福島 大学 附属 小学校。 福島大学附属小学校主幹教諭近野典男先生が文部科学大臣優秀教職員表彰を受賞!|福島大学

福島大学附属小学校とは

福島 大学 附属 小学校

「匿名希望」 さんのレポート 投稿日:2018年2月22日(Thu) この小学校の雰囲気 保護者は教育熱心で子どもも賢いと感じる子が多い。 受験があるため多くの家庭は対策をして入学しており、児童はある程度基礎学力あり、集団活動が落ち着いて出来ることを前提で入学している。 研究校なので変わった珍しい授業もあるが、児童達は意欲的に楽しみながら学んでいると感じる。 先生方も熱心に指導してくださるので、安心できる。 この小学校の良いところ、オススメポイント 先生方や保護者、児童が一体となっていることが様々な場面で感じられる。 学力だけでなく、コミュニケーション力や思いやりなど生きていくうえで必要な力を身に付けていると思う子が多く、子ども同士も良い刺激をし合っている。 参観の際などに先生方から、同じ学年、クラスの様子を詳しく聞く機会もあり、自分の子どもだけでなく、他の子どもの成… この小学校の学校行事 教科の一環として行われる行事が多く、どの行事も先生方が児童と一丸になって取り組んでいることが伝わってくる。 他校の様子がよく分からないので何とも言えないが、行事への保護者の参加率は高い。 スポーツフェスタの際は別だが、参観などは、軽装(ジーンズなど)で小学校に行く保護者は見かけない。 「匿名希望」 さんのレポート 投稿日:2010年11月12日(Fri) この小学校の雰囲気 校内も子ども達も明るく、いつも元気で笑い声が絶えない学校です。 この小学校の良いところ、オススメポイント 自主性を重んじているので、かなり自立した感じを受けます。 子どもたち主体で行う行事もかなり多いです。 縦割りのイベントも多いので、人数が多いのに皆仲が良いです。 何でも一生懸命に取り組む姿に感動を覚えます。 設備もかなり整っているので、学習環境は良いと思います。 この小学校の学校行事 秋に行われるスポーツフェスタ 運動会 は、子どもと先生が一丸となって戦います。 その後しばらく先生方の声はガラガラです 笑 いつも感動して帰ってきます。 「よりこまま」 さんのレポート 投稿日:2009年9月6日(Sun) この小学校の雰囲気 福島市内、全てから集まっているので、視野が広がり幅広い情報が聞けて良いです。 上級生が中心となって、計画し実行する事が多いので学年関係なく仲が良いです。 研究機関の学校なので30〜40歳代の先生が多いです。 定期的に学生が実習に来校するので活気があり明るい学校です。 この小学校の良いところ、オススメポイント 先生の人数に余裕があるので、細かく見てもらえる。 1月に1回は校外学習があり、実際に活動する授業が多いです。 イスに座って授業を受けるだけの内容ではなく体験型の授業が多ので、子ども達は集中し活動的になり授業を楽しんでいます。 この小学校の学校行事 熱心な方が多いので、ほとんどの方が授業参観に参加されます。 親が行けない時もあるので祖父母の姿も見かけます。 「匿名希望」 さんのレポート 投稿日:2009年9月5日(Sat) この小学校の雰囲気 明るくのびのびした雰囲気です。 校内のあちらこちらで子供の笑い声が聞こえてきたり、授業中は手をあげる子が多くて、授業に活気があります。 上級生が下級生を可愛がって面倒をよくみてくれます。 どの子供もみんな学校が大好きです。 この小学校の良いところ、オススメポイント 公立小学校に比べて授業に新しい試みが取り入れられています。 先生方が子供一人一人に熱心に接してくれて、下校の時などは、校門の所で子供一人一人にハイタッチで見送ってくれます。 この小学校の学校行事 年に一度、先生方の日頃の研究を成果を発表する『研究公開』があり、公開授業を見るために他県から学校職員の方がやってきます。 研究公開は、保護者や近隣住民の方も見ることが出来ます。 一年生の時にある給食試食会は、保護者の参加率100%で、保護者の熱心さが伝わっていきます。

次の

福島大学附属小学校(福島県福島市)

福島 大学 附属 小学校

こんにちは。 小6女子です。 福島県にある「福島大学附属中学校」を受験しようと思います。 私は学年女子の中でトータル3~4番目くらいの成績です。 1~3位の子は同じく附属を受験するといっていました。 私は1年生のときから勉強は嫌いではなく母も塾の講師でしたので母に勉強を教えてもらっていました。 (今は離婚して父に引き取られました) 塾には通っていなくスマイルゼミというタブレット講座と自学で頑張っています。 今の状態では入れるでしょうか?得意科目は国語、社会、算数です。 附属に決めたのも9月の頭なので受かるかどうかとても心配です。 附属中はどれくらい勉強できれば入れますか? また、附属中の様子について知っている方がいましたらコメントお願いします。

次の

福島大学附属特別支援学校

福島 大学 附属 小学校

沿革 [編集 ]• - 現在の福島第一小学校地内に創設• 6月 - 福島市舟場町11に新校舎竣工移転• - 福島大学学芸学部附属小学校と改称• - 現在地である新浜町に移転• - 福島大学教育学部附属小学校と改称• - 創立100周年• - 福島大学附属小学校と改称 概要 [編集 ]• 校舎は北校舎と南校舎に分けられる。 南校舎に1階から1、2、6年生が、北校舎に3、4、5年生が入る。 南校舎より北校舎のほうが新しく、(平成8年)に竣功。 クラスの廊下側の壁を扉として開放できる構造とし、廊下の代わりとしてを設け学年活動をしやすくするという当時としては革新的な構造が注目された。 屋上運動場も備えている。 校章は葵。 数々の学校行事の名称にも用いられる。 校舎の周りにも葵の花が多く植えてある。 運動会は『あおいスポーツフェスタ』という行事で、各クラス毎、4チームに分かれる。 緑、黄色、青、赤と帽子(1,2年)やハチマキ(3~6年)で色分けされ、各競技で得たポイントの合計で競われた。 単純な競技ではなく、様々な要素が複合的に組み合わせられた趣向を凝らした競技が行われる。 附属学校であり学区が広いことを利用し、「地区あおい家族」という制度があることが特筆される。 これは、児童の住む地域ごとに生徒全員を学年に関係なくいくつかの縦割りの班に分け、上級生が中心となり学年を超えた交流を持つもので、特別授業などでは班ごとに地域の施設などで活動することもある。 ちなみに学区は公共交通機関を使い1時間以内程度と決まっている。 『あおい家族』という制度があり、1年生を迎える「ようこそ一年生」や6年生を送り出す「ありがとう六年生」が開催される。 また、A~Q班に分けられ、各班2〜4人程度同級生がいる。 宿題がほとんど無い。 教諭によっては生徒に自主的に何をするべきか考えさせて自主勉強ということで提出させる場合もある。 大半の生徒が福島大学附属中学校に入学試験を受け進学する。 当学区の他校に先駆けて環境ホルモンに配慮した食器が給食で使われた。 部活動は、陸上部・合奏部 管弦楽 ・合唱部のみ。 だが、水曜日の6校時目に、夏と秋にクラブ活動がある。 4から6年生の宿泊を伴う校外学習は、年度ごとの担当教師により差があまたで4,5年生のときに例年より遠方に向かうと、修学旅行は例年より近場になる場合もある。 学習発表会の代わりに『うたはともだち』 通称うたとも という歌の発表会がある。 2006年度より入学定員が、160名から120名へ減員された(30人学級の実施)。 それに伴い、2008年度より120名定員の学年が3年生になった時点で、4クラスから3クラス編成へとクラス数が一学級減となった。 「あおい家族」ごとに競って行われるスポーツ大会が毎年行われていたが、2009年にはゆめゆめあおいフェスティバルという文化祭に近いものが行われた。 次年度からは行われなかったが、6年生を中心に開催し劇などで全校生を楽しませた。 5年からピラミッドという問題集が出される。 5年は国語と算数だけだが、6年からは社会と理科も追加される。 2019年度から、ピラミッドドリルというピラミッドよりも問題量が少ない問題集に変わった。 近年増加傾向にある不登校などの対策の一環として、ホットルームと呼ばれる相談室のようなものがある。 ごく僅かだが、一部の生徒はホットルームに登校することもある。 交通アクセス [編集 ]• ・・から約20分• 福島交通路線バス• 市内循環1コースで「附属小学校前」下車、すぐ 著名な出身者 [編集 ]• (作曲家)• (作・編曲家ギタリスト・元girl next door) 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]•

次の