毛穴詰まり 白ニキビ。 ニキビを1日でも早く治す方法!医師に聞いた正しいケアって?

白ニキビって皮膚科ではどんな治療をしてくれる?

毛穴詰まり 白ニキビ

目次だよ• 白ニキビは皮膚科で治療できる! 白ニキビってどんな状態? 毛穴が詰まり、 アクネ菌が繁殖してできるニキビ。 ニキビにはいくつか段階がありますが、炎症を起こして赤くなる手前の毛穴が詰まった状態を白ニキビといいます。 専門用語では「コメド」や「閉鎖面貌(へいさめんぼう)」とも呼ばれます。 白ニキビが悪化するとどうなる? 白ニキビが悪化すると、毛穴に詰まった角栓が黒ずむ黒ニキビ、炎症を起こす赤ニキビ、膿を持つ黄ニキビ(化膿ニキビ)の順番に進行していきます。 悪化するほど治療にも時間がかかり、ニキビ跡が残ってしまうケースも。 皮膚科で治療を受けるメリット ひと昔前までは、「ニキビができたぐらいで皮膚科にかかるなんて大げさだ」という考え方が浸透していました。 実際に、ニキビ治療となるとあまり真剣に取り合ってくれない医者も中にはいたのです。 しかし、最近ではニキビで皮膚科にかかることは珍しくありません。 ニキビの症状や原因は人それぞれ異なるため、個人の状態に応じて症状を見極め、正 しい処方をしてもらう。 これが専門医にかかるメリットです。 自己流の治療には限界があり、間違った処置をするとかえってニキビが悪化することもあります。 また、 皮膚科でしか処方してもらえない治療薬も存在します。 これらは市販薬とは成分が異なるため、自己流で完治しなかったニキビが皮膚科にかかることでよくなるということは珍しくありません。 「たかがニキビで」と思わずに、悩んでいるなら皮膚科を受診してみることをおすすめします。 白ニキビの皮膚科での治療方法 それでは、白ニキビで皮膚科を受診したときに考えられる治療方法についてご紹介します。 面皰圧出(めんぽうあっしゅつ) 白ニキビのような 軽度な症状に対して行われる、 もっとも一般的な方法です。 面貌圧出とは、 専門の器具を使って毛穴に詰まった角栓や皮脂を押し出すというもの。 この器具はコメドプッシャーという名前で市販もされています。 一般的にはニキビは潰すとよくないというイメージがあるかもしれませんが、初期の白ニキビに関してはこの方法は有効です。 医師が施術を行うため肌へのダメージが少なく、ニキビ跡が残るリスクも少なくなります。 同時に抗生剤が処方されることが多く、雑菌の繁殖も防ぐことができます。 さらに面貌圧出は保険適用になるため、 治療費が安価で済むのも魅力的。 毛穴の詰まりがなくなることで治りが早く、悪化を防ぐことにもつながります。 飲み薬 ・抗生物質 飲み薬にはいくつか種類があります。 まず、ニキビが炎症を起こしている場合はアクネ菌に効く抗生物質が処方されます。 しかし、白ニキビの場合はほとんど使われないでしょう。 ・ビタミン剤 次にビタミン剤です。 ビタミンは皮膚や粘膜の健康を保って再生をサポートしたり、過剰な皮脂分泌を抑えたりする働きがあります。 特によく使われるのは ・ビタミンB2 ・ビタミンB6 ・ビタミンC などです。 ただし、ニキビ治療が目的の場合は保険適用にならないため注意が必要です。 ・漢方薬 医師によっては漢方薬を処方することもあります。 即効性はなく長期利用が前提となりますが、副作用が少なく、抗生物質などが体に合わない人に有効です。 体質改善をしてニキビができにくくなる体を作るのが主な目的となります。 婦人科系疾患に効く当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン) ストレスに効く加味逍遥散(カミショウサン) 解毒作用のある黄連解毒湯(オウレンゲドクトウ) などがよく使われます。 塗り薬 ニキビというと、一番はじめに思いつくのが塗り薬ではないでしょうか。 炎症を起こしているニキビには、 ・アクアチムクリーム ・ダラシンT といった抗生物質を含んだ塗り薬が使われますが、白ニキビの場合はこれらの薬では効果が得られません。 白ニキビに効く塗り薬は、白ニキビの原因である毛穴の詰まりを取り除く作用があります。 代表的なものは以下の薬です。 ・ディフェリンゲル 白ニキビや黒ニキビのような、初期の段階のニキビによく使われます。 毛穴の詰まりを解消するほか、角質が厚くなるのを防いで毛穴詰まりの予防にもなります。 効果が高い薬で人気がありますが、使いはじめに副作用が出やすいため、医師と相談しながら使うようにしましょう。 ・ペピオゲル アクネ菌に対する殺菌効果があり、古い角質を剥がして肌のターンオ ーバーを促進します。 デイフェリンゲル同様副作用が起きやすい薬のため、様子を見ながら使いましょう。 ・トレチノイン ビタミンA誘導体のひとつで、過剰な皮脂分泌を抑えるほか、ピーリング作用があり古い角質を剥ぎ取って肌のターンオーバーを促進します。 白ニキビは皮膚科で治療できる! ニキビで皮膚科にかかるのも、珍しいことではなくなりました。 ニキビは症状が軽いうちに治療するほど治りやすいため、白ニキビができた時点で皮膚科に行くのが理想的です。 治療方法は飲み薬や塗り薬などさまざまなので、自分に合った方法を相談してみましょう。

次の

頬にできる白ニキビの原因とは!潰すのはダメ?正しい治し方を確認

毛穴詰まり 白ニキビ

ご紹介内容• 白ニキビの原因やメカニズムを解説! 白ニキビが発生してしまう原因は 毛穴の詰まりとなります。 毛穴が詰まることにより、毛穴の中に老廃物や皮脂、古い角質が閉じ込められてしまい、その結果 プツプツ細かい塊のようなニキビができてしまうのです。 では白ニキビの原因である毛穴の毛穴の詰まりはなぜ起きるのか?それは次の6つのことが原因です。 皮脂の過剰分泌• 洗顔不足• お肌の乾燥• 食生活の偏り• 化粧やクレンジング• ホルモンバランスの乱れ 毛穴の詰まりの原因はこの6つとなります。 これらのことが関係していて毛穴が詰まり顔のそこら中に大量に白ニキビができてしまうのです。 実際に6つの毛穴詰まりの原因を1つずつ詳しく見ていきましょう。 皮脂の過剰分泌で毛穴が詰まる これはニキビに悩んでいる方なら一度は耳にしたことのあるお話ですね。 皮脂というのは肌が乾燥したりお肌が傷つかないように毛穴から出てくる脂なのですが、これが通常よりも多く分泌されてしまうと毛穴が詰まってしまいます。 では一体どんな時に皮脂が過剰に分泌されてしまうと思いますか?実は普段気にしていない意外なことで皮脂が過剰に分泌されてしまう原因となっているのです。 皮脂が過剰に分泌されてしまう原因• 脂っこい食事ばかり食べる• お肌が乾燥している• ホルモンバランスの乱れ 食べ物が脂っこいものばかりは毛穴が詰まる 食ベ物が脂っこいものばかりを食べていたり、お肉などばかりを食べている偏った生活をしている方は 皮脂が過剰分泌しやすくなっています。 脂っこいものばかりを食べると、体内で脂を分解できずに汗の成分に混ざって排出されます。 その時に毛穴に脂が詰まってしまい白ニキビとなってしまうのです。 ですので、白ニキビがなかなか治らない方はまずは食生活を意識するようにして、 和食中心の食事に変えてみたり毎日食べていたお肉を3日に1度にするなど食に対する意識を変えてみることから始めましょう。 お肌の乾燥は皮脂の過剰分泌につながる しっかりと化粧水を使用していなかったり、洗顔のしすぎでお肌が乾燥してしまっていると、「 肌を潤わせなきゃ!」と皮脂が大量に出てきてしまいます。 その結果、小さな毛穴から皮脂が排出しきれずに毛穴の中に皮脂が溜まってしまい 白ニキビの原因となってしまいます。 特に多くの方が勘違いしているニキビ予防として洗顔方法があります。 白ニキビは洗顔方法が超重要! 白ニキビが大量にできたからたくさん洗顔をすれば早く治せる!と勘違いしているかたもいますがこれは逆効果です。 洗顔をしすぎたり洗顔料の成分に合成界面活性剤などが配合されていると、白ニキビに刺激を与えてしまいになってしまったり、洗浄力が強すぎでお肌が乾燥してしまう原因となります。 洗顔料は、 合成界面活性剤を配合していないお肌に優しい洗顔料を選ぶことが重要となります。 洗顔は毛穴の汚れを落とし、ニキビ予防にもなる毎日の欠かせないスキンケアとなります。 しっかりと洗顔で優しく毛穴汚れをケアすることを心がけることが大切です。 化粧やクレンジングが白ニキビの原因になる これは女性特有の白ニキビの原因となりますが、化粧やクレンジングが原因で白ニキビが大量発生してしまっている可能性もあります。 化粧のファンデーションや下地、コンシーラーなどは毛穴に密着させて塗るものですよね。 ですので、ファンデーションやコンシーラーが毛穴に詰まってしまい白ニキビの原因になってしまっている可能性があります。 化粧を落とさず睡眠してしまう方や、毎日化粧をする方は特に注意が必要です。 予防策としては、毎日しっかりとクレンジングをして化粧を毛穴の隅々までしっかりと落とし切ってあげる事です。 また、クレンジングも洗い残しがあると毛穴が詰まってしまう原因となりますので、クレンジング後はしっかりとぬるま湯で顔を洗い流してください。 ホルモンバランスの乱れと白ニキビの関係 白ニキビの原因にはホルモンバランスの乱れも関係しています。 このホルモンバランスの乱れの影響でニキビができやすくなってしまうのは女性となります。 女性には毎月一度月経(生理)が訪れます。 生理前の14日前から生理までの間はホルモンバランスが大きく乱れる機関であり、男性ホルモンに似ているホルモンが優位になる時期でもあります。 ホルモンバランスが乱れるとどうなるのか?と言いますと、皮脂が通常よりも多く分泌されるため毛穴の小さい女性は皮脂が詰まりやすくその結果白ニキビや赤ニキビとなってしまいます。 生理前は白ニキビができやすい!予防策は? 白ニキビや赤ニキビができやすい生理前は、食生活と生活習慣が非常に重要となります。 生理前、生理中、生理後にニキビを作らないためにも、生理前の14日間は糖質の多いスイーツや脂っこいものを食べないなどの食事制限をすることでニキビができづらい環境を作ることができます。 生理中のニキビ撲滅については、こちらのをご覧ください。 白ニキビの特徴や見分け方 白ニキビは肌荒れや黄ニキビと間違えやすいニキビでもあります。 白ニキビに適切な処置をするためにもしっかりと白ニキビを見極めることが重要となります。 【白ニキビの特徴】ブツブツ・ポツポツ・ザラザラ・プツプツ 白ニキビの特徴としては、ブツブツ・ポツポツ・ザラザラ・プツプツがあります。 見た目は炎症などなにも起きていなく、ただ皮膚がプクッと膨らんでいるだけですので白ニキビの数が少ないと気かない人も多くなっています。 しかし、白ニキビは同じ部分に大量にできることの多いニキビでもあるため、多くの方が悩んでいる肌トラブルの一つでもあります。 お肌がザラザラしてしまったり、プツプツと大量にあるので化粧乗りが悪かったりと様々な悩みがあります。 白ニキビと黄ニキビ全くの別物! 白ニキビと勘違いしやすいのが黄ニキビとなります。 白ニキビは炎症などを起こさず、だたプツッと膨れているだけなのに対し、黄ニキビは少し赤く炎症を起こしたニキビの真ん中にぷつっと膿が溜まっているニキビとなります。 白ニキビは一般的に適切な方法で潰して毛穴の中にたまっている皮脂や古い角質を出してあげたほうが良いのですが、黄ニキビを潰してしまうとニキビ跡になってしまったり、炎症が悪化して大きなしこりのある赤ニキビになってしまう可能性もあります。 白ニキビと黄ニキビの区別をしっかりと行い、適切な処置を心がけることが重要となります。 白ニキビの段階で治せばニキビ跡にはならない 白ニキビの段階でしっかりと治せば、ニキビ跡になる可能性は非常に少なくなります。 白ニキビを悪化させて赤ニキビにしてしまうとニキビ跡になる可能性がとても高くなってしまうので、白ニキビを発見した時にするべき対処方法をみていきましょう。 白ニキビの対処方法【潰してもいいの?】 白ニキビの対処方法として潰してもいいの?と疑問に思う方も多いかと思います。 ニキビは基本的に潰すのはNGですが、白ニキビに関しては潰してもOKです。 しかし注意が必要です。 【白ニキビを潰す際の注意点】• 爪で潰さない• 無理やり潰さない• 清潔な状態で潰す この3つのことを守らなければ、白ニキビをつぶした後に炎症を起こし赤ニキビになってしまう可能性があります。 爪でほじるように無理に潰すことは避けて、専用器具や指の腹で優しく潰すようにしましょう。 また、硬くて潰れない白ニキビを無理やり力づくで潰そうとする行為もNGとなります。 お風呂に入浴して皮膚が少しやわらかくなった状態で潰すことをおすすめします。 また手やニキビをつぶす器具は清潔なものを使用し、ニキビをつぶし終わったらしっかりとすすぎ、清潔な状態を保つようにしましょう。 白ニキビをつぶす前にまずは洗顔やスキンケアで対処 白ニキビは潰すのも一つの手ですが、潰してしまうと万が一炎症を起こして赤ニキビになったときにニキビ跡になってしまう可能性がでてきてしまいます。 ですので、白ニキビをつぶす前にまずは白ニキビを改善できる正しいスキンケア方法を実施してみてください。 正しい洗顔• 正しい保湿• ピーリングを使用する 白ニキビが気になる方はこのスキンケアを意識して取り組んでみてください。 まずは正しい洗顔です。 しっかりと洗顔料をネットで泡立て、円を書くように優しく毛穴の隅々まで洗いましょう。 洗顔をする前に浴槽に入浴しておくことでしっかりと顔の毛穴を開いて洗うことが可能になります。 次に、正しい保湿方法です。 白ニキビは皮脂の過剰分泌が原因だから、化粧水や乳液はつけない!と勘違いしている方も多いのですが、白ニキビを改善するためにはしっかりとしたお肌の保湿が重要となります。 普段使用している化粧水がしっかり保湿できる商品なら問題ありませんが、あまり保湿効果が期待できない場合はニキビ専用の有効成分配合化粧水の使用も検討してみるといいでしょう。 最後に、ピーリングジェルの使用です。 ピーリングジェルは洗顔では落としきれなお肌の古い角質をごっそりと落としてくれる優れたアイテムです。 しかし、毎日ピーリングをしてしまうと逆にお肌を傷つける原因となってしまいますので、ピーリングは2週間に1度程度の使用に抑えましょう。 実際にピーリングジェルを使用し白ニキビが改善した方もいますので、白ニキビに悩んでいる方は1度試してみることをおすすめします。 白ニキビができやすい部位 スキンケアや保湿、食生活の乱れやホルモンバランスの乱れで白ニキビができやすい部位があります。 おでこ• もみあげ• 口周り• フェイスライン この部位は白ニキビができやすい部位でもあるので、普段から重点的に洗顔や保湿を行うことが重要となります。 特に白ニキビは1ヵ所に大量発生することが多く、大量にできてしまうと治すのもそれなりに大変ですので早い段階で適切な処置を行い治してあげることが重要となります。

次の

ニキビと毛穴のスキンケア!毛穴詰まり・ニキビが出来るメカニズムを解説

毛穴詰まり 白ニキビ

ニキビのできるメカニズムをご存知ですか? 毛穴ケアはニキビケアの重要なポイントでもあります。 正しい毛穴ケアをして、気になる詰まりと黒ずみをクリアにしましょう。 正しい洗顔とクレンジングがポイントです。 毛穴つまりとニキビの対策 毛穴が詰まることとニキビはどのような関係があるのでしょうか?ニキビの原因となる毛穴のつまりをしっかり対策していきましょう。 ニキビができる過程 ニキビは皮脂が毛穴に詰まり、そこにアクネ菌が繁殖して炎症を起こすことでできてしまいます。 つまり、毛穴がつまらないようにすることでニキビ予防もできるという訳です。 とはいえ、皮脂は体の内側から出る天然の保湿クリームですから、 皮脂を取り過ぎてしまうと、皮膚は肌を守ろうとして、過剰に皮脂を分泌するようになります。 そうなると、さらにニキビと毛穴詰まりの原因となる皮脂が増えてしまうことに。 悪循環に陥らないよう、適切なスキンケアが大切になります。 毛穴汚れをどう防ぐ?毛穴のタイプ2種類 毛穴が黒ずんでいるからといって、毛穴詰まりを起こしているとは限りません。 毛穴を消したいと思う前に、その毛穴の黒ずみが本当に皮脂汚れなのかどうかを確認する必要があります。 自分の毛穴汚れがどのタイプなのかチェックしてみましょう。 Tゾーンや顎がザラザラする• 鼻の毛穴は白いものが詰まって見える• 洗顔に石けんを使わない 開いた毛穴に皮脂と剥がれ落ちるべき角質が混ざったものが詰まっている状態です。 こ のまま放置すると毛穴がさらに開き、ニキビができやすくなってしまいます。 毎日のスキンケアで皮脂や汚れをきちんと落とすことが大切です。 鼻の頭、小鼻の毛穴が目立つ• オイリー肌• 毛穴が黒いブツブツに見える これらにチェックが入った人は、皮脂が多いことによって毛穴に角栓が詰まり、さらに角栓が酸化して黒く見えるものです。 角栓は毛穴にフタをしてしまった状態なので、アクネ菌が増殖しやすく黒ニキビの原因となります。 正しい毛穴のスキンケアは?洗顔とクレンジングがポイント 毛穴のケアはニキビ予防にも繋がることがわかりました。 しかしながら、詰まった角栓を無理やり手で押し出したりしては、肌を傷めてしまいます。 毎日のスキンケアで正しく毛穴のお手入れをしましょう。 洗顔で毛穴をきれいに保とう 朝の洗顔に石けんや洗顔フォームを使わないという男性は多いようです。 夜の洗顔後、そんなに汚れていないと思うかもしれませんが、寝ている間にも皮脂や汗は出ています。 皮脂は水だけでは落ちないため、朝の洗顔で石けんを使わないと、しっかりと汚れが落ちず、落としきれなかった皮脂汚れは毛穴に詰まってニキビの原因になるのです。 朝も石けんを使って洗顔をしましょう。 正しい洗顔の方法は、こちらで詳しく説明しています。 毛穴クレンジングは有効?オイルでスペシャルケア メイクをしない男性は、クレンジングを使うことはほとんどないでしょうが、毛穴ケアにはクレンジングが有効です。 毛穴が目立ってきた、肌がザラつく、という時のスペシャルケアとして使ってみましょう。 ただし、クレンジングオイルは刺激が強く、皮脂を落としすぎるので、毎日のケアは不必要です。 週に1度程度のスペシャルケアとして行いましょう。 毛穴クレンジングの方法 市販の女性用メイククレンジングの「オイルタイプ」を使いましょう。 ポンプタイプになっているので、適量を手のひらに取り、少し手のひらの上で温めるようにしてからTゾーン、鼻、顎だけに付けます。 ゴシゴシこすらず、たっぷりのオイルでなでるようにくるくるとなじませます。 白く濁ってきますが、これは「乳化」といって、汚れを落とすために重要なポイントです。 ぬるま湯と十分になじんだら、20回以上を目安によく洗い流します。 クレンジング後は、すぐに保湿クリームなどを塗って皮膚を保護してください。 クレンジングは毎日行うと皮脂の取りすぎになってしまうため、週1度程度の回数を守りましょう。 鼻や小鼻のブツブツは、黒ニキビだった!ケアの方法は? 鼻や小鼻にできやすい黒いブツブツの正体は、黒ニキビと呼ばれるニキビです。 黒ニキビを放置すると炎症を起こして赤いニキビへと悪化してしまいますので、この段階でケアしましょう。 黒ニキビとは? ニキビの段階は色で表されます。 初期の方から「白」「黒」「赤」「黄」と進行していきますが、黒ニキビは比較的初期段階。 しかし、放置することで赤ニキビ、黄ニキビへと進行してニキビ跡などの原因になってしまいますから、黒ニキビを放っておかず、洗顔やクレンジングでケアしてください。 白ニキビは毛穴に皮脂が詰まって白く見えるものですが、これが酸化すると黒ずんで黒ニキビになります。 黒ニキビのNGケアは? 毛穴に詰まった角栓は、指で押し出すとニュルっと出てきますが、これは毛穴と毛穴周囲を傷つけてしまうのでNGです。 同様に、毛穴パックも刺激が強く、皮膚まで剥がしてしまうのでおすすめできません。 また、洗顔やクレンジングのしすぎで皮脂を取り過ぎることもよくありません。 皮脂は肌を守るために必要なので、取り除けばどんどん皮脂を分泌しようとします。 洗顔は、必要な皮脂は残し、汚れと古い角質を落とすだけにしましょう。 洗顔後すぐに保湿をしないと、肌の乾燥をまねいて角層が厚くなってしまいます。 角層が厚くなれば角栓が毛穴に詰まりやすくなるので、保湿剤でしっかり乾燥を防いでください。 毛穴皮脂をためないケアのポイント 毛穴が汚れることは、ニキビができることに繋がります。 毛穴に詰まった皮脂にアクネ菌が繁殖して炎症が起きた状態が、ニキビだからです。 毛穴に皮脂を詰まらせないためには、皮脂汚れを溜めないことが大切ですが、皮脂は取り過ぎてもニキビの原因になってしまいます。 つまり、皮脂や古い角質はきれいに落とし、取りすぎないことがポイントになります。 そのためには、朝晩の洗顔やスペシャルケアとしての毛穴クレンジングで、毛穴のケアを適切に行いましょう。 さいごに 毛穴のつまりや黒ずみの段階ならセルフケアでも丁寧に行うことでニキビの発生を予防することができます。 ただし、不摂生やストレスが多い生活だったり、間違ったケアやニキビを悪化させるNG行為を繰り返すことでニキビ跡や最悪はクレーター肌になってしまいます。 体質や生活改善を行いニキビになりにくい体作りを行っていきましょう。

次の