いて組み立てが終わってから請求された金額はオペレーターが告げた値段より1万ほど高かったのです。 業者曰く「そのオペレーターが言った金額には配送料とリサイクル料金が含まれていない」と言う。 もう通電もしてしまったし、支払わないことには業者も帰れないのでとりあえず言われた金額を支払ったものの、やっぱり腑に落ちない。 電話で問い合わせてみても契約のオペレーターと問い合わせ(恐らくクレーム処理)とでは部署が違うため、問題のオペレーターには繋げないと言う。 そこで事情を説明して、事実確認をさせるものの、問題のオペレーターは"ちゃんと別途料金がかかることは説明した"と言い張ると言う。 本人を電話口に出すよう言ってもそれは出来ないの一点張り。 色々な部署をたらい回しにされること数日、誰もがマニュアル通りなのか言うことはまったく同じで話しにならない。 挙句の果てに"こちらには記録がきちんとある"とまで言い出す始末。 が、別に会話を録音したわけではなく、手書きの記録があるだけだと言う。 それじゃぁ証拠にならないだろうとこちらもいよいよ喧嘩腰になり、埒があかないので明細書を送るよう言ったところ、システム上それすらも出来ないと言われる。 明細を出せないシステムって一体? もうとにかくあやのついた商品なんかイヤだから返品したいと言うと、当然ながら出来ないと言われる。 一応理由を聞くと、通電してしまった商品だからだそうだが、そもそも代引きなら開包前に請求すべきだろうに、請求されたのは組み立ても終わってしまった後なのだ。 色々総合して見ると、こりゃぁ確信犯のやり口だなぁとのことで、消費者相談センターに電話したところ「それは二重取りという手法の可能性がありますので、何とか明細書を出させて下さい」とのこと。 そしてまた電話、また同じやり取りを繰り返してもシステム上出来ないと断固として応じなかったため消費者相談センターの名を出したところ、渋々手書きの明細書を出すと言う。 が、正月明けで忙しいので明細書郵送には10日ほどかかるという。 このまま、のらくら逃げるつもりなんだろう。 ジャパネットに限らず、通販でも何でも契約の際になって実は別途料金がかかりますなんてことはザラにあるし驚くようなことではないが、だからと言って泣き寝入りするつもりは無い。 だって金額関係無く、言ってることとやってることが違うのは立派な詐欺なんだからね。 でも厄介なことにそういう会社って逃げ道を必ず用意してるから、消費者は泣き寝入り以外に道が無いのがほとんど。 今回のことも多分自然消滅するんだろうけど、これを読んだ人が少しでも通販や契約ごとの罠に引っ掛からないよう気をつけてくれたらいいなぁというのが願いです。 私はもうこういう通販利用しません。 後からこうやってグダグダ揉めるくらいなら、安心と保証を店で買うんだと思えば、自分の足で見に行くのなんか全然苦痛じゃないってことがわかったから。 先々月、私も初めてジャパネットを利用したんですが… とレコーダーのセット品を買ったんですね。 安い買い物をした と思って を設置した一週間後に急に が映らなくなり、交換してもらいました。 が…先週また が映らなくなりました… 今日 して修理をお願いしたんですが、さすがにこれじゃ直ったとしても安心して も見れません 今は一年保証期間内なんでなんとかなりますけど、保証が切れた時の事を考えると、こぅ…しょっちゅう壊れられたら新しく を買った意味もないなぁ…ってか、こんな短期間でこんなによく壊れるな と思ってるトコなんですが… こんな、同じような経験された方っていらっしゃいますか? ちなみにメーカーは三菱のREALです。 はじめてまして 今回始めて書き込みします 12月1日に シャープの32型テレビ ブルーレイ、シアター台を購入しました 購入してからテレビを触ったのが数日後… 3チャンネルが映らず、取り付け業者に電話 取り付け賃払ってるのし、業者のミスなのに『別途料金発生します』と言われてイラっ 来て見てもらったら、電波状況を見ずに帰ったみたいで別途の部品がかかると… しかも3万円近く ほんまにアホらしい しかも最初に取り付けきた業者の人ゎ素人だから知識ないので仕方ないみたいな事言われ、普通そんな事を客に言うか その時、業者に言われたのがSHARPのテレビよりパナソニックのテレビだと別途部品付けなくても映ると言われて、その話をジャパネットに電話 返品をしたいと話すとクーリングオフに適用されないの一点張り そっから業者、ジャパネットでゴタゴタ… 未だにゴタゴタ状態で年明けにまた業者が来て電波改善をすると… 意味わからん。 買って後悔、後のサポートなんか最悪。 売るだけ売って後のサポート適当。 なんか悔しい.

次の

ジャパネットたかた審査について

ジャパネット たかた 携帯 電話

ジャパネットのYモバイルのデメリットは? 少し長いです 私は現在ガラケーです。 別段スマホに興味がなく、下記のような事から寧ろガラケーがいいと思っています。 ガラホならまだいいかと思った時もありますが別にガラケで満足しています。 ・液晶むき出しなのが嫌い ・ガラケーの文字入力方式の方が楽 ・Twitterやラインに誘われるのが嫌 ・別段スマホに変えたいと思う理由がない ですが最近父がスマホに変えろと頻繁に言ってきます。 ほぼジャパネットの番組がかかるたびです。 今までは液晶むき出しタイプが嫌いという最大の理由で拒否してきましたが今回ガラホが出たためにいつもより格段に言ってきます 家族全員AUなので一気に変えてしまいたいらしい 料金もテレビの紹介を見る限りとても安いといいますが、何ギガが~と言われても全然ピンと来ないのも事実です。 確か紹介されているものは3ギガで月々3980円 既にスマホの知人に聞くと、「月の半ばあたりでもうギガ数を超えてしまい見れなくなる」という意見 「すぐに容量制限がかかってしまうから仕事用とプライベート用に2台必要で逆に手間」という友人もいました 1ギガでも大丈夫という人もいましたが、ラインはするけどそれ以外 サイト閲覧・動画閲覧・ゲーム・電話 などを全然しない人なので根本的に違うからな、と。 携帯の小説サイトやハンドメイドの個人HPを見たりSNSを見たり、自身もHPを持っているので必然的にEZwebを優先させるプランにしました。 初めて携帯を持ちだしたころ、寝落ちしてしまって料金が高くなってしまった経験もありますし・・・。 電話に関しては月1000円以内でも余裕で余るくらいなので300回無料といわれても別に何ら魅力を感じない、ネット>電話です。 唯一魅力的なのといえば、最近ガラケーで閲覧できるサイトがどんどん減ってきたため WikiやYoutube,PCビューアも使えなくなりました ガラホにすればそれが見られるかな~くらいです。 父はメールも電話もほっとんどしないのでこれは凄い、容量なんて動画サイトで映画なんかを見なければ絶対に3ギガを越さないだろうというのですがどうなのでしょうか・・ それに仕方ないとは思うのですがこうしたテレビ番組はいいとこばかり紹介するので後々に何か料金が発生するのではないかとも懸念してしまいます。 今まで使い放題ということでいろんなHPを見たり自分で持ったりもしてましたので不便になるなら不要だと思う、でも安くなるのはいいことだと悩んでいます。 私の使用状況といえば ・フォレストやエムぺで作られている個人サイトの閲覧 頻繁 ・自身が持っている個人サイトの編集(どちらかといえば頻繁) ・SNS閲覧 そこそこ見る ・電話はほとんどしない ・本は紙で読む派なので携帯コミックや小説に興味なし ・家用タブレットがあるのでモバゲーなどテレビCMされているようなゲームはする気なし。 Yotubeの動物ものなど2,3分の物を見る時があったくらい 実際にテレビショッピングでスマホにした方、それ以外の方でも構いません。 たくさんのご意見いただけますと幸いです ガラホだったらって何度もおっしゃっているので一言言わせていただきます。 ガラホはあなたの思っているような使い方はできないと思います。 わたしもYモバイルのガラホ持ってますがアプリをダウンロード出来ないので、かなり利用できる機能が制限されます。 ガラケーの通信方法が変わっただけって考えていいと思いますよ。 ガラケー用のサイトへはアクセス出来なくなりますし、タブレットをお持ちならばPCサイトへのアクセスはそちらでなさった方がよろしいかと思います。 話しは変わりますが、ご自身が電話をかけることは考えておいでですが、ご家族があなたへかけるときのことは気にもしていないのですね。 家族契約にすれば電話代金が安くなるのも確かです。 一度、Yモバイルショップでパンフレットをもらってどんな感じか確認なさってはいかがでしょうか? 基本的にショップで売られているものも、ネット通販で売られているものも同じです。

次の

ジャパネットのYモバイルのデメリットは?

ジャパネット たかた 携帯 電話

ここでは双方の差異とどちらがお得か解説します。 arrows Jはジャパネットのみ まず最大の違いはarrows Jというスマホはジャパネットでしか販売していません。 他のスマホキャリアでも販売していませんので、 arrows Jが買えるのはジャパネットのみです。 ワイモバイルでは長らく富士通社製のスマホを販売していません。 料金の比較 前章で解説したとおり、ジャパネットは以下の3つがセットになって月額4,380円です。 3万円ほどお得です。 ただし、ジャパネットはこれに端末代金の頭金(10,780円)がかかります。 上表のワイモバイルはSIMのみの料金なので、 新規契約の方はワイモバイルでSIMカードのみを契約するのと同じ支払額で新しい端末が手に入ることになります。 ドコモ・auから乗り換えの方は、端末代金の頭金が100円に割引されます。 よって、 ドコモ・auから乗り換えの方はワイモバイルのSIMのみより1. 3万円ほど安い料金でスマホ端末も買えることになります。 よって、ジャパネットでarrows Jを購入するのはお得です。 スマホをあまり使わない• 10分以上の通話をよくする 端末セットで購入・arrows Jで問題なし ジャパネットで販売している端末はarrows Jのみです。 それほど高いスペックではありませんが、普段使いには十分です。 よって、電話・メール・LINEが中心で、アプリやSNSをガンガン使わない方には十分でしょう。 以前はでも実質0円・実質100円の端末が販売されていましたが、2019年10月以降はどんなに安くても10,000円ほどかかります。 ジャパネットのarrows Jは端末代金も実質無料に近いので、arrows Jで問題なければジャパネットはお得です。 一方、使えるスマホをすでにお持ちの方やarrows J以外のスマホが良い方はで契約しましょう。 10分以上の通話をよくする スマホで 10分以上の通話が多い方にもジャパネットはおすすめです。 そもそも、ワイモバイルのスマホベーシックプランには最初から10分以内の国内通話かけ放題がついています。 しかし、10分以上は有料になるので、10分以上の通話が多い方は通話料金がどんどん加算されていきます。 一方、 ジャパネットのプランは10分以上の国内通話もかけ放題になる「スーパー誰とでも定額」がついています。 でプランMに「スーパー誰とでも定額」をつけるより、ジャパネットで契約したほうが料金が安いです。 よって、10分以上の通話が多い方や長電話をされる方はジャパネットがお得です。 ただし、スマホベーシックプランにはもともと10分かけ放題がついています。 通話時間が少ない方や10分以上の長電話をしない方はでスマホベーシックプランのみを契約したほうがお得です。 「スーパー誰とでも定額」をセットにした料金で比較するとよりお得です。 ですが、「スーパー誰とでも定額」が不要ならの方がお得です。 そもそも通話をあまりしない方や、通話はするけど10分以内におさまる・長電話はしないという方はで「スーパー誰とでも定額」なしの通常プランを契約しましょう。 プランS・Rを選びたい ジャパネットで選べるのは毎月9GB使える「スマホベーシックプランM」のみです。 もしかしたらSやRも選べるのかもしれませんが、割引が適用されない可能性があります。 プランMの容量は9GBなので、結構多いです。 (私も毎月3~4GBしか使いません。 ) 中にはプランS(3GB)で足りる方や、9GB以上使いたい方もおられるでしょう。 その場合はで自身にあったプランを選びましょう。 スマホを持っている・他機種を使いたい ジャパネットはarrows Jとの端末セットでしか契約できません。 スマホをすでにお持ちの方は、でSIMカードのみ契約すれば今のスマホをそのまま使える場合もあります。 また、arrows Jはスペックがあまり高くないエントリーモデルのスマホです。 ゲームやアプリをよく使う方や、カメラの写真にこだわる方は満足できない可能性もありますので、で他の機種を選びましょう。 ワイモバイルのおすすめスマホは下記にまとめています。 しかし、これは 新規契約またはドコモ・auからの乗り換えの場合です。 端末の頭金が必要 ジャパネットは端末代金コミコミ価格といいましたが、 別途頭金10,780円が必要です。 この頭金は、訪問時に現金での支払いが必要です。 ただし、 ドコモ・auからの乗り換えの場合は頭金は100円に減額されてお得です。 店舗でもサポート可能 ジャパネットで購入したスマホについて不明点や故障の場合は、 全国にあるワイモバイル店舗でサポートが受けられます。 また、ジャパネットのコールセンターでも使い方や料金、故障についての問い合わせも受けてくれます。 ジャパネットで契約すると、以下のプランとなります。 <ジャパネットのプラン>• 初期費用3,300円• 頭金:10,780円(訪問時に支払い)• で契約すると最初の半年間だけ割引が適用されて安くなり、7ヶ月目から高くなります。 しかし、ジャパネットはずっと定額です。 端末代金は24回払いのみで2年後に支払いが終了しますが、それと同額の割引が終了するため、 2年後・3年後以降も同じ料金で使えます。 機種変更するとあらたに端末代金が上乗せされるため、定額ではなくなります。 自宅への訪問サポート付き ジャパネットでワイモバイルに申し込むと、 担当の係員が自宅を訪問し、各種契約手続きや端末の初期設定をしてくれます。 また、 スマホの使い方もレクチャーしてくれます。 この料金は arrows Jは無料です。 通常、自宅に訪問して端末の初期設定やサポートを受けるためには、メニューごとに5,000円と出張料3,000円かかります。 初期設定とレクチャーを同時に受けた場合は13,000円かかりますが、ジャパネットで申し込みなら無料でできるのは大きなメリットですね。 ワイモバイルでは2019年9月までは2年間の最低利用期間と9,500円の契約解除料(解約金)がありました。 しかし、2019年10月からメインとなったスマホベーシックプランには、最低利用期間・違約金はありません。 ジャパネットで契約しても同様です。 それは、 家のネットをソフトバンク光/ソフトバンクAirにすることです。 家のネットをソフトバンク光・Airにすると 「おうち割」が適用され、月々のスマホ料金が最大1,000円割引になります。 <おうち割による割引額>.

次の