ひみつ道具 一覧。 ドラえもん道具で実現された道具一覧!値段は?意外と安い!

それって必要? 使い道がよくわからないドラえもんのひみつ道具たち! | MOVIE SCOOP!

ひみつ道具 一覧

四次元ポケット: Four Dimension Pocket ご存じのとおり、ドラえもんが次々と不思議な道具を取り出す、四次元空間につながったポケットです。 四次元ポケットの英語名称は、 「Four Dimension Pocket」 つまり日本語をそのまま英語に直訳しています。 どこでもドア:Anywhere Door 地球上ならどこでも行くことができるドアのことです。 英語名称も 「Anywhere Door」つまり、 日本語の直訳そのままですね。 タケコプター: Hopter タケコプターは、英語アニメ版では 「Hopter(ホプター)」と呼ばれています。 Hop(飛ぶ)とHelicopter(ヘリコプター)の合成語で、英語のネイティブの人にも、直感でどういう道具か把握することが容易でしょう。 暗記パン: Memory Bread, Copying Toast 英語でも文字通り 「Memory Bread(記憶ブレッド)」です。 ただし日本の暗記パンは、スライスした食パンなので、 別訳の「Copying Toast」の方がイメージがわきやすいかもしれません。 翻訳こんにゃく:Translation Gummy アメリカ版では、「こんにゃく(Konnyaku)」では意味が通じないと考えて、 お菓子の「グミ(Gummy)」で置き換えて表現しています。 そのため、 「Translation Gummy」となります。 もしもボックス: What-if Phone Booth, What-if Phone Box, What-if Box 英訳の「Phone Booth」「 Phone Box」「 Box」は すべて「電話ボックス」の意味です。 だから、「もしも」の部分はすべて「What-if」で決めていますね。 覚えておきたい言い回しのひとつです。 空気砲: Air Cannon 空気砲は大砲の形をモチーフにしています。 超小型でも「大砲」なのだから、 「Cannon(大砲)」という単語を使うのは、正にその通り!という感じです。 スモールライト:Shrink Ray 物体を小さく縮める道具だから、英語の方が厳密に意味を表現しています。 ビッグライト:Magnify Ray スモールライトと反対の機能を持つ「拡大ライト」です。 こちらも英語の方がより正確に意味をとらえています。 コエカタマリン:Sonic Solidifier, Voice Thickener 直訳すると「音の凝固剤」「声の増粘剤」といいます。 前者の「Sonic Solidifier」はアメリカ版のドラえもんで使われる表現ですが、 頭文字がともに「S」で韻をふんでいるところに、英語らしいセンスを感じます。 どこでもドアを英語で説明! 以上のドラえもんのひみつ道具のうち、もっとも有名な「どこでもドア」を、英語で説明してみます。 It will cost 640,000 yen in the future, and cost less than the mini-vehicle. (どこでもドアは、ドラえもんが持っているひみつ道具の一つです。 色はピンク色で、開き戸です。 念じて開けるだけで、好きな場所に行けるドアです。 地球中の好きな場所に移動が可能です。 とっても便利な道具で、22世紀の未来では一般的になっています。 未来での値段は64万円で、軽自動車よりも安いです。 ) まとめ 以上、 ドラえもんの秘密の小道具(gadget)についてまとめました。 ここで取り上げたのは10個だけですが、「ドラえもん」にはご存じの通り、この種の小道具が数え切れないほど登場します。 そのひとつひとつの英訳を自分なりに考えて、アメリカ版のドラえもんに登場したときに、どのような表現に置き換えられているかをチェックしてみるのも、楽しいのではないでしょうか?.

次の

ひみつ道具の索引一覧

ひみつ道具 一覧

概要 ひみつ道具(「ひみつ」はひらがな)とは、原作の漫画・アニメ作品『』に登場する、の技術で作られた凄い、あるいはな機能を備えたのこと。 主人公・が「」から取り出す(例外もある)。 一まとめに道具と言うが、動植物や薬品、装置や乗り物などもある。 これらの道具の不思議な効果、及びそれによってもたらされる騒動は、『ドラえもん』という漫画の大きな要素である。 サブタイトルに記載される道具の初使用回などが、物語の大きな軸となっている。 基本的には から購入するものである。 ドラえもんが所持しているひみつ道具のバリエーションは豊富だが、その多くは使用制限がある使い捨ての道具が多いとのこと(原作「四次元くずかご」にてドラえもんが明言している)。 これは道具を購入する際、から貰うお小遣い( 月500円)やでやりくりしている為である。 また、それだけでは足りないと思った時は未来へアルバイトしに行くこともある(藤子・F・不二雄大全集2巻収録「宝さがし」、版アニメオリジナルエピソード「空想動物サファリパークと約束の笛」)。 それでもお金が足りない時はバーゲンセールで道具が安く販売されている時を狙ったり(『』)、ローンを組んで購入することもあり(原作「天井うらの宇宙戦争」、『』)、お金を支払う為のも所持している(原作「ガラパ星からきた男」)。 「たったそれだけのお金でひみつ道具を購入出来るのか?」と思うかもしれないが、原作「ボーナス1024倍」では、が持ち帰ったボーナス(札束)を銀行に100年間預金し、ドラえもんが「」で100年後に行って預金を引き出したら、ボーナス(札束)が リュックで背負わなければ持ち歩けない程の量に増えていた。 しかしこのお札は当然ながら未来のお金なので、このままでは現代で使うことが出来ない。 そこで現代(20世紀~21世紀)のお札を買ったのだが、その際ドラえもんが「 古銭が凄く値上がりしててね。 (のび太君がパパのボーナスを増やした分で買いたいとねだっていた)自転車1台分やっと儲かった」と言っている。 このことから、現代のお金は22世紀では価値が飛躍的に上昇していることが分かる。 故にママから貰えるやアルバイトで稼いだお金で、様々な道具を購入することが出来るようだ。 ただし、が所持している道具と性能差が開く事もしばしばある(等)。 レンタル品も多いらしく(『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』にて、藤子・F・不二雄が「ドラえもんが持つひみつ道具は 3分の2がレンタル」と説明している)、上記の使い捨ての道具についてを考慮すると、ドラえもんはいつでも全ての道具を所持している訳ではないことが分かる。 一方で原作「」では 大量のひみつ道具を点検していたり、原作「大むかし漂流記」ではドラえもんが「ポケットの中の道具の 半分近くを修理に出した」と言っていたり、『』ではドラえもんが 大量のひみつ道具を修理に出していたり、原作「いねむりシール」でもドラえもんが自ら道具の点検・手入れをしていたりと、彼が 正式に購入し、修理や手入れを行うことで繰り返し長く使用することを前提とした道具も数多く持っていることが分かる。 原作漫画(短編・)で登場した道具は 1600個以上(複数個でセットのものや名称不明のもの等もあるため数え方にもよる。 また、「自動コジ機」や「スカートめくり用マジックハンド」等、書籍によっては収録が抜けていたり名称が変わっているひみつ道具も存在している)。 他に派生作品やアニメ・で登場した道具もあり、アニメ(第1期・第2期)に登場したものを含めると 総数2300個を超える。 アニメオリジナルひみつ道具の中には、視聴者やスタッフが考えたひみつ道具も存在している。 『』等に登場するロボットや装置と比べると子供の夢をストレートに実現したものが多く、は一先ず置いておくとして、、・等、 倫理的に問題がありすぎる道具が数多く存在する。 それだけでなく、 も存在しており、「22世紀で一般的な子守用ネコ型ロボットである筈のドラえもんが何故そのような道具を持っているのか」というツッコミどころ満載なものもある。 他にも や 、 や も存在し、挙句の果ては 道具も数多く存在する。 何より恐ろしいのは、 これほど強力な道具をの小遣い程度の金額で購入することが出来る上に、日常品として一般家庭に普及しているという事実である。 22世紀はどういう社会なのやら……。 それにしても「」や「」に「」等、ひみつ道具には やたらが多いのはどういうことだろうか(場合によっては、それらの道具が・等に登場する悪役に対抗する為の手段として活躍することもあるが)。 ちなみに「」等、何かしらに改変をもたらす効果を持つひみつ道具については、持ち主や使用者(専らや)、その場に居合わせた人達には効果が表れていないことも多い(使用者が明確に持ち主に効果が及ぶよう使用することもあるが、その場合は持ち主は道具の影響を受けていると自覚していることが多い)。 ちなみに過去の世界でひみつ道具を使って金儲けしたり、許可なくことは22世紀の法律で固く禁じられている。 もし破れば処罰の対象になり莫大な罰金を取られるか、ドラえもんが未来へ強制送還されてしまう。 しかしドラえもんやのび太はひみつ道具を使って何度か金儲けしようとしたり、自分達の都合で過去を変えている(ただし金儲けは成功した場合も稼ぎは多くて1000円くらいで大半は失敗している。 過去改変も大抵は失敗するか、あるいは誰かの運命を良い方向へ変える結果となっている。 子供の小遣い程度の金儲けや、歴史に大きな影響を与えない一般人の歴史改変なら一応セーフということだろうか)。 それだけでなく、上記の通りひみつ道具による金儲けは禁止されているものの、ひみつ道具の中には 道具が存在しており、こちらはドラえもんが普通に取り出して使用している為、どうやら合法であるらしい。 上記の通りひみつ道具は22世紀において未来デパートで販売されており、子供の小遣い程度で買える物も多く一般的に普及している。 しかしアニメ版(特にオリジナルエピソード)では、22世紀やそれ以降の時代に住んでいるにも関わらず、ひみつ道具の存在を知らないかのような態度を取る人間やロボットが登場することもある。 関連イラスト.

次の

【ドラえもん のび太の牧場物語】攻略「ひみつ道具」入手方法 一覧

ひみつ道具 一覧

概要 ひみつ道具(「ひみつ」はひらがな)とは、原作の漫画・アニメ作品『』に登場する、の技術で作られた凄い、あるいはな機能を備えたのこと。 主人公・が「」から取り出す(例外もある)。 一まとめに道具と言うが、動植物や薬品、装置や乗り物などもある。 これらの道具の不思議な効果、及びそれによってもたらされる騒動は、『ドラえもん』という漫画の大きな要素である。 サブタイトルに記載される道具の初使用回などが、物語の大きな軸となっている。 基本的には から購入するものである。 ドラえもんが所持しているひみつ道具のバリエーションは豊富だが、その多くは使用制限がある使い捨ての道具が多いとのこと(原作「四次元くずかご」にてドラえもんが明言している)。 これは道具を購入する際、から貰うお小遣い( 月500円)やでやりくりしている為である。 また、それだけでは足りないと思った時は未来へアルバイトしに行くこともある(藤子・F・不二雄大全集2巻収録「宝さがし」、版アニメオリジナルエピソード「空想動物サファリパークと約束の笛」)。 それでもお金が足りない時はバーゲンセールで道具が安く販売されている時を狙ったり(『』)、ローンを組んで購入することもあり(原作「天井うらの宇宙戦争」、『』)、お金を支払う為のも所持している(原作「ガラパ星からきた男」)。 「たったそれだけのお金でひみつ道具を購入出来るのか?」と思うかもしれないが、原作「ボーナス1024倍」では、が持ち帰ったボーナス(札束)を銀行に100年間預金し、ドラえもんが「」で100年後に行って預金を引き出したら、ボーナス(札束)が リュックで背負わなければ持ち歩けない程の量に増えていた。 しかしこのお札は当然ながら未来のお金なので、このままでは現代で使うことが出来ない。 そこで現代(20世紀~21世紀)のお札を買ったのだが、その際ドラえもんが「 古銭が凄く値上がりしててね。 (のび太君がパパのボーナスを増やした分で買いたいとねだっていた)自転車1台分やっと儲かった」と言っている。 このことから、現代のお金は22世紀では価値が飛躍的に上昇していることが分かる。 故にママから貰えるやアルバイトで稼いだお金で、様々な道具を購入することが出来るようだ。 ただし、が所持している道具と性能差が開く事もしばしばある(等)。 レンタル品も多いらしく(『ドラえもん最新ひみつ道具大事典』にて、藤子・F・不二雄が「ドラえもんが持つひみつ道具は 3分の2がレンタル」と説明している)、上記の使い捨ての道具についてを考慮すると、ドラえもんはいつでも全ての道具を所持している訳ではないことが分かる。 一方で原作「」では 大量のひみつ道具を点検していたり、原作「大むかし漂流記」ではドラえもんが「ポケットの中の道具の 半分近くを修理に出した」と言っていたり、『』ではドラえもんが 大量のひみつ道具を修理に出していたり、原作「いねむりシール」でもドラえもんが自ら道具の点検・手入れをしていたりと、彼が 正式に購入し、修理や手入れを行うことで繰り返し長く使用することを前提とした道具も数多く持っていることが分かる。 原作漫画(短編・)で登場した道具は 1600個以上(複数個でセットのものや名称不明のもの等もあるため数え方にもよる。 また、「自動コジ機」や「スカートめくり用マジックハンド」等、書籍によっては収録が抜けていたり名称が変わっているひみつ道具も存在している)。 他に派生作品やアニメ・で登場した道具もあり、アニメ(第1期・第2期)に登場したものを含めると 総数2300個を超える。 アニメオリジナルひみつ道具の中には、視聴者やスタッフが考えたひみつ道具も存在している。 『』等に登場するロボットや装置と比べると子供の夢をストレートに実現したものが多く、は一先ず置いておくとして、、・等、 倫理的に問題がありすぎる道具が数多く存在する。 それだけでなく、 も存在しており、「22世紀で一般的な子守用ネコ型ロボットである筈のドラえもんが何故そのような道具を持っているのか」というツッコミどころ満載なものもある。 他にも や 、 や も存在し、挙句の果ては 道具も数多く存在する。 何より恐ろしいのは、 これほど強力な道具をの小遣い程度の金額で購入することが出来る上に、日常品として一般家庭に普及しているという事実である。 22世紀はどういう社会なのやら……。 それにしても「」や「」に「」等、ひみつ道具には やたらが多いのはどういうことだろうか(場合によっては、それらの道具が・等に登場する悪役に対抗する為の手段として活躍することもあるが)。 ちなみに「」等、何かしらに改変をもたらす効果を持つひみつ道具については、持ち主や使用者(専らや)、その場に居合わせた人達には効果が表れていないことも多い(使用者が明確に持ち主に効果が及ぶよう使用することもあるが、その場合は持ち主は道具の影響を受けていると自覚していることが多い)。 ちなみに過去の世界でひみつ道具を使って金儲けしたり、許可なくことは22世紀の法律で固く禁じられている。 もし破れば処罰の対象になり莫大な罰金を取られるか、ドラえもんが未来へ強制送還されてしまう。 しかしドラえもんやのび太はひみつ道具を使って何度か金儲けしようとしたり、自分達の都合で過去を変えている(ただし金儲けは成功した場合も稼ぎは多くて1000円くらいで大半は失敗している。 過去改変も大抵は失敗するか、あるいは誰かの運命を良い方向へ変える結果となっている。 子供の小遣い程度の金儲けや、歴史に大きな影響を与えない一般人の歴史改変なら一応セーフということだろうか)。 それだけでなく、上記の通りひみつ道具による金儲けは禁止されているものの、ひみつ道具の中には 道具が存在しており、こちらはドラえもんが普通に取り出して使用している為、どうやら合法であるらしい。 上記の通りひみつ道具は22世紀において未来デパートで販売されており、子供の小遣い程度で買える物も多く一般的に普及している。 しかしアニメ版(特にオリジナルエピソード)では、22世紀やそれ以降の時代に住んでいるにも関わらず、ひみつ道具の存在を知らないかのような態度を取る人間やロボットが登場することもある。 関連イラスト.

次の