お腹 ポコポコ 鳴る。 お腹から水の音がする胃内停水とは? 症状と原因・治し方を解説!

最近、腸がポコポコします。空気みたいなのが動いているような感じです。ガス...

お腹 ポコポコ 鳴る

お腹が少し張ってくる• お腹が「ポコポコ」鳴る• お腹が張ってきて苦しい・落ち着かない。 という感じでひどくなり、仕事にも集中できなくなります。 なったことがある方はわかると思いますが これは、思った以上に苦しくて恥ずかしくて厄介なんです。 ガスだまりになる原因は? 仕事などで長時間座っている この原因は意外と多いのではないでしょうか? パソコンで仕事をされている方、デスクワークの方は要注意です。 長い時間座っている姿勢を続けている。 これはその間腸を圧迫していることに他ならないとのこと。 言われてみれば座っている姿勢はちょうど圧迫しています。 でもオナラは腸にたまったガスを排出する大切な生理現象です。 これを我慢してしまうと、「息が臭くなる」「皮膚が臭くなる」といった症状や 肝臓の機能が落ちることも考えられるそうです。 出せる時にはできる限り出した方がいいみたいですね。 腸の動きが弱い もともとお腹の弱い方や体調を崩している方はガスだまりになりやすいです。 私自身これに当たるのかな?と思うのですが 腸の働きを助けるのは「腹筋」による圧力とのこと。 つまり、筋力をつけることは腸の働きを助けることになるようです。 腸のぜん動運動を助ける為に今より少し筋力をつけておきましょう。 ストレスを抱えている ストレスで腸の動きが抑えられてしまうようです。 ストレスは本当に万病の元ですね。 腸内環境を整える上でもストレスは大敵です。 ストレスにより自律神経が乱れてしまうと悪玉菌が増えやすい環境ができてしまいます。 悪玉菌が増えるとガスがたまりやすくなります。 ストレスを貯めない方法、そして解消する方法を見つけておくことはとても大切。 食べ物・飲み物 食べるもの、飲むものにより腸を冷やしてしまう人がいます。 腸を冷やしてしまう事は腸の働きが悪くなるという事です。 それによりガスの排出がうまくいかなくなることも。 また、炭酸ジュースやビールなどはガスだまりの原因としてもダイレクトなものですね。 ガスだまりを解消するには 風呂・カイロ・腹巻でお腹を温める 風呂に入る。 またはカイロや腹巻を使ってお腹を温め、冷やさないようにします。 そうすることでガスの出やすい状態にします。 僕自身の対策では一番効果があるような気がします。 運動不足を解消する 腸のぜん動運動を助ける腹筋をつけるようにしましょう。 運動することで筋力強化にもなり、また、運動すること自体により一時的に腸の運動も活発になります。 それによりガスも抜けやすくなるという事ですね。 まとめ 私自身結構長い期間悩まされていたことです。 デスクワークで、運動不足。 まさにこれです。 なので女性だけでなく、意外と男性にも多いんじゃないかと。 みなさん張り切って運動しましょうね!! お腹を冷やさないこと。 意外にみんなやってないけど腹巻きは必需品です。 の腹巻きはオススメです。 お腹が冷える方は見てみてください。

次の

お腹から水の音がする胃内停水とは? 症状と原因・治し方を解説!

お腹 ポコポコ 鳴る

下腹部がポコポコする原因 お腹がポコポコと音がする原因として、 ・暴飲暴食 ・冷え ・過敏性腸症候群 ・便秘 ・下痢 ・ガス おなら ・筋肉の痙攣 ・妊娠の初期症状 などのことが考えられます。 暴飲暴食 食べ過ぎ飲み過ぎは体に悪いことがあっていいことありません。 胃の消化器官が食べ物を消化しているときにポコポコと音が発生することがあります。 特にお肉ばっかり食べるなど食生活が明らかに偏っている場合は 腸内環境が悪くなり、ガスが溜まりやすくなります。 冷え お腹が冷えることによってお腹が痛くなります。 エアコンなど冷たい空気のある場所に行く、冷たい飲み物一定飲む などのことによってお腹が冷えてしまうことにつながります。 冷えることでお腹が痛くなりやすいという人は注意するようにしましょう。 過敏性腸症候群・便秘・下痢 過敏性腸症候群はストレスを感じやすかったりするとなりやすい病気です。 特に女性の方に多く見られます。 便秘と下痢を繰り返す症状があるので、その中で下腹部がポコポコと音がすることもあります。 なんとなく常にガスが溜まっているような感じがすることもあります。 ガス おなら 緊張やストレスの影響、消化作用が働き、腸内細菌などによってガスがお腹にたまります。 ガスが常に溜まっている状態だとお腹が張りますし、痛みを伴うことになります。 常におならをすることができれば良いですが、普通はそんな事は難しいと思います。 いつもおならばかりしていると他人に失礼ですし恥ずかしいですからね(笑) なのでガスを中に溜めないように生活習慣を改善することが必要です。 私はガスが原因で音が鳴ることが多かったので、 同じく悩んでいる人もけっこう多いのではないでしょうか? 筋肉の痙攣 腸や膀胱等は自分の意思で動かすことができない平滑筋という筋肉が周りにあります。 この筋肉は常に動き続けているため、自分で止めることができません。 この筋肉がポコポコと音を出して動くことがあります。 妊娠の初期症状 女性の場合、妊娠の初期の段階では、お腹がポコポコとなるという人はいます。 妊娠はホルモンバランスや体調が変化するため腸にも影響が出てきます。 腸が圧迫されてポコポコとなることがありますが、基本的にはそこまで気にする必要ありません。 また、妊娠中だと胎動ということも考えられますが、 ガスが溜まりやすくなっているということもあります。 芋類や豆類など、炭酸飲料などはガスがお腹にたまりやすくなることがあります。 早食いもいけません。 しっかり噛まずにどんどん飲み込んでしまう事は空気をお腹の中に入れてガスが溜まりやすくなります。 お腹にガスが溜まっている感じがする場合はこれらのことに気をつけましょう。 スポンサードリンク お腹がポコポコと音がするのは病気なの? お腹がポコポコとなるのは明らかな痛みを伴えば病気の可能性がありますが、 特に痛みがないただ音が鳴っているだけという場合は基本的には心配する必要はありません。 疲労やストレス、食生活の乱れなどで腸内環境が乱れている可能性があります。 腸内環境を整えるために普段の生活を見直すことが必要です。 下腹部の痙攣の対策 下腹部がポコポコと痙攣を起こすのは筋肉の動きであることがあります。 この筋肉の動きを抑えるためには冷やすのではなく、温めてあげることが効果的です。 温めることで血行を良くします。 ストレスを受けている、冷えているなどの場合は筋肉が緊張している状態ですので、 緊張を解いてあげることが大切です。 ただ、明らかに違和感や痛みがある場合は病院へ行きましょう。 まとめ ・下腹部がポコポコする原因はいくつかある ・ポコポコと音が鳴っても基本的には問題はない ・筋肉が痙攣している場合は温める なんとなくお腹が調子悪いなぁと感じるときは誰でもありますよね。 変な音がするということもたまにはあります。 ですが、すごく痛いという場合はすぐにでも病院に行ったほうがいいですが、 痛みがないという場合はそんなに心配する必要はありません。

次の

お腹が鳴る原因はコレ!食後なのに鳴るのはなぜ??

お腹 ポコポコ 鳴る

ホーム お腹がゴロゴロ、グゥー、ポコポコ鳴る?? お腹から聞こえる?不快な音?個人差はありますが、誰でもきっと心当たりがありますよね(汗) とは言え、本人が気にするほど、他人には聞こえていない場合も多いものです。 スポンサードリンク お腹が、ゴロゴロ、ポコポコ、グウグウなどと言ったような音がこれにあたります。 絶対に誰にでも、多かれ少なかれ経験した事のある症状の一つです! 胃や大腸で鳴る音すべてが腹鳴と言われるものですね。 例えば、お腹がすくと、グゥーとか、キュー?とか鳴りますよね?(笑) 他には、お腹がすいていなくても、お腹のガス?などの影響で、ポコポコいったりゴロゴロ?と音がするのも腹鳴と言う事になります。 なかなか辛い悩みですが、ひとりで悩まないで、一度医師に相談してみましょう。 腹鳴の原因とは? 胃の消化液や分泌物、食べ物や飲んだ物などが、お腹の中を移動する時に起こり、つまり蠕動運動が引き金になっています。 この時に聞こえてて来る音が、 腹鳴の正体です(汗) 胃の場合、飲み込んだ空気の影響も大きいですが、大腸から聞こえる場合は、大腸内で発生したガスの影響も大きくなります。 便秘の人は、悪玉ガスを多く発生させやすいので、特に要注意です。 そして、腹鳴の音が大きく感じるのは、もしかしたら過敏性大腸炎であったり、大腸に何らかの炎症がある場合も考えられます。 それは、腸内に炎症があると、分泌液が増えるので、 腹鳴の音が大きくなる傾向があるからです。 たかがお腹の音ではありますが、このように病気のシグナルになっている場合もあるので、この重要なサインを見逃さないようにしましょう^^ 原因が分かれば、治療もできますからね^^ 心当たりがある方や、心配な人は、その改善策として、腸内細菌を増やし、お腹の環境を整えましょう。 食物繊維が豊富なので、お通じスムーズになり、腸内環境が改善されれば、悪玉菌退治になり、ガスの発生を抑えられます。 腹鳴が気になる人は、まず腸内環境の改善から始めると結果が出やすいです^^免役機能の6割以上~を占めるのが大腸なので、大腸が健康なのに越した事はありません^^ ここで、少し余談になりますが、ヨーグルトにも相性たるものが、しっかりと存在します。 いろいろ市販されているものを食べて見て、その中で一番、お通じが良くなった乳酸菌を選ぶのがコツです^^ ヨーグルトに入っている乳酸菌は、メーカーによって全然違いますからね^^;お腹と乳酸菌との相性があっても、全く不思議はないですよね(笑) あと、腹鳴が気になる人は、できるだけオナラを我慢しないようにしましょう。 我慢したオナラは、当然の事、元に戻ろうとするので、逆流してしまいます。 やっかいな事に、オナラが逆流して行く過程でも、オナラのような音が出る事もあります。 逆流音というものですね。 それに、オナラを我慢すると言う事は、出ようとした有毒ガスを、またお腹の中に、また戻す行為です。 外に出る事ができなくなったオナラは??血液と一緒に運ばれ、全身を巡り巡って行きます。 結果、顔には吹き出物?が出やすくなってしまいます。 便秘ぎみだと、吹き出物が出やすい?のは、それが理由です(汗) また、逆にですが、腸がねじれて詰まってしまう腸閉塞を発症した場合は、お腹で鳴る音が小さくなります。 大腸に異常が生じ、詰まる事で、蠕動運動が正常にいかなくなりますからね・・。 とは言え、実際は、腸閉塞になると、激しい痛みを伴う事も多いので、腹鳴を気にしている余裕はないかもしれません(汗) どちらにしても、腹鳴によって各消化器官の健康の度合いをある程度ですが、推測する事が可能です。 お腹が減ると何故?お腹が鳴るのか? 胃は、食べ物が入ってくると、まず消化するために、胃酸(消化液)を出しながら収縮運動を繰り返し、十二指腸から大腸に運ばれ消化されていきます。 やがて胃は、からっぽ!の状態になるわけですが、お腹が鳴るのは、まさにこの瞬間ですよね? 胃は胃の中が、からっぽ?になったらと言って、次の食べ物が入ってくるまでは、一休み!!なんて事はしません。 少しは休憩しますが、一定の周期でまた収縮運動を繰返します。 お腹が鳴るのは、胃がからっぽ!になった時、胃の収縮運動の最中に起こります。 この音は、お腹のガスが移動する時に起こっているので、つまり、胃が休憩している時は、とても静か!とは言え、胃がまた動き出すと、またお腹が鳴りだします^^; 確かに、空腹感を感じて、お腹が鳴るタイミングには、波がある!!のは、このせいで すね。 上記ようなサイクルでお腹はなるので、もしお腹がすいて、グゥーッと鳴り出しそうな時は、大きく息を吸い込んで、お腹を大きく膨らました状態をキープしておきます。 お腹が鳴りそうな峠を越したな?と思ったら、ゆっくりと膨らませていたお腹を元に戻します。 お腹を膨らんだ状態をキープするだけなので、もちろんですが、呼吸はして下さいね(笑) お腹を膨らませる事で、お腹のガスが移動する時に音が出づらくなる原理ですね^^ 自分のお腹を見ながら呼吸すると、呼吸のタイミングで、お腹が膨らんだり、凹んだりするのが分かりますよね? 、つまり、お腹が鳴りそうな時は、お腹を凹ませておかない!と言う事です。 雑学 腹鳴の原因となる、大腸のガスについて 実は、大腸ってオナラを作る工場?のようなものなのだとか? ???? って思うところですが、私達が食事をするために口から入ってきた食べ物の中には、胃や十二指腸で完全に消化されなかったものが、たくさん運ばれてきます。 例えば、なかなか消化しされないような食べ物を食べた時などは、この消化されなかった残りカスが大腸に住むバクテリアの餌になるようです。 実はこのバクテリアが、大腸の中で、この残りカスを食べてガスを出しているのです。 そして、あのオナラの音は、肛門周辺の筋肉が振動する音なので、できるだけ、この筋肉が振動しないように、オナラを出せば無音(ミュート)になります^^; とは言え。 食物繊維を控えなくてはいけない?と言うわけではありません。 大腸の働きを整えるには、食物線維は必須ですからね。 有害物質を排出し、癌を予防し大腸環境を整え、便秘を解消してくれるのも食物繊維です。 そして、 腸内のゴロゴロ、キュルキュル、グルグルっと聞こえるオナラ以外の腹鳴は、胃や小腸、大腸が食べ物をドロドロの液体にするために、かき混ぜている音です。 空気が、口から入った空気が、体内の消化システムを通り抜ける時間は、たったの30分程度なんだそうです。 早ッって感じですね。 お腹がすいた時の腹鳴は、自然な事ですが空腹でもないのに腹鳴がある場合や、他の症状として、お腹の痛みなどもあったりする場合は一度、消化器内科を受診して原因を探ってみるのも、一つの手だと思います。 呑気症だったり、他の消化器疾患が原因だったりしてもいけませんので、早めに原因を見つけて治療に入るのは良い事だと思います。 呑気症? 呑気症は、無意識の間に、空気をいっぱい飲み込んでしまう傾向があると、お腹にガスが溜まりやすくなります。 また、本人は、自覚がない事も多いのですが、奥歯をギュッと噛み締めてしまう癖のある人は要注意です。 唾液と一緒に、奥歯を噛み締めた時に、少しづつではありますが空気を飲み込み、その空気が胃や大腸に溜まりやすくなるからです。 ふだんの生活の中で、奥歯に力が入っていないか?時々確認してみましょう。 もし、奥歯を噛み締める癖があると感じたなら、噛まないように意識して治していきましょう。 意識するだけで腹鳴の予防につながりますからね^^そして、早食いはダメです!食事は、良く噛んでゆっくり食べる事で、飲み込む空気の量が少なくて済みます。 多かれ少なかれ、空気を飲み込まない人はいませんからね、それでも、そのほとんどはゲップとして出ますので、あまり神経質にならなくても大丈夫です。 胃の上部に空気が溜めておけば、括約筋の働きで、そのうちゲップとして空気を排出する事ができますからね^^ 一言メモ 最後に・・・ 民間療法にはなりますが、ガス解消には 山椒も効果的です。 山椒の成分が、脳を刺激し、胃腸などの、内臓機能を活発にしガスを排出する効果があるからです。 この悩みは、本当に切実です。 一人でも、多くの方の悩みが解消されますようにm(__)m スポンサードリンク 関連記事•

次の