ウェークアップ キャスター。 諸國沙代子

「ウェークアップ!ぷらす」キャスター&アナウンサー出演者一覧

ウェークアップ キャスター

名前:山本 隆弥(やまもと たかや)• 身長:163cm• 出身地:神奈川県横浜市• 血液型:B型• 趣味・特技:鉄道・飛行機・音楽 特に洋楽 ・映画・お笑い・モノマネ• 経歴 2008年:大学卒業後、読売テレビ入社。 2018年2月: 『ウェークアップ! ぷらす』に出演し、同年2月末までサブキャスターを務めていた坂木萌子が産休入りで降板した後任として同年3月以降はサブキャスターに正式就任する。 2019年5月:『大阪ほんわかテレビ』に前任者である森たけしからバトンを受継ぎ、森が担当していたポジションを引継ぐ。 山本隆弥アナは大学卒業後の2008年に読売テレビに入局しております。 大学時代から大学入学式の司会を務めるなど、司会・アナウンサー業への意欲は強かったようです。 神奈川出身ではありますが、関西圏の読売テレビに入社しておりますのでアナウンサー志望で多くのテレビ局を受けたと予想されます。 資格の多さも気になりますね。 アナウンサーになった時の為のネタ作りのためなのか、船舶免許など用途が気になるものまで持っております。 山本隆弥アナ(読売テレビ)は結婚している? 山本隆弥アナは結婚しているのでしょうか? 一時期は、同じ読売テレビでミヤネ屋を担当しておりました川田裕美アナとの恋愛関係も噂されましたが川田裕美アナは別の方と結婚されましたので、これはデマ情報だったようです。 山本隆弥アナのブログには、友人の結婚式についての記事がありまして、その中で、 僕自身が結婚したかと勘違いしてしまうほど嬉しいものです!との記述がありました。 これは2012年の記事で、その後も結婚に関する情報はありませんでしたので、 山本隆弥アナは結婚していないようです。 主任 平均年収:729. 3万円(平均月額給与45. 6万円)• 係長 平均年収:907. 8万円(平均月額給与56. 7万円)• 課長 平均年収:1,199. 5万円(平均月額給与75. 0万円) 現在、34歳の山本隆弥アナはおおよそ、 係長クラスの年収907. 8万円ほどだと予想されます。 高級どりで有名なテレビ局ですので、やはり年収は一般企業と比べると高めですね! 山本隆弥アナ(読売テレビ)の学歴について! 山本隆弥アナの学歴について調べました。 山本隆弥アナは 法政大学第二高等学校、法政大学国際文化学部を卒業しておりました。 横浜市出身ですので、地元神奈川の付属高校に進学したようですね。 更に、 東京アナウンスセミナーも修了しておりました! 現在の担当番組• 情報ライブ ミヤネ屋(「ミヤネ屋サポーターズ」の一員として随時コーナー出演)• よしもと黄金列伝! (ナレーター、2012年8月 -)• かんさい情報ネットten. (「旬感中継」リポーター、2010年10月 -)• 大阪ほんわかテレビ(リポーター、2019年5月より前月末で卒業した森たけしに代わって7代目ナレーター及び情報喫茶店員を就任)• ytv漫才新人賞(選考会の司会および決定戦のリポーター、「漫才維新〜ytv漫• 才新人賞選考会」として実施された2011年の第1回から担当)• 名探偵コナン(デジタルリマスター放送回の副音声解説、2013年8月24日以降)• ウェークアップ! ぷらす (サブキャスター、2018年3月 -)• 各種NNNニュース枠内ローカルニュース(不定期) 全国区のミヤネ屋は有名ですが、その他にもかなり多くの番組を担当してきたことが分かりますね。 それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!.

次の

ウェークアップ!とは

ウェークアップ キャスター

番組概要・内容 [ ] 内容は1週間を振り返るコーナーを中心に構成。 放送開始時の司会者にはこの時点よりを起用する予定だったが、当時持っていた裏番組(「文珍のおもしろラジオ」)との兼ね合いで、4月以降しか出演できない事態となった。 春の改編期よりも3か月早くスタートさせたかった読売テレビは3か月間のリリーフという形で、『』を離れ、当時関西ローカルの夕方帯のニュース番組『』のキャスターを務めていた(当時読売テレビアナウンサー)に司会をオファーし、辛坊を初代司会者としてスタートした。 3か月後の同年4月には予定通り文珍が加入。 辛坊は、文珍とのコンビで引き続いて2年間担当した後、番組を一度降板する形となった。 文珍は14年間司会を務めたが、落語に専念するために自ら降板を申し出たため、2005年(平成17年)3月26日の放送を以って『ウェークアップ! 』のタイトルでの放送は終了した。 同年4月2日から題名も『 』に改め、同局の解説委員に異動していた辛坊が12年ぶりに司会に復帰することになった。 読売テレビ側は本番組と『ウェークアップ! ぷらす』を同一番組と見做しており、番組公式HPには、(平成20年)迄は本番組時代のバックナンバーも掲載されていた(以降のバックナンバーは2年分までしかないため、本番組時代のバックナンバーは掲載されていない)。 エピソード [ ]• 第1回放送時、業者の都合でセットが間に合わずとりあえずのその場しのぎの間に合わせのセットで放送するハプニングがあり、当時の業者の代表がその件で出禁になる。 1995年(平成7年)1月17日に発生した()により文珍は自宅半壊のうき目にあい、衣類や家財道具もほとんど持ち出せなかったため、直後の1月21日の放送 では私服(ジャンパー姿)で出演した。 なお、文珍はこの回の冒頭にて「方面から方面への公共交通機関はすべて不通だったため、漁船にて大阪までやってきた」と述べている。 文珍と酒井は、過去にも系列『』で共演している。 出演者 [ ] 「ウェークアップ! 」歴代の出演者一覧 期間 メイン サブ コメンテーター 男性 女性 1991. 1 1991. 3 (不在) (不在) 1991. 4 1993. 3 辛坊治郎 1993. 4 1994. 3 1994. 4 1994. 12 1995. 1 2004. 3 2004. 4 2005. 3 明河尚美 備考 [ ]• 辛坊、徳山は当時読売テレビアナウンサー。 酒井が夏季休暇中の時は(読売テレビアナウンサー)が代役を務めた。 岩田は読売テレビ解説委員。 『ウェークアップ! ぷらす』にも引き続き出演。 週替わりコメンテーター [ ]• (元、前)• (編集委員)• (教授、委員)• (、教授)• (、教授)• (、教授)• (元、元長)• (、)• (教授、元主席研究員)• (教授)• (名誉教授、)• (、元)• (、)• (、)• 原田和明()• (関係者)• (教授)• (教授)• (教授)• () など多数。 テーマソング [ ]• による番組オリジナル曲(インスト)が使われていた。 ネット局 [ ] 『ウェークアップ! 』ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 備考 土曜日 8:00 - 9:25 制作局 からネット開始 からネット開始 からネット開始 1991年からネット開始 1993年からネット開始 からネット開始 1993年10月2日からネット開始 1991年4月開局から・4月6日ネット開始 4月開局から・ネット開始 脚注 [ ]• 番組終了時に用いていたタイトルロゴより。 放送開始当初に用いていたタイトルロゴでは感嘆符無しの "WAKE UP" だった。 2018年8月31日. 2018年9月1日閲覧。 この回は番組冒頭から終了まで、全て阪神・淡路大震災関連の報道のみであった。 潮(潮出版社)1996年9月号 桂文珍関連記事より• 1991年9月までは、『』(制作)を最終回まで放送していた。 1992年9月までは、『』(朝日放送制作)を放送していた。 1993年3月までは、『海江田万里のパワフルサタデー』(朝日放送制作)を最終回まで放送していた。 1991年3月までは、『桂三枝のにゅーすコロンブス』(朝日放送制作)を放送していた。 一部のVTRの制作を担当した事がある。 (例:1992年1月11日放送分「水面の女王・レースに賭ける夢」など)• 1993年9月までは、『』(朝日放送制作)を放送していた。 2001年9月までは、『』(制作)を最終回まで放送していた。 また、当局ではCMが全編ローカルに差し替えられていた(『ウェークアップ! ぷらす』へのリニューアル後も当初は同様の形だったが、10月6日放送分より同局にも全国ネットのスポンサーが付くようになった。 1993年9月までは、『すてきな出逢い いい朝8時』(毎日放送制作)を放送していた。 外部リンク [ ]• (2000年10月当時、インターネット・アーカイブ保存データ) 制作 前番組 番組名 次番組.

次の

山本隆弥アナ(読売テレビ)のプロフィールは?結婚している?年収や学歴についても!|Tips報道局

ウェークアップ キャスター

番組概要・内容 [ ] 内容は1週間を振り返るコーナーを中心に構成。 放送開始時の司会者にはこの時点よりを起用する予定だったが、当時持っていた裏番組(「文珍のおもしろラジオ」)との兼ね合いで、4月以降しか出演できない事態となった。 春の改編期よりも3か月早くスタートさせたかった読売テレビは3か月間のリリーフという形で、『』を離れ、当時関西ローカルの夕方帯のニュース番組『』のキャスターを務めていた(当時読売テレビアナウンサー)に司会をオファーし、辛坊を初代司会者としてスタートした。 3か月後の同年4月には予定通り文珍が加入。 辛坊は、文珍とのコンビで引き続いて2年間担当した後、番組を一度降板する形となった。 文珍は14年間司会を務めたが、落語に専念するために自ら降板を申し出たため、2005年(平成17年)3月26日の放送を以って『ウェークアップ! 』のタイトルでの放送は終了した。 同年4月2日から題名も『 』に改め、同局の解説委員に異動していた辛坊が12年ぶりに司会に復帰することになった。 読売テレビ側は本番組と『ウェークアップ! ぷらす』を同一番組と見做しており、番組公式HPには、(平成20年)迄は本番組時代のバックナンバーも掲載されていた(以降のバックナンバーは2年分までしかないため、本番組時代のバックナンバーは掲載されていない)。 エピソード [ ]• 第1回放送時、業者の都合でセットが間に合わずとりあえずのその場しのぎの間に合わせのセットで放送するハプニングがあり、当時の業者の代表がその件で出禁になる。 1995年(平成7年)1月17日に発生した()により文珍は自宅半壊のうき目にあい、衣類や家財道具もほとんど持ち出せなかったため、直後の1月21日の放送 では私服(ジャンパー姿)で出演した。 なお、文珍はこの回の冒頭にて「方面から方面への公共交通機関はすべて不通だったため、漁船にて大阪までやってきた」と述べている。 文珍と酒井は、過去にも系列『』で共演している。 出演者 [ ] 「ウェークアップ! 」歴代の出演者一覧 期間 メイン サブ コメンテーター 男性 女性 1991. 1 1991. 3 (不在) (不在) 1991. 4 1993. 3 辛坊治郎 1993. 4 1994. 3 1994. 4 1994. 12 1995. 1 2004. 3 2004. 4 2005. 3 明河尚美 備考 [ ]• 辛坊、徳山は当時読売テレビアナウンサー。 酒井が夏季休暇中の時は(読売テレビアナウンサー)が代役を務めた。 岩田は読売テレビ解説委員。 『ウェークアップ! ぷらす』にも引き続き出演。 週替わりコメンテーター [ ]• (元、前)• (編集委員)• (教授、委員)• (、教授)• (、教授)• (、教授)• (元、元長)• (、)• (教授、元主席研究員)• (教授)• (名誉教授、)• (、元)• (、)• (、)• 原田和明()• (関係者)• (教授)• (教授)• (教授)• () など多数。 テーマソング [ ]• による番組オリジナル曲(インスト)が使われていた。 ネット局 [ ] 『ウェークアップ! 』ネット局 放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 備考 土曜日 8:00 - 9:25 制作局 からネット開始 からネット開始 からネット開始 1991年からネット開始 1993年からネット開始 からネット開始 1993年10月2日からネット開始 1991年4月開局から・4月6日ネット開始 4月開局から・ネット開始 脚注 [ ]• 番組終了時に用いていたタイトルロゴより。 放送開始当初に用いていたタイトルロゴでは感嘆符無しの "WAKE UP" だった。 2018年8月31日. 2018年9月1日閲覧。 この回は番組冒頭から終了まで、全て阪神・淡路大震災関連の報道のみであった。 潮(潮出版社)1996年9月号 桂文珍関連記事より• 1991年9月までは、『』(制作)を最終回まで放送していた。 1992年9月までは、『』(朝日放送制作)を放送していた。 1993年3月までは、『海江田万里のパワフルサタデー』(朝日放送制作)を最終回まで放送していた。 1991年3月までは、『桂三枝のにゅーすコロンブス』(朝日放送制作)を放送していた。 一部のVTRの制作を担当した事がある。 (例:1992年1月11日放送分「水面の女王・レースに賭ける夢」など)• 1993年9月までは、『』(朝日放送制作)を放送していた。 2001年9月までは、『』(制作)を最終回まで放送していた。 また、当局ではCMが全編ローカルに差し替えられていた(『ウェークアップ! ぷらす』へのリニューアル後も当初は同様の形だったが、10月6日放送分より同局にも全国ネットのスポンサーが付くようになった。 1993年9月までは、『すてきな出逢い いい朝8時』(毎日放送制作)を放送していた。 外部リンク [ ]• (2000年10月当時、インターネット・アーカイブ保存データ) 制作 前番組 番組名 次番組.

次の