メンズ ムダ 毛 処理。 男も処理する時代!しっかり剃れるおすすめボディーシェーバー9選

男の陰部の毛の処理方法 薄くする方法から永久脱毛まで

メンズ ムダ 毛 処理

剃ってもまたスグに毛が生えてくる。 キレイに剃ったつもりでも、ムダ毛は皮膚のなかですでに伸びる準備をしていますので、夜の入浴時に剃っても次の日の朝にはにはジョリジョリやチクチクするといったことがあります。 剃ると肌が傷つき毛穴が目立つ。 黒いツブツブが残る。 剃った毛の断面は意外と大きく、毛の黒さが目立ちます。 また毛の切り口は角張っているので、触るとチクチクすることもあります。 シェービングの体験談とワンポントアドバイス シェービングの基本ですが、お風呂に入っていきなり剃るのではなく、入浴をして毛に十分な水分を与えてからシェービングすると剃りやすくなります。 知らない方も多いかと思いますが、入浴前にシェービングしてしまうと、剃った部位に浴槽の雑菌が付着し炎症が起こりやすくなりますので、入浴中にカミソリでシェービングする時は、必ず入浴後にするよう心がけましょう。 シェービング時のお肌保護と滑りを良くするために専用のシェービング剤 クリーム をご使用して下さい。 面倒なのでボディソープでやりがちですがお肌が乾燥しやすくなります。 お肌が乾燥すると『脱毛の際、刺激を感じやすくなります』シェービング後の保湿はしっかりめに。 長い毛をカミソリで剃る場合、刃に毛が詰まりやすくなるため、ハサミやバリカンで短くカットしてからの方がシェービングの刃の通りが良くなります。 スタッフのオススメは、カミソリの替刃自体に水に濡らすとジェルが出るものがオススメです。 ジェルあり替刃をご使用の際は、ジェルがなくなると滑りが悪くなり、刃が皮膚に引っ掛かるためかなり危険ですので、替刃のジェルがなくなり次第必ず交換しましょう。 肌負担が大きい。 ピンセットで毛を抜くという事は、毛穴周辺の細胞を壊して無理やり抜くため、毛を抜いた部位は単純に傷ついている状態になります。 当然ですが、傷ついた毛穴から出血したり、赤みが出たり、毛穴から雑菌が入る事によって、炎症がおこりやすくなります。 それだけではなく、炎症が起きた部位を痒くて何度もかいてしまうことによって、赤みが引かず、最悪色素沈着がおこります。 普通に痛い。 そのままです。 普通に毛を抜くわけですから当然痛いです。 しかもピンセットなので1本ずつの処理しかできません。 時間がかかる。 先程の痛い上に、1本づつ毛を抜いていくため、処理する範囲にもよりますが、かなりの時間がかかります。 ちなみにですが、心斎橋店長は『青ひげ時代』全顔1時間かけて抜いておりました。 手のとどかない部位はできない。 手のとどかない部位は処理できないため、手のとどく範囲限定の処理方法になります。 手のとどく範囲であっても、カミソリのシェービングとは違い、無理な体勢を長時間しないといけないため、かなりしんどいです。 毛抜きの体験談とワンポントアドバイス ピンセットで毛を抜く前に必ず、処理する部位を洗うなどしてきれいにしましょう。 処理する部位を『保冷剤』で冷やすとかなり痛みが軽減でき、毛抜き後の炎症防止にもなります。 毛を抜く際に気をつけてほしいのが、できる限り毛の生えている方向へ抜くことを心がけましょう。 アフターケアは保冷剤や氷水につけたハンドタオルで部位をよく冷やし熱をとり毛穴を引き締めましょう。 冷やした後に使用するものはできれば殺菌・除菌作用のある化粧品や医薬品がオススメです。 毛を機械で抜いてくれる毛抜きローラーもありますが、一言で言うと、これは最悪でした。 使用した感想はデメリットしかありません。 キレイに処理できる前提であれば、100歩ゆずってピンセットより時間がかからなくて済むというメリットは確かにあります。 ただこれが全然キレイに抜けてくれません。 男性の毛は女性より1本1本が太くしっかり生えているため、無理やり抜こうとすると途中で毛が切れてしまいます。 その上めちゃくちゃ痛い。 処理する部位を冷やそうが冷やさまいが、関係ありません。 肌荒れ、できもの確定です。 二度としないです。 当店のひげ脱毛も痛そうと言われますが、全然比べものにならないくらい毛抜きローラーの方が痛いです。 なのでスタッフ個人の意見としましてはオススメできない自己処理方法NO. 1です。 除毛クリームは毛を薬剤で溶かすためお肌にかなりの負担がかかります。 脱毛との相性も良くないです。 除毛クリームの放置時間を間違えると、薬剤を流した後にヒリヒリ感が残ります。 すぐ生えてくる。 カミソリのシェービング処理と同様、次の日には普通に毛が生えてチクチクジョリジョリします。 費用が高い。 男性の足の場合1回で丸々1本使い切ってしまうため メーカーによる 、あまり経済的ではありません。 途中で毛が切れる。 男性の場合、女性と違ってもともと毛が太く決められた放置時間では、薬剤を洗い流した後結構毛が残ります。 毛が皮膚表面から出ているところで、毛が溶けてくれればいいのですが途中で切れて、根元は残ったまんまということがあります。 ひげやデリケート 陰部 は使用できない。 お顔やデリケート 陰部 部位には使用上の注意で使用できない製品がほとんどです。 除毛クリームの体験談とワンポントアドバイス 除毛クリームをいきなり塗るのではなく、説明書の書かれている通り必ずパッチテストをおこなう。 肌に合わなかった場合、全体に塗ってからでは手遅れです。 均等の厚さにクリームを塗ることが基本。 特に間接や骨の上などの毛は溶けにくいので、少し厚めに塗ります。 たくさん溶かしたいからといって、放置時間を長く置いたりすると、処理が終わったあとヒリヒリしてかなり痛くなります。 当然ですが。 後々後悔することになりますので気をつけましょう。 除毛クリームのほとんどの商品がお顔やデリケート 陰部 部位に使用できないですが、興味本位でやってみた感想は、お顔はガサガサになりヒリヒリが数日残ります。 ひげ剃りはとてもじゃないですができません。 ワックス脱毛での自己処理 毛を抜くという点では、ピンセットで毛を抜くのとかわらない処理方法ですが、ピンセットと違い1本ずつ抜くのではなく広範囲の毛を一度で処理できる方法になります。 ワックスに用いられる成分の大半は松ヤニやハチミツなどの天然成分がほとんどですので、ワックス自体はお肌にやさしい成分になります。 もちろん痛みもそれなりにありますが、なんといっても仕上がりがきれいなのが特徴です。 ワックス脱毛のムダ毛処理の最大のデメリットは、お肌へのダメージが大きい事になります。 毛を抜くのと同様しっかりとしたアフターケアが大事になってきます。 間違えて強力なワックス剤使用すると、皮膚を剥がしてしまうケースもあるようです。 かなり危険です。 広範囲になればなるほど痛い。 お肌に直接ワックスを塗ってその上に専用ペーパーをあてて剥がすため、結構痛いです。 毛抜きの1本ずつ抜くのと比べれば、時間は早くなりますが痛みは処理面積に比例します。 すね毛ガムテープの強力なやつとイメージして頂けたらわかりやすいかと思います。 毛を伸ばさないといけない。 ワックスで処理するときは最低でも約3~6mm程度毛を伸ばしておかなければいけません。 そもそもワックスは表面に出ている毛に絡まして引っこ抜く処理方法なので、ある程度毛が長くないと上手くワックスが絡まらず、毛が残ってしまうことも。 費用がかかる。 ワックス脱毛は材料費など最初に揃えるものが意外と多く。 使用頻度に応じて消耗品がかさばるケースがあり、決して安いとは言えない自己処理方法です。 ワックス脱毛の体験談とワンポントアドバイス 基本的な使用方法は、固形のワックスであれば専用ウォーマーで温めて、冷まして肌に塗って伸ばして、専用ペーパーをワックスの上に貼って剥がすだけと、意外と簡単です。 ただし冷まして使用しないと、ワックスの温めすぎによるヤケドがあります。 すぐ剥がそうと思っても、ワックスが暖かいうちは、柔らかいため伸びてとれません。 ワックス脱毛後は毛抜きと同様しっかりと保湿してお肌を清潔にして下さい。 炎症の原因になります。 家庭用脱毛器での自己処理 エステサロンの業務用脱毛機器とほぼ同じ原理で脱毛でき、コンパクトで持ち運びが便利で、なんといっても誰にもばれずに脱毛できるのが家庭用脱毛器の特徴になります。 男性の毛は女性のムダ毛と違い太さと密度がかなり違いがあるため、効果が出るまでにかなりの時間を費やすことになります。 また家庭用脱毛器の種類によってはひげやデリケート 陰部 部位は使用できないケースがあります。 皮膚トラブルのリスク。 自己責任のもとで、機器を使用するため安全面や衛生面の確保はご自身でしっかりと。 出力が弱すぎる。 残念ながら、ひげやデリケート 陰部 部位に使用できたとしても、機器本体の出力がかなり低いため、思ったほど効果がでず、途中で挫折される方も多いです。 結局高くつく。 家庭用脱毛器で男性の濃い毛が脱毛できれば、そんな安い事はありません。 なぜ男性には男性専門の脱毛サロンがあるのでしょうか?答えは1つ。 ほとんど効かないからです。 結局脱毛サロンに通うより安く済んだはずの機械は使用せずタンスの肥やしになる可能性も!? 家庭用脱毛器の体験談とワンポントアドバイス 当たり前ですが、ご自身で使用される際には、必ず取扱説明書をよく読み理解した上でご使用して下さい。 脱毛器の種類にもよりますが、基本的に説明書通り使用して頂いて構わないのですが、そのまま使うと地味に痛いです。 特に男性は女性に比べ毛が濃いため「熱さや痛み」が強いです。 毛の剃り残しがあると更に痛いです。 使用される部位の冷却をオススメします。 痛みが軽減できるのと、皮膚トラブル予防になります。 もちろん処理後のアフターケアは必須です。 以前使用した私自身の感想は、ひげを10回やっても残念ながら変化はなかったです。 泣 6. 抑毛ローションでの自己処理 使用方法はムダ毛処理後のアフターローションとして使用しますが、抑毛ローションでムダ毛を処理できることはまずありません。 現状生えている毛をより目立たなく出来るかもしれないですね!?というぐらいの効果と思って頂ければと思います。 抑毛ローションだけではなく、広告でよく見かける抑毛ジェルや抑毛クリームといった類似品はほぼ同じです。 理論的にはローション成分の中に、大豆イソフラボンなど、女性ホルモンのような働きをする成分が入っているため、男性ホルモンを抑えることで毛の成長を抑制でき毛が薄くなるという仕組になります。 効果は使用期間中だけ。 持続性は使用している期間だけの効果になりますので、使用を止めると即効果がなくなります。 コストが以外に高い。 ネットでみても意外と1本当たりのコストが高く、継続して使用するとなるとそれなりにお金もかかります。 1本約3,000円とすると年間36,000円となります。 これで結果が分からないとなると…ですよね。 抑毛ローションの体験談とワンポントアドバイス 基本的な使用方法は、上記で記載した通りお肌に塗るだけでOK!刺激がないため比較的続けやすいです。 効果的な使用方法としては、「とにかく塗りまくる」が基本です。 お顔の場合、朝起きたら顔を洗って塗る。 お昼休憩の間に顔を洗って塗る。 夜帰ってお風呂上りに塗る。 を繰り返しするだけ。 スタッフの場合3ヶ月サイクルで3商品試しましたが、全然だめでした。 泣 よく広告で青ひげが解消!とうたっていますが。 3ヶ月試してダメなら普通は続けるのが難しいと思います。 年間36,000円払うくらいなら、100%当店にご来店頂いた方が5回も通えるのでどちらがいいか一目瞭然ですね。 ムダ毛の自己処理のまとめ 今回掲載した以外のムダ毛の自己処理方法はまだありますが、一般的に多くの方がされているムダ毛処理方法ではなかったでしょうか?結果的にどの処理方法を見ても一時的にはきれいになるものはありますが残念ながら年単位や半永久的に持続するモノはやはりありません。 ご自身にあった最適な方法を新たに見つけられるのもいいかと思いますが、もしこちらの記事をお読み頂いている方で、ムダ毛に悩んでいるのであれば、是非一度当店にご相談下さい。 当サロンスタッフもムダ毛に悩む1人でしたので、悩んでいる方の気持わかります。 今まで散々あれやこれやといろいろな自己処理方法を試しましたが、満足のいく自己処理方法はハッキリ言ってなかったです。 時間とお金のムダでした。 お店のスタッフとしてではなく 「ムダ毛に悩んでいた男として言わせて頂きます」間違いなくお店に行く方が断然早いですし、最終的に安くつきます。 そして何より満足感が違います。 最後までお読み頂きありがとうございます。 皆様のお悩みを少しでも解決できればと思っております。 メンズサロンゼロ心斎橋店 店長 LINEからもご予約ご相談受付中.

次の

【男子必見!】メンズすね毛処理方法おすすめ8選!極めつけはこれ!

メンズ ムダ 毛 処理

ムダ毛処理の手抜きに50デニールはどうかなって思うけど、冷え対策を考えても、まあ・・・タイツを履くのはいいんじゃない?笑 そんな足のお肌トラブルに悩む女性は多いようです。 稀に肌質や他の肌疾患のこともあるけれど、大抵の 脚のブツブツ・毛穴トラブルの原因は、間違ったカミソリでのムダ毛処理によるもの。 きちんと脱毛サロンなどで脱毛をしていないと、足の ムダ毛は頻繁に剃る必要があります。 どんな女子でも週に1~2回は、脚のムダ毛を手入れしているそう。 そして毛深い人になれば、毎日。 というのも決して珍しいことではないようです。 でも、実は ムダ毛処理の仕方って普通に生活していたら、そうそう正しい方法を教わるものではない。 間違った自己流のムダ毛処理を繰り返すことが、お肌を傷つけ毛穴に炎症を起こしたり、 色素沈着を招いたりするんです。 もともと、 ムダ毛は細菌などが侵入しないように防ぐ働きを持っているのに、その毛を「 ムダ毛」として私たちは処理している。 だから 毛穴には細菌も入りやすくなって、炎症も起きやすくなってしまうんだそう。 という女子、まだまだ結構いるようです。 でも、毛抜きでムダ毛を抜くという行為こそ、 最も毛穴にダメージを与える行為なの。 毛抜きでムダ毛を引き抜くと、 皮膚の一部までも抜いてしまっていることを知らない人は多いよう。 毛を毛抜きで抜いた後、 かゆくなったり、毛穴がブツブツするのは毛を抜いた後の毛細血管からの出血や炎症が原因です。 しかも毛抜きで抜いた後は、肌に埋もれた 埋没毛とか 毛穴自体も盛り上がることがあるから、 足のブツブツを自ら作っているようなもの。 やはり ムダ毛の処理には毛抜きはNG。 やりがちな間違ったムダ毛の剃り方 お風呂に入りながらムダ毛処理する、という女子がほとんどのようだけど、実際にきちんと 正しいカミソリでの剃り方を実行できている人は少ないみたい。 カミソリでのムダ毛処理は、 毛だけでなく肌の表面も一緒に削り取ってしまうの。 これがお肌にいいわけがないっ。 そして カミソリが使い古したものだと、カミソリ負けによる 肌荒れを起こしたり、乾燥肌も悪化させてしまいます。 カミソリでのムダ毛処理は、あくまで肌の表面の毛を剃り落しているのに過ぎません。 どんな女子でも 2日もすればまた、ムダ毛が生えてきてしまいます。 そのたび 間違えた剃り方でムダ毛を剃っていると、肌は どんどん悪化! ボディソープの泡で剃らない これは結構やってしまっている女子が多いと思う間違い。 意外に思う人もいるかも。 肌への負担はわかっているから、 ボディーソープを泡立てて、その泡を肌にまとわりつかせてからカミソリで剃るのは実はおすすめできません。 多くのボディーソープには 界面活性剤が含まれていて、 お肌はふやけた状態になり、デリケートになっています。 そこにカミソリの刃をあてるのは、あまりにも攻撃的。 その上、ボディーソープによって肌に 必要な油まで落としてしまうので、 肌を痛めつけることになるんです。 カミソリは必ず上から下に どうしても 足のムダ毛は下に向かって生えているため、 カミソリで下から上に剃りたくなります。 私も長年そうしちゃってました。 これは絵的な問題でこうなってるの。 気にしない! でも、これも実は 肌の負担を増やしている行動のひとつ。 足のムダ毛の正しい剃り方は、あくまで カミソリを上から下へとすべらすこと。 根元まで剃れない、と思う人もいるかもしれないけど、こうすることで 肌をムダに傷つけたり、毛穴が大きく開いたり、ムダ毛の断面が目立つ、などというトラブルから回避できます。 カミソリの刃はマメに交換 まだ剃れるからいいや・・・と 長期間同じカミソリの刃を使っている人いませんか? 実は私もそのタイプでした。 なにしろ 毛深いので カミソリの使用量は常人と比べれば2. 5倍くらいになるかもしれない私は、「もったいない」がゆえにあまりカミソリの刃を交換していませんでした。 これも 大失敗! 切れ味の悪いカミソリの刃を使い続けると、肌にも傷がつきやすくなるし、何より 不衛生。 最低でも1ヵ月に2回。 つまり 2週間に1回は交換したほうがよいそうです。 カミソリは使ったら片づける 一人暮らしだし、 ムダ毛処理用のカミソリは常に浴室にあるわ。 なんて女子、今すぐやめましょう。 目には見えないけど、 浴室の環境はカビや雑菌が繁殖しやすい絶好の環境。 確かに面倒だけど、カミソリの水気はしっかり切って、 風のとおる場所におくのが理想的です。 生理中はムダ毛処理を休む 生理前後の ムダ毛処理が上手くいかなかったことない? 生理前後、もちろん生理中は 雑菌によって化膿する可能性も高まるし、 肌へのダメージも受けやすい状態。 生理でなくても、疲れが溜まっていたり、 体調がよくないな、と思う時にはムダ毛処理はお休みにして。 ムダ毛処理は入浴後が最適 体を洗うついでにムダ毛処理、という人はボディーソープのくだりでも書いたように多いはず。 でも、 ムダ毛をカミソリで剃るのに最適なのは、体がきれいに清潔になった 入浴後がホント。 入浴時は肌もふやけて柔らかくなっているので、 カミソリでの傷もつきやすい。 そのまま剃ると、 必要な角質までも剃り落してしまうことにも。 カミソリでの正しい剃り方 カミソリを使うときに、 肌が乾燥しているのはもってのほか。 かといって、 ふやけていてもダメージは大きい。 カミソリで正しくムダ毛を剃る方法は、思いのほか面倒です。 ムダ毛には ある程度の湿気がほしい。 そのため、 カミソリで剃る前には蒸しタオルをあてて毛を柔らかくすること。 毛が柔らかくなったところで、必ずシェービング剤などを塗る。 けっして石鹸やボディーソープの泡で代用しないこと。 そしてカミソリはあくまで 毛の生え方に従ってすべらせる。 逆さから剃るのは絶対にNG。 しっかりと根こそぎ剃りたいからといって、 カミソリの刃を肌に押し付けるのもダメ。 やさしくシェービング剤の上を滑らすように剃る。 剃り終わったらしっかりと 保湿をし、肌トラブルを防ぐ。 足のブツブツの最大の原因とは 毛穴トラブルか~と安易に構えていると命取りに。 足のブツブツの原因は、もしかすると 黄色ブドウ球菌かもしれません。 カミソリで剃った後には目には見えなくとも、 小さな傷がついています。 その傷から黄色ブドウ球菌などが入り込むと赤みのある ブツブツの原因に。 これを何度も繰り返すことで、 色素沈着へとつながっていくんです。 色素沈着は一度なると最後。 悪化してしまうと ナマ足なんて、無縁に・・・。 カミソリ派ならワセリンを常備しよう カミソリでのムダ毛処理には、必ず専用のシェービング剤を使ったほうがいいけど、もしも ワセリンがあるならそれでもOK。 肌の弱い人の中には、 シェービング剤でも皮膚の油をもっていかれてしまう人も。 皮膚科やクリニックでは、 ワセリンを使う剃り方をおすすめしているところも多いそう。 ムダ毛を剃った跡にもワセリンで肌をコーティングするのは良い方法。 低下している バリア機能を補う意味でも、肌のダメージを軽減できます。 わかるよ 同じようなことしている女子は絶対に多いと思う! 開いた毛穴対策は? 足とはいえ、 毛穴というものは本当にやっかいなもの。 ナマ足でサンダル、なんて夢のまた夢。 開ききった毛穴を綺麗にしていくには、地道な努力が必要です。 やはり カミソリでの自己処理はすぐにやめるのが先決。 そして、 電気シェーバーなどで剃ってから しっかりと保湿ケアをすることが重要です。 繰り返し、 カミソリで剃っていると毛穴は絶対に良くなりません。 特に、 毛深くて毛が太い人は剃った跡もゴマ塩のように点々と黒い色が気になってしまうことも。 それでも毛穴対策を第一に考えるのなら、 電気シェーバー、そして入念な保湿を繰り返すしかありません。 ワックスや除毛クリームも、肌へのダメージは大きいもの。 毛穴が気になっているうちは我慢しておきたいものです。 実際に、 黒タイツシーズンに実行すれば毛穴問題はだいぶよくなりますよ。 短期間ではなかなか結果は得られないけど、地道にケアしてきましょ! 毎日足のムダ毛を剃っている人への注意点 足のムダ毛は夜になるころには、 先端が顔をだしてしまうことも多いもの。 毎日、 お風呂のときに足のムダ毛を剃るのが習慣になっている人も多いはずです。 でも、 本当はカミソリによるムダ毛処理は1週間に1回くらいにおさえたほうがいいんだそう。

次の

男のケツ毛処理で最もおすすめの方法。脱毛レビュー有り。

メンズ ムダ 毛 処理

自然な感じですね毛を目立たなくする• 一本残らずツルツルにする さらに、その中でも細かく分けていくと全部で 8種類のすね毛処理方法があります。 これから、それぞれのすね毛処理方法について詳しく見ていきたいと思います。 目立たなくする 男のすね毛処理として、ツルツルにするイメージを持つ人も多いかもしれませんが、何もツルツルに仕上げることだけではありません。 すね毛がボウボウの場合は見た目的にも違和感を感じる人が増えていますが、かといって常にツルツルに保つのは大変。 そこで、ツルツルにはならないものの、適度に すね毛の量を薄く見せることで女性への好感度やオシャレ感を出す方法もあります。 具体的には以下の方法です。 しげお君のすね毛にバリカンを入れたら、なんだか剣山のようにチクチクしそうかもな… 脱色する とはいっても、すきバサミにしろバリカンにしろ毛は残っているので、見た目には足がすね毛で黒くおおわれているように見えます。 そこで、毛をカットするという方法とは別に 脱色するということですね毛処理する方法もあります。 この場合は、毛をカットするわけではないですが、毛の長さは変わらなくてもすね毛の色が抜けるだけで見た目には大きな変化が現れます。 具体的には黒くモジャモジャっとしていた見た目が、色がなくなることで軽い印象に変わります。 すね毛に使える脱色剤は500円程度でこちらも日用品雑貨店などで購入でき、また時間も5分~10分程度クリームを塗るだけで色を抜けるので手軽に行うことが出来ます。 脱色の場合、毛をカットすることと比べると薬品を直接肌に塗るということから敏感肌の人では 肌荒れなどの症状が出る場合もあるので使用の際は パッチテストを行うなど注意が必要ですね。 抑毛クリームを使う すね毛のカットや脱色とも違い、 抑毛クリームですね毛を抑毛するという方法もあります。 抑毛というとあまり聞きなれない人もいるかもしれませんが、 抑毛とは毛の発育を毛根から抑制するという方法です。 抑毛クリームは脱色クリームと違い肌に優しい成分で配合されているので、脱色クリームやカミソリ負けなどで 肌荒れ(赤いぶつぶつや黒ずみ、乾燥など)の心配がある人には特におすすめの方法です。 使い方も肌に塗るだけですね毛を目立たなくする効果が期待できるのでとっても簡単です。 ただ唯一デメリットとして挙げるとすれば、抑毛クリームは毛根に働きかける作用から毛のカットや脱色と比べると 効果を実感するのに時間がかかるというところがあります。 そのため、脱毛や除毛ではなくすね毛を目立たなくさせることですね毛処理を考えている男性ではこれらの方法をミックスして行うのがよいかもしれませんね。 脱毛クリニック・サロンで脱毛する すね毛を完全に処理したい場合には脱毛という方法があります。 医療機関で レーザー脱毛することや脱毛サロンでのフラッシュライトで脱毛することですね毛が生えてこなくさせることが可能です。 医療機関のレーザー脱毛と脱毛サロンでのフラッシュライトを比べると、医療機関の方が強力なので痛みは強いものの期間は短く終わります。 脱毛サロンでは医療機関よりもパワーダウンした処置となるので、医療機関に比べると倍以上の時間がかかることがあります。 ただ、脱毛に関してはデメリットもあります。 例えば、特に毛の量の多い男性の場合ではすね毛だけ医療機関で脱毛したとしても 年単位の時間がかかる可能性があります。 また、剛毛からは脱却できたとしても完全には脱毛しきれずに薄く毛が生える場合もあります。 さらに、費用も高額で 完全に脱毛するには数十万円かかることもあります。 そのため、根気を入れて年月と費用をかけてすね毛を完全に処理したいという覚悟を持った人にだけおすすめの方法といえます。 ブラジリアンワックスで除毛する そこで、ブラジリアンワックスという方法があります。 ブラジリアンワックスではカミソリのように表面だけの毛をカットするだけでなく、 毛根から引っこ抜くということができます。 そのため、一度ブラジリアンワックスで除毛することで 1週間以上すね毛処理をしなくても平気なこともあります。 ただ、ブラジリアンワックスのデメリットとしては、まず塗るときに一度ワックスを溶かすので 手間がかかります。 さらに、毛を抜く際には固まったワックスを一気に剥がすので場所によっては 強烈な痛みを伴うことがあります。 また毛根から無理やり引っこ抜くことで、処理後には毛穴が開いた状態になり雑菌が入りニキビなどの 肌荒れの原因にもなりやすいことがあります。 ブラジリアンワックスでは確かにキレイに毛が抜けることが期待できますが、それ以上に痛みを伴うことも覚悟が必要です。 ブラジリアンワックスの特徴の1つとしてvio(デリケートゾーン)にも使用できるのですが、実際には デリケートな場所には使いずらいですね。 除毛クリームで除毛する そこで、すね毛処理で今最も人気な方法が 除毛クリームを使った除毛方法です。 除毛クリームの効果とは除毛クリームの有効成分により 毛を溶かすことで表面の毛を一気に除毛することができるというものです。 そのため、使用後には剛毛でもじゃもじゃしていたすねでも ツルツルになることが期待できます。 また、クリームを塗って5~10分置くだけでムダ毛をすっきり除毛できる手軽さの上に、 痛みもないので安心して使用することが出来ます。 脱色クリームとは違い、除毛クリームには肌環境を整える保湿成分が配合されているものもあり、除毛後の肌のアフターケアまで効果が期待できます。 ただ、安全のためには除毛する前に1度パッチテストを行うことは必要ですね。 除毛クリームを使うことで1週間程度は毛の処理は必要なくなるので、カミソリよりも深く毛を処理できます。 また、除毛クリームと相性が良いのは抑毛ローションです。 除毛と合わせて 抑毛ローションを使用することでさらに除毛回数を減らせることや肌環境が整えられるので相乗効果が期待できますね。 メンズすね毛処理方法は除毛クリームで決まり! 男のすね毛処理方法として最もおすすめなのは 除毛クリームを用いたすね毛処理です。 ただ、男のすね毛処理には何もツルツルに脱毛・除毛するだけでなく 目立たなくさせる方法もありました。 完全にツルツルにしなくても、もともとのすね毛処理したい目的である女性からの好感度やオシャレ感は一定程度出すことが出来ます。 具体的には すきバサミや バリカンなどを使って毛の量を少なくすることや 脱色で色を抜く方法、そして 抑毛ローションで毛の発育自体を抑制する方法などがありましたね。 また、最も強力なすね毛処理方法は脱毛クリニックや脱毛サロンでの永久脱毛です。 とはいっても…、 永久脱毛はハードルが非常に高くなっています。 そこで、より手軽に自宅ですね毛を除去出来る除毛方法として カミソリでの除毛方法がありました。 しかし、カミソリの場合では手軽に除毛できるものの肌荒れの心配や毎日のケアが継続的に必要になります。 別の方法では ブラジリアンワックスもありました。 ブラジリアンワックスでは毛穴からすね毛を根こそぎ抜くことが出来るので高い除毛効果を期待できる一方、ワックスを溶かして塗るなど手間がかかることや固まったワックスを一気に剥がすことで肌荒れ、強烈な痛みを伴うことがあります。 そこで現在10代や20代の男性に最も人気なのが 除毛クリームを用いた除毛方法なのです。 クリームを塗るだけで手軽に出来て痛みもなく、除毛効果も1週間程度続くとあって 10代や20代、30代の男性でも使用している人が多い評判の除毛方法となっています。 そんなすね毛をキレイに処理したい男性におすすめの除毛クリーム販売店詳細情報はこちらの記事で詳しく紹介しています。 是非読んでみてくださいね。

次の