ポケモンxy やみのいし。 【ポケモン剣盾】やみのいしの入手方法と進化できるポケモン【ソードシールド】|ゲームエイト

ポケモンXYの自動レベル上げ・孵化・なつき度上げの方法

ポケモンxy やみのいし

データ 初出 第一世代 英名 Moon Stone 野生で持っているポケモン (第2世代~)、(第3世代~)、(第4世代)、(第5世代) つきのいしで進化するポケモン• 所謂 「」の一種。 のように黒く透き通った黒曜石のような見た目をしているが、 初代ではイラストが存在しなかったため漫画家やスタッフ独自の解釈で自由に描かれていた。 ではマーブル模様の角ばった石。 では白い型。 表面の抉れ具合は現在のものに似ている。 では作中ではつきのいしとはっきり言及されなかったが、それと思しきピッピを進化させる石がある。 この石は黒くて角ばっており、デザインは一番現在のつきのいしに近い。 から出来ているというオリジナル設定がある。 野生で持っているポケモンからも分かるように持っているポケモンは全てやが関係している。 ただしとは全く関係ない。 また、この石によって進化するポケモンはで登場するムーンボールで捕獲しやすくなっている(ムーンボール自体は第二世代から存在したが、バグにより普通のモンスターボールと効果が全く変わらなかった)。 初代の頃はニビシティの博物館に展示されていることからもわかる通り、元ネタはアポロ11号が持ち帰って来た「月の石」。 他の進化石に比べて若干仲間はずれっぽいネーミングなのはそれが理由である。 現在はたいようのいしと対になる関係になっており、仲間はずれからは脱した。 入手方法 第一世代() 初代では進化の石はタマムシデパートで2100円で買えたが、この石のみ買えなかった。 初代で入手できる個数は 1セーブデータにつき5個だけ(隠しアイテム含む)のため、どのポケモンに使うか慎重に考える必要があった。 第二世代() ダンジョン内で数個拾えるのは前作同様だが、この頃からポケモンに「もちもの」の概念が追加され、野生のポケモンが一定の確率でアイテムを持っているという要素が登場。 に生息するが8パーセントの確率で所持している他、毎週月曜深夜にお月見山で見れるピッピのダンスを見た後、その場所でを使う事で入手が出来る。 ちなみにネットもそこまで普及しておらず情報も少なかったこの時代、の分類が ポケモンだった事や同時期に丁度対になる「」と分類たいようポケモンのが登場した事もあって、 任天堂にあっさり釣られてをブラッキーにしようとつきのいしを使おうとした人は少なくないはず。 第三世代(、) ダンジョン内で拾えるが、ルビー・エメラルドではそれ以外に入手方法がなく、 1セーブデータにつき1個だけしか拾えない。 そのため通信環境が無いプレイヤーはホウエン図鑑のかのどちらかを諦めなければならない。 サファイアではダンジョン内で一個拾えるほか、野生のが5パーセントの確率で持っている。 FRLGは赤緑のリメイクなので当然いずれもお月見山のピッピが所持しているが確率は5パーセントに下がってしまった。 第四世代(、) ダンジョン内で拾えるが、この頃から入手方法が多様になってくる。 DPtではに生息するピッピが5パーセントの確率で持っているほか、じまんのうらにわでを出現させればピッピ同様5パーセントの確率で持っている。 さらにクリア後にサファイアとダブルスロットする事でテンガン山にてルナトーンが出現するため、そこでも5パーセントの確率で持っている。 さらに地下通路で壁を掘ることでも入手できる。 HGSSは金銀のリメイクなので、お月(ryだが、今回はピッピのダンスを見た後にいわくだきをしなくても入手可能になっている。 その他お金を主人公の家に貯金していると主人公の母が勝手に買ってくることがある。 殿堂入り後は虫取り大会の一等賞の景品でも入手できる事がある他、レベル41以上の持ちも拾ってくるようになった。 第五世代(、) ダンジョン内で拾えるが、今作ではからも一個貰う事が出来る。 今作から登場した新要素砂煙(洞窟ダンジョンのみ)でも確率は低いが入手することができ、さらにクリア後ののほとんどのエリアでピッピとルナトーンが同時に出現する(いずれも所持率は5パーセント)ので非常に入手しやすくなっている。 また、揺れる草むらでたまに出てくるも5パーセントの確率で所持している。 BW2では殿堂入り前でもジャイアントホールに行けるようになった。 HGSSと同条件でものひろいでも拾ってくることがある。 基本砂煙でしか入手できない進化の石の中では入手難度がぶっちぎりで低く、第一世代とは完全に価値が逆転してしまった。 入手し過ぎて大量に余ってしまった場合はの石マニアに売りつけてしまおう。 その他、ブラックの場合は一定の条件を満たしているとの市場でつきのいしを1万円で買う事が出来る。 これにより初めてつきのいしが店頭に並ぶ事となった。 第六世代(、) XYでは、新要素であるや裏のクリア特典としてもらえることがある。 ORASでは裏スパトレのクリア特典から外れているが、で仲間に得意技「いしザクザク」を使ってもらうことでランダムで入手できる。 また、・とのバトル後、流星の滝にピッピが出現するようになる上にサーチ機能でつきのいしを持っているかどうかも調べることが出来る。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の

やみのいし

ポケモンxy やみのいし

ページ:• 投稿者:とり。 コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:けーき• コメント 46 みんなの評価 :• 投稿者:もみじ• コメント 35 みんなの評価 :• 投稿者:桂歩王• コメント 53 みんなの評価 :• 投稿者:金田一• コメント 24 みんなの評価 :• 投稿者:ファイ• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:春巻き• コメント 7 みんなの評価 :• 投稿者:1244• コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:アニャックス うぇーい• コメント 49 みんなの評価 :• 投稿者:白猫• コメント 15 みんなの評価 :.

次の

ポケモンXYの自動レベル上げ・孵化・なつき度上げの方法

ポケモンxy やみのいし

データ 初出 第一世代 英名 Moon Stone 野生で持っているポケモン (第2世代~)、(第3世代~)、(第4世代)、(第5世代) つきのいしで進化するポケモン• 所謂 「」の一種。 のように黒く透き通った黒曜石のような見た目をしているが、 初代ではイラストが存在しなかったため漫画家やスタッフ独自の解釈で自由に描かれていた。 ではマーブル模様の角ばった石。 では白い型。 表面の抉れ具合は現在のものに似ている。 では作中ではつきのいしとはっきり言及されなかったが、それと思しきピッピを進化させる石がある。 この石は黒くて角ばっており、デザインは一番現在のつきのいしに近い。 から出来ているというオリジナル設定がある。 野生で持っているポケモンからも分かるように持っているポケモンは全てやが関係している。 ただしとは全く関係ない。 また、この石によって進化するポケモンはで登場するムーンボールで捕獲しやすくなっている(ムーンボール自体は第二世代から存在したが、バグにより普通のモンスターボールと効果が全く変わらなかった)。 初代の頃はニビシティの博物館に展示されていることからもわかる通り、元ネタはアポロ11号が持ち帰って来た「月の石」。 他の進化石に比べて若干仲間はずれっぽいネーミングなのはそれが理由である。 現在はたいようのいしと対になる関係になっており、仲間はずれからは脱した。 入手方法 第一世代() 初代では進化の石はタマムシデパートで2100円で買えたが、この石のみ買えなかった。 初代で入手できる個数は 1セーブデータにつき5個だけ(隠しアイテム含む)のため、どのポケモンに使うか慎重に考える必要があった。 第二世代() ダンジョン内で数個拾えるのは前作同様だが、この頃からポケモンに「もちもの」の概念が追加され、野生のポケモンが一定の確率でアイテムを持っているという要素が登場。 に生息するが8パーセントの確率で所持している他、毎週月曜深夜にお月見山で見れるピッピのダンスを見た後、その場所でを使う事で入手が出来る。 ちなみにネットもそこまで普及しておらず情報も少なかったこの時代、の分類が ポケモンだった事や同時期に丁度対になる「」と分類たいようポケモンのが登場した事もあって、 任天堂にあっさり釣られてをブラッキーにしようとつきのいしを使おうとした人は少なくないはず。 第三世代(、) ダンジョン内で拾えるが、ルビー・エメラルドではそれ以外に入手方法がなく、 1セーブデータにつき1個だけしか拾えない。 そのため通信環境が無いプレイヤーはホウエン図鑑のかのどちらかを諦めなければならない。 サファイアではダンジョン内で一個拾えるほか、野生のが5パーセントの確率で持っている。 FRLGは赤緑のリメイクなので当然いずれもお月見山のピッピが所持しているが確率は5パーセントに下がってしまった。 第四世代(、) ダンジョン内で拾えるが、この頃から入手方法が多様になってくる。 DPtではに生息するピッピが5パーセントの確率で持っているほか、じまんのうらにわでを出現させればピッピ同様5パーセントの確率で持っている。 さらにクリア後にサファイアとダブルスロットする事でテンガン山にてルナトーンが出現するため、そこでも5パーセントの確率で持っている。 さらに地下通路で壁を掘ることでも入手できる。 HGSSは金銀のリメイクなので、お月(ryだが、今回はピッピのダンスを見た後にいわくだきをしなくても入手可能になっている。 その他お金を主人公の家に貯金していると主人公の母が勝手に買ってくることがある。 殿堂入り後は虫取り大会の一等賞の景品でも入手できる事がある他、レベル41以上の持ちも拾ってくるようになった。 第五世代(、) ダンジョン内で拾えるが、今作ではからも一個貰う事が出来る。 今作から登場した新要素砂煙(洞窟ダンジョンのみ)でも確率は低いが入手することができ、さらにクリア後ののほとんどのエリアでピッピとルナトーンが同時に出現する(いずれも所持率は5パーセント)ので非常に入手しやすくなっている。 また、揺れる草むらでたまに出てくるも5パーセントの確率で所持している。 BW2では殿堂入り前でもジャイアントホールに行けるようになった。 HGSSと同条件でものひろいでも拾ってくることがある。 基本砂煙でしか入手できない進化の石の中では入手難度がぶっちぎりで低く、第一世代とは完全に価値が逆転してしまった。 入手し過ぎて大量に余ってしまった場合はの石マニアに売りつけてしまおう。 その他、ブラックの場合は一定の条件を満たしているとの市場でつきのいしを1万円で買う事が出来る。 これにより初めてつきのいしが店頭に並ぶ事となった。 第六世代(、) XYでは、新要素であるや裏のクリア特典としてもらえることがある。 ORASでは裏スパトレのクリア特典から外れているが、で仲間に得意技「いしザクザク」を使ってもらうことでランダムで入手できる。 また、・とのバトル後、流星の滝にピッピが出現するようになる上にサーチ機能でつきのいしを持っているかどうかも調べることが出来る。 関連タグ 関連記事 親記事.

次の