清掃 員 仕事。 清掃員は商業施設やホテルなどをキレイにしてくれる!その詳しい仕事内容や魅力とは│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

特殊清掃員の給与や待遇、実際どうなの?

清掃 員 仕事

清掃員の仕事内容が気になる! 公務員の清掃作業員 公務員である清掃作業員の仕事内容は、家庭で発生する生ごみや商品の廃棄物を集めるゴミ収集をすることです。 ゴミ収集員になるために特別な資格などは必要ありませんが、普通免許が必要な場合があります。 ゴミ収集員は、就業時間が短く、給料が安定しているので人気がある仕事です。 しかし肉体労働であり、どんなに悪天候でも働かなくてはなりません。 その他の公務員の清掃作業員の仕事には、し尿や動物の死体の処理をすることや、道路の清掃作業などがあります。 それぞれの自治体に適した、さまざまな仕事内容があります。 公務員なので競争率は年々高まってきており、定着率も高い仕事です。 ビルや商業施設の清掃員 ビルや商業施設の清掃員の仕事は、主に建物の中と外の清掃に分けられます。 建物の中の清掃作業には、床や天井、照明器具やトイレの清掃、観葉植物の水やり、ゴミ捨てなどが挙げられます。 担当をする場所によって仕事内容はさまざまです。 例えば、不特定多数の人が利用するオフィスや施設であれば、利用者を待たせないように急ぐ必要があります。 商業施設では、床に落ちているゴミはすぐに拾うなど、常にきれいな状態に保てるよう心がけています。 病院での清掃業務もあります。 手術室の清掃など特別なものから、トイレや床の清掃まで内容はさまざまです。 院内は空調が効いているので、快適に仕事をこなせることがメリットでしょう。 建物外の作業には、窓や外壁、屋上の清掃などが挙げられます。 高層ビルの窓ふきは、危険が伴うため専門職になりますが、経験を積めば高収入を得ることができます。 清掃の中には毎日清掃をする「 日常清掃」と、休館日等に清掃をする「 定期清掃」に分かれています。 日常清掃は、日々利用することの多い場所を主に清掃します。 日常清掃により、共有スペースや仕事場をきれいに保ち、気持ちよく過ごすことができます。 定期清掃は、日常清掃ではできない場所や、時間が経つと共に汚れてしまう場所を清掃します。 例えばカーペットやエアコン、蛍光灯の清掃などが挙げられます。 特に必要な資格などはありませんが、協同作業をすることもあるので協調性があることや、こまめな人が望まれるでしょう。 また、仕事のスタイルはさまざまです。 ビル会社に直接雇用されて毎回同じ所を清掃することもありますし、毎回違う場所に派遣され、作業内容もその時によって変わる場合もあります。 自分の性格に合ったスタイルを選ぶとよいでしょう。 ホテルの客室清掃員 ホテルの清掃員の仕事内容は、床の清掃だけではありません。 ベッドメイキングやシャンプー、タオルなど備品の補充といったさまざまな仕事があります。 チェックアウトとチェックインの間の決められた時間で作業をしなければならないため、複数の作業をテキパキこなす必要があります。 その間は立ちっぱなしであったり、中腰の状態での作業が多くなったりするので、ある程度の体力が必要といえるでしょう。 ホテルのグレードや立地によって、繁忙期が異なってきます。 繁忙期には出勤を多く求められることがあります。 また、ホテルの清掃は基本的にペアで行ないますので、うまく連携をしてサポートし合う必要があり、チームワークの大切さを学ぶことができます。 先輩の姿を見て自分なりに学び、効率のよい清掃のやり方を見つけましょう。 年齢層は非常に幅が広いので、色々な年代の人と関わることができ、気の合う人が見つかるいい機会になるかもしれません。 高いレベルの清掃が求められるため、初めは時間内に終わらせることが厳しいかもしれません。 しかし、コツをつかめば素早く清掃を行なうことができるようになりますし、慣れてくると清掃後の部屋を見た時に達成感を味わうことができるでしょう。 それが次のモチベーションへと繋がります。 清掃員で正社員になれる? 清掃業は学歴や資格などが求められないケースが多いので、誰でも正社員になれるチャンスがあります。 フリーターやアルバイト経験しかなくても、正社員として採用されやすいでしょう。 公務員には年齢制限がありますが、その他の清掃業では厳しい年齢制限はないケースが多いです。 清掃員の求人は多い? 清掃業は常にニーズがある仕事なので、求人数は安定しています。 研修制度を充実させて、 未経験者を積極的に採用している企業も数多くあります。 清掃員のメリットとデメリットとは? 清掃員のメリットは?• 経験がなくても採用されやすい 清掃員の求人は、特別な資格がいらないため未経験でも採用してもらえることが多いです。 清掃員としての経験がなくても採用されやすくなっています。• 接客が苦手でもできる 清掃員は、多くの人とコミュニケーションを取る機会は少なく、黙々と作業をすることが多い仕事です。 一日中一人で作業をすることもあります。 そのため、接客をするのが苦手という人でもできる仕事がたくさんあります。 コツコツと一つの作業を続けることが苦にならない人に向いている仕事です。• 時間に融通が効くので、副業やバイトがやりやすい 清掃員の仕事は、 1日2~3時間や 週に2~3日など、短時間から働ける場合が多いので、副業やバイトがやりやすいことがメリットの1つです。 平日の日中であれば主婦でも働きやすいですし、土日や深夜のバイトであれば副業もできます。 また、短期や単発の仕事もあるので、いきなり長期間は不安だと考えている人にはおすすめです。 清掃員のデメリットとは?• 給料が低い 一番のデメリットは、 給料が低いことです。 給料が低いので、若い人の離職率も高くなっています。 何年か続けても、昇給しにくいこともデメリットです。• 体力的に厳しい 重い器具を運ばなければならなかったり、同じ姿勢を取り続けたりすることで、体力的に厳しい場面があります。 エレベーターが無いビルだと階段を使わなければならないので、ある程度の体力は必要になってきます。 清掃員の魅力とは? 私生活にも活かせる 清掃員での仕事を通して、どんな洗剤や道具を使ったら汚れが取れるかなど、清掃に関してのスキルや知識を身に付けることができます。 このスキルを身につければ、毎日の家の掃除にも役に立つでしょう。 また、清掃員は掃除だけではなく、整理整頓をする場面も多いです。 散らかったものを正しく整えているうちに整理整頓をする癖がつき、日常生活にも良い影響が出るかもしれません。 お客様に感謝される 清掃は誰しもが必ず必要としている仕事です。 しかし、自らが率先して掃除を行える人は少ないのではないでしょうか。 そのため、お客様から感謝されやすいことも魅力の一つです。 ホテルの客室清掃では、廊下などですれ違う際にお礼を言われることもあるでしょう。 このように直接感謝をされるとやりがいが感じられ、モチベーションのアップにも繋がります。 清掃に関する資格ってどんな資格があるの? 建築物環境衛生管理技術者 建築物環境衛生管理技術者とは、建物を衛生的に、また安全に使いやすいように管理する業務を行なう国家資格です。 「 ビル管理技術者」とも呼ばれています。 不特定多数の人が集まる3,000平方メートル以上の商業施設やオフィスビルなどで、選任義務があります。 ビル全体の設備管理の監督を行なうことが主な仕事です。 具体的には、清掃業者や害虫などの駆除業者に作業や点検を依頼し、監督することなどが挙げられます。 建物に出入りする清掃会社などと交渉をすることもあるので、コミュニケーション能力が必要になります。 建築物環境衛生管理技術者になるには、実務経験を2年以上積んで試験に合格をするか、講習を受けなければなりません。 ビルクリーニング技能士 ビルクリーニング技能士は、ビルの所有者から委託を受けたビルクリーニング作業に必要な技能を持った人のことです。 3級のレベルを一人前として定めています。 1級、2級、3級、基礎1級、基礎2級の5段階の級があり、学科と実技の両方の試験に合格する必要があります。 中心のこちらも国家資格なので、資格を取ってキャリアアップをしたり、昇給に繋げることができる可能性もあります。 清掃作業監督者 ビルのクリーニング業務の総括を行なう人です。 こちらも国家資格で、ビルクリーニングに関わる試験に合格をしているか、建築物環境衛生管理技術者の資格を持っていることが受験資格になります。 また、清掃員の正社員としての実務経験も必要です。 この資格は試験がなく、講習会に参加すれば取得することができます。 清掃員は英語が話せた方がいいの? 清掃の仕事自体に、英語はあまり必要ではないかもしれません。 しかし、比較的外国人の方が多く泊まるようなホテルの清掃員の場合、外国のお客様から通りすがりに英語で質問をされたりするケースはあり得ます。 そのような時にとっさに対応できる様、基本的なアメニティの名前やホテル内の施設、接客フレーズ等は覚えておいた方がよいでしょう。 警備員の詳細はこちら! 清掃員の仕事は日常にも活かせる魅力的な仕事 清掃員は、体力も必要で大変なことも多い仕事です。 しかし、きれいに清掃をすることでお客様に喜んでもらえ、非常にやりがいも感じることができます。 また、清掃の仕方を覚えるのでプライベートにも活かすことができます。 掃除のコツを覚えれば、家族にも喜んでもらえるかもしれません。 清掃スキルだけでなく、整理整頓が得意になったり、細かい所に気がつけるようになったりするでしょう。 慣れるまでは、覚えることもたくさんあり体力的にも大変かもしれませんが、頑張れば腕を上げることができますし、資格を取ってキャリアアップをすることもできます。 得られるものもたくさんあり、時間の融通も効きやすいので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

次の

清掃員は商業施設やホテルなどをキレイにしてくれる!その詳しい仕事内容や魅力とは│ホプラス|女性の資格・転職・就職・キャリアアップをサポートするメディア

清掃 員 仕事

代表的なのがハウスクリーニングやビルの清掃です。 ハウスクリーニングでは個人宅に出向いて清掃します。 床や窓、キッチン、トイレなどをきれいにするだけでなく、ゴミ出しまで行います。 一方、ビルの清掃では、室内はもちろん、エレベーター、食堂、喫煙所などを担当します。 基本的にポリッシャーという回転式の機械を使って清掃するので、体力が消耗しにくいです。 その他、清掃員の仕事内容は場所によって大きく異なります。 例えば、新幹線の清掃です。 終着駅で待機し、折り返しのタイミングで車内の座席拭きやごみの回収を行います。 ダイヤを乱さないためにも手早く作業を進めなくてはなりません。 同様に、時間の制約がある清掃場所としてコンサート会場があげられます。 大型ドームなどの場合、客席が広いため、通常の清掃と比べて長時間を要します。 その他、公園、映画館、ホテルなど清掃場所はさまざま。 それぞれの仕事内容を理解したうえで応募することが大切です。 この仕事は、未経験者でもバイトに応募できるところがほとんどです。 そのため、働き始めて経験を積む中で、清掃のスキルを身につけることができます。 また、採用先によっては、普通自動車運転免許が必須になる場合があります。 清掃を行う際には、清掃現場の管理者や、採用先の会社のマニュアルに沿って丁寧に業務を行う能力が求められます。 店舗やオフィスなどの室内清掃の場合には、ものを壊したり配置を変えてしまったりしないよう配慮しながら業務を行える几帳面な人が向いています。 また、細かい部分にまで目を向け、汚れに気付いたりできるような気配りも大切といえるでしょう。 高層ビルの清掃を行う会社でのバイトを希望する場合には、ビルクリーニング技師の資格をもっていると優遇されることがあります。 さらに、建築物清掃管理評価資格者やビル整備管理技能士、病院清掃委託責任者などの資格を有していると、幅広い清掃業務に対応できるようになります。 働く場所として、オフィスや工場等の仕事場があります。 ホテルやスーパー、遊園地や水族館等のアミューズメント施設に配置される事も。 さらに個人の家等、多岐に渡ります。 働くメリットは、深夜帯の場合、時給が高くなる所もあることです。 技術力が高ければそれ以上の時給を貰えるケースもあります。 さらに、清掃のお仕事は、日常生活でも役立ちます。 家の掃除をする時にどうすれば綺麗になるのか等の知識を得られるでしょう。 例えば洗剤を使う時、汚れに対してどんな成分が配合された薬品なら効果があるのか正確な判断ができます。 効率的な清掃方法等が身につくでしょう。 一般の人が掃除をするより部屋や家を綺麗にできます。 何処が汚れやすいのか等、一般人では気づかないような所にも注意がいくようになるでしょう。 綺麗好きの方にとっては嬉しい技術を身につけられるのも魅力。 頑固な汚れが取れた時の達成感は大きいです。 仕事内容に変化がほぼ無いのもポイント。 業務に慣れさえすれば楽です。 清掃をして気持ち良く過ごせる環境作りに貢献できます。 ビルや駅、トイレなどを使う人に気持ちよく使ってもらうために黙々と掃除をする清掃員。 床や窓、洗面所やトイレなどを掃いたり拭いたりすることが一般的な仕事内容になります。 このような清掃作業も場所によって環境がことなります。 ホテルやオフィスなど大規模なところから、個人の家まで規模も様々あります。 また新幹線や電車、病院や商業施設で働くこともあります。 働く場所によって、仕事内容も異なりますし、使う道具や薬品も異なってきます。 またこれらの勤務先によって勤務時間や日数も異なってきます。 オフィスビルや商業施設は人がいない時間帯に仕事をするため、深夜や早朝の仕事が中心になります。 また、土日に勤務できる人は優遇されることもあります。 体を動かす仕事ですし、清掃道具を持ったり運んだりすることもありますので、体力に自信がある人が向いていると言えます。 服装は制服があることが多いですし、一人で仕事をすることが多いので自由に働ける環境です。 清掃員バイト みんなの体験談!実際に働いてみてどーだった!? 仕事をする前は、あまり人と接しないイメージがありましたが、実際はいろいろな方と接する機会があり、すれ違うときに挨拶をしたり世間話をするぐらい親しくしてもらいました。 たまに「いつもありがとう」と声を掛けられることがあり、やりがいに繋がりました。 夏場は空調が利いていない現場もあり汗だくになりながら仕事をすることもありましたが、忍耐力がつきました。 作業手順を覚えるまではばたばたして大変でしたが、先輩が丁寧に教えてくれたので早い段階で、1人で仕事を進められるまでになりました。 また、掃除の際に役立つ情報を教えてもらえたので、今でも実生活で役立っています。 黙々と作業をしたい方にオススメの仕事です。 私が経験したのは、ホテル客室の清掃のパートで、実際に仕事をするようになって、今までは知らなかった鏡や水道の蛇口の磨き方、タイルのカビの取り方などプロのテクニックを知ることができたので良かったです。 中でも、苦手だったバスルームの掃除は、とても手際よく作業することができ、今では一番得意な場所となっています。 決まった時間までに終わらせるため、体力的にきつく感じることもありましたが、プロの掃除スキルを身に着けることができ、短時間で掃除を終わらせることが出来るようになったので良かったです。 そこで、押さえておきたいのが、次の3つのポイントです。 1、職場の先輩方にしっかりついて清掃の基本を教わること。 丁寧ながらも効率よく掃除できる方法やテクニックを、先輩方は熟知しているはずです。 初めから、しっかりと清掃の基本や注意点を教えてもらい学んでおきましょう。 2、分からないことはすぐに聞くこと。 清掃の仕方で疑問や分からないことがあったら、最初のうちに尋ねておきましょう。 間違った方法や自分の判断で清掃を進めてしまうと、後でやり直しさせられて他の人にも迷惑をかけてしまうかもしれません。 3、率先して仕事を多めに行うよう心掛けること。 清掃はチームになって複数人で進めていくことがあります。 時間にも制限があり、手早くきれいに掃除することが求められます。 率先してどんどん量をこなすようにし、協力し合うことが大切です。 しつこい汚れもキレイにすれば快感に! 清掃員のお仕事は、意外と大変な一面もあります。 まず、体力の要る仕事が多い、ということです。 重い掃除用具を使ったり、ごしごし洗ったり磨いたりするには、かなりの力がいるため、エネルギーを要する仕事です。 また深夜や早朝などの人の少ない時間に清掃を行うことが多いので、生活リズムを調整することも慣れるまで大変かもしれません。 そして、掃除をする、ということは働く場所がかなり汚れている場合もあるということです。 また清掃用の洗剤や液体は大抵の場合、家庭用より強力なので、肌が敏感で弱い人には刺激が強いこともあります。 それでも掃除することで、とても汚かった場所が見違えるようにピカピカになるのを見るのは嬉しくて気持ちがいい、と言う清掃員の声も多数あります。 時間内にきれいに掃除し終えることで、やりがいや深い達成感を感じることができます。 きれい好きが集まる職場! 清掃員は基本的に掃除が仕事内容になるので、きれい好きや掃除が好きといった人が志望するようです。 とにかく何かをきれいにしたいと言う人にはもってこいの職場でしょう。 汚れていた場所を自分できれいにしたという達成感が味わえます。 また、清掃員は人と話すことが少ないので、一人で黙々仕事をしたい、人見知りでコミュニケーションをとるのが苦手という人にも最適です。 勤務時間が一日4~5時間とシフト制なので、ダブルワークをしたい人も多く働いています。 その中でも、若い年代の応募が少なく、比較的年齢が高い人が志望する傾向があるようです。 短時間の勤務を希望する40代から60代の人が中心になることの多い職場です。 主婦として毎日掃除を行う経験を活かし、清掃によって人に喜んでもらったり、気配りのある掃除が得意という方もいらっしゃいます。 清掃員バイト あなたの面接力を倍増!?3つのポイント 面接に行く時の服装は、派手な服装でなければ問題ありません。 なるべく清潔感があり、全体的にシンプルな色合いの服装を選んでいきましょう。 NGな服装の例としては、穴の空いた加工のされているジーンズやヨレヨレの服装などですが、見た目がだらしないと思う服装を避けていけば特に問題視されることはありません。 第一印象を良くしたい場合は、清掃業に合った動きやすい服装で臨むのもいいでしょう。 女性の場合は、面接の際にスカート系ではなくパンツスタイルなどの動きやすい服装で面接に行くと、仕事においてもきびきびと動いてくれそうな印象を面接担当者に与えることができます。 長すぎる髪は後ろにまとめるなどして邪魔にならないように整えておいたり、かかとの高い靴を避けるなど、この人はよく働いてくれそうだという印象を見た目で演出するようにできれば、倍率の高い応募の場合には他の面接者と比べて印象に残ることができるでしょう。 面接での振る舞いとして、基本的な姿勢としては他のアルバイトの面接とも共通しているところが多いです。 面接会場には、少なくとも10分前には到着するように心がけましょう。 コートなどの上着類は脱いでおき、携帯電話は電源を切っておきます(マナーモードでもバイブ音が邪魔になるため)。 面接室に入る時にはドアを2~3回ノックし、「失礼します」と一言いってから入室しましょう。 挨拶の時は「よろしくお願いします」と30度ほどの角度でお辞儀をし、「どうぞ」と声をかけられたら椅子に座るようにします。 面接官からの質問には、相手の目を見てはっきりと端的に答え、適度に相槌を打ちながら進めていくと良いです。 終わった後にはお礼の言葉と共に一礼して、ドアの前で「失礼します」の一言を言って退室します。 面接時には、落ち着いた雰囲気を出すように心がけ、足を組んだり手遊びなどをしないように心がけましょう。 清掃員のアルバイトの面接の際は、ハキハキと元気な印象を与えるような声を出すのがポイントです。 面接官からの質問に対しては、なるべく端的にわかりやすく答えるのは他のアルバイトの面接においても共通していることですが、清掃業は経験が問われないので、第一印象がとても重要な採用の決め手になります。 声の張り方一つとっても、元気な印象を与える方が面接担当者にも好印象になる要素なので、笑顔で丁寧な受け答えができればより良い印象を与えられるでしょう。 気をつけなければならないのは、面接官からの質問に対してネガティブな要素を含む返答をしなければならないときです。 前職の退職理由や、職務経歴書の内容についての説明時には、特に注意が必要です。 採用側としては長期雇用を前提としているので、短期で退職している場合には退職理由を聞かれる場合があります。 その際に上手い返答を返せるようにしておかなければ、面接官に不安を与えてしまうので注意しましょう。

次の

清掃員・掃除、シニア(60代~)歓迎のバイト・アルバイト・パートの求人情報|【バイトル】で仕事探し

清掃 員 仕事

目次(Index)• 特殊清掃員の給与や待遇についてお調べですか? コバエが飛び交う部屋に、鼻につく強烈な腐敗臭。 血液や体液が染み込んだ畳や床。 特殊掃除の仕事では避けては通れない光景です。 「グロテスク」「精神的に過酷そう」特殊清掃員の仕事にはそんなイメージを持つ方が多いでしょう。 そもそも、「特殊清掃員ってなに?」というのが、一般人の反応となるくらいに、あまり表に出てこない仕事でもあります。 さて、そんな特殊清掃員というお仕事。 実際の給与や待遇はどうなっているのでしょうか?予想に反して安いのか?予想以上に高いのか?待遇は良いのか?悪いのか?この記事では、特殊清掃員の仕事に興味がある方に向けて、特殊清掃員の給与や待遇についてご紹介します。 特殊清掃とは? まず「特殊清掃」についてご説明します。 特殊清掃とは、孤独死や事故死、自殺や殺人現場になってしまった部屋を原状復帰させるお仕事です。 たとえば、マンションの一室で遺体から発声する死体臭が充満していたら、一生その部屋にはだれも住めなくなりますよね。 そのため、部屋を原状復帰させるべく、部屋を綺麗にする必要があるのです。 しかし、遺体から流れる血液や体液は、普通に雑巾がけしても落とせません。 見た目の汚れを落とせたとしても、鼻につく強烈な死臭を落とすことは不可能です。 また、ウイルス感染の恐れもあります。 うっかり血液や体液に素手で触れてしまうと、B型肝炎などの感染症を引き起こすケースもあります。 そのため、一般人がうかつに手を出すのは大変危険な行為といえます。 特殊清掃では、そういった一般市民では落とせない汚れや処理できない臭いを、元の状態まで回復させます。 専門技術をもちろん必要になりますし、凄惨な現場においても適切な対応が求められます。 ハエやゴキブリが入り乱れる部屋、血液や体液が染み込んだ畳やフローリングなど、自身の死生観が揺さぶられるような光景が広がっています。 初めての現場では、震えているだけだったり、泣き出したりする人もいます。 特殊清掃の現場では、そういった状況にも耐えられる「精神的なタフさ」が要求されます。 特殊清掃の具体的な仕事内容 次に、特殊清掃が行う作業内容について簡単にご説明します。 (詳しい) 業務内容が給与や待遇に見合うか判断する上において、確認すべき項目でしょう。 害虫駆除 遺体は、夏場では2日から3日、冬場でも一週間程度で腐敗が進行します。 遺体で細菌が繁殖するからです。 腐った遺体からは腐敗体液が流れ、強烈な死臭を発生させます。 死臭は「ハエ」や「ゴキブリ」といった害虫が大量に発生します。 害虫を駆除してから作業をしないと、腐敗した体液が部屋中に拡散したり、害虫が隣の部屋へ逃げ込んだりしてしまいます。 そのため、最初に害虫駆除を行う必要があるのです。 死臭元の撤去 次に死臭元を撤去します。 作業者の靴底に腐敗体液が付着する可能性があり、作業自体を困難にさせる可能性があるからです。 主な死臭元は布団ですが、床やフローリングにまで腐敗臭が染み付いている場合があります。 腐敗体液の除去 撤去できないフローリングに染み付いた体液は、ブラシや雑巾で可能な限り除去します。 血液や体液が身体に触れないように、最善の注意を払う必要があります。 特殊な消臭剤と消毒剤の使用 特殊清掃専用に開発された消臭剤や消毒剤を死臭元、死臭元周辺に使用します。 ブラシや雑巾で落としきれなかった臭いを落とし、滅菌します。 もちろん、フローリングや床下まで浸透した体液は落ちない場合があります。 その際は依頼主に施工工事を勧める形になります。 遺品整理作業 死臭元の対応をして終わりではありません。 部屋には臭いが残っています。 死臭は部屋にあるソファやカーテン、衣服などのさまざまな遺品に染み込んでいるからです。 部屋に残っている遺品を整理して、搬出し、処分をします。 細かな清掃 死臭が染み付いているのは遺品だけではありません。 部屋に存在するホコリや汚れにも死臭は付いています。 そのため、最後の仕上げとして、本格的なルームクリーニングで部屋を綺麗に掃除する必要があるのです。 線香をたく 亡くなった方に、花をたむけ、線香を焚きます。 亡くなった方の供養まで行うのが、特殊清掃の仕事になります。 特殊清掃員の給与や待遇の実態 MEMO 事件現場特殊清掃員という仕事が高収入だった頃は、業者の数もまだまだ少ない状態でした。 この特殊清掃員の希少性があったからこそ、給与や待遇が他業種の平均年収を多く上回っていました。 2008年頃までは給料相場50〜60万以上が通常だったそうです。 しかし、状況は変化しました。 かつては対応できる企業が少なかったが、次第に全国的に業者の数が増加するようになりました。 そのため、特殊清掃員の希少性が下がり、給与や待遇も同様に下がっていきました。 今では、他業種と比較しても若干高いといったところ。 給料相場20〜35万以上がとったところです。 待遇についてですが、24時間対応の企業が増えているため、早朝や深夜問わず、出勤する可能性が高いです。 夜中の出勤は特に精神的にも熾烈な仕事になります。 人が死んだり、発見されたりするタイミングは、コントロールができないからです。 また、細菌に感染しないように完全防備の状態で清掃を行います。 そのため、夏場は脱水症状になる人も少なくありません。 基本的に作業現場は風通しが悪いです。 外部に害虫や悪臭を漏らすわけにはいかないため、サウナ状態のなかで体液による死体臭と汚物と格闘する必要があります。 肉体的にもかなりハードと言えますね。 中には、作業に使う服や靴を自費で購入しなくてはいけない場合もあります。 これは所属する企業によりますが、毎回買い換えるのは大きな出費ですね。 作業した服や靴には死体臭が染み付いています。 もちろん、洗濯すれば臭いが消えることもありますが、一度洗っても、二度洗っても臭いが落ちないこともあります。 待遇という面から少し逸れますが、世間からの目を気にする方が多いという現状も知っておくべきです。 特殊清掃員の人は、自身の仕事について公言していません。 一般的に知られていないこともあり、ネガティブなイメージを持たれる可能性があるからです。 特殊清掃員の仕事は「誰かがやらなくてはいけない仕事」であることは間違いありません。 法律に触れるようなグレーな仕事でも無いですが、公にはしたくないという方が多いのが現実です。 特殊清掃員という仕事は、一昔前であれば「お金をたくさん稼ぎたい」という理由で始められたかもしれません、しかし、今ではお金を稼ぎたいという気持ちでは、始められない仕事になっています。 特殊清掃で最も懸念されるのは悪臭 注意特殊清掃員になるうえで、1番過酷なものはグロテスクな光景ではなく、遺体から発せっれる死臭です。 鼻を突き刺し、脳に直接刺激を与えるような、激しい臭いが現場に充満しています。 この悪臭とどう付き合っていくかが重要であることは間違いありません。 どんなに防備していても、髪の毛や爪のすき間など死臭が身体に染み付いてしまいます。 臭いのあまり、仕事終わりにふらっとコンビニによることも、はばかられるケースもあるようです。 また、風呂に入って丁寧に身体を洗ったとしても、髪の毛や爪などにどうしても死臭が残ることもあります。 食事時や就寝時になると、どうしても死臭を感じてしまうようです。 中には、幻臭に苦しむ方もいるようです。 強烈な死臭は、その臭いを脳に深く刻みこんでしまうのです。 自分だけの問題であれば「まだ耐えられる!」とする人もいるかもしれませんが、家族がいる場合は異なります。 臭いに対する家族の理解が必要不可欠となるでしょう。 特殊清掃員は誰かがやらなくてはならない仕事 アメリカのドキュメンタリーで「世界で最も悲哀に満ちた仕事」として、日本の孤独死現場の特殊清掃が取り上げられました。 高齢化社会が進む日本では、孤独死で1人静かに死を迎えている人は年間3万人にのぼっています。 内閣府の調査によると、1980年の一人暮らしの高齢者の数は400万人に対し、2010年に約700万人と約2倍にまで数が膨らんでいます。 2035年には約850万人にまで増加する見込みです。 また、子どもとの同居率は1980年では7割を超えていたが、2012年には約4割にまで減少中。 つまり、孤独死を迎える人々がこれからさらに増加する確率は極めて高いと言えます。 それに伴い、特殊清掃員が必要となる機会がより増えていくことでしょう。 今まで見てきたとおり、特殊清掃員という仕事は決して楽に稼げる仕事ではありません。 しかし、間違いなく誰かが必要としている仕事であり、今後の需要の伸びも予測できます。 そのため、今後の特殊清掃員の給与や待遇な変化も十分に考えられますね。 また社会的な認知も広まれば、世間の目を過度に気にする必要が無くなり、仕事もしやすい環境が作られていくのかもしれません。 あなたは特殊清掃員の仕事、そして給与や待遇についてどのように感じましたか?最後になりますが、部屋を綺麗にしたあとは、必ずといっていいほど、親族や大家から感謝されます。

次の