ジャンプ チ 火傷。 【葛西紀明・銀メダル!伊東大貴9位、清水礼留飛10位、竹内択13位、ジャンプ 男子ラージヒル順番・個人・決勝・ソチ五輪2月16日】

堺市立総合医療センター

ジャンプ チ 火傷

ソチ五輪男子スキージャンプ、ラージヒルで銀に輝いた葛西紀明(41歳)。 長きにわたり日本ジャンプ界をけん引してきた彼のその生い立ちに注目が集まっている。 ・病床の父に代わり母が生計を立てていた。 ・妹が再生不良性貧血という難病に。 ・実家に放火。 母幸子さんが全身やけど。 並べてみるとなるほど、納得の辛い過去。 これを乗り越えた人間なのかと考えると頭が上がりません。 とくに放火とか許せませんね!ひどすぎる! 一時期は引退を考えるほど悩んでいたこともあったようですが、この年齢、この過去、引退してもだれも責められません。 それでもがんばってこられたのは母からの手紙だという・・・。 (以下引用) 火傷で手も握れないほどの状態で母の幸子さんが書いた手紙が彼を勇気づけ、再びジャンプができるまでになったのですね。 「いまこの時を頑張れ。 絶対におまえは世界一になれる。 お前がどん底から這い上がってくるのを楽しみに待っているよ。 」 うわぁぁぁ><。 もうマジむり。

次の

伊藤有希は素朴でかわいい!高梨沙羅とは仲良しなのか「母も父も弟も…スキー一家に生まれたジャンプ女子」

ジャンプ チ 火傷

ソチ五輪男子スキージャンプ、ラージヒルで銀に輝いた葛西紀明(41歳)。 長きにわたり日本ジャンプ界をけん引してきた彼のその生い立ちに注目が集まっている。 ・病床の父に代わり母が生計を立てていた。 ・妹が再生不良性貧血という難病に。 ・実家に放火。 母幸子さんが全身やけど。 並べてみるとなるほど、納得の辛い過去。 これを乗り越えた人間なのかと考えると頭が上がりません。 とくに放火とか許せませんね!ひどすぎる! 一時期は引退を考えるほど悩んでいたこともあったようですが、この年齢、この過去、引退してもだれも責められません。 それでもがんばってこられたのは母からの手紙だという・・・。 (以下引用) 火傷で手も握れないほどの状態で母の幸子さんが書いた手紙が彼を勇気づけ、再びジャンプができるまでになったのですね。 「いまこの時を頑張れ。 絶対におまえは世界一になれる。 お前がどん底から這い上がってくるのを楽しみに待っているよ。 」 うわぁぁぁ><。 もうマジむり。

次の

【葛西紀明・銀メダル!伊東大貴9位、清水礼留飛10位、竹内択13位、ジャンプ 男子ラージヒル順番・個人・決勝・ソチ五輪2月16日】

ジャンプ チ 火傷

えんどコイチ氏原作のコミックで、フレッシュジャンプ、月刊少年ジャンプで連載していた幻の名作『死神くん』が、嵐の大野智主演で初めてドラマ化され、4月18日(金)からテレビ朝日系列の金曜ナイトドラマ枠でスタートする。 これに先駆け11日(金)、東京ドームシティ・シアターGロッソにて、ファン500人を招いての試写会&制作発表記者会見が行われ、監死官(カラス)役の桐谷美玲、悪魔役の菅田将暉、主任役の松重豊が出席。 主人公・死神くんを演じる大野は舞台の上からサプライズで登場し、大歓声が沸き起こった。 今回、大野が演じる死神くんとは、死亡予定者に死を宣告し、魂を霊界に送る新米の死神・413号で、「おめでとうございます! お迎えにあがりました」という、どこがどうおめでたいのかわからない決めゼリフとともに現れ、死を迎える人々を見守るといった役どころ。 会見で、大野は、ブラックスーツに蝶ネクタイといった劇中の衣装で登場し、「ここ何年かは、非常に人間離れした役が多く……。 今回も死神役ですが、楽しめています」と挨拶。 普段はなかなか言うことが出来ない言葉なので、思いっきり楽しんでやろうと思ってます」と笑顔を見せた。 本作は、死神役の大野が、毎回登場するゲストに死を宣告し、死ぬ前にやりたいことを考えさせるといった内容で展開。 信じてからは、家にいて動かない。 (自分は)どうやって死ぬのだろうと思いながらカウントダウンします」と。 一方、桐谷は、「私は、焼肉、タイ料理、唐揚げ、クレープを食べて、満腹になったところで、犬と家族と温泉に行き、ゆったりした時間を過ごしたい」と答え、菅田は、「僕は受け入れられないので、どうしたら死なないかを模索しますね。 この状態なら死なないと確信が持てるような場所で、何もしないで過ごす……」と述べると、すかさず大野が、「そこなんですよ! ちょっとでも動くと、転んだりして死んじゃうかもしれない。 だから、家の中で椅子に座っています」と菅田の意見に激しく同意し、その食い付きように会場からも笑いが起こった。 今回行われた記者会見は、ファン500人を前にして行われ、大野が座席番号の書かれた紙を選んで、その方から質問を受けるといった質問タイムも設けられた。 最初の質問は、「死神として最後まで寄り添ってもらうなら、誰に死神になって欲しいか?」というもの。 これに対し、大野は、「やっぱりメンバーです。 また、嵐のメンバーに「死神として死を告げるとしたらどんな順番になりますか?」という質問には、少々困った様子で「いや~、まぁ最初は、櫻井翔で……。 これは年齢順ですね。 メンバーがこれを見て、後で無視されても困るので……」と茶目っ気たっぷりに答えていた。 続いて記者から、この作品に登場するキャラクターが実在するとしたら、どのキャラクターに会いたいかという質問が投げかけられ、大野は、桐谷演じるカラスと回答。 「カスだ、クソだって言われたことが無かったので、新鮮でドキッとしました。 バカ野郎っていうのは聞いたことがありましたが、カスですからね! 非常にたまらないです」とMっ気のある発言で会場を沸かし、桐谷は、死神くんを選択。 その理由として「悪魔も怖いですし、主任も無言の圧がある。 そして私は、カスだ、クズだ! って言われたら凹むのでカラスは嫌です。 なので、優しく添い遂げてくれる死神くんがベストです」と。 司会からは「相思相愛ですね」と言われ、大野も「そうですね」と笑顔を見せていた。 さらに、大野がこの『死神くん』の出演が決まった時のエピソードも飛び出し、嵐のメンバーにも報告した際は、「昨年、ライブが終わって、メンバーと部屋で飲んだ時にこのドラマの話をしたのですが、(またも人間役では無かったので)メンバーに笑われました。 この作品は、1話完結で展開。 気になる初回はというと……。 [あらすじ]火災事故で顔に大きな火傷を負い、失明してしまった女子高生・小林真実(高田里穂)。 自分の将来に絶望した真実は病院の屋上から身を投げる。 みずから死を選ぼうとした真実の前に、黒いスーツに蝶ネクタイ、黒い帽子をかぶった男が現れ、こう告げる。 「残念ですが、貴方はまだ死ねません」と。 男の名は死神(大野)。 まもなく死を迎える人々の魂を霊界に送る役割をしている人物だった。 突然現れた死神に救われ、真実が死ぬことはなかった。 そんな真実には、彼女を心配してくれる唯一の友人・大西福子(大原櫻子)がいた。 その美しい外見から男子から絶大な人気を誇っていた真実。 それほどかわいくない福子はいつも真実の引き立て役だった……。

次の