お手数 を おかけ し て すみません。 スペイン語で「ごめんなさい、すみません、失礼します」謝罪などの表現

「お手数おかけします」の正しい意味と使い方は? 例文もチェック

お手数 を おかけ し て すみません

「お手数おかけします」の意味と読み方 「お手数おかけします」の意味 「お手数おかけします」は、行動をしてくれる相手に対し、お詫びや感謝の気持ちを表現する言葉です。 「手間や面倒をかけてしまうかもしれませんが、よろしくお願いします」という意味がこもっています。 「手数」は、行動に必要な動作や細工の数、またそれが多くて面倒なことを、「かける」は、あることや物のために労力や時間などを費やすこと、負担をかけることを示しています。 「お手数」の2つの読み方 「お手数おかけします」は「おてすうおかけします」と読まれることが一般的です。 「手数」=「てすう」は訓読みと音読みが混じった変則的な読み方になります。 一方、「お手数」を「おてかず」と読むこともあります。 「手数」だけを抜き取って考えると「てすう」のほかに「てかず」という読み方が存在しており、「手数」単体では訓読みをする「てかず」が本来の読み方になります。 「てかず」は、なにか物事をするための労力や手間、将棋や碁の手の数、ボクシングでの手を出す数を意味します。 基本的には「おてすう」「おてかず」どちらのの読み方をしても問題はありません。 「お手数おかけします」の類語 「ご面倒をおかけします」との違い 「面倒」は、手数がかかる不快なことや煩雑でわずらわしいことを意味しています。 その「面倒」の負担をかけることかけることへのお詫びや感謝を表現する言い方です。 意味としては「お手数おかけします」と同じで、使うシチュエーションも同じです。 「お手を煩わせる」との違い 手を煩わせる、つまりこれは相手に面倒をかけることをへりくだる表現です。 「お手数おかけします」や「ご面倒をおかけします」は、それ単体でお詫びや感謝を伝えることができます。 「お手を煩わせる」は、「お手を煩わせて申し訳ありません」などのように、お詫びの言葉などと組み合わせて使用します。 「お手数おかけします」の使い方 「お手数おかけします」はクッション言葉 お詫びの気持ちや感謝を伝えるだけではありません。 後に続く文章にワンクッション置く、クッション言葉としても使えるのが「お手数おかけします」なのです。 そのほかには「恐縮ですが」や「申し訳ございませんが」などもクッション言葉です。 ビジネス上でクッション言葉を使用すると、表現を少しぼかすことができ、話や取引を円滑に進めることにつながることもあります。 文章としては助詞がある「お手数をおかけします」が正確ですが、口語で使う場合には「を」と「お」がつながり「お手数おかけします」と使われる場合が多いようです。 改まった場面やメールなどの文章では、「お手数をおかけします」と「を」加えるとよいでしょう。 表現のバリエーションとして覚えておきましょう。 「お手数おかけします」は上司にも使える 上司など、目上の人にも使うことができる表現です。 相手に手間や面倒に当たる「手数」をかけさせてしまう場合に使用する尊敬語にあたります。 単純にお願いをする「よろしくお願いします」などの表現だけを使用するよりも、「お手数おかけします。 よろしくお願いします」もしくは「お手数をおかけして申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします」のように1文加えるだけで、より丁寧で好印象を持たれる表現になります。 相手に何かを教えてもらう時や、確認して欲しい時など幅広いシーンで使うことができます。 「お手数おかけします」の例文や返事 「お手数おかけします」を使った例文• お手数をおかけして恐縮ですが、何卒ご容赦のほどよろしくお願いいたします• お手数をおかけしますが、ご確認いただけますでしょうか• お手数おかけしてすみません(申し訳ありません)• 私用なお願い事で、何かとお手数おかけしました• お忙しいところ、お手数おかけします 「お手数おかけします」だけでも感謝や詫びの気持ちは伝わりますが、さらに「申し訳ありません」や「恐縮です」と言った詫びの意味を持った言葉をつなげて表現することがあります。 ビジネス上で何かと使用する「お手数おかけします」の表現を、いくつか覚えておくと表現の幅が広がるので便利です。 「お手数おかけします」への返事 相手に「お手数おかけします」と言われた場合はどのように返事をすれば良いでしょう。 大丈夫ですよ。 いつでもおっしゃってください。 構いません。 気にしないでください。 どういたしまして。 滅相もないことです。 とんでもございません。 相手は、手数をかけたことに対してお詫びの気持ちを持って「お手数おかけしました」と言ってきているので、その気持ちを打ち消す内容の返事をするようにしましょう。 立場的に対等な相手であれば、どの表現を使っても良いのですが、目上の人には「とんでもございません」「滅相もないことです」などが好ましいでしょう。 まとめ 「お手数おかけします」「お手数をおかけしますが」は、相手への気遣いを感じさせる表現です。 ビジネスシーンはもちろんのこと、あらゆるシーンで使われます。 場面や相手に応じたやりとりを上手にこなすことで、マナーのきちんとした常識のある人物だという印象を相手に与えることができます。 ぜひマスターしておきましょう。

次の

「何度も」の敬語表現・何度も使い方と例文・別の敬語表現

お手数 を おかけ し て すみません

「お忙しいところ」の使い方は3種類 ビジネスシーンで、「お忙しいところ」という表現は、定番の言い回しのひとつです。 使用されるシチュエーションは、主に3種類に分かれます。 利用シーン1:相手に対して何か依頼をするとき 頼みたい仕事や対応してもらいたい事項がある場合、相手の負担を考慮して「お忙しいところ」という言葉を文章の冒頭につけるのが一般的です。 」といったような使い方をします。 利用シーン2:相手の行為に対して、ねぎらいや感謝の気持ちを伝えるとき かなり時間を要するような仕事を依頼した後、やってもらったことに対して相手へ直接お礼を述べるときに「お忙しいところ」を使う場合もあります。 具体的には、「お忙しいところお時間を頂戴し、ありがとうございました。 」というような使い方が一般的です。 利用シーン3:ビジネスメールや文書の締め文として 諸々のお願いごとをした場合、最後に締めくくりの一文として使う場合もあります。 例としては、「お忙しいところお手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 」といったような文章となります。 「お忙しいところ」の例文 「お忙しいところ」を使った表現の中には、定番のフレーズ(定型句)としてビジネスパーソンの間で親しまれている言葉も少なくありません。 以下、具体的にマスターしておきたいお決まりのフレーズを紹介していきましょう。 「お忙しいところ恐れ入りますが、」 「お忙しいところお手数をおかけしますが、」 解説:相手が仕事で忙しくしていることは理解しているものの、自分も相手に頼みごとをしなければならないときに、クッション言葉として使用します。 「お忙しいところすみません。 」 「お忙しいところ失礼します。 」 「お忙しいところ恐縮です。 」 解説:相手に話しかけるときや、ビジネスメールの冒頭部分で使用します。 相手の貴重な時間をいただくことに対して、「申し訳ありません」という気持ちを表現することができるフレーズです。 「お忙しいところありがとうございました。 」 解説:相手の時間を自分がいただいたことに対して、お礼を述べるときに使用します。 「お忙しいところ」の類似表現 ビジネスメールなどを送る相手によっては、より丁寧な言い回しに変えたいときや、微妙なニュアンスの違いを表現したいこともあります。 そのようなときには、「お忙しいところ」に若干変化をつけた類似表現を使うのがおすすめです。 具体的には、以下のポイントをおさえて、お気に入りのバリエーションを増やしていきましょう。 ポイント1:「ご多忙」または「ご多用」を使う 「お忙しいところ」という表現に比べると、やや硬く、かしこまった雰囲気を出したいときに重宝する表現です。 「ご多忙のところ」または「ご多用のところ」といった使い方をします。 意味は、「お忙しいところ」と同じです。 さらに、丁寧な表現にしたい場合には、「ご多忙と存じますが、」「ご多用中恐縮でございますが、」といった言い回しも可能です。 ポイント2:相手の大変さを思い、文中に「誠に」や「大変」をつける 例えば、「お忙しいところ誠に恐縮ですが」「大変お忙しいところ、お手数をおかけしますが」と、一言付け加えた表現にすることで、より改まった印象を与えることができます。 「お忙しいところ」が重宝されるワケ 一般的に、ビジネスに携わる人は、基本的に決められた時間やスケジュールの中で、忙しく働いていると理解されています。 そのような状況で、忙しい相手に対して、予定外の時間や手間を必要とする仕事や調べものなどを依頼する場合には、多少なりとも恐縮してしまうものです。 したがって、頼みごとをする相手に対する申し訳なさや謙虚さを表現した「お忙しいところ」が、ビジネスを円滑に進める上で重宝されています。 」という表現を比べた場合、その差は歴然です。 後者の方が、格段に相手への印象が良く、仕事もやりやすくなることがお分かりいただけるかと思います。 「お忙しいところ」を使う際の注意点 大変便利な表現として使われることが多い「お忙しいところ」という表現ですが、使用頻度や使う相手、その後に続く文章内容については、十分に注意を払う必要があります。 注意点1:使用頻度 1通の文書やビジネスメールの中で、使いすぎることによって、「お決まりだから」とスルーされてしまう場合もあります。 きちんと心がこもった内容にするために、冒頭や文章の最後など「ここぞ」というところで使用することをおすすめします。 注意点2:使う相手の受け止め方 「忙しい」という漢字は、「心(こころ)」が「亡い(ない)」と書きます。 つまり、忙しすぎて、気持ちがこもった仕事ができない状態を意味すると考え、「お忙しいところ」という表現を嫌う人もいます。 そのような場合には、「貴重な時間をいただき恐縮です。 」といった表現に改めることをおすすめします。 注意点3:後に続く文章内容 時間的に余裕がない相手の状況を理解しているからこそ、「お忙しいところ」という表現を使っていることを思い出しましょう。 したがって、その後に時間を要するような詳細なお願いごとや要求を記述するのは失礼にあたるため、避けた方が無難です。 まとめ 仕事上コミュニケーションをとる上で、「お忙しいところ」と一言添えるだけで、ずいぶん柔らかい印象になりますね。 適度な頻度と相手に合わせた使い方をマスターすれば、「お忙しいところ」という表現が生きてきます。 いま自分が正しい使い方をしているかどうか、発信済のメールなどで確認しておきましょう。

次の

「お手数をおかけしました」とは?ビジネスでの使い方や返事の仕方・類語・英語表現も紹介

お手数 を おかけ し て すみません

「お手数おかけしました」の類語は、「ご面倒をおかけしました」と表現されます。 「お手数」と「ご面倒」は似たような言葉ですが、意味は下記のように違います。 「お手数おかけしました」 相手にいくつもの行動をさせて、手間をかけさせることに対する恐縮の念を表明する言い方です。 「ご面倒をおかけしました」 相手に面倒な思いをさせることを断り、謝意を示す表現。 「ご面倒お掛けし恐縮です」といった意味合いを背景に持った言い回しで、「お手数をお掛けしました」も同様の意味で用いられます。 結論から言えば、言い方の違う同じ意味の言葉だということです。 しかし使い方は同じでなく、場面に応じて使い分けることが必要になってきます。 「お手数おかけしました」という言葉は、ていねいな言葉のようですが、ていねいな言葉に直すと次のようになります。 「お手数おかけいたしました」 2. 「お手数をおかけしました」 3. 「お手数をおかけいたしました」 4. 「お手数をおかけしております」 5. 「お手数おかけいたしております」 手数という言葉は、「お手数を掛ける」または「お手数をお掛けする」が基本的な意味の使い方です。 「手数」が、本来、何かを行うときに取る手段・手法・手続きなどの数を意味することから、「手数が掛かる」の形で「手間取る」・「面倒」・「煩雑」などを意味します。 お手数は人の行動などに敬意を払う尊敬語であり、「お手数を掛ける」、または「お手数をお掛けする」の形で、人に面倒を掛けることに対する謝罪や感謝の気持ちを表します。 メールで「お手数おかけしました」と送る場合は、ほとんどがビジネスメールで謝罪やお礼をする場合になります。 ここでは「お手数おかけしました」のメールでの使い方について考えてみます。 メールで使う「お手数おかけしました」の文章は次のようになります。 この度は大変お手数をお掛け致しました。 お手数をお掛けしましたが、無事終わりました。 お手数を掛けて申し訳ありません。 お手数をお掛けして大変恐縮です。 お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 このように「お手数おかけしました」のメールでの文章は、「お詫び」と「お礼」の内容が多く、相手に敬意をはらう文章になります。 ただし使い方を間違えると意味がわからなくなるので、注意が必要です。 ビジネスの場合 相手から「お手数おかけしました」とビジネスメールがきたら、どのように対応して返信すればよいのでしょうか。 内容により変化しますが、「とんでもございません。今後ともよろしくお願い申し上げます」などが無難な例でしょう。 「こちらこそ、本来〇〇すべきところを行き届かず申し訳ございません」なども使います。 本当にこちらの配慮次第では、先方の不手際を防げた場合など、先方が不満に感じていても仕事上、「お手数おかけしました」と言わざるを得ないこともありますから、そういう場合にこういう言い方をすれば、相手の不満も和らげることができます。 「していただけると有難いです」となると少し軽いですので、人によっては気分を損ねられる場合もあります。 「していただければ幸いです」の方が美しく決まるので、おすすめです。 「お手数おかけしました」をお礼として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 大変感謝しております」 2. 「お手数おかけしました。 感謝申し上げます」 3. 「お手数おかけしました。 厚く御礼申し上げます」 4. 「お手数おかけしました。 有難うございます」 5. 「お手数おかけしました。 誠にありがとうございます」 「お手数おかけしました」で相手にしてもらったことをねぎらった上で、次に感謝の言葉を付け加えると、より良い感謝の言葉になります。 この言葉は目上、目下どちらにも使うことができますし、メールなどの用途にも活用できます。 メールなどで返信する場合は、感謝の気持ちを早めに使えるように心がけます。 返し 「お手数おかけしました」を返信として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 後ほどお返事させていただきます」 2. 「お手数おかけしました。 確認のうえ、ご返信をさせていただきます」 3. 「お手数おかけしました。 改めてご連絡させていただきます」 4. 「お手数おかけしました。 折り返しお返事させていただきます」 5. 「お手数おかけしました。 至急お返事させていただきます」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「早く返事をする」ということを、相手に伝えなければならないので注意が必要ですし、早い返信を心がけないと相手に失礼にあたります。 謝罪 「お手数おかけしました」を謝罪として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 誠に申し訳ございません」 2. 「お手数おかけしました。 お詫び申し上げます」 3,「お手数おかけしました。 申し訳ありませんでした」 4. 「お手数おかけしました。 失礼致しました」 5. 「お手数おかけしました。 大変ご迷惑をお掛けいたしました」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「もうしわけない」ということを、相手に率直に伝えなければならないので注意が必要です。 また、早い謝罪と返信を心がけないと、相手に失礼にあたります。 特に目上の方には、早めの謝罪をしたほうが良いです。 「お手数おかけしました」という言葉は、「お手数をおかけしました」と言い換えることで、ていねいな言葉になります。 しかし、ていねいな言葉に直しても、言葉の本当の意味がわかっていないと、相手に伝わらないことになります。 「お手数おかけしました」という言葉は、相手にとっては、「自分の手を止めてしてあげた」ということに対するねぎらいの言葉であり、感謝の言葉ではありません。 つまり、「お手数おかけしました」でも「お手数をおかけしました」でも、その言葉のあとに感謝の言葉をつなげないと、相手には気持ちは伝わりません。 誰もがした事に対しては感謝の言葉は欲しいとおもっています。 それを上手く伝えるために、クッション言葉として、「お手数おかけしました」という言葉があるのではないでしょうか。 そして、それにつなげる言葉によって、相手に感謝の気持ちが伝わるのです。

次の