東京 オリンピック 二 次 抽選。 東京オリンピック!第2次抽選の購入方法とスケジュールを分かりやすく紹介【随時更新】|Being

東京五輪チケットの2次抽選販売がスタート! 狙い目は?

東京 オリンピック 二 次 抽選

東京オリンピック観戦チケットの2次抽選販売がスタート 都内では13日、ホッケー女子「さくらジャパン」の選手らが、登場し、会場での観戦を呼びかけた。 2次抽選の申し込み受け付けは、午前1時半ごろから公式販売サイトで始まり、13日午前10時半現在で38万件のアクセスがあったという。 100万枚余りが販売される予定で、 札幌で開催されるマラソンなど、一部の競技は対象外となっている。 11月26日の午前11時59分まで受け付け、結果は、来月12月18日に発表される。 抽選での販売は今回が最後で、来年春には、公式サイトでの先着順販売や、窓口販売などが予定されている。 1次抽選の申し込み傾向は… 参考になるデータが発表されている。 以下の表は、チケット販売サイトで公表された1次抽選の申し込み傾向を分類したもの。 座席のマークが少ないほど当たりづらい、つまり激戦だったことを表している。 日本がこれまでに多くのメダルを獲得してきた柔道や体操のほか、バドミントンや自転車競技のBMXフリースタイルにも申し込みが集中したことがわかる。 座席マーク3つの表示になっている、サッカーやバレーボールの予選などだ。 予選の数や競技場の席の数が多いため、比較的申し込みが集中せず、中には先日ワールドカップで大きな盛り上がりを見せたラグビーも含まれている。 さらに、一部の競技を除いては平日昼間のセッションは比較的申し込みが少なかったということで、狙い目かもしれない。 (Live News days 11月13日放送分より).

次の

第2次チケット抽選販売応募が11月26日正午で締切!【東京オリンピック2020チケット】

東京 オリンピック 二 次 抽選

第1次抽選、追加抽選がすでに行われている東京2020オリンピック観戦チケット。 待望の第2次抽選が開始されている。 「当たるかわからないし、多めに申し込んで、もし余ったらヤフオクで売ればいいや!」 「観に行くつもりはないけど人気種目は申し込んでおこう。 転売したらいい値段になりそうだし!」 ・・・そんなことを考えている人がもしいるならば、今一度公式サイトの「」のページに目を通していただきたい。 東京2020観戦チケットの転売は禁止されています。 購入いただいた東京2020観戦チケットをオークションサイト等で転売することは、禁止されています(2020年春以降開始予定の公式リセールサービスを除く)。 オークションサイト等に出品されたチケットは、全て無効化され、そのようなチケットでは会場に入場できませんのでご注意ください。 なお、以下のサービスでは、東京2020観戦チケットの出品は運営会社により禁止されています(五十音順)。 東京2020観戦チケットを出品禁止とするサービスは、今後も増える可能性があります。 フリマ・オークションサービス事業者 「メルカリ」(運営会社:株式会社メルカリ) 「ヤフオク! 」(運営会社:ヤフー株式会社) 「ラクマ」(運営会社:楽天株式会社) チケット仲介サービス事業者 「チケジャム」(運営会社:チケットジャム株式会社) 「チケットストリート」(運営会社:チケットストリート株式会社) 「チケット流通センター」(運営会社:株式会社ウェイブダッシュ) -公式サイト「」 「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」が成立・施行されており、東京2020大会のチケット不正転売は、 法律によって禁止されている( 違反者には1年以下の懲役、または100万円以下の罰金、またはその両方が科される)。 今年6月に施行された法律だが、10月には初の適用があった。 とはいえ「転売が違法なことはわかった。 でも、後から都合が悪くなって行けなくなった場合はどうすれば・・・?」ということも起こるかもしれない。 そんな時のために今のうちから知っておいてほしいサービスが 「リセール」。 今回の記事ではリセールサービスについて説明する。 リセールサービスとは? 画像元:公式サイト リセールサービスとは、公式サイト内で行うことができる「チケットの定額譲渡」だ。 チケットを譲渡したい人が公式サイト内で手続きをすると、そのチケットは一時公式のお預かり状態となる。 同じようにチケットを購入したい人も事前に登録をしておく。 希望するチケットがリセール出品されていた場合はマッチング、リセール成立となり、預けていたチケットは購入希望者の元へ渡ることとなる。 リセールが成立した場合は名前も知らない誰かにチケットを譲ることになるが、購入者は不正転売で購入した他人の名前が記載されているチケットではなく、正々堂々と自分の名前で入場できることになる。 (入場の際に身分証の提示を求められる可能性もあるため) 注意1:手数料がかかる リセールサービスを使用することによって、チケット出品者は定額でチケットを譲ることができるが「成約の場合は手数料がかかる予定」と発表されている。 注意2:期間が限られている リセールサービスは「2020年春以降からのサービス開始」と発表されている。 リセールの出品の申し込み期間、購入希望の申し込み期間を見逃さずに、きちんと手続きをする必要がある。 転売が禁止であること、そしてリセールの制度についてお伝えした。 選手たちがルールを守りクリーンなアスリートとして戦うオリンピック、観る側も同じような姿勢でオリンピックを楽しんでいただきたい。 尚、オリンピックチケットの2次抽選申し込みは11月26日までとなっている。 詳しくはにて.

次の

東京五輪チケット二次再抽選の販売枚数と倍率は?応募条件はある?|きになるの杜(もり)

東京 オリンピック 二 次 抽選

こちらの記事では、東京オリンピックチケットの二次抽選の発売日・結果発表・購入期間はいつなのか、また、マラソン・ボクシング・競歩などは購入できるのかなど、気になる疑問点についてお調べしてみました。 東京五輪チケット、二次抽選の申込受付・結果発表・購入期間はいつ? いよいよオリンピックチケット二次抽選のスケジュールが発表されましたね。 以前の記事におきましても、東京オリンピックチケットの二次抽選販売については取り上げさせて頂いておりましたが、正式な発表を受けまして、こちらの記事にて改めて詳しく書かせて頂きたいと思います。 早速ですが、オリンピックチケット二次抽選の申込受付期間・結果発表日・購入手続期間は下記のようになっております。 この秋は、オリンピックについては、チケットの話題よりもっぱらマラソンの話題で持ち切りでしたよね。 オリンピック関係者としてはきっとネガティブな話題が早く終わることも期待して、二次抽選の予定を急ピッチで設定したと考えられます。 そして、今年8月に販売された追加抽選では購入できる競技種目にかなり制限がありましたが、二次抽選では開会式・閉会式や人気種目のチケットも販売されるようです。 次の項目では、気になる二次抽選で購入可能な競技・セッションについて書かせて頂きます。 東京オリンピックチケット、二次抽選で購入できる競技種目は? まず、東京オリンピックチケット二次抽選の購入対象者ですが、こちらは、一次抽選と同じく日本国内にお住まいのかたであれば、どなたでもお申込み頂けるようです。 申込み方法としましても、一次抽選と同じく東京2020チケット公式サイトからのお申込みになるということです。 そして、二次抽選で購入できる競技種目ですが、下記の競技・セッションを除くすべてのセッションの購入が可能となっています。 やはり、スタジアムでのゴールを予定とするマラソンにおいては、まだ会場も正式に決まっていないため、今回の二次抽選では対象外となったようです。 一方で、今回初の申込み受付となるボクシングや、そして、追加抽選では購入できなかった開会式・閉会式、また各種目のメダル決定戦のチケットもあらためて販売され、人気が集まる事が予想されます。 セッションごとの上限枚数は各競技・セッションで異なりますが、上限枚数は一次抽選との累計ということで、一次抽選で既に購入済みのかたは注意が必要です。 二次抽選で販売されるチケットは32競技、計743セッションで、販売総数としては100万枚以上とされています。 まとめ 東京オリンピックチケット二次抽選販売についてまとめさせて頂きます。 ・抽選申込受付期間:2019年11月13日(水)未明から11月26日(火)11:59まで ・抽選結果発表 :2019年12月18日(水) ・購入手続期間 :抽選結果通知時から2020年1月10日(金)23:59まで ・ボクシングの全セッションが初めて販売対象に。 開会式・閉会式なども購入可能。 ・マラソンは対象外、競歩は販売対象。 ・チケットの最大当選枚数は18枚、セッションごとの上限枚数は一次抽選との累計 以上、東京オリンピックチケットの二次抽選販売について書かせていただきましたが、二次抽選が終わると、残るチケットの購入方法は、2020年春に予定されている春期販売と公式リセール販売のみとなりますので、お悩みのかたはひとまず二次抽選に申込みされることをお勧めします。 東京オリンピックの競技情報などについても、またこちらのブログで掲載させて頂きます。 それでは、最後までお読み頂きましてありがとうございました! rio-olympic.

次の