子どもが喜ぶおかず。 魚料理だけど簡単に作れちゃう!子どもが喜ぶ人気おかず30品レシピ

魚料理だけど簡単に作れちゃう!子どもが喜ぶ人気おかず30品レシピ

子どもが喜ぶおかず

鬼は~そと!福は~うち! 節分と言えば豆まきですね^^ 我が家も子どもが産まれてからは毎年の恒例行事で、 私が鬼役(なぜ?)でパパがビデオまわし&慰め役、で楽しんでいます。 あとは年の数だけ豆を食べて、恵方巻きを食べて終了~なのですが、せっかくなので恵方巻きに合うおかず、しかも子どもが好きそうなやつはないのかな~と思って色々と調べてみました。 そこで今回は 節分の献立、子どもが喜ぶ恵方巻きに合うおかずについてご紹介していきます! スポンサーリンク 節分の献立!子どもが喜ぶ恵方巻きに合うおかず 子どもが喜ぶ恵方巻きに合うおかずはこちら~• いわしのつみれのお吸い物• ひじきと大豆の煮物• 卵料理• 青菜のおひたし• 唐揚げorとんかつ• デザート! それでは1つずつみていきましょう! 1. いわしのつみれのお吸い物 節分には 「いわし料理」を食べる地域もあります。 いわしの語源は「弱し(よわし)」「卑し(いやし)」で、いわしには独特の臭いがありますよね。 このことから、、、 弱く卑しい臭いがあるいわしを食べて「陰の気を消す」 という意味があるそうです。 また、いわしの煙も厄払いに有効、と言われていますので本当は焼いて食べるのがいいのでしょうが、いわしは小骨も多く子どもにはちょっと・・・ですよね。 なので我が家でいわし料理と言えば、 「いわしのつみれのお吸い物」です。 ひじきと大豆の煮物 豆まきの際大豆を使いますが、食べる用として別に煮物を用意しておくのもいいと思います。 まいた豆を食べる・・・って中々しずらいですし、どうせなら美味しい方がいいですよね^^; 「豆は年の数だけ・・・」とわいわい話しながら煮物を食べて、ひじきで栄養満点! 副菜としてちょうどいいおかずではないでしょうか?? スポンサーリンク 3. 卵料理 我が家では巻き寿司やいなり、ちらし寿司など酢飯の時は、大体卵料理がついてきました。 茶碗蒸し• 卵豆腐• 玉子焼き• 卵巾着 などなど・・・ 4. 青菜のおひたし 冬や春が旬の青菜をおひたしにするのもいいと思います^^• 小松菜• ブロッコリー• ほうれん草• 菜の花 色鮮やかな青菜が加われば、メニューも一段と映えます。 青菜にはビタミンC、ビタミンE、ビタミンB1 、ビタミンB2、 鉄分、カルシウム・・・などの栄養素が豊富に含まれています。 健康にもいいおかずを選びましょう^^ 5. デザート! 肝心(?)のデザート! 豆を使った美味しいデザートがあれば・・・と思ったのですが、黒豆や枝豆を使った和風なおやつ・・・って大人は好きかもしれませんが、子どもって中々好まなかったりしますよね。 手巻きクレープパーティです! イチゴにバナナ、果物の缶詰に生クリーム、チョコソース、フレーク等々・・・ ホットプレートで焼きながら子ども達と好きな具を巻いて食べる! 考えただけでも美味しそ~、いや楽しそう~^^ スポンサーリンク おまけ・・・余った豆はどうする? ちなみに鬼に向かって投げた豆。 尚且つ最近のハトの食生活は乱れて(?)いるらしく、スナック菓子なんかも食べるそうです・・ なので硬い豆はあまり食べなかったんですかね~?? 肝心の余った豆ですが、次の日の子ども達のおやつだったり、私のつまみになったりしています~。 汗 余った豆を使ったレシピ動画があったので貼っておきます~^^ まとめ いかがでしたでしょうか? 記事中にも書きましたとおり、節分は立春の前日であり、立春=新年とすると大晦日にあたります。 また、 節を分ける、という意味もあります。 お正月が終わり約1ヶ月過ぎたころにある節分。 子どもと一緒に豆をまき、楽しい食事をして、新たな1年に向けて気合を入れる! お正月気分も抜けすっかり日常生活に戻った頃でしょうが、ここで改めて季節の終わりや変わり目を意識してみるのもいいと思います。 それに自分自身が大人になって、母親になり思うのですが、献立を考える時、季節を感じる瞬間などに、母が作ってくれた料理や家族全員の食卓が、ふと、よみがえってきます。 「うちの節分と言えばあれだったな~!美味しかったな~」 という感じに子供達の記憶に残って欲しい、という願いをこめてこの記事を書きました。 みなさんも自分ちの「節分のおかずと言えばこれ!」みたいなのがあったら教えてください^^ スポンサーリンク 当サイトの人気記事• 54,219ビュー• 53,309ビュー• 50,560ビュー• 48,489ビュー• 47,909ビュー• 43,481ビュー• 39,592ビュー• 39,335ビュー• 29,817ビュー• 29,246ビュー• 29,208ビュー• 25,299ビュー• 23,677ビュー• 20,390ビュー• 19,377ビュー• 17,384ビュー• 15,004ビュー• 14,065ビュー• 12,800ビュー• 12,273ビュー• 12,212ビュー• 12,078ビュー• 11,899ビュー• 11,692ビュー• 11,173ビュー.

次の

【子どもが喜ぶお弁当おかず】見た目や中身に意外と厳しい! いい方法は?

子どもが喜ぶおかず

Contents• 小さめなら輪切りでオッケー! パプリカは食べやすいように湯通ししていますよ。 大きさにもよりますが 大体1分半くらいでひっくり返して1分程で揚がりますよ。 豚小間肉をまるめて作っても かみ切りやすいので子どもが食べやすくておすすめ! 3歳児のお弁当を作る時の注意点 3歳児が 遠足に持っていくお弁当を作る時の 注意点をご紹介していきます。 おにぎりなら子ども茶碗に 食べ切れる量のごはんを 3~4等分くらい• から揚げ類は 2~3cm大• ハンバーグなら 3~4cm大• 薄切り肉なら たたいて繊維を切る• 鶏肉なら そぎ切りにする などすると 3歳にも食べやすいです。 おにぎりに 海苔を使う時は 大人のように大きいまま使うと子どもはうまくかみ切れません。 細かくしたり小さく切って貼ると 食べやすくなります。 そのような食材は ごはんや卵焼きなどに混ぜると こぼれずに食べやすくなります。 煮豆などのコロコロした食材は ピックなどに刺してまとめると 子どもが手で持って食べやすくなります。 水分が出ると 菌が繁殖しやすくなり いたむ原因になります。 特に唐揚げ、ハンバーグ、魚介類、卵焼きなどは 外からでは中まで火が通ったかどうか 分かりにくいので 十分に加熱する必要があります。 お弁当箱に入れる前に必ず しっかりと再加熱して 完全に冷ましましょう。 ラップで 握った後は 一度開いて完全に冷ましましょう。 子どもたちが 保育園で遠足 に行くのは 気温や湿度の上がる5~9月 というところが多いですよね。 この時期は食中毒菌などの 細菌が繁殖しやすい時期です。 お弁当によく使う加工食品• ちくわやかまぼこ• はんぺん• ベーコン• チーズ• マヨネーズ• しっかり火を通すのはもちろんのこと 水分を極力とばすことが大切です。 加熱の仕方 食中毒を起こす菌の大半は 75度の加熱を1分(ノロウイルスは85~90度で90秒) 以上で死滅します。 中まで火が通りにくいものは ふたをして加熱しましょう。 時間が経つにつれての菌の増え方 調理後4~6時間後が菌の繁殖のピークになるため 朝作ったお弁当は 食べる頃が一番危険です。 菌の繁殖をおさえるため 保冷剤でお弁当を低温に保つように 工夫すると良いでしょう。 3歳児にぴったりのお弁当の量とお弁当箱の大きさ お弁当の量 3歳のお子さんが 1回のお弁当でとりたいエネルギー量は 300~350kcalといわれています。 お弁当箱には 約半分に主食(ご飯やパン、めん類など) 残りの半分におかずを入れるのがベストです! おかずは 肉や魚、卵などの たんぱく質のおかず(主菜)と 野菜のおかず(副菜)を半量ずつにすると 栄養バランスが良くなります。 ご飯類は大体 80~100g程度です。 栄養士さんに聞いたところ 「 3歳 だと 子ども茶碗にかるく1杯くらい」 と言っていました。 わたしがお弁当を作る時は お茶碗に一度入れて量を確認してから それを2~3等分しておにぎりを作っています。 主菜は 40g程度です。 ウインナーなら2本くらい から揚げなら2~3cm大で3個くらい が目安です。 副菜は 50~70gをとるのが目安です お弁当箱 3歳の使うお弁当箱の大きさは 一番使いやすい楕円形のお弁当箱で考えると• 深さ:2. 5~3㎝• 長さ:12~14cmです。 容量:280~300ml と記載のものがちょうど良いです。 とはいっても お子さんによって食べる量には 違いがあると思います。 うちは保育園の遠足が 昨年の1回しか経験がないのですが 普段食べる量を用意して お弁当箱に詰めてみました。 2歳のその時と今の食べられる量はまた違うので 次の遠足に備えて公園に遊びに行く時などに お弁当を作って出かけ一緒に食べてみています。 そして その後の空腹の訴えの状況を見て量の調整をしてみています。 お子さんの ちょうど良い お弁当の量を把握するためには 家での食事を作った時に 普段食べている量 を 一度お弁当箱に詰めてみると良さそうですね! まとめ 3歳児の遠足に持っていくお弁当について 今回は子どもの喜ぶ定番のおかず.

次の

【子どもが喜ぶお弁当おかず】見た目や中身に意外と厳しい! いい方法は?

子どもが喜ぶおかず

com 「夕食に何を食べたいか子どもに聞くと、よくハンバーグをリクエストされます。 何度作っても喜んで食べてくれるので、私も嬉しいです」(6歳児のママ) ハンバーグを作ると子どもが喜んでくれたというママもいるようです。 デミグラスソースやトマトソースなど味つけを変えることで、子どもも飽きずに食べてくれるかもしれません。 子どもの好みにあわせて形を変えて作ると、嬉しそうだったというママの声もありました。 鶏のから揚げ 「運動会のお弁当に鶏のから揚げを入れると、喜んで食べてくれました。 『ママ、唐揚げおいしかったよ』と言ってくれたのが嬉しかったです」(4歳児のママ) 鶏のから揚げも、子どもが喜ぶおかずのようです。 お弁当のおかずに唐揚げを作るときは、下味をしっかりつけることで、冷めてもおいしいと子どもが喜んでくれたというママの声もありました。 オムレツ iStock. 子どもが『これ好き!』と喜んで食べてくれたので、よく作っています」(2歳児のママ) オムレツなどの卵料理も子どもが喜ぶおかずのようです。 卵料理は、小さな子どもでも食べやすいかもしれませんね。 オープンオムレツを作ると、子どもが『きれいだね』と言って嬉しそうに完食してくれたというママの声もありました。 コロッケ 「夕飯のおかずにコロッケを出すと喜んで食べてくれます。 コロッケの具に味つけをしておくと、ソースをつけなくても『サクサクしておいしい』と言ってくれました」(5歳児のママ) 子どもは、コロッケのサクサクした食感が好きなこともあるようです。 コロッケの具に枝豆やひじきを混ぜるなど工夫をすると、普段とは違った味つけに子どもも喜んでくれるかもしれませんね。 子どもが喜ぶおかずの特徴 子どもが喜ぶおかずにはどのような特徴があるのでしょうか。 実際に、どのようなおかずを作ったときに子どもが喜んで食べたのかをママたちに聞いてみました。 揚げ物 「ささみのチーズフライや、ちくわの磯辺揚げなどの揚げ物をおかずに出すと、子どもが嬉しそうに食べてくれます。 たくさん作ってお弁当のおかずに入れると、いつも完食してくれます」(6歳児のママ) 「エビフライやチキンナゲットを作ると喜んで食べてくれます。 子どもがたくさん食べてくれるので、週に1回くらい揚げ物を作っています」(3歳児のママ) 揚げ物を作ると子どもが喜んでくれたというママもいるようです。 魚が苦手な子どもも、フライにすると食べてくれるというママの声もありました。 甘めの味つけ iStock. hardy. ltd outlook. com 「うちの子は甘めの味つけが好きなようです。 特に甘い卵焼きを作るとたくさん食べてくれます」(2歳児のママ) 「酢豚を作るとお酢の味が気になるのか食べてくれないことがありました。 少し甘めの味つけにすると喜んで全部食べてくれました」(4歳児のママ) 甘めの味つけのおかずも子どもは喜ぶかもしれません。 子どもの好きな甘めの味つけにするために、ケチャップを使うママもいるようです。 ポークケチャップを作るときは、子どもがたくさん食べてくれるようにケチャップを多めに使うというママの声もありました。 チーズを使ったもの 「温野菜にチーズを乗せ、電子レンジで加熱して食卓に出しました。 とろけたチーズをブロッコリーやにんじんに絡めて食べると『これおいしいね』と言って喜んでくれました」(3歳児のママ) 「いももちにチーズを入れて作ってみました。 気に入ったようで、普段食べているいももちよりもたくさん食べてくれました」(5歳児のママ) 普段のおかずにチーズを加えて作ると、子どもが喜んだというママもいるようです。 子どもの苦手な食材もチーズといっしょに調理することで、残さず完食してくれたというママの声もありました。 子どもが喜ぶおかずを作るときの工夫 簡単な工夫をすることで、子どもが喜ぶおかずを作る方法はあるのでしょうか。 ママたちがしている子どもが喜ぶ工夫を紹介します。 子どもの好きな形にする 「卵焼きの側面を斜め切りし、片方をひっくり返してハート型を作りました。 かわいい見た目に子どもが喜んでくれました」(2歳児のママ) 「チーズを星の型で抜いてハンバーグの上に乗せました。 見た目がかわいいと喜んでたくさん食べることがあります」(4歳児のママ) おかずを子どもの好きな形で型抜きして、かわいくアレンジしたママもいるようです。 他に、サラダや煮物の具を飾り切りすると子どもが喜んでくれたというママの声もありました。 食べやすくする 「チーズとミニトマトを重ね、子どもの好きなキャラクターのピックを刺しました。 ピックを刺してあげると食べやすいようで、普段食べてくれないおかすでも喜んで食べてくれます」(3歳児のママ) 「ミートボールを作るとき、子どもの口の大きさにあわせた一口サイズを意識して作っています。 自分で食べられることが嬉しいようです」(2歳児のママ) 子どもは、自分でできることが嬉しいと感じることもあるようです。 自分で食べられる工夫をすると、いろいろなおかずを喜んで食べてくれるかもしれません。 ピックなどを使うときは、ママが見守りながら使えるとよいですね。 盛りつけ方を変える 「ワンプレートに数種類のおかずを盛りつけました。 『お子様ランチみたいだね』と言って嬉しそうでした」(4歳児のママ) 「オムレツにケチャップやマヨネーズでデコレーションして盛りつけました。 子どもの名前や花などを描いてあげると喜んで完食してくれました」(3歳児のママ) 普段とは違った特別な盛りつけをすると、子どもが喜んでくれたというママもいました。 お子様ランチ風に盛りつけるときは、おかずの彩りも意識できるときれいな見た目になるかもしれませんね。 子どもが喜ぶおかずを作ろう.

次の