配水 用 ポリエチレン 管。 「高密度ポリエチレン管」「ダクタイル鋳鉄管」とは何か?

給水用ポリエチレン管(エスロハイパーAW)

配水 用 ポリエチレン 管

ダクタイル鋳鉄管とは まずは ダクタイル鋳鉄管がどのような管なのかということについて、言葉の意味から考えていくことにします。 ダクタイル(ductile)とは「 引き伸ばせる、延性の」「 柔軟な、しなやかな」という意味を持つ形容詞です。 鋳鉄とは鉄・炭素・ケイ素を含む合金のことです。 これら言葉の意味からもなんとなーく推測は可能かもしれませんが、 ダグタイル鋳鉄管とは、組織中の炭素を球状化することで、強度や延性を改良した金属管のことをいいます。 昔の鋳鉄管よりも靭性・耐久性が向上しているため、現在では広くこのダクタイル鋳鉄管が水道管として使用されています。 もちろん水道管に限らず、農業用水やガス管など、幅広く利用されています。 で、このダクタイル鋳鉄管を使用するメリット(長所)とデメリット(短所)についてですが、例のごとくWikipedia大先生によってわかりやすくまとめられていましたので、そちらのほうを引用させていただきます。 強度が強い。 強靭性あり。 衝撃に強い。 金属の中では腐食に強い。 電食(電気)による影響を受けにくい。 継手が伸縮性と可とう性を持っている。 施工性がよい。 重量が比較的重い。 耐腐食性はあまり無いため、土壌が腐食性の場合には外面防食が必要となる。 こんなところですね。 正直水道管としての能力は申し分ないのですが、数多くある長所以上に「 重量が重い」というのが大変なデメリットであると思います。 「比較的重い」との記述がありますが、当然金属製の管ですから、かなり重いです。 その「重い」という弱点を克服しているものが、次の項目に登場する高密度ポリエチレン管になります。 水道配水用ポリエチレン管(高密度ポリエチレン管)とは? 水道配水用ポリエチレン管は、高密度ポリエチレン管とも呼ばれ、軽量で、柔軟性や耐食性に優れた配水管です。 代表的メーカーとしてはセキスイやクボタなどの製品が世の中には多く出回っています。 特徴としては、 もちろん強度(耐衝撃性)、耐腐食性については鋳鉄管には劣りますが(追記: 耐食性に関してはPE管の方が優れているとのご指摘をいただきました)、なんといっても 軽いことが最大の強みです。 水道用に特化するのであればこのポリエチレン管のほうが施工性・重量ともに優れているため、広く使われています。 と、水道配水用ポリエチレン管自体の説明については以上になります。 これだけではちょっと短すぎるので、ここで「 ポリエチレン管」についても言及しておきましょう。 そもそも「 ポリエチレン」とは、プラスチック素材の中において最も原料価格が安く加工しやすい素材のひとつです。 スーパーのビニール袋とかタッパーとか、日常的に使われているプラスチック製品のほとんどがポリエチレン製と言っても良いでしょう。 で、そのポリエチレンにも色々な種類があって、より硬質で加工性に優れたものを「 高密度ポリエチレン」と呼びます。 そして、その 高密度ポリエチレンを原料とした管が、ポリエチレン管なのです。 実は、一口にポリエチレン管といっても、今回の 水道配水用ポリエチレン管もあれば、 ガス用ポリエチレン管、架橋ポリエチレン管など、またまたいくつか種類が分かれています。 架橋ポリエチレン管については、いずれ当サイトで詳しく解説していければと考えております。 配水管の施工 配水管は、原則として地中に埋設して敷設します。 やむをえず露出するような場合は、保温被覆した鋼管による保護管を支持金物などで固定します。 道路における配水管の埋設深さは、国道・県道においては1. 2m以上、市道・町道は0. 9m以上、そして歩道では0. 9m以上確保する必要があります。 建物の敷地内で車両が通過できる場合は原則0. 6m以上、車両の通過・侵入ができない場合は0. 45m以上の埋設深さを確保します。 なお、寒冷地の敷地内などでは0. 45mでは凍結する場合もありますので、状況に応じて各地の凍結深度により深く埋設します。 おわりに 今回は、上水水道管の代表格である「ダクタイル鋳鉄管」「高密度ポリエチレン管」について、極力わかりやすく説明してみたつもりです。 不明な点や間違っている点などございましたら、コメントにてご指摘いただけるとありがたいです。

次の

ポリエチレン管工具

配水 用 ポリエチレン 管

東日本大震災、熊本地震などで多くの被害を出した「給水装置」。 基幹管路や配水管路の耐震化が進む中、給水管路の耐震化は、今まであまり注目されていませんでした。 万が一の大地震の折、生活を守る水道管路については、末端の給水分岐部を含めた耐震化が理想的です。 特に病院、学校といった重要給水施設については、早急な耐震化が求められます。 また、人口減少の続くなか財源は限られています、これから更新していく施設には高い経済性と長寿命性のどちらも重要です。 積水化学は、こうした給水装置の管路として、給水用ポリエチレン管 給水ポリ・エスロハイパーAW と、EFプラグ付サドルによる「一体管路」をご提案いたします。 配水用ポリエチレン管 エスロハイパーJW とあわせ、安心・確実なEF 電気融着 接合による配水・給水ラインの融着一体化により、水道管路システムとして100年以上の長寿命化も実現します。 従来の給水管路よりも、より長寿命で、より耐震性に富み、より経済的な給水管路が実現できる時代です。 「きれいな水を、いつまでも。 」エスロハイパー給水青ポリ管は、これからも人々の、そして、水道事業の発展に大きく貢献します。 トピックス エスロハイパー現場リポート• 水道配水用ポリエチレン管(エスロハイパーJW ページへは下のバナーからアクセスいただけます エスロハイパーJW口径別価格表 給水用ポリエチレン管 給水青ポリ の特長 水道配水用ポリエチレン管と同じPE100グレードの青い水道管です。 耐震管に区分される配水用ポリエチレン管からは、EFプラグ付きサドル等により分岐部もEF接合 エレクトロフュージョン接合 により一体化が可能。 腐食の心配のある金属継手や、耐震性に懸念のあるネジ接合を行うことなく、給水用ポリエチレン管にEF接合が可能です。 阪神淡路大震災以降すべての大地震において、サドルや枝管に至るまで「地震動による被害はゼロ」の「ガス用ポリエチレン管」。 同じ分岐構造をもつ「ポリエチレン管路による配水・給水管路の一体化」は、今後の水道管路網のスタンダードとなっていきます。 また、給水用ポリエチレン管 エスロハイパーAW は、給水管路として普及している黒ポリ 1種二層管 とも同じJIS外径寸法を有しており、EF接続、耐震メカ継手による接続も可能です。 耐震性 サドル分岐部は横ずれだけでなく、振動やねじれに対しても「融着一体化」されているため安全です。 経済性 本管がポリエチレン管の場合、サドル部を含めて「オールPE化」が可能で、経済的です。 EFプラグ付サドル 不断水分岐も可能なEFプラグ付サドルは、高い耐震性と長寿命性を有します。 腐食しませんので、本管の寿命まで「本管を断水しての取替え」が不要。 万一、施工不良などで鞍の部分から漏水が発生したとしても、プラグを落として切断し、袋ジョイントによる不断水補修が可能です。 不断水での分水施工が可能。 融着一体化による高い耐震性。 腐食の心配なく本管同様長寿命。 空揉みにも対応、施工性大幅UP。 Oリングを採用し、漏れを防止。 緩みにも安心で、交換も可能。 ラインアップ• 給水一体化 採用事例 給水配水一体化事例写真集 下のバナーからダウンロードいただけます その他 製品紹介動画• 資料ダウンロード.

次の

ポリエチレン管の特性

配水 用 ポリエチレン 管

Contents• 配水用ポリエチレン管について調べてみました いまいちなじみがないのですが、地域によってはずいぶん前から 使用されている水道事業者もあるようです。 配水用ポリエチレン管は使えるのだろうか、記号は?規格は? 気になる部分もありますよね。 これらのことを わかる範囲でお伝えできればと思います。 ポリ管というとエリアによってはガス管の黄色いイメージがありますが、 材質は同じようですが、こちらは青色となるようです。 また、給水管分起用の専用のサドル付き分水栓も各メーカーから発売されています。 鋳鉄管よりも施工性は質量が低い分よさそうですし、 伸縮確可とう性も高そうです。 これに加えて海などの鉄管だと腐食しやすい土壌にも向いているようです。 採用している水道事業者では屋内も屋外も露出配管はNGだそうです。 日光などでの劣化はあまり強くないのかもしれません。 ほおんをきちんとすればできそうですが、なんともいえません。 ポリ管というと黒い色の二層管で、大きめの現場で仮設などでもみかけられるものがありますが、配水用ポリエチレン管とは 別のものです。 こちらは水道用ポリエチレン二層管(JIS K 6762)となるようです。 メーカーでは継ぎ手は当然各種販売していますし、講習会なども積極的に 行っているようです。 配水用ポリエチレン管の全体的な印象について 配水用ポリエチレン管の全体的な印象について 分岐用の穿孔機まで販売しているようですが、 鉄管でなじんだ業者から変更する場合は、部材から、教育から、道具まで入れ替えなので、 なかなか大きい水道事業者には受け入れられるには時間がかるのかもしれません。 ただし屋内では架橋のポリ管はまきもので一般的ですし、そこまで太くなければ施工性も 費用としても悪くない点は受け入れられているので、あとは 掘削よりの業者さんの道具と教育の部分の手数と費用をどう、だれが巻き取れるか という部分かもしれません。 鉄管もGXが発売されて、一般的になっていくのでしょうが、重さと費用と上記の部分が クリアになればこちらの管を採用する水道事業者もでてくる可能性もあります。 本当にところ変わればの世界なので、一概にはまったく言えませんが。 配水用ポリエチレン管の記号について 配水用ポリエチレン管の記号について 記号は PEとかでいいのではないでしょうか。 東京のガスの図面だとPEですね。 なんともいえませんが。 小田原だとHPPEと書くそうです。 いろいろですね、水道事業者基準と設備図面基準があるので、 なんともいえません。 水道事業者の図面の作成時は水道事業者に確認する必要があるでしょう 設備の図面の場合は既存のポリ二層管と分ける必要がありますね。

次の